覚えておきたい 「抱っこ」と「おむつ替え」のコツ

覚えておきたい
「抱っこ」と「おむつ替え」のコツ

妊娠・出産インフォ

生まれてすぐの赤ちゃんのからだはあまりに小さく壊れそうで、抱っこもお世話も難しいのでは、と不安に思う方も多いのでは? そこで本記事では、「抱っこ」と「おむつ替え」の手順とコツを紹介します。どちらも1日に何回も行うことですから、コツを覚えればすぐに上手になりますよ!

 

生まれてすぐの赤ちゃんの抱っこの仕方

生まれてすぐの赤ちゃんは首が座っていないので、ママ・パパの腕に沿わせて、横抱きにするのが一般的です。

①赤ちゃんに触れる前に声をかけましょう。

①	赤ちゃんに触れる前に声をかけましょう。

赤ちゃんをびっくりさせないように、まずは「○○ちゃん、抱っこしようね」、「ママだよ」など、やさしく声をかけてから、触ります。親子のきずなを強くし、コミュニケーション能力を育てるためにも、お世話の時には積極的に話しかけましょう。

②頭の下に手を差し込みます。

②	頭の下に手を差し込みます。

両手を赤ちゃんの首の下から後頭部に差し入れ、利き手ではない方の手で頭を少し持ち上げ、手のひら全体で、頭を包み込むようにしっかりと支えてから、利き手を抜きます。

③おしりに手を添えます。

③	おしりに手を添えます。

利き手を股から入れて、おしりの下にそっと差し込みます。このとき、親指と人差し指の間で股を支えるようします。

④赤ちゃんを持ち上げます。

④	赤ちゃんを持ち上げます。

ママ・パパは前かがみになりからだを近づけて、両手で赤ちゃんをそっと持ち上げます。

⑤ ママ・パパの胸に引き寄せます。

⑤	ママ・パパの胸に引き寄せます。

赤ちゃんのからだをママ・パパの胸に抱き寄せます。赤ちゃんの頭は、ママ・パパの曲げた肘の上にのせるようにしてください。赤ちゃんが安定したら、利き手は赤ちゃんの股の間に入れて支え、反対の手をおしりに添えたら完成です!

赤ちゃんは胸の近くに引き寄せて抱っこしましょう。新生児の視界は20~30㎝と言われていますから、ママ・パパの顔が見えて、心臓の音も聞こえると、赤ちゃんは安心しますよ。

おむつはこまめに取り替えましょう

次はおむつ替えです。おむつは吸水性、通気性が高い上に、使い捨てで洗濯の手間が省ける「紙おむつ」が主流ですが、環境意識の高まりの中、繰り返し使える「布おむつ」を愛用するママ・パパもいます。それぞれのライフスタイルや成長に合わせて使い分けることもできそうです。

■おむつの交換方法

ここでは紙おむつの交換について紹介します。紙おむつは、寝かせたまま交換できる「テープタイプ」と立ったままで脱ぎ着が簡単な「パンツタイプ」の2種類があります。生まれてすぐの赤ちゃんには新生児向けの「テープタイプ」を準備してあげましょう。

おむつ交換に必要なものは以下の3つです。
1.新しい紙おむつ
2.おしり拭き
3.おむつマット

 

■おむつ替えの手順

①まずは新しいおむつをセッティングします

①	まずは新しいおむつをセッティングします

おむつマットの上に新しい紙おむつを広げます。それからおむつの足回りの部分のギャザーをまっすぐ立てます。

②寝かせた赤ちゃんのおしりを持ち上げておむつを敷きます

②	寝かせた赤ちゃんのおしりを持ち上げておむつを敷きます

おむつの上に赤ちゃんを寝かせ、ひざの後ろから太ももあたりに手のひら全体を入れておしりを持ちあげます。この時足だけを引っ張らないように気を付けましょう。

③マジックテープとおへそのラインを合わせます

③マジックテープとおへそのラインを合わせます

紙おむつをウエストより少し上ぐらいまで差し込みます。おむつのウエスト部分についているマジックテープと赤ちゃんのおへその高さを合わせます。

④マジックテープを仮留めします

④マジックテープを仮留めします

おむつの前を広げながら股を通して前の部分をかぶせます。おむつは左右対称になるようにマジックテープを仮留めします。反対側も同じように、左右対称に留めます。

⑤隙間を調整してマジックテープを「Vの字留め」に

⑤	隙間を調整してマジックテープを「Vの字留め」に

仮留めのままでは、背中部分にすき間ができているので、マジックテープを斜め下方向に留め直します。反対側も同じように。左右のマジックテープがVの字になるように留めましょう。この時におなか周りとおむつの間に指が1本入る隙間を作っておきましょう。

⑥太もも周りのギャザーを整えます。

⑥	太もも周りのギャザーを整えます。

太もも周りのギャザーが内側に倒れ込んでいると漏れの原因になります。左右の足回りに指を入れて、きちんと外側に出ていることを確認しましょう。

⑦おむつ替え完了! 

⑦	おむつ替え完了! 

股下にはすごく余裕があるように見えるかもしれませんが、大丈夫。赤ちゃんがうんちやおしっこをしたときに、ここで溜めておけるポケットになります。

■おむつ替えのタイミング

紙おむつの場合、股の部分におしっこサインと呼ばれるラインやマークがあります。赤ちゃんがおしっこをすると、色が変わってママ・パパに教えてくれるものです。おしっこやうんちをしたまま替えずにいると皮膚トラブルの原因になりますので、こまめにチェックしてあげてくださいね。

■おむつかぶれを予防

おむつかぶれの仕組み

赤ちゃんの代表的な皮膚トラブル “おむつかぶれ”。赤ちゃんがきれいなおむつを付けている時、中の温度は35度、湿度は40%ぐらいですが、うんちやおしっこをしたとたんに湿度は80%まで上がります。湿気がこもって、ふやけた肌で雑菌が繁殖し、さらにおむつでこすれることで、かぶれてしまうのです。

おむつかぶれを予防する一番確実でシンプルな方法は、とにかくマメにおむつを替えてあげること。おっぱいやミルクをあげても、また一生懸命あやしても赤ちゃんが泣き止まないなら、一度おむつを外して、かぶれていないか、赤くなっているところはないかをチェックしてみましょう。

 

いかがでしょうか。赤ちゃんをたくさん、たくさん「抱っこ」して、何度も何度も「おむつ替え」をしているうちに、親子はコミュニケーションを重ね、赤ちゃんは愛情に満たされて成長するのでしょう。赤ちゃんをいっぱい抱っこして話しかけてあげてくださいね。

ミキハウスでは、はじめて赤ちゃんを迎えるお2人のために、プレママ・プレパパセミナーを開催しています。お気軽にご参加ください。

妊娠・出産インフォ トップに戻る