【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

【専門医監修】
他人事じゃないから知っておきたい 
「乳がん」との向き合い方

妊娠・出産インフォ

日本人女性の10人にひとりが発症する乳がん。今回は「乳がんとの向き合い方」をテーマに、乳がん検診を受ける時に知っておきたいことから、手術をはじめとする治療の方法、手術後の妊娠・出産などについてまとめています。お話を伺うのは、がん・感染症センター都立駒込病院乳腺外科の医師・才田千晶先生です。

01

<プロフィール>
才田 千晶(さいた・ちあき)
鹿児島大学医学部卒。がん・感染症センター東京都立駒込病院乳腺外科勤務 。外科専門医、乳腺認定医、マンモグラフィー読影認定医、遺伝性腫瘍専門医。今年7月に第1子を出産し、現在育休中で、新米ママとして奮闘する日々を送っている。「妊娠・出産を経験して、ママたちのがんばりや家族を思う気持ちを自分事として理解できるようになりました。復帰したら今まで以上に患者さんの気持ちに寄り添える医師を目指します!」

 

腫瘍が見つかりにくいタイプの乳房があります

担当編集I(以下、I):万が一乳がんを発症しても、少しでも早く見つけられれば治療の負担が軽くなることを前回の記事「知っておきたい『乳がん』の基礎知識」で教えていただきました。そこで今回は「乳がんとの向き合い方」について伺いたいと思っています。

才田先生:はい。治療のお話に入る前に、まず乳がん診断の際に知っておいていただきたいふたつの問題についてお話しますね。ひとつ目は高濃度乳房について。高濃度乳房というのは乳腺の多い乳房のことです。マンモグラフィー画像では乳腺は白く写りますから、高濃度乳房だと画像が白っぽくなります。ところが腫瘍の部分も白く写るので、乳腺の影に腫瘍が重なると見つかりにくくなってしまうんです。

乳房の構成によるマンモグラフィー画像の違い

※クリックで大きく表示されます

I:確かに脂肪が多いと乳腺がくっきり写りますが、高濃度乳房はぼやけてしまっていますね。これはからだに異常があるからなのでしょうか。

才田先生:いいえ。高濃度乳房は病気ではなく、乳房の脂肪と乳腺の割合、つまり乳房の構成を示すもので、乳房の個性のようなものです。乳腺は加齢とともに減少していくもので、日本人女性の高濃度乳房の割合は40歳以上で約4割(※1)と推測されています。

I:4割とはかなり多いですね。マンモグラフィーで見つかりにくいなら、どうやって乳がんを見つければいいのでしょう。

才田先生:たとえばエコー(超音波)検査は、高濃度乳房であっても腫瘍の有無がわかりやすくなります。体に負担をかけることなく簡単に行えるのですが、良性の病変がみつかることも多く、再検査の割合が増えるという欠点もあります。しこりがあって受診された方が高濃度乳房で、マンモグラフィーで病変が見えにくいのであれば、エコー検査も行っていただくのがいいと思います。

I:現状では、まずマンモグラフィー検査をするということですね。そして高濃度乳房なら、がんが見つからないリスクが少なからずあるのが現実であると。

才田先生:はい。もちろん高濃度乳房でも、マンモグラフィーで見つかるがんもあります。マンモグラフィーについては、大規模な調査・研究が行われ、40~74歳で25%の死亡率減少効果(※2)が実証されています。マンモグラフィーとエコー検査を併用した場合の減少効果は現在研究中という段階なので、任意型での検診や、触診でしこりがあるのにマンモグラフィーで診断できない場合などに、追加的にエコー検査を行うケースが多いです。

I:エコー検査は状況に応じて行われるということですね。高濃度乳房の可能性については、私たちも検査を受ける時に理解しておいたほうがいいですね。

才田先生:もうひとつの乳がん検診の問題点としてあげられているのは、過剰診断の可能性です。乳がんだけでなく他のがんでも言われていることですが、がんの中には、非浸潤がんのまま進行しないものや、浸潤がんに成長するまでに長い時間がかかるものも確かにあるようなんです。

I:治療が必要ないがんもあるということですか?

才田先生:おそらくある、といわれています。将来は治療が必要のないがんの種類が明らかになるのではないかと思いますが、今の時点では、この腫瘍なら放っておいても大丈夫という判断は非常に難しいと思います。早期発見できたがんは少しでも早く治療を始めるのが、現状では最も確実でスタンダードな方法です。乳がんの早期発見に重要なのは、女性が自分の乳房の変化に気をつける習慣を持つことです。乳がん啓発運動の中で「ブレスト・アウェアネス(Breast awareness)」という言葉がよく使われています。入浴や着替えのときなどに自分の乳房を観察して、異変を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしていただきたいです。

ブレスト・アウェアネスとは

※クリックで大きく表示されます

進化を続ける乳がん治療

I:古いイメージなのかもしれませんが、乳がんの治療というと、手術で乳房を失ってしまうのではないかと考えてしまいます。女性としては非常につらい経験ですよね…。

才田先生:昔は乳房を大きく切除することが乳がんの根治に繋がるといわれていましたから、大胸筋という胸の下にある筋肉まで全部取るような手術が行われていました。でも最近では手術などの外科的な治療に加えて、ホルモンの作用を抑える内分泌療法や抗がん薬などの薬物療法、放射線療法など、様々な治療法を組み合わせて、一人ひとりの患者さんに合わせた治療が重要といわれています。がんはひとつとして同じものはありませんし、患者さんのからだの状態もそれぞれ違いますから。

進化を続ける乳がん治療

I:切除手術以外にも、いろいろな治療法が組み合わせて行われるのですね。

才田先生:はい。そして切除手術でも、乳房の温存も多く行われるようになりました。おおむね3㎝までの腫瘍なら、腫瘍から1〜2㎝ほど離して周囲を切除して終わるものもあり、全摘よりも小さく切除することが可能です。

I:乳房をほとんど取らなくてもいい場合もあるということですか?

才田先生:できることもある、と考えていただければと思います。がんの位置によっては小さく切除してもへこんでしまったりとか、変形が避けられないこともあって、そういう場合は乳房の全摘や、全摘後の再建を提案させていただくこともあります。乳房再建の技術も進化していて、たとえばご自身の乳頭や乳輪を残して皮下の乳腺だけを切除できれば、再建後には正面から見ると傷がわからないくらいきれいに治る方もいます。

I:そんな事ができるんですか。

才田先生:乳房の切除と同時に再建の手術までできる場合もあります。患者さんが手術後に麻酔から覚めるとちゃんと胸のふくらみがあるという。これも特別な手術ではなく、健康保険の適用範囲で行われる標準治療です。ただし、先ほども説明したように、乳がん治療は人によって違います。

I:女性にとって乳房は、目に見えるからだの一部ですから、できる限り取りたくないと思うのは当たり前ですよね。

才田先生:新しい治療法の研究も進んでいます。厚生労働省が先端医療による治療を希望する方のために定めた「患者申出療養(かんじゃ もうしで りょうよう)制度」(※3)という仕組みの中で、ラジオ波熱焼勺療法(ラジオはねつ しょうしゃく りょうほう)も始まりました。皮膚の表面からがんに電極針を刺し、針から発生させたラジオ波の熱で腫瘍を焼いてしまうというものです。この治療法はまだ長期的な効果がはっきりしてないのと、治療を行える腫瘍の位置や大きさなど条件があるために、今のところ国立がんセンター中央病院など全国5つの医療機関(※4)のみで実施されています。他にもいくつかの治療法も開発中ですから、がんの治療はもっと進化していくと考えられます。

手術後の妊娠・出産ばかりでなく、授乳が可能な女性もいます

手術後の妊娠・出産ばかりでなく、授乳が可能な女性もいます

I:最後にお聞きしたいのは、乳がん治療の後のことです。30代前半で乳がん治療をして、5年経って再発の危険が少なくなった頃の妊娠・出産は可能ですか? 乳がん治療を受けた影響というのはないのでしょうか?

才田先生:乳がんの治療は切除手術だけではなく、内分泌療法や抗がん剤といった薬を使う治療も組み合わせて行われます。そうした薬の中には卵巣機能を低下させるものがありますから、乳がんの治療中と治療後しばらくの期間、月経は止まります。治療が終わった後に自然に再開するようなら、妊娠は可能です。治療が完了していれば生まれてくるお子さんや胎児への影響はないといわれています。

I:これから赤ちゃんが欲しい女性には朗報ですね。

才田先生:ただ卵巣機能の回復には個人差があります。30歳ぐらいの方だと回復する可能性が高いのですが、40歳以上だと半数以上の方がそのまま閉経してしまうようです。そうなると自然な妊娠・出産は難しくなりますから、治療が終わったら妊娠したいというご希望があれば、治療前に受精卵の凍結や卵子の凍結をおすすめしています。

I:授乳についてはいかがでしょうか。

才田先生:温存手術の後は残った乳房に放射線治療を行います。放射線を当てた乳房は乳汁をつくる機能が失われるので授乳は難しくなることが多いのですが、反対側の乳房からは普通に授乳できます。治療が終わった後なら、赤ちゃんへの影響もないと言われています。

I:治療中は妊娠や授乳は無理なのですね。

才田先生:乳がんの治療薬は、母乳を通じて赤ちゃんに影響を与える可能性がありますから、授乳中にがん治療を始めることになったら、授乳は中止することになります。また赤ちゃんの体に影響を及ぼす催奇形性がある薬を使うこともあるので、これから妊娠したいという方には、治療後一定の期間は妊娠を控えていただくことになります。乳がん治療後の妊娠・出産について詳しく知りたい方は、日本がん・生殖医療学会の「乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療に関する診察の手引き」(※3)を参考にしていただくといいでしょう。

I:乳がん治療は進化していて、早期発見で完治できることも多いし、妊娠や授乳も可能な場合があるというお話は心強い限りです。それにつけても、今でも乳がんで命を落とす女性は少なくないようですが、この現実を私たちどう考えればいいのでしょう。

才田先生:乳がんを発症すると、再発や転移を予防するためにどうしても長い治療や経過観察が必要になります。終わりの見えない治療の中で、いかに病気と上手に付き合っていくかが、治療のゴールと言えるかも知れません。そこで大切なのは心のケアです。治療を負担に感じる患者さんの中には、自然療法に頼ってしまう方もいるということだろうと思います。

I:広告などでがんに効くとうたった食品などを見かけることもありますね。

才田先生:自然療法の中には、特に心のケアに効くもの、痛みを緩和するものもあるかと思います。でも「がんを治療する」という目的であれば、現在医療機関で行われている標準治療がもっとも確実です。標準治療は、大規模な臨床試験の結果に基づくコンセンサスの得られた治療法ですから。そうした医科学的に信頼のおける治療法ではなく、自然療法のみに頼るのは危険を伴うということは理解していただきたいです。

I:乳がんの5年生存率はおおよそ92%とのことですが、最初の5年を乗り越えたら、リスクはかなり下がると考えていいのでしょうか?

才田先生:乳がんのタイプによります。乳がんの中には2年以内に再発しやすく、その期間をすぎれば再発率は下がるものもあります。でも長く再発のリスクが変わらないというタイプもあるんです。乳がんは治療で治りやすい病気ですが、長いケアが必要です。基本的には乳がん手術の後10年間は最低でも毎年1回、フォローアップのための検査を受けていただいています。患者さんの心理的な負担の大きさも考慮しながら、私たちもできるだけ患者さんの気持ちに寄り添って治療を行いたいと思っています。

pixta_36575700_S

※         ※         ※

乳がんの治療はまだまだこれからも進化を続けていくでしょう。それでも10人にひとりは発症するという病気ですから、自分は絶対に大丈夫といい切れるものではなさそうです。早期発見のためのセルフチェックと検診は必ず行いたいものですね。

 

〈参考資料〉
※1 高濃度乳房について(平成29年度厚生労働行政推進調査事業補助金・厚生労働科学特別研究事業「乳がん検診における乳房の構成(高濃度乳房を含む)の適切な情報提供に資する研究」班/平成30年3月)
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000208392.pdf
※2 乳がん検診(国立がん研究センターがん情報サービス/2019年6月)https://ganjoho.jp/med_pro/pre_scr/screening/screening_breast.html
※3 患者申出療養制度(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/moushideryouyou/
※4 患者申出療養を実施している医療機関の一覧(厚生労働省/2020年10月21日)
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kanja/kikan02.html
※5 乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療に関する診療の手引き(日本がん・生殖医療学会/2017年度版)
http://www.j-sfp.org/dl/JSFP_tebiki_2017.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る