赤ちゃんの肌着 選び方と着せ方について

赤ちゃんの肌着 
選び方と着せ方について

妊娠・出産インフォ

おなかの赤ちゃんのために準備しておくものの中でも、肌着は種類がたくさんあるし、素材もいろいろでプレママ・プレパパは迷ってしまいますね。そこで今回は、肌着の種類と用途、どんなものを何枚ぐらい揃えたらいいのか、どうやって着せるのかなど、「新生児期の肌着」について、紹介していきましょう。

 

赤ちゃんの肌着の種類と素材について

赤ちゃんの肌着の種類と素材について

■新生児向けの肌着の種類

新生児用の肌着は大きく分けて以下の3種類です。どの肌着も身ごろはひもを結んで止めるようになっていますが、これは結び目が肌に当たってもゴロゴロしない上、成長の早い赤ちゃんでも、ひもを調節するだけでちょうどいいサイズで着せることができるからです。

1. 短肌着

短肌着

汗取り用に一番下に着せるお尻ぐらいまでの丈の肌着。赤ちゃんは汗をかきやすいので短肌着は欠かせません。素肌に直接触れるものですから、ふんわり優しい素材がマスト。夏用には、ノースリーブタイプもあります。

2.コンビ肌着

コンビ肌着

足元まで覆う保温のための肌着。赤ちゃんのM字型の脚がはみ出さないように裾広がりのシルエットで、股の部分にスナップがついています。

3. 長肌着

長肌着

こちらも赤ちゃんの足元まで覆う保温のための肌着ですが、コンビ肌着との違いは、足元のスナップがないこと。おむつ替えが頻繁な時期にお世話が楽にできます。

 

■肌着の組み合わせの基本形について

■肌着の組み合わせの基本形について

 

■季節によって使い分けたい素材

赤ちゃんのための肌着なら、洗濯を繰り返しても柔らかな風合いを失わない耐久性と吸水性にすぐれた上質な綿100%の素材が最適。織り方や編み方によって厚みや手触りの違う3つのタイプがあります。

フライス

メリヤス編みのふんわり柔らかな風合いで、通気性がよく、伸縮性もあるのでフィット感も抜群。新生児向け肌着の定番素材です。

肌着 フライス

天竺(てんじく)

春から夏生まれの赤ちゃんに着せたい通気性にすぐれた薄手の平編み素材。さらっと軽い肌触りが特長です。

肌着 天竺

ニットガーゼ 

天竺を2枚合わせにし、空気の層を作って保温性を高めました。ふわふわとした肌触りで寒い季節の赤ちゃんをやさしく包みます。

肌着 ニットガーゼ

肌着の選び方と必要な枚数

■赤ちゃんにストレスを与えないデザイン、縫製をチェックして

赤ちゃんの肌は大人の半分の厚みしかなく、とてもデリケートです。赤ちゃんの未熟でデリケートな肌を守る縫製で動きやすいデザインの肌着を選びましょう。肌着選びのチェック項目は以下の通りです。

肌着選びのチェック項目


★腕の動きを妨げないよう腕周りが立体的な構造になっている
★わきに縫い目のない1枚布で仕立てられている
★縫い代はすべて外側に折り返してある
★洗濯ネームやタグが表側に付いている
★ひもの先端がほつれにくく、よれにくいようにステッチで補強してある

 

■いつも清潔な肌着を用意しておくために

■いつも清潔な肌着を用意しておくために

毎日欠かさず洗濯するというママ・パパでも、短肌着5~6枚とコンビ肌着か長肌着も5~6枚は用意しましょう。生後1か月ぐらいは、赤ちゃんがおっぱいを吐いたり、ゆるゆるウンチがおむつから漏れてしまったりと、トラブルが起こりがちですし、1日に2~3回着替えることも珍しくありません。いつでも清潔な肌着を着せてあげられるように、余裕をもって揃えておくといいでしょう。

 

■準備するべきサイズ

■準備するべきサイズ

出産準備として揃える新生児用の肌着は50cmサイズを選んでおきましょう。これは平均的な体格の赤ちゃんなら、新生児期から3か月ぐらいまで着用できる大きさです。

赤ちゃんはすぐに大きくなるからと大きな肌着を着せると、汗取りの効果も保温性も半減してしまいます。また3か月ぐらいで首が座ると、それまでの横抱きから縦抱きに変わってきますから、おなかがつながっているロンパース肌着の方が安心です。肌着は赤ちゃんの成長に合わせて変えていくのがおすすめです。

肌着は、“袖通し”をマスターすれば簡単に着せられます

肌着は、“袖通し”をマスターすれば簡単に着せられます

続いては肌着の着せ方。まずは着せる肌着の準備です。これは赤ちゃんのストレスを減らし、スムーズに着替えを進めるためにとても大切な手順です。

①短肌着の袖をコンビ肌着の袖に通します

①短肌着の袖をコンビ肌着の袖に通します

赤ちゃんに着せる前に、先に肌着を2枚重ねます。短肌着を手に持ち、コンビ肌着の袖を迎えにき、2枚の袖を一緒に通しておきます。
ベッドの上に重ねた肌着を置き、ひもは赤ちゃんに絡まないように、外側に出してセットします。

②赤ちゃんを重ねた肌着の上に寝かせます

②赤ちゃんを重ねた肌着の上に寝かせます

セットした肌着の上に赤ちゃんをお尻の方から降ろします。お尻を支えていた手をそっと抜き、両手を添えて頭をおろします。

③腕を引っ張らないようにそっと袖に通します

③腕を引っ張らないようにそっと袖に通します

肌着の袖をくしゅくしゅと靴下を履くようなイメージでたぐり寄せて短くし、重ねた肌着の袖口から手を入れて、赤ちゃんの手をやさしく握ります。手はそのままの位置で、もう片方の手で肌着の肩の方をそっと引いて腕にかぶせて、袖を通しましょう。このときに赤ちゃんの腕を引っ張らないでくださいね。

④左右同じように行い、両腕を通したらひもを留めます。

④左右同じように行い、両腕を通したらひもを留めます。

短肌着の左右を合わせ、向かって右わきの下のひもから蝶々結び(リボン結び)にします。短肌着のひもは向かって右内側と左外側に1か所ずつあります。コンビ肌着(長肌着)も同様に結びます。(ひもは蝶々結びか片結びで留めておくと、ほどく時に簡単です。)

中見出し

⑤腰回りや足元がもたつかないように裾を直します

ひもを全部結び終わったら、裾を整えてあげましょう。短肌着の裾もよれて丸まっていたり、背中でゴロゴロしていないかを確認します。最後にコンビ肌着の場合は股のボタンを留めます。
これで完了です!

 

赤ちゃんの着替えは、ちょっとしたポイントを覚えて慣れてくれば、案外難しくはありません。最初はうまくできなくても、心配はいりません。日々やることなので、だんだん上手になります。赤ちゃんを迎えて始まるドキドキ満載の毎日を楽しんでくださいね。

ミキハウスでは、はじめて赤ちゃんを迎えるお2人のために、プレママ・プレパパセミナーを開催しています。お気軽にご参加ください。

妊娠・出産インフォ トップに戻る