子育て世帯の「コロナ禍1年」 7600名アンケートから見える“本音”とは 

子育て世帯の「コロナ禍1年」
7600名アンケートから見える“本音”とは 

妊娠・出産インフォ

新型コロナ予防のためにマスクや手洗いをし、密を避ける“新しい生活様式”を余儀なくされたこの1年、家族の暮らしはどんな風に変化したのでしょうか。小さな子どものいるママ・パパや赤ちゃんを迎えようとしているプレママ・プレパパはこの環境をどう受け止めているのでしょう。

ミキハウスでは、〈“コロナ禍の1年”を子育て世帯はどうすごした? コロナ禍の子育てリアル調査〉と題したアンケート調査を、「ミキハウスベビークラブ」の会員様を対象に昨年12月18日から今年1月18日まで行いました。調査結果から見えてきた“本音”は、多くのママ・パパが家族とすごす時間が増え、絆を強めていることを肯定的に捉えている様子でした。

 

(調査概要)

ミキハウス コロナ禍の子育てリアル調査概要

回答を寄せてくださったのは7,600名のミキハウスベビークラブ会員のみなさまです。男女の割合は女性98.2%、男性1.8%。お子さんはおひとりの方が一番多く52.1%で、おふたりいらっしゃる方は16.9%でした。現在妊娠中の方も27.2%います。

回答を寄せてくださった方々について

 

“家族時間”が増えたと回答した方の約68%が「よかった」と回答

“家族時間”が増えたと回答した方の約68%が「よかった」と回答

コロナ禍の中、飛沫感染や接触感染を防ぐためのマスク着用やこまめな手洗い、3密防止など、これまでにないさまざまな気配りや工夫が求められています。そこでまず尋ねたのは、コロナにより生活習慣や外出の頻度など、家族の暮らし方に変化があったか否か。

コロナにより生活様式に変化はございましたか?

実に95%近くの方が、マスクを着用し、こまめな手洗いなどを実践していて「衛生意識が向上」したと回答。この冬インフルエンザなどの感染症が減少しているのはこうした対策の効果と言われていますから、ずっと続けていきたい習慣ですね。

また、「お友だちと遊ぶ機会が減った」(81.5%)、「外遊びが減った」(68.2%)、「実家に帰る頻度が減った。帰らなくなった」(41.1%)から見えてくるのは、ほとんどの時間を自宅か、決まった場所でいつもの相手とすごしている様子です。

続いての質問は、家族とすごす時間の増減について。職場でリモートワークが推奨されたり、通勤時の混雑緩和のための時短勤務が導入されたりと、働く環境も大きく変化したこの1年。平日であっても、ママ・パパが家で仕事をしている姿が当たり前になった家庭も少なくないようです。

この1年、家族といる時間は増えましたか?

これは大方の予想通り、「かなり増えた」(36.8%)、「どちらかというと増えた」(31.5%)、と「増えた」と回答された方が68.3%に上りました。多くの家庭で一緒にすごす時間が増えていることがわかります。一方、少数ですが「減った」(2.2%)と答えている方もいて、コロナ禍で忙しくなったママ・パパもいることがうかがえます。

つづいては【コロナ禍となり、ご自身のお仕事状況に変化はございましたか?】という質問。こちらの結果は、54.7%が「変わらない」という回答。その次に多かったのが、「仕事を辞めた」(10.2%)です。回答者はほとんどが女性ですから、新型コロナの感染が拡大していく中で、仕事より子育てを優先した、優先しなければならなかった、もしくは自身の意思に関わらず、辞めることになったママ・プレママも少なからずいたということでしょう。

なおその他の結果については、「完全リモートワークではないけれど、出社の頻度が減った」(9.2%)、「(春の)緊急事態宣言時にはリモートワークになったが、しばらくすると元に戻った」(7.9%)、「いまだにほぼリモートワークだ」(4.1%)という順になっています。

さて、コロナ禍で家族との時間が「かなり増えた」、「どちらかというと増えた」と回答した計5,190人の方に、増えた時間をどう感じているかをたずねました。

家族との時間が増えたことは、あなたにとってよかったですか?それともストレスを感じましたか?

『家族の時間が増えたこと』はよかった」と答えた割合は67.8%。多くの方が、家族時間が増えたことを、肯定的にとらえていることがわかります。コロナ禍の生活は衛生面の気配りや外出自粛など大変なこともあるけれど、家族とすごす時間の喜びや楽しさなど、思わぬ副産物をもたらしているようですね。

一方、「どちらとも言えない」(28.1%)と「よくなかった」(3.3%)の方は、ステイホームによる新たなストレスや悩みを感じているということでしょうか。

ちなみに、具体的にどんなよいことがあったのか、についてもお聞きしています。

家族と過ごす時間が増えたことで、どんなよいことがありましたか?

「以前よりも、パートナーや家族と会話するようになった」(63.2%)
「以前よりも、みんなで食事をするようになった」(50.6%)
「子どもの成長をじっくり見守ることができた」(47.3%)

「以前よりも、子どもとたくさん遊ぶようになった」(18.9%)

このように、多くのママ・パパが生活の変化を実感しています。

その結果として、
「家族を大切に思うようになった」(53.2%)
「お互いの仕事への理解が深まった」(20.2%)

といった家族に対する意識の変化があり、
「お互いに家事分担の意識が高まった」(33.0%)
「子育てや家族の未来(将来設計)について語り合うことができた」(31.1%)

という具合に “よいこと”が次々と増えてくるようにも読み取れます。

続いては、コロナ禍の生活が家族との関係性に及ぼした影響についてお聞きしました。

【コロナ禍でご家族との関係性に変化はございましたか?】
この質問に対して、「おおむねよくなった」は13.3%、「どちらかというと悪くなった」は3.5%、「特には変わらない」が80.2%という結果です。

変わらないが約80%。暮らし方は変わっても、家族の関係性は変わらないという答えが多いのは、以前からいい関係だったということなのでしょう。一方で、よくなったと回答された方が約13%と、悪くなった方を大幅に上回っているのも印象的です。

どのようなところで、「よくなった」と感じているのでしょうか。自由記述式で答えていただいた回答からいくつかをご紹介しましょう。

・どこかに出かけることは減ったが、2人の時間が増えケンカも減った(ママ、27歳)
・夫がリモートワークになり、0歳の可愛い期間に一緒にたくさん子育てできた(ママ、32歳)
・家の中で家族一緒に遊ぶことが増え、子どもと料理したりお手伝いしてもらったり、いいコミュニケーションが増えた(ママ、40歳)
・よく会話をするようになり、主人も仕事の話もよくしてくれるようになり、お互いのありがたみが増した(ママ、33歳)

一方、「悪くなった」と回答された方のコメントです。

・旦那がリモートワークで昼食を作る手間が増えた。子どものお世話をあまり手伝ってくれない。仕事に集中させるために子どもを静かにさせたりしなくてはならず気疲れした(ママ、31歳)
・衛生面に対する価値観が合わない(ママ、36歳)
・先が見えなかった頃、子こどもと過ごす時間が長いとイライラが増し、自分の時間が減ることで育児に対して心の余裕がなくなった(ママ、34歳)

リモートワークや時短でママ・パパのおうち時間が長くなると、夫婦のすれ違いが少なくなり、今までは変わるはずがないと思っていた育児や家事の分担について見直す余裕も出てきた方もいる一方で、夫婦間で価値観の違いを感じて、やりすごせない場面が増えたことでストレスを感じていると方もいるようです。

約32%の方が、この1年で子育てに関する価値観に変化があったと回答

家族でいる時間は、ママ・パパの子育てに対する意識を変化させたのでしょうか? またコロナ禍の中で気付いた価値観や考え方などの違いについて話し合い、解決しようとしたママ・パパはどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

コロナ禍で子育てに関する価値観や考え方に変化はありましたか?

子育てに関する価値観や考え方に変化についてお聞きしたところ、「かなりあった」(11.8%)と「どちらかというとあった」(20.2%)を足すと「あった」と答えたのは全体の32.0%。一方、「なかった」が32.1%で、「どちらとも言えない」が35.9%となっています。

コロナ禍がなければ価値観や考え方を変える機会はなかったかも…と考えると、やはり今は“変化の始まり”なのかもしれません。

ちなみに変化が「あった」と答えた32.0%の方に、“ポジティブな変化”、“ネガティブな変化”をそれぞれ記述式で答えていただきました。

《ポジティブな変化》
・家族で遊ぶ機会が増えて、子どもの成長をより身近に感じられる(ママ、29歳)
・外食費が減ったため、子どもの絵本やおもちゃなどにお金を回せるようになり、子どもファーストの考え方に変わった(ママ、30歳)
・価値観の違いを話し合うことができた(ママ、35歳)
・家族みんなが健康でいられることが何よりの幸せと気がついた(ママ、36歳)

《ネガティブな変化》
親子教室などに行ってみたが、コロナ禍で人との接触が怖くなった。子どもにはよそのお子さんと触れ合って欲しいが、どうしたらいいか分からず戸惑ってしまう(ママ、25歳)
・緊急事態宣言中は在宅勤務をしながら自宅で子育てをしなければならず、仕事を辞めて育児に専念しようかと考え始めた(ママ、34歳)
・情報がありすぎて不安に思うことが多くなった。神経質になってしまった(ママ、28歳)

ポジティブ面で目立つのは、子どもの成長や何気ない毎日に感謝する気持ちを持てるようになったという点。暮らし方が変わって、納得のいくお金の使い方ができるようになったという話は、参考にしたいものですね。ネガティブに感じた人の多くが、感染への不安と家にこもりがちなわが子の成長を気にしています。

続いての質問は、子育てに関する価値観や考え方をめぐり家族と話し合ったかどうか。すれ違いの多い忙しい日々の中で、お互いの違いを認めることさえ難しかったのではないかと考えると、コロナ禍はまたとない機会になったとも言えそうです。

コロナ禍の中、子育てに関する価値観や考え方をめぐり家族と話し合うことはありましたか?

「何度も話し合った」(33.3%)と「1回くらい話し合った」(25.9%)と答えたのは59.2%。約6割が、なにかしらの話し合いをしたようですね。

では、どのようなお話をされたのでしょうか? その方々に内容を教えていただきました。

《話し合った内容》
・子どもが何人欲しいか、子どもにどう育って欲しいか、子どもへの対応の仕方など(ママ、29歳)
・お互いがコロナウイルスに感染した場合の子どもの世話などについて(ママ、29歳)
・実家への帰省や訪問について。 夫の両親が来たがって仕方なかったため夫と話し合い、一時的に訪問等はやめてもらった(ママ、32歳)
・保育園の送り迎え、家で面倒を見る時間の管理、休日のすごし方、習い事を続けるかなどについて(ママ、38歳)

ママとパパが家族の将来をきちんと話し合い、共通の認識を持つのは大切なこと。また、子どもの送り迎え、接し方など日常の育児についてばかりでなく、お互いの実家との付き合いや、どちらか一方、もしくはふたりがコロナに感染したらどうやって子どもの世話をするかなど、話し合っておくべきことはたくさんありそうですね。

コロナ禍の日常を明るくしてくれるのは、健やかに成長する子どもたち

コロナ禍の日常を明るくしてくれるのは、健やかに成長する子どもたち

子育てに悩みや不安はつきものです。感染を心配してなにかと不便な生活を送っているコロナ禍では、ママ・パパの悩みはなおさら深刻でしょう。子育て中のママ・パパどんなことに悩み、不安を感じているのか、またそれをどう解決しているのかについてききました。

今現在の子どもの育て方に関する悩みや不安について。あてはまるものを教えてください。

コロナ禍の子育てで心配なことのトップは、「家族以外の人(お友だちを含む)とのコミュニケーション」(61.0%)です。「新生児や乳児期の除菌」(51.7%)が続き、「子どもの健康状態」(48.2%)、「病院に行きにくい」(45.3%)といった健康に関する悩みも多くなっています。

買い物に連れて行きたくないけれど、「両親に子守を頼めない」(13.3%)という現実や、赤ちゃんが動き回るようになると「換気時の子どもの行動」(11.3%)から目を離せないというのも、子育て世代ならではの悩みですね。

さらに妊娠や子育てに関して悩んだときや不安の解決方法についても聞いています。

コロナ禍の中、妊娠や子育てに関して悩んだときの不安の解決法を教えてください

解決法を大別すると、“誰かに相談”もしくは、“インターネットで情報を集める”というふたつに分かれます。中でも「パートナーに相談」(85.3%)はほとんどのママ・パパがあげた方法です。

「親に相談(義理の親も含む)」(71.8%)、「知人に相談」(46.3%)、「産婦人科医・助産師・看護師など医療機関に相談」(29.8%)と相談の相手が並ぶ一方、「インターネットの情報サイト、アプリを利用する」(54.0%)、「SNS(フェイスブック、ツイッターなど)を利用する」(32.1%)もあるものの、それほど多いわけでもありません。心配事はまず、パートナーに相談するのが一番安心できるということなのでしょうか。

子育てでうれしかったこと、よかったと思ったこと

最後に、子育てでうれしかったこと、よかったと思ったことを記述式で答えていただいたところ、子どもさんとパートナーへの愛情を感じる素敵なコメントをたくさん寄せていただきました。全部紹介したいところですが、スペースの都合上、ごく一部をご紹介させていただきます。

・外出できなくても、家の中ですくすくと確実に子どもが大きくなっている。昨日できなかったことが今日できるようになる瞬間を目の前でたくさん見ることができてとてもよかった(ママ、24歳)
・おかあさん大好き!と毎日のように言ってくれる(ママ、30歳)
・コロナになって、主人が家ですごす時間が増えてよかった(ママ、32歳)
・単純に子どもが可愛く、子育てが楽しい。子育てが出来ること、子どもが健康でいてくれることに日々感謝して生きています(ママ、36歳)

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう“窮屈な生活”で、ママ・パパの気持ちを、奮い立たせてくれるのは小さなわが子の笑顔です。大変な1年だったけれども、家族の大切さを再認識できた方も多かったことが、アンケートからは読み解けます。

必ずしもネガティブなことばかりではなかったこの1年は、子どもや家族の未来にとって、明るい光を照らしてくれるはずです。この経験をいつまでも忘れずに、いつまでも仲良く健康ですごせますように!

最後になりましたが、アンケートにご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!!

妊娠・出産インフォ トップに戻る