ベビー布団の選び方

ベビー布団の選び方

妊娠・出産インフォ

暖かくて居心地のいいママのおなかの中で育まれた小さな命は、この世に生まれてくると、布団の上で長い時間をすごすことになります。生後間もないときは1日15~20時間も眠り、ぐんぐん成長していく赤ちゃんのために、よりよい環境を用意してあげたいもの。今回はベビー布団の選び方についてまとめました。

 

赤ちゃんの快適な眠りために、ベビー布団を用意してあげましょう

赤ちゃんの快適な眠りために、ベビー布団を用意してあげましょう

「赤ちゃんはすぐに大きくなるから、要らないのでは?」とか「添い寝したいから、大人の布団でいいかな?」とベビー布団の購入を迷っているプレママ・プレパパもいるかもしれません。

でも一日のほとんどを眠ってすごす赤ちゃんにとって、快適な眠りをもたらしてくれるベビー用の寝具は、赤ちゃんの安全を守り、健やかな成長につながるものです。

例えば羽毛やポリエステルを中綿に使ったベビー用の掛布団なら、小さくて軽いので呼吸や手足の動きを妨げません。大人より免疫力が低い赤ちゃんは、ホコリやダニ・カビなどの影響を受けやすく、肌あれやアレルギーの原因になることがあります。あかちゃん専用の布団を用意して、清潔な環境を整えてあげると安心です。

掛け布団

また敷布団は、大人が少し硬すぎると感じるぐらいのものが赤ちゃんには適していると言われています。硬い敷布団は体をしっかりと支えて背骨の沈み込みを防ぐので、未熟な筋肉や関節にも負担がかからないためです。寝返りを始めた赤ちゃんがうつぶせの姿勢になってしまっても、敷布団で鼻や口がふさがれるリスクが少ないこともあります。

46-8251-954

赤ちゃんは首の骨が柔らかいので、専用の低くて幅の広いまくらも用意したいところ。

就寝中でも汗をかく赤ちゃんのために、掛布団も敷布団、まくらも、通気性が高く、吸湿性・放湿性に優れたムレにくい中綿や側生地の素材を選んであげましょう。

赤ちゃんはただ眠っているように見えても、からだの中では成長ホルモンが盛んに分泌されて、どんどん大きくなっています。心地よい眠りは赤ちゃんにとって、おっぱい・ミルク以外のもうひとつの栄養とも言えそうです。

揃えておきたい布団の種類とカバー類

ベビー用の寝具の基本は、掛布団、敷布団、まくらと掛布団カバー、敷布団カバー、枕カバーに加えて、敷布団の上に敷く防水シートとキルトパッドです。防水シートは敷布団をおしっこやうんち、汗などの濡れや汚れから守り、キルトパッドは汗をかきやすい赤ちゃんが快適に眠れるように吸湿性の高い素材で作られています。

よだれやおっぱい・ミルクの吐き戻し、オムツのもれなどで汚れがちな赤ちゃんの布団をいつも清潔に保つために、カバー類は多めに用意しておくといいようです。

布団セット

掛布団は、大人と同じように季節に合わせて薄手と厚手を使い分けましょう。タオルケットやコットンブランケットを用意しておくと暑い季節ばかりでなく、春・秋のこまめな温度調整にも使えて便利です。

ベビー布団の敷き方、使い方

赤ちゃんのための寝具の敷き方、使い方は下の図の通りです。

ベビー布団の敷き方、使い方

掛布団、敷布団、まくらにはカバーをかけて使います。防水シーツは敷布団の上に敷き、その上にキルトパッド、敷布団カバーという順で重ねます。

マットタイプのベビー用敷布団のカバーは、フィットタイプがおすすめです。マットレスを折って、シーツを掛けるといったひと手間が必要ですが、ぴったりサイズなら、シーツがたるんで口に入るなど不慮の事故が起こりにくくなります。かわいい赤ちゃんのための布団は、安全性にも細かく配慮された製品を選びたいですね。

敷布団カバーの装着法

丸洗いでいつも清潔に

汗っかきの赤ちゃんが1日のほとんどの時間をすごすベビー布団は、敷きっぱなしにしてしまうと、湿気がこもってカビの原因になることがあります。アレルギーから赤ちゃんを守るためにも、カバー類やキルトパッド・防水シーツなどは洗い替えを準備して、こまめに洗うのはもちろん、赤ちゃんの快適さと健康のために、ちょっと高価でも丸洗いできる掛布団を用意してあげるといいかもしれません。

最近は、羽毛でもポリエステルでも家庭用の洗濯機で洗えて、へたりにくい掛布団があります。羽毛は軽くて保温性に富み、ポリエステルはほこりが出にくく扱いが簡単なのが特徴。生活や好みに合わせて選びましょう。

また側生地にハウスダストやダニ、たばこの煙、花粉の侵入を防ぐ特殊な加工が施されていて、中の羽毛が汚れにくくなっている掛布団もありますから、チェックしてみてください。

 

3~4歳ぐらいまで使えるサイズ感。お昼寝用にも活躍します。

3~4歳ぐらいまで使えるサイズ感。お昼寝用にも活躍します。

ベビー用の敷布団のサイズは横が70㎝で縦は120㎝。赤ちゃんが体を自由に動かせるようになる1歳ごろには、寝返りしただけではみ出してしまうようになるかもしれません。

掛布団は横95㎝、縦120㎝が標準的な大きさです。大人の布団の半分ぐらいの大きさなので、子どもなら肩口から足先までカバーできますから、5~6歳ぐらいまでは使うことができます。

夜眠る時には小さくなってしまった布団でも、温かい部屋で昼寝する時なら充分使えます。小さい頃から使ってきた布団に愛着を感じて、使い続ける子どもも少なくないようです。いつまで、どんな風に使うかは成長したわが子の希望を聞いて決めてもよさそうですよ。

 

※          ※          ※
赤ちゃんのために作られたベビー布団には、安全性や健康への配慮が細部にまで行き届いています。赤ちゃんを待ち望みながら用意し、すやすやと眠るわが子の成長を見守っていくベビー布団。いつの日か、ママ・パパの子育ての思い出がいっぱい詰まった大切な宝物になりそうです。

妊娠・出産インフォ トップに戻る