すべての子の誕生は「奇跡」であり「おめでとう」『コウノドリ』作者・鈴ノ木ユウさん

すべての子の誕生は「奇跡」であり「おめでとう」
『コウノドリ』作者・鈴ノ木ユウさん

妊娠・出産インフォ

《この記事はこんな内容です》

青年コミック誌『モーニング』で連載中のマンガ『コウノドリ』。産婦人科医が主人公の、出産の現場をテーマとして作品です。同作は「未受診妊婦」「切迫流産」「無脳症」など、あまり語られることのなかった妊娠、出産の知られざる現実を描いていることが特徴。そこで本記事では、作者の鈴ノ木ユウさんに、作品を描くきっかけから、男性が妻の妊娠、出産時に“できること”まで、いろいろとお話をお聞きしました。

<目次>

  1. 1思いがけず出産に立ち会い“武者震い”した話
  2. 2産科医療の知られざる現実を知り「描かなきゃ」と思った
  3. 3「奇跡」を知らせたいという気持ち
  4. 4出産で男ができることは何もない…だからこそ

続きを見る

妊娠・出産インフォ トップに戻る