沐浴のやり方 ポイントと手順をまとめました

沐浴のやり方 
ポイントと手順をまとめました

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんはたくさん汗をかき、うんちやおしっこもします。肌も大人の皮膚の半分の厚みしかなく、とてもデリケートなので沐浴で体を清潔にしておかないと、あせもや湿疹・肌トラブルの心配も。そこで本記事では沐浴の手順をポイント別に詳しく解説してきます。

 

実践する前に知っておきたい沐浴のポイント

■沐浴の回数は?

基本は、1日1回。ですが体調が悪い時には無理をする必要はありません。お湯で濡らしたガーゼで首周りや股周りを拭いてあげるだけでも大丈夫です。

とても汗をかいた日は、2回入れたいなということもあるかと思います。その場合、たとえば昼間はお湯を張ったベビーバスで汗を流すだけにし、夕方や夜の沐浴の際に石鹸で洗ってあげるなど、石鹼を付けて洗うのは1日1回で大丈夫です。

■目安の時間は?

7分〜10分ぐらいが目安です。あまり長い時間になってしまうと赤ちゃんの負担が大きくなってしまうので、そのぐらいの時間でさっと済ませると安心です。

■お湯の適温は?

お湯の温度ですが、夏は37℃~40℃、冬は40℃~42℃くらいが適温です。湯音計があると便利ですね。ママ・パパもひじの内側などをつけてみてで熱すぎないか、ぬるすぎないか確認してくださいね。

■必要なものは?

まずはベビーバスです。たとえばエアタイプの柔らかいものなどは、使わないときにコンパクトになり、持ち運びもしやすく柔らかいので赤ちゃんが当たっても安心。なにかと使い勝手がいいのでおすすめです。

そして洗面器。目を拭いたり、顔を拭いたり、最後のかけ湯に使いますので、片手で持ちやすそうなものを1つ準備しておくといいでしょう。

あとは石鹸です。泡で出てくるタイプ、固形タイプ、液体タイプなど、赤ちゃん用であればどれでもいいので使いやすいものを準備してください。

忘れてはならないのが目や顔を拭くための小さいガーゼ。もう1枚、長方形のガーゼもご用意ください。これは赤ちゃんをお風呂に入れるときに、赤ちゃんがびっくりしないように胸の上にかけるものになります。

お風呂上がりに必要なのがバスタオル。細かいところを拭く用と、正方形で赤ちゃんを全身すっぽりと包むためのものがあると安心です。

また保湿用のスキンケアセットも用意しておきましょう。赤ちゃんのスキンケアは清潔さと潤いを保つことが必須です。沐浴できれいになった後には、保湿剤をたっぷり塗ってあげてくださいね。

参考記事:赤ちゃんのスキンケア最前線“保湿剤ベタベタ塗り”が推奨されている理由

こちらが沐浴セット(ベビーバス、洗面器、石鹸、ガーゼ2種、バスタオル2種、保湿剤)です。

沐浴セット

あと忘れてはいけないのがお着替えのセット。お風呂上がりの湯冷めを防ぐためには、お洋服のセットをしてから沐浴してあげてくださいね。

沐浴後のお着替えセット

沐浴で大切なのは、洗う順番

手順の前に、沐浴を実践する上での最重要ポイントを先にご紹介します。

沐浴で1番大切なことは
<赤ちゃんの目を最初に洗い、お尻周りを最後にすること>
ここが1番のポイントです。

それでは順を追って、沐浴のやり方をご紹介していきます。

 

①ガーゼで目と顔を優しく拭きましょう

①ガーゼで目と顔を優しく拭きましょう

洗面器にぬるま湯を張り、小さいガーゼをお湯に浸してぎゅっと絞り、人差し指にガーゼを巻き付けて準備OK。最初は目から。空いている方の手でしっかりと顔を固定して、目がしらから目じりに向かって1回拭いてあげます。反対側も同様に。この際、ガーゼに目やになど汚れが付いているかもしれないので、1回拭くごとにきれいな部分を指にまき直してくださいね。

ガーゼを洗面器で洗い、ギュッと絞って、今度は顔です。面が広くなるので、人差し指と中指の2本にガーゼを巻き付けましょう。顔はおでこから頬っぺた、あごの下と数字の3を描くように。1回拭いたら必ずガーゼのきれいな面に変えて、反対側も同じようにおでこから頬、あごと拭きます。鼻の下が汚れているなら、おでこ、頬、鼻の下、あごとSを書くように拭きます。

赤ちゃんのおでこやあごの下に白いぷつぷつができているなら、石鹸を使います。石鹸を泡立てて泡を手で湿疹が出ているところにつけて洗います。洗い終わったら、ガーゼを使って、石鹼をしっかりと拭きとります。

②沐浴時は利き腕ではない手で首をしっかり支えます

②沐浴時は利き腕ではない手で首をしっかり支えます

お風呂に入れる時の抱っこは、利き手で体を洗うので、右利きの方は、左手で首を支えます。首の支え方は親指と中指が赤ちゃんの耳の後ろぐらいに来るように手をセット。すると、写真のような形で、手のひら全体で首を支えているようになります。そして利き手で、股を支え、親指だけ前に出して、真横に赤ちゃんを抱きます。

OL6A2250

前面から見るとこんな様子です。最初は慣れないですが、何度かやっていると慣れますよ。

③ガーゼを赤ちゃんの上にかけて足先からお湯に

③ガーゼを赤ちゃんの上にかけて足先からお湯に

ベビーバスに入れる前に長方形のガーゼを赤ちゃんの上にかけてあげます。そして足先からそっと赤ちゃんをお湯に入れます。空いている手で少しずつお湯を掛けながらお湯にならしてください。股部分にストッパーなどがあるベビーバスの場合、股のところを合わせて赤ちゃんの体がずり落ちないようにすると楽に赤ちゃんを支えることができます。

④頭はガーゼをつかって優しく濡らし、手で洗いましょう

④頭はガーゼをつかって優しく濡らし、手で洗いましょう

小さいガーゼをお湯に浸し、ガーゼにお湯を含ませて、前から後ろ、前から後ろと頭を濡らしていってください。十分に濡らしたら石鹸をしっかりと泡立てて、泡で頭全体を洗ってあげてください。きれいに洗えたら、最初と同じように、小さいガーゼにお湯を含ませて前から後ろに洗い流してください。慣れてきたら、シャワーでやさしく流してあげるのも良いですね。

⑤体は手で洗います

⑤体は手で洗います

体は手で洗っていきます。まずは首から。首にはしわがいっぱいあるので、Vの字を描くような形で洗います。ゴミがたまりやすいので首のくびれ部分は特によく洗ってください。腕は付け根のところから手をくるくると回転させながら洗います。

⑥手の中は汚れやすいので、しっかりと

⑥手の中は汚れやすいので、しっかりと

赤ちゃんの手は、1日中ぎゅっと握りしめているので、手の中にゴミや汚れがたまることがあります。無理やり開かせようとせず、赤ちゃんの小指の方からママ(パパ)の指をそっと入れると、自然と手を開いてくれます。手を開いたら手の中を洗います。赤ちゃんは手を口元に持っていくことが多いので、中のお湯を使ってすぐに洗い流しましょう。反対側も同じようにします。

⑦胸とお腹は、手のひらで撫でるように

⑦胸とお腹は、手のひらで撫でるように

胸とお腹は手のひら全体で優しく撫でるように洗いましょう。ここまでくると赤ちゃんはお湯に慣れているので、上半身が洗い終わったら、ガーゼを取ります。足は付け根のところから、関節やしわを延ばしながら洗います。反対側も同じです。

⑧前側が終わったら背中部分を

⑧前側が終わったら背中部分を

次は背中を洗うのため、赤ちゃんの向きを変えます。片手で頭を支えつつ、もう片方の手で赤ちゃんのわきに手をいれます。写真のように親指1本と他の指4本に分けて、親指を赤ちゃん肩付近に添え、4本指は赤ちゃんのわきの下ぐらいに入れて、手のひら全体で支えながら赤ちゃんを起こして背中を向けていきます。

OL6A2263

背中向きにしたとき、首はこれ以上前にはいかないので、首の支えはなくて大丈夫です。顔がお湯に入ったりしないように気を付けましょう。この体勢で首の後ろから背中、お尻と洗います。きれいに洗い終わったら再び前に向けます。そのときは首をしっかりと支えながら元に戻してください。

⑨仕上げにお股を、そしてかけ湯をしましょう

⑨仕上げにお股を、そしてかけ湯をしましょう

最後は股のところを洗ってあげてください。女の子の場合は前から後ろに向かって洗うのがポイントです。仕上げは洗面器に新しいお湯を入れて、首から下にそっとかけ湯をしましょう。石鹸はしっかりと洗い流します(沐浴剤を使用する場合は、そのまま湯上げをしてあげましょう)。

⑩湯上がりはバスタオルでくるんで、軽くおさえるように水分をふき取りましょう

⑩湯上がりはバスタオルでくるんで、軽くおさえるように水分をふき取りましょう

お湯から上げたら、あらかじめ広げておいたバスタオルの真ん中に赤ちゃんをそっと下ろします。最初は下からタオルを折り、次に左右からくるみます。なお、お風呂上りは湯冷めしやすいので、フードのついたタオルがあると重宝しますよ。

OL6A2269

赤ちゃんの体はゴシゴシ拭くのではなく、軽く抑えるように水分を拭きとりましょう。このとき、赤ちゃんの顔を見ながら「気持ちよかったね」「きれいになったね」と優しく笑顔で語りかけてあげてくださいね。

 

以上が沐浴の手順です。いかがでしたか? 今回は、この方法をご紹介しましたが、沐浴のやり方は、いろいろありますので、ポイントを押さえて、ご自身に合ったやり方を選び、楽しんで沐浴をしてあげてくださいね。

沐浴の後、肌の感想を防ぐため、ベビー用ローションなどで、しっかりと保湿をしてあげましょう。

赤ちゃんのスキンケアについては、こちらを参考にしてください。
■小児科医がわかりやすく解説 赤ちゃんのための「実践的スキンケア講座」
■赤ちゃんのスキンケア

妊娠・出産インフォ トップに戻る