特集「子育てママ・パパのwithコロナ対策」 ワーママたちに聞きました。「自粛期間のお散歩、外遊び、どうしてる?」

特集「子育てママ・パパのwithコロナ対策」
ワーママたちに聞きました。
「自粛期間のお散歩、外遊び、どうしてる?」

妊娠・出産インフォ

緊急事態宣言が明けた後も、しばらくはある程度の自粛生活を余儀なくされることになりますが、一方でコロナと共生する「新しい日常」も模索し続けなければなりません。そこで(ますます)気になるのは子どもの外あそび、心身の健康のための散歩や公園へのお出かけです。

今回、ミキハウス出産準備サイトでは、「チーム育児」を提唱しているワーキングペアレンツのためのコミュニティ「両立チーム育児ラボ(https://ryoritsu-teamikuji.jpn.org)」のメンバーにリモートでお集まりいただき、この数か月の自粛生活における外遊びの実態をお聞きしました。メンバーは、日本国内でもっとも感染者数の多い東京の方ばかり。休園・休校が続く中で、健康のためとはいえ外遊びをさせていいのか、どういう遊ばせ方であれば許容範囲なのか、みなさん悩まれたそうです。

今回のお話は、子どもと外遊びをテーマにした“模範解答集”ではありません。このコロナ禍に子育てをするママたちが、子どものこと、お友だちのこと、周辺住民のこと、そして社会のことを考えて行動した「実態」であり、「現実」です。今後も続く、withコロナの生活の中で、少しでもみなさんの参考になりますように願っています。

 

【参加メンバー(順不同)】

子育てママ・パパのwithコロナ対策 参加メンバー

Jさん

6歳(小1)と2歳の子どものママ/会社経営 子どもたちを保育園に預け、オフィスに通勤していたが、緊急事態宣言に伴って自らの会社でも全面的にテレワークを導入。今はリモートを駆使しつつ、すべての業務を家でこなしている。夫も在宅勤務中。

Hさん

4歳と2歳の子どものママ/会社員 朝9時から夕方6時まで職場で勤務していたが、4月2日から完全在宅勤務に。夫も在宅勤務のため、お互いの時間をやりくりしながら、子育てと仕事に取り組んでいる。

Iさん

7歳(小2)、5歳、2歳の3人の子どものママ/会社員 職場ではコロナ前から、働き方改革と生産性向上のために一部リモートワークが導入されていた。3月の最終週から完全な在宅ワークに。夫は公務員で現在も出勤している。

Tさん

2歳1か月の子どものママ/会社員 2019年4月に育休から復帰し、時短勤務をしていた。在宅勤務ができない業種のため、現在は分散出勤となり、週1日は自宅待機日となった。加えて子育て世代のための特別休暇も活用し、1営業日おきに出社している。夫は完全在宅勤務。

Fさん

4歳と1歳の子どものママ/会社員 現在育休中。4月に復帰の予定だったが、リモートワークが難しい職場であることから、6月まで育休を延期した。夫も在宅勤務中。

T(司会進行)

出産準備サイト編集部員。1歳の子どものママ/会社員 昨年7月に育休から復帰。会社の裁量労働制度を利用して、朝は定時より30分早く出社し、夕方は4時までという形の時短と、有給休暇の取得による週4日勤務という働き方をしていた。4月に入って完全リモートワークとなった。夫も在宅勤務中。今回はモデレーターとして参加。

 

人出の少ない早朝に散歩に行くようにしています

コロナ禍での子どもの外遊び

T:今回はコロナ禍での、子どもの外遊びをテーマに、みなさんにお話をお聞きしたいと思っています。2月、3月、4月、そして5月とでは、実際の感染リスクや社会のコロナに対する不安感も違うとはいえ、この数か月間、お子さんの外遊びやお散歩、どうされてましたか?

Tさん:基本的には毎日、細心の注意を払いながら散歩はしていました。もともとお散歩は日課にしていて、保育園に通っている時の子どもの生活リズムを崩したくなかったこともあり、一日一回の散歩は欠かさずやっていました。人のいない時間帯を狙って、早朝6時に家を出ています。家の近所に大きな公園があるのですけど、2歳になる子どもは、家とは違って楽しそうに遊びます。ダンゴムシやアリを延々と観察したり、ボールを蹴ったり、地面にお絵描きしたり…そういう姿を眺めているだけで幸せな気分になれます。

Jさん:早朝はいいですよね。私も午前中の早い時間に近所の公園にお出かけするようにしていますね。大きな公園で安心ということもありますが、人が少ない時間帯だと、気兼ねなく思い切り遊ばせてやれるんですよね。逆に人が増えたら、帰るようにはしています。

Fさん:うちは緊急事態宣言が出てからは、あまり外遊びをさせていません。たまに連れて行くときも、早朝ですね。広場や原っぱにレジャーシートを敷いて朝ごはんを食べて、それから2時間ぐらい一生懸命遊んで、城さん同様、人が多くなる10時ぐらいには帰るようにしています。

ワーママに聞く、コロナ禍での子どもの外遊び

T:外遊びは早朝派が多いですね。逆に昼頃に外に行ってる方はいますか?

Hさん:私は昼派です。どうしてかかっていうと、うちの近所の公園が昼前くらいに人が少なくなるんですよ。毎日11時半とか12時ぐらいに家を出て、子どもたちを1時間ぐらい遊ばせて、帰りに昼食用のお弁当を買って帰ることが多いかな。夫も私も休憩がてら一緒に行って、みんなでのんびりすごしています。

Iさん:優雅でいいなぁ。うちは子どもが3人いるので、広い公園に連れて行って、放牧ですね。自転車とかキックボードとか、ストライダーとかで思い思いに走り回るみたいな遊び方をさせることが多いです。とにかく体をたくさん動かして、思いっきり遊ぶ。午前中思いっきり遊べば、下の2人はお昼寝をするので、その時間帯は私も仕事がはかどります(笑)。逆に午前中にどこにも行かないでずっと家にいると2歳の子も昼寝をしないので、夕方にはグズりはじめて、仕事が手につかなくなってしまうんですよね。

T:ところで東京では、いまだに(5月中旬時点)公園の遊具にテープが貼られて使えないようになっているところも多いですよね。同じ都内でもテープが貼られていない公園もあるなど、エリアによって対応が違うみたいですが。

公園で遊ぶ子ども

Tさん:遊具については、「感染の可能性があるかも」と言われると、神経質にはなりますよね。私は遊具が禁止される前から除菌シートで拭いてから遊ばせていたんですけれど、除菌シートも底がついてきたので、最近は遊具には近寄らないようにしています。

Fさん:私も気になります。ひとりで4歳と1歳の子を連れて行く時には、ストライダーや縄跳び、砂場の道具とか持っていって、「遊具は使わないようにしようね」と言い聞かせています。それと、外遊びとは言えないかも知れないんですけど、最近自宅のベランダに砂場を作りました。ビニールプールにシートを敷いて、砂を入れて。子どもたちはベランダの砂場をすごく気に入ったようで、1時間ぐらいは夢中で遊んでくれます。

T:みなさんそれぞれ工夫しているんですね、今は外出自粛で大変な時期だけれど、子どもたちがのびのびと遊べる環境をできるだけ与えてやりたいと思うのは親心ですよね。

Fさん:外に出るのは子どもの成長のためにも必要なのではないかと思います。この前1歳10か月の子を久しぶりに公園に連れて行ったら、家の中では走り回っているのに、以前は平気だった坂道を怖がるようになっていて驚きました。このままではまずいなと思って、今は外に出る時には、坂道をどんどん歩かせるようにしています。

リスクについての考え方は人それぞれ

リスクについての考え方は人それぞれ

T:みなさんのお話を聞きながら、リスクについての考え方はそれぞれに違うように感じているんですが、今までのママ友との付き合いや子どもの遊ばせ方は、みんなの暗黙の了解の上に成り立っていて、前例とか常識の範囲でやっていたんですよね。でも今回のような状況の中では新しいルールが見えていないし、常識すら変わっていますよね。友だちや周囲との折り合いの付け方を今みなさんはどうしていますか?

Tさん:3月末ぐらいの桜が咲いていた頃は、「この公園に行くのでよかったら来ませんか?」とママ友を誘って一緒に遊ばせたりしていました。もちろん親はマスクを付けていましたけれど。でも緊急事態宣言が出てからは、保育園は休園ですし、お友だちと会うこともなくなりました。

Jさん:保育園が休園になってから、お友だちのママにここで遊んでいるよと連絡したら来てくれたことがあって、子どもは大喜びでした。でもだんだんそんなことも出来なくなりましたよね。

Fさん:なかなか難しいですよね。自分としてもあまり近づくのはどうかと思うし、相手がどういうふうに感じるか分からないと思うので、早朝に同じ公園に来ているお友だちもいるようですけれど、遠くから手をふるとか、ちょっと頭を下げるとか、その程度ですね。4歳の子でもあまり近づいてはいけないことを分かっているみたいで、たまたま言葉を交わすことがあっても2mぐらいは距離をとっています。4歳にして、しっかりソーシャルディスタンスの意識があるんですよ。

T:みんななんとなく相手の空気を読みながら付き合うしかないですよね。でも考え方の違いで周りと揉めたりすることはないですか?

Jさん:相手がママ友ではないけれど、自粛が始まった頃、同じマンションの子どもたちが駐輪場で遊ぶようになったら、住民の方に注意されてしまったということがありました。子どもたちは楽しんでいたんですけれど、よく思わない方もいるんだと実感しましたね。

Fさん:私のマンションでもそういうことがありました。マンションの隣の空地は以前から子どもたちの遊び場になっていて、賑わっていたんですけど、緊急事態宣言が出てからは誰もいなくなりました。別にマンションの自治会からの正式な要請があったわけではないのに、親たちが自発的に自粛させているんだと思います。でも、子育て世代の多い住宅地であることもあり、空地に子供がいなくなった分、近所の公園にはたくさん集まってそこの人口密度はいつもより高くなっているようです。

withコロナ 公園を散歩

T:今回のコロナの問題は、未知の感染症ということもあり、いまだにわからないこともあるじゃないですか。リスクに対する考え方とか、意識、生活そのもののルールの線引きも考えれば考えるほど難しい。それこそ夫婦間でも意見が違う場合もあるかと思います。そのあたりの意識のすり合わせなどは、されていますでしょうか?

Jさん:うちはしてますね。社会的に逸脱していないというのが前提ではありますが、家庭のルールを夫婦で話し合って、決めていくことは大事だと思います。私はできればお友だちとの関わりを制限したくないと思っているけれども、夫はもう少し厳密。だから、外に遊びに行くこと自体は制限を掛けていないけれども、遊んでいる公園に人が増えて密になってくると「帰ろう」ってことになっています。そこは結構明確なルールかも。

Fさん:うちは私も夫も考え方が保守的な方だと思うんですけれど、子どもの外出を完全に制限することは無理だと思うし、すべきではないとも考えています。三密には気をつけつつ、体力を落とさないようにはしています。要はバランスだと思いますね。

Hさん:バランスは大事ですよね。ただ、どこまでやらせるかを決めるのは本当に難しい。子どもの行動を制限するより、三密を避ける環境を整えることができれば、だんだん解禁していってもいいんじゃないかな。上の子には保育園の仲のいい子たちと週1回ぐらい電話でお話させていますが、「遊びたいね」とか「今度家の前通ったら呼んでね」というやり取りを聞くと、会わせてあげたいなとは正直思いますよ。

withコロナ期の外遊び

Jさん:緊急事態宣言が開けても、悩みは尽きませんね。学校が始まり、習い事も再開したとき、本当に通わせていいのかどうなのかって親は葛藤するんじゃないかと思うんです。プールはいいんだろうか。ピアノは密室でのレッスンだったら止めておこうとか。そういう各家庭の判断がとても大事だし、親は一定のルールのもと、決断をしていかなければいけない。

Tさん:まずは親が自分の考えをしっかりと持つことなんでしょうね。子どもの友だちやママ友といい関係を作り上げていくためにも、玩具や持ち物などモノを共有していいか、他人との距離の保ち方、マスクの着用などのルールをわが子に教え、わが家のやり方を周りの人にどんどん伝えていく事が必要ではないかと思います。私はママ友と定期的にSNSやビデオ電話で近況報告をしつつ、お互いの危機感覚をシェアするように努めています。それぞれの家庭の考え方を知ることは、距離感を知るためにも役立つし、ママ友同士の摩擦も少なくなると思いますよ。

 

※         ※         ※

5月14日に全国38県での緊急事態宣言が解除されましたが、コロナとの“共生”はこれからも長く続きます。そんな状況の中でも、子どもたちによりよい環境を与えるべく努力しているママ・パパたちに、ミキハウス出産準備サイトはずっと寄り添っていきたいと考えています。今日も、明日も、ずっと先も、みなさんが笑顔でいられますように。

妊娠・出産インフォ トップに戻る