父親の“笑顔”が世界を変える!――― ファザーリング・ジャパン 安藤哲也さん

父親の“笑顔”が世界を変える!―――
ファザーリング・ジャパン 安藤哲也さん

妊娠・出産インフォ

「ファザーリング・ジャパン」は“笑っている父親”を増やすことを目指して、父親の子育て支援・自立支援事業を展開するNPO法人です。2006年にその団体を立ち上げ、代表理事に就任し、現在は副代表を務める安藤哲也さんは、「Fathering」という言葉を父親という本来の意味より一歩進めて「父親であることを楽しもう」とし、仲間を募って父親学校を開いたり、日本各地で講演会を行ったりしています。“前世はイタリア人”という安藤さんの考え方は、目からウロコが落ちるお話ばかり。そこには、パパだけでなく、ママも子どももみんなが笑顔になれるヒントが詰まっていました。


子どもが生まれて直感「仕事だけじゃハッピーになれない」

大学卒業後、出版社を皮切りに、書店、IT企業など10社に勤めたのですが、35歳で初めて父親になったときは、往来堂書店(東京・千駄木)の店長でした。それまでは経験を積んで収入を上げて…という、いわゆる日本の男性たちが描いていたビジョンしかもっていませんでした。でも、子どもが生まれてから、仕事だけしていてもハッピーになれないと直感して、自分なりに工夫して、子育ての時間や子どもといる時間を確保していきました。

mr.ando_01

最初は子どもの世話をするのがかっこいいと思っていて、今思えば、そのアピールだけをしている感じでしたね。“やりたいものだけをやる”という自分中心の育児をしていた。3年経って二人目の子どもも生まれたんですが、僕の勝手な育児を妻に見抜かれて言い合いになり、ケンカが続きました。

そのときちゃんと言い合えたことで、やっと気づきました。僕の役割は、子育てを上手にやることではなく、子どもを主役に考えて、子どもが健やかに育っていく手助けをすること。また、ママの代わりにママと同じように振る舞うのがイクメンではなくて、もっと家の中の環境を整える、いわゆる“家庭内マネージメント”をやることが父親の役割なんじゃないかと思いました。

休みをとれば父親が変わる そして社会もよくなる

楽天の社員だった時代に、ファザーリング・ジャパンをつくることを思いつきました。楽天には楽天ブックスという事業を成功させるためにヘッドハンティングされて入社したのですが、毎日仕事を早めに終えて、定時に帰ることを基本に働きました。有給休暇も100%とってましたね。楽天勤務時代に小学校のPTA会長も務めましたし。当時はワークライフバランスなんて言葉はありませんでしたが、自分なりに工夫して仕事と生活を両立していました。部下にもそれが伝わったようで、みんな健康的に働いてくれました。当時の人事スタッフから「安藤さんの部署への異動願いがけっこう多いのよ」と言われました(笑)。仕事の内容などより、「あの部署に行くと休みやすい」「子どもが生まれやすい」みたいな評判が立ったんでしょうね。

毎日保育園に通ったことで気づいていたことでもあったのですが、この一件で、男性の働き方を変えることが、父親の育児の参加をうながし、ひいては家庭の安定や子どもが増えることにつながると確信しました。ずいぶん変わってきたとは言っても、日本はまだ男性中心に物事を決めている社会。その男性の多くは父親だから、父親が変われば、日本は今よりよくなっていくと。このことが、僕らの団体を立ち上げるきっかけです。

イクボスを増やすには「会社が人事評価を変えること」

イクメンの数は着実に増えていますよね。でもまだ、休みがとれなかったり、定時に帰れなかったりする人もいます。女性活躍の問題もそうですが、本人だけじゃなく、その上司、つまりボスが変わらなければなかなか現実は厳しいですよね。

最近、ファザーリング・ジャパンでは、部下の子育て参加に理解のある上司や経営者を養成する「イクボスプロジェクト」を始めました。まだ古い世代が会社の上層部にいてボトルネックになっていますが、これから先、イクメン世代がどんどん会社の幹部になっていき、放っておいてもイクボスは増えていくでしょう。しかし今、女性活躍推進や少子化対策の流れのなかで、積極的にイクボスを増やすことが重要。そのためにいちばん大事なのは、人事評価の基準を変えることだと思います。

mr.ando_02

今まで長時間働いて売り上げを上げてきた人を評価してきたけれど、これからは時間あたりの生産性を重視し、育児や介護などで時間制約のある社員もやめさせないで育成し、かつ、チーム力を上げて組織の結果を出しているボスのことを会社は評価することが大事です。

「有休や育休とらないのは同僚に迷惑がかかるから」という人もいて、まだまだ家族のために休みをとりづらいイクメン世代もいますが、僕が管理職のころはそういう人には「大丈夫、君がいなくったって仕事はまわるから。『代わりがいなくて休めない』と言えるのは人間国宝だけ」と言ってました(笑)。だって誰だって、風邪をひいて2、3日休んだりするわけでしょ? それでも会社は動いてる。でも、男性の多くはそこで自己を正当化してしまうんですね。「俺がいないとこの会社は回らない」って。

働くママたちと話をして思うのは、イクボスというのは、「子どもがいるなら帰っていいよ」と言ってくれる上司ではないということです。やさしいボスですが、帰っていいよと言った後で、その人が23時まで職場に残って仕事をすると、ママたちは引け目を感じる。さらに、自分が帰った後に重要な仕事・決定が進んでいるんじゃないか、プロジェクトから外されるんじゃないかと余計な心配をする人も出てきます。男性ならなおさらでしょう。でも、部署の人間全員が早く帰れば、そういう不安は消える。ボス自身が変えることで、そういう空気というか、環境をつくってあげないといけないんです。

あとママ社員にはやさしくても、男性には厳しい上司も大勢います。「男が育休? それでいいのか?」みたいなパタニティ(父性)・ハラスメントも横行しています。男性社員は育児のために休める雰囲気じゃないと。イクボス、まだまだ発展途上なんです。

マネージメント力がつくから…「MBAよりPTAでしょ!」

今、ファザーリング・ジャパンの会員は400人いますが、現役で子どもの学校のPTA会長をやっている人が30人くらいいます。僕やほかの理事がPTA会長を経験して、「PTAはおもしろい!」と言ってまわった結果です。「MBA(経営学修士)よりPTAでしょ」って(笑)。PTAにいる多様なママたちをちゃんとマネージメントできたら、すばらしい経営能力がついて本業にも活きるはず。僕もPTA会長をやって「会社のほうが楽だな」と感じたくらいです。また、会社で社長になるのは難しいけど、PTA会長なら、「私、やります!」と手を挙げればたいていなれますから(笑)。

役員までやらずとも、夫婦共働きのパパには「保育園にどんどん行ったほうがいいよ」とアドバイスします。送り迎えに毎日行っているとパパ友も増えるし、ほかの子どもとも顔見知りになって、「絵本読んで~」なんて慕ってくるようになる。自分の子とは違ったかわいさを感じて読んであげたり、正月にこま回しがはやっているときは、「ちょっと貸してみろ」って昔とった何とかで“綱渡り”を見せてあげたりすると、子どもたちから「すっげ~」って言われて、すぐにヒーローですよ。

会社とは違う居場所というか、一人の個人としてイキイキとできる場所をもつことが男性にとっても大事。保育園はママが行くもんだと思っているのはもったいないと思います。


子どもに寄り添ってこそ父親は自分らしく「笑顔」になれる

mr.ando_03

昔から言われている“子育て四句”というものがあります。「乳児は肌を離すな、幼児は手を離すな、学童は目を離すな、思春期は心を離すな」というもの。自分の子どもが中学生、高校生になって、まさにそうだなと実感しています。もう親が手をかけなくても、子どもはおなかが空いたら自分で冷蔵庫開けて何か食べられるけど、心を離しちゃうと糸が切れて飛んでいってしまう。だから、高校生の娘とはLINEでつながっていて、ちょっと元気がなかったら「どうしたの?」と聞いたり、「見てるし信じているから頑張ってみな。でもなんか判断に迷ったらお父さんに言いな」と、こちらからのメッセージは出しています。

イクメンという言葉が一般的になって、僕らのところに来るお父さんも「予習」してくるようになりました。プレパパセミナーをやっても、「そんなこと、知っていますよ」っていう感じの男性が多いんですが、「子育ての理想と現実は違うよ。そんなマニュアルどおりにはいかないよ」と伝えます。

メディアがつくるイクメン像に惑わされないで、ワークもライフもバランスをとって余力をもってやりましょう。あくせくやって、大変だ大変だとやっているとまわりが引くでしょう? 仕事も育児も笑顔でスマートにやるほうが絶対いい。楽しければ続けられますから。そして、最終的にはイクメンという言葉をなくしたいですね。

mr.ando_prof0

【プロフィール】
安藤哲也(あんどう・てつや)

1962年東京生まれ。妻と高2の長女、中2の長男、小1の次男の5人家族。明治大学卒業後、出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年にパパの育児支援を行うNPO法人「ファザーリング・ジャパン」を設立。2012年に立ち上げたNPO法人「タイガーマスク基金」の代表も務める。厚生労働省イクメンプロジェクト顧問。

NPO法人 ファザーリング・ジャパン
http://fathering.jp/

妊娠・出産インフォ トップに戻る