withコロナ時代の必修科目? 「免疫力」についての正しい知識

withコロナ時代の必修科目?
「免疫力」についての正しい知識

妊娠・出産インフォ

日本ではじめての新型コロナウイルス感染者が確認されてから半年近く経ちました。日本では第1波のピークは越えたとは言え、第2波、第3波がいつ来るかわからない状況。この感染症から家族を守るために、ママ・パパは毎日身の回りのあらゆる事に気を配りながら生活していることでしょう。

そこで今回のテーマは“免疫力”。免疫力とは何か、免疫は感染症予防にどう働くのか、慶應義塾大学名誉教授で産科医の吉村泰典先生に詳しく教えていただきましょう。

 

私たちのからだには何段階もの自己防御システムが働いています

私たちのからだには何段階もの自己防御システムが働いています

――感染症にかからないようにするには免疫力を落とさないようにすること、とよく言われます。そもそも免疫というのはどんなものでしょうか。

吉村先生:私たちのからだには、外から侵入してきた細菌やウイルスなどを異物として攻撃して、正常な状態を保つための自己防御機能があります。これが免疫と呼ばれるもので、免疫力とは病原体に抵抗する免疫のパワーのことです。免疫は大きく2つのタイプに分かれています。ひとつは「粘膜免疫」で、からだの中にウイルスや細菌を侵入させないための防御システムであり、もうひとつは「全身免疫」と呼ばれる、侵入してしまった異物と戦う排除・攻撃のシステムです。

20200702_02

――粘膜免疫と全身免疫と二つあるんですね。

吉村先生:はい。さらに詳しく説明すると、からだの一番外側にある皮膚が最初のバリアーとなり、異物を体内に入れないようにしているんですね。コロナ禍の中で手洗いが奨励され、顔の粘膜を触らないようにという注意喚起もありますが、これは手の皮膚に付いたウイルスが粘膜からからだの中に入っていかないようにしましょう、ということです。

――今や外から帰ったらまず手洗いをするのがすっかり習慣になりました。そのせいか、2019~20年の冬は、全国でインフルエンザにかかった患者は過去12年で最少になった、というニュースもありましたね。

吉村先生:そうですね。手洗いは非常に重要です。ただ、病原菌が皮膚から粘膜に侵入してしまっても、目、鼻、口、腸管など全身の粘膜部分には免疫物質・IgA抗体(免疫グロブリン)がいて、侵入してきた病原体にくっついて無力化させる働きを担っていることも知っておいてください。

――そこは「粘膜免疫」でガードしているということですね。でもすべてを、粘膜でガードはできないですよね? 

吉村先生:はい、そうです。そうなると今度は「全身免疫」の出番です。全身免疫はリンパ節や脾臓(ひぞう)、血液中で働きます。全身免疫には、病原体の侵入を感知するとすぐに働く「自然免疫」とその後に登場する「獲得免疫」があります。

――なるほど、「全身免疫」は二段構えで機能するのですね。

吉村先生:「自然免疫」には、病原体を食べてしまう白血球の一種“好中球”や“マクロファージ”があります。一方、「獲得免疫」は“マクロファージ”などが分解したウイルスや菌の情報から病原体の性質を見極めて抗体を作り、狙いを定めて攻撃します。私たちのからだは、どんな異物に対してもぴったり結合する抗体を作り、過去に起こった免疫反応の特徴を記憶することができるようになっていて、次に同じものが侵入してきた時に防御反応をするようになります。つまり「獲得免疫」は人が成長する中でさまざまな病原体に接し、それらをからだに取り込んで獲得していく免疫なのです。抗体は“好中球”や“マクロファージ”を活性化する働きもありますから、「自然免疫」と「獲得免疫」は助け合ってからだを守っていることになります。

※クリックで大きく表示されます

※クリックで大きく表示されます

――免疫が働くシステムは随分複雑なんですね。ここで素朴な疑問ですが「免疫」と「抗体」の違いはなんでしょうか? 

吉村先生:簡単に言うと、抗体は異物に対する最終手段ですね。抗体をつくるための予防接種ワクチンも「獲得免疫」の仕組みを利用して作られたものなんですよ。感染症にかかる前に、毒性の弱い病原体を体内に入れてあらかじめ抗体を作っておくことで、感染症の予防や重症化の防止に役立つというものです。新型コロナウイルス感染症も早くワクチン接種ができるようになるといいのですが、抗体にはいくつかの種類があって、感染予防に役立たないものもありますから、ワクチン開発には時間がかかるのではないかと危惧しています。

規則正しい生活とバランスのいい食生活が免疫力を正常に保ちます

規則正しい生活とバランスのいい食生活が免疫力を正常に保ちます

――そもそも免疫力というのは、個人差があるものなのでしょうか?

吉村先生:個人差は当然ありますし、免疫力はすべての人が同じように持っているわけではありません。また妊娠中はからだに大きな変化が起きているわけですから、妊婦さんは免疫バランスや心肺機能も不安定になりがちです。また小さな子どもは自分の中にない菌や異物に接触する機会が少ないので、大人と同じ免疫力はないようです。加齢も免疫力が落ちる一因ですね。一般的には、妊婦さんと子どもとお年寄りは免疫力が低いと思っていただいて差し支えないと思います。

――「免疫力をアップする」などとうたった食品の広告などを見かけることがありますが、免疫力は本当に食品などで高めることができるのでしょうか?

吉村先生:特定の食品を摂取して、免疫力を高めるというのはちょっと考えられません。医学的にはなんらエビデンスもないです。ただ、食生活を含めた規則正しい生活で正常に保つ事は可能です。睡眠不足や不規則な生活、バランスの悪い食事、過度なストレスは粘膜の免疫力を低下させると言われています。免疫力が低下すると、病原菌がからだに侵入しやすくなります。深夜まで仕事をして、まともな食事もとらないで、深酒をして、睡眠も少し…みたいな生活をしていると、当然、免疫力も働かずに感染しやすいからだになってしまいますよ。

――逆に言うと、健全なライフスタイル、たとえば早寝・早起きとバランスの良い食事をすれば、免疫力を維持できるというわけですか?

吉村先生:ええ、正確に言うと「粘膜免疫」の機能を維持できます。先ほどもお話ししましたように、からだに細菌やウイルスなどの異物を侵入させないためには、「粘膜免疫」のIgA抗体の働きが重要です。IgA抗体は全身の粘膜部分にあり、特定の菌やウイルスだけでなく、さまざまな病原体にくっついてそれらを不活性化するものです。

――全身の粘膜部分というのは、目、鼻、口、さらに腸管でしたね? 

吉村先生:そうです。消化管の表面、特に小腸の表面積は広げるとテニスコート1面分もあると言われるほど広く、感染を防ぐ働きが活発な器官です。そこでは侵入を感知すると大量のIgA抗体を分泌して病原体の動きを止め、病原体をマクロファージが食べやすい形にしたり、便として排出するといったことが行われているのです。ちなみにIgA抗体は母乳に多く含まれていて、特に産後数日間の母乳にはIgA抗体が非常に多くなっています。生後すぐの赤ちゃんに初乳を飲ませるのは、口や腸を感染から守るという意味でも大切な意味があるんですね。

――新型コロナの感染予防にばかり気を取られていますが、初夏から夏にかけては食中毒も気になります。

吉村先生:そうですね。食中毒も感染症から起こることが多いものです。規則正しい生活とバランスのいい食事に加えて、からだを冷やさない、ストレスを避ける、適度な運動をするなど、免疫力を保つために心がけていただきたいですね。

※          ※          ※

外出自粛でかつてない日常を体験した日本でも、非常事態宣言の解除とともに少しずつ街には人の姿が増えてきました。それでも新型コロナウイルス感染症との戦いには終りが見えず、国内の新規感染者数に一喜一憂する日々はまだ続きそうです。吉村先生に教えていただいた免疫の仕組みを頭の片隅に置いて、プレママばかりでなく、家族みんなの健康維持に役立てていただければ幸いです。

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る