増加傾向にある「二人目不妊」の実態  日本社会に横たわる“二人目の壁”とは

増加傾向にある「二人目不妊」の実態 
日本社会に横たわる“二人目の壁”とは

妊娠・出産インフォ

【今回の記事のポイント】
●専門家が語る二人目不妊の要因とは?
●二人目不妊の当事者のリアルな声
●二人目不妊と社会的課題の密接な関係
●「二人目の壁」を越えるためにできること

 

「二人目不妊」の現実、ご存知ですか?

妊娠しづらかったり、妊娠できない状態を指す「不妊」。世界保健機関(WHO)や日本産科婦人科学会によると、不妊の定義は「1年以内に妊娠に至れない状態」としています。現在、日本では約5.5組に1組の夫婦が不妊症で悩んでいるとされ、何らかの不妊治療を受けている療患者数は約50万人とも推計されています(国立社会保障人口問題研究所「第 15 回出生動向基本調査」より)。

そんな不妊症に悩むカップルで、見過ごされがちなのが“二人目不妊”のケース。日本の不妊治療の現場を20年以上にも渡り見続けてきた一般社団法人・日本生殖医学会の幹事長で「亀田IVFクリニック幕張」の院長を務める原田竜也先生は、「二人目不妊は非常に増えています」と、その実態についてこう説明します。

79_01

「大阪府不妊専門相談センターの調査によると、平成25年の二人目不妊の相談件数は全体の16.4%にのぼっています。また、幕張(千葉県)にある私のクリニックの場合はもっと顕著で、全体の2〜3割は二人目の不妊のケース。このように地域間の差はあるとは思いますが、日本全体で、二人目不妊に悩むカップルは増えていると実感しますね」

では二人目不妊の原因は、どのようなものが考えられるのでしょうか。原田先生は第一に「やはり加齢に伴うものが大きい」と指摘します。

「一般的に35歳をすぎると女性の妊娠率はガクンと低下しますから、一人目を妊娠したタイミングが遅くなると、どうしても二人目不妊になる確率は上がります。これだけ晩婚・晩産化が進んでいますから、これは必然とも言えます。ですから35歳以上の方で二人目を希望する場合、一人目を出産した後、できるだけ期間を空けずに受診することをお勧めいたします」

続いて加齢以外の要因について原田先生はこう言います。

「一人目の分娩が不妊に繋がることもあります。人によっては出産時に大量に出血したり、子宮内に細菌が入ってしまうケースがあり、それが原因で内膜炎になったり、卵管が詰まってしまい、妊娠しづらい体になることもある。また、授乳期間が長いと黄体ホルモンの分泌が不十分になり、黄体機能不全という状態に陥りやすく、結果妊娠しづらい体になってしまうことも考えられます。これは不妊症の中でも二人目不妊特有の原因と言えるでしょう」

また、二人目不妊でも無視できないのが男性に原因があるケースだといいます。

「男性も加齢に伴い精子の活動力は下がります。加えて、特に二人目を希望されるタイミングの男性は働き盛りで、日頃のストレスや不規則な生活習慣で一層その力は低下してしまう。最近は若くして射精障害や勃起障害で悩む男性も増えています。シンプルな話ですが、射精できないとなると自然妊娠は難しい。そういう男性がまずすべきことは生活習慣の改善です。(喫煙者であれば)禁煙をしてみたり、アルコールを飲みすぎないように注意したり…また、できるだけ“禁欲期間”を作らないことも大切なことです」(原田先生)

 

「二人目不妊」経験者の生の声

79_02

近年、増えているという二人目不妊。続いては、実際に二人目不妊を経験された方にお話を伺ってみたいと思います。今回は不妊治療体験者を支援している「NPO法人Fine」からお二人の方にお話をお聞きしました。

お一人目の女性Mさん(42歳)は旦那さん(39歳)と息子さん(4歳)の三人家族。2013年に一人目を出産し、2015年から二人目の不妊治療に当たりました。

「私は元々不妊症で、一人目を妊娠するまでにも7年かかりました。ですから、息子が生まれた時には本当にうれしかったです。二人目不妊治療を受けようと思ったきっかけは、一人目の治療の時の凍結卵が残っていたからです。一人目の時点で高齢出産でしたから、二人目は厳しいことは十分承知していましたが、一人目の時に苦労していたので、命の詰まった大事な受精卵を無下にはできないと思い、お腹に戻して出産したいと思いました。これは主人も同意見でした。ただ治療を続ける過程で私に子宮頸がんが見つかってしまい、一時は子宮の摘出手術の可能性も……ただ、二人目のためにどうしても子宮は残したいと、子宮頸部の入り口だけ取り除いて治療を続けました」

Mさんのお腹に二人目の命が授かることはありませんでした。しかし、「チャンスがあれば、もう一人産みたい」というご夫婦の意向で、現在は治療を続けるのではなく自然に任せているそうです。そんなMさんは二人目不妊治療をしていた時のことをこう振り返ります。

「一番苦労したのは子育てをしながらの治療になったこと。私は仕事をしていなかったので子どもを保育所に預けておらず、一人目を見ながらの治療はとても苦労しました。それに、不妊治療専門病院に子どもを連れて行くことに対してもすごく不安や抵抗がありました。治療に通っている方に不快感を与えていないだろうか、『息子がうるさくしたらどうしよう』とソワソワしてしまったことを今でも覚えています。そういう意味では、二人目不妊こそ家族など周囲の協力が欠かせないと感じました」

続いてのOさん(40歳)は旦那さん(41歳)と5歳と5か月の二人の娘さんの4人家族。2011年に第一子を出産、2015年の2月ごろから二人目不妊治療をスタートしました。

「一人目を出産した時点で30代半ばだったため、二人目を希望するならすぐに行動したかったという思いがありました。しかし、一人目が1歳を迎えた時に以前の会社を退職しなければならず、転職先を探したり、次の会社が見つかってもすぐに産休を取るわけにもいかなくて、なかなか二人目をつくるタイミングが見計らえずにいたんです。そしてようやく治療を始められても、実は私は一人目の時に一度流産を経験しているので『次の子もちゃんと生まれてきてくれるだろうか』と不安で仕方ありませんでした」

そんなOさんでしたが、2016年には無事二人目を妊娠。しかしそれまでには多くの苦労があったと言います。

「私が一番苦労したのは治療と仕事とのバランスをどう取るかということでした。働きながらの治療だったので、娘を保育園に迎えに行ったら電車に飛び乗って、毎回診療時間ギリギリに病院に滑り込み。それが大変で、シフト制の仕事を希望して異動したんです。今思い返して『よかったな』と思うのは、新しい職場で思い切って不妊治療をしていることを周りの人に伝えたこと。お子さんのいる方も多い職場だったので、『何か困ったことがあったら遠慮なく言ってね』『急に休みをとることもあるだろうけど、職場のことは気にしないで』と優しい言葉をかけていただけて、それが心の救いにもなりました」

 

社会的な背景から見る「二人目不妊」の問題

79_03
79_04

慶應義塾大学名誉教授で、産婦人科医でもある吉村泰典先生はこのように語ります。
「“二人目の壁”は社会にあるあらゆる問題が複雑に絡み合って、夫婦の前に立ちはだかっているものです。あるひとつのことを解決すれば、それがなくなるという類のものではありません。ただ、男性側の“意識”(や行動)を変えることで状況が改善することだけは明らかです。まずは、こちらのデータを御覧ください」

79_05

※クリックして大きく表示されます

「これは2011年の内閣府男女共同参画局の調査から抜粋したものです。実は、夫の休日の家事・育児時間と第二子以降の出生割合にはきれいな相関関係があります。つまり、夫が積極的に家事や育児を手伝う家庭ほど、第二子以降の子どもが生まれている家庭が多い。ここから分かることは、二人目を授かるためには、夫の家事・育児への協力は不可欠になります。特に家事。掃除、洗濯、料理、買い物……ただでさえ子育てで疲れている妻に、さらに“家の仕事”まで押し付けているようでは絶対にいけません。そういう意味では、夫の意識改革が必要ですし、同時に『(働く男性が子育て参画しやすくなるような)社会的な環境の整備』が欠かせないということです」

さらに吉村先生は「妻の結婚年齢別にみた、一家庭の子どもの平均人数」のデータを取り上げます。

79_06

※クリックして大きく表示されます

これによると、結婚年齢が20歳〜24歳の場合、その数は2.08人と“二人目の壁”を超えていることがわかります。また、35歳〜39歳での結婚の場合、授かった子どもの数は1.16人。結婚年齢と子どもの人数にはこうした相関関係があるのです。

「未婚化・晩婚化・晩産化が日本で問題視され始めたのはここ10年のこと。そうした状況が“二人目の壁”をつくっているわけですから、そういう意味では、これは個々人の問題というより社会全体の問題なのです。かつて少子化を克服した一部欧米の国々では、子育てをしながら仕事ができる社会システムを整えたり、婚外子を認める文化・風潮を醸成したりと、子どもを産み育てやすい社会をつくることで状況を立て直した経緯があります。日本も、そうした部分を改善していかないと、“二人目の壁”の根本解決には至らないでしょう。

また、若い頃から男女ともども『子どもは何人ほしいのか』『そのためにはいつまでに結婚した方がいいのか』というライフプランを立てる力を養っておくことも重要です。同時に、教育の現場で30代後半になると妊娠率が下がるといった医学的な事実をきちんと教えておくことが大切になってくる。こういうことを言うと、決まって“女性の社会的権利を制限しようとしている”などと批判の声を上げる方々もおみえになりますが、私は産婦人科医として、こうした事実はもっと多くの方が認識されるべきだと思っています」(吉村先生)

 

※   ※   ※

今回は二人目の出産を望みながら、なかなか妊娠に至らない“二人目不妊”の実態にフォーカスしつつ、さらに社会的な背景に着目して“二人目の壁”というものを考えてみました。

いずれの問題も、夫婦個々人だけでなく、社会全体に問われている現代の課題と言えそうです。それだけに“二人目の壁”を超える方法は簡単なことではありませんが、なるべく多くの人が自分ゴトとして、この問題を考え、そして解決するための道を模索していく必要があるのかもしれません。

妊娠・出産インフォ トップに戻る