やすのり先生のキーワード解説(1) 人工授精/体外受精/顕微授精<前編>

やすのり先生のキーワード解説(1)
人工授精/体外受精/顕微授精<前編>

妊娠・出産インフォ

子どもが欲しいけど、なかなか妊娠しない…そんな悩みをもつ人たちが不妊治療を受けることも多いでしょう。ステップアップしていくと、「人工授精」「体外受精」「顕微授精」にトライする場合も。これらの治療の違いは何でしょうか? やすのり先生こと、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師に詳しくお聞きしました。

「授」精と「受」精…この違いって何?

人工授精、体外受精、顕微授精という3つの単語には、「じゅせい」という共通の言葉があります。もうお気づきの方も多いかもしれませんが、「じゅ」の漢字を見ると、違いがあるのがわかりますよね。

1_01

人工授精は「授」の字を使っているので、人の力が最も必要な技術に思えるかもしれません。けれど、それぞれのしくみを見ていけば自ずとわかりますが、3つの中では人工授精がいちばんシンプルなもの。ただ当時、この方法ができたときは妊娠に他人の手が介在することが初めてだったわけです。そのため、人が妊娠の手助けをする行為として、手偏の「授」の字が使われたのです。その後、体外受精の技術が生み出され、女性の体の外で「受精」がなされることから、「受」の字を使うことになりました。

精子と卵子が出会って…「受精」のしくみ

人工授精、体外受精、顕微授精の説明をする前に、「受精」の意味を確認しておきましょう。(イラストはクリックで大きく表示されます)

1_2自然妊娠
1_03

写真は成熟した卵。右側の小さく丸いものが「極体」。

受精とは精子が卵子に入ること。精子が卵子の中に入っていき、精子の核と卵子の核の2つの核ができて、それらが融合する。これが受精の完了を意味します。
「極体」という小さな丸いものが卵子からプッと出るのですが、排卵時はひとつ出ていてこれを第一極体と言います。そして、受精すると、第二極体が出てきます。正常な受精は、精子と卵子の核がそれぞれ一つずつあり、第一極体のほかに第二極体が出現していること。核が3つあったり、極体が一つしかなかったりする場合は、異常受精なので発育しません。自然妊娠の場合でも、正常な受精がないことには何も始まらないのです。

人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップ

1_4人工授精

人工授精というのは、医師の手によって精子を子宮に入れること。カテーテルを使って、子宮腔内に挿入して行います。精子が少なかったり、精子の運動性が悪い男性の場合、卵管まで到達する精子の数も少なくなってしまうので、これを何とかしようと考えられたのがこの方法です。受精自体は体内で行われます。「人工授精」と聞くと、尻込みする方も多いかもしれませんが、受精のしくみに関しては、性生活による妊娠と何ら違いはありません。もしタイミング法などでなかなか成果が出ない場合には、早めに視野に入れてもいい方法と言えるでしょう。

精子は男性にマスターベーションしてもらって出た精液を使います。現在では、精液を洗浄して精子の数を濃縮した「調整精子」をつくり、これを子宮に戻すことをしています。

次回は、体外受精顕微授精をご説明しましょう。

*   *   *

自然妊娠のしくみを教わり、改めて妊娠、出産に至るにはさまざまなプロセスが必要なことがわかったのではないでしょうか。また、人工授精の「授」の字が使われた背景には、生殖補助医療の歴史がかかわっていたのですね。後編の「体外受精」「顕微授精」も、ぜひご覧ください。その違いをはっきりとわかっていただけることでしょう。

 

合わせてこちらもおすすめ

やすのり先生のキーワード解説(2) 人工授精/体外受精/顕微授精<後編>

妊娠・出産インフォ トップに戻る