【プロ直伝】おうちで簡単! 赤ちゃんのヘアカット

【プロ直伝】
おうちで簡単! 赤ちゃんのヘアカット

妊娠・出産インフォ

生まれてからずっと伸びっぱなしの赤ちゃんの髪、何とかしてあげたいけれど美容院でおとなしくできるかなと心配だったり、カットしてもらえる美容院が分からなくて困っていませんか? ちょっと整えるなら、おうちで簡単にカットできる方法があるようです。

美容師の阿部雪絵さんに「赤ちゃんのヘアカット」のコツを伺いました。

阿部雪絵さん

<プロフィール>
阿部 雪絵(あべ・ゆきえ)
青森県出身。美容師歴10年。東京・池袋の「Cirrus by Cloud zero(シーラス バイ クラウド ゼロ)」店長。得意なスタイルはショートカット。「この仕事は新しい技術が次々と編み出され、人気のヘアスタイルもどんどん変わっていきます。どんな時にもお客様に満足していただけるように常に技術とセンスを磨いていくことを心がけています」

 

赤ちゃんのヘアカットに必要なもの

赤ちゃんのヘアカットに必要なもの

赤ちゃんのヘアカットに必要なもの

ふさふさの真っ黒な髪で生まれてくる赤ちゃんがいるかと思うと、細くて柔らかい髪がちょっぴり生えているだけだったりと、赤ちゃんの髪には個人差があります。生まれた時の髪とその後の量や質は関係がないようですから心配はいりません。

赤ちゃんの髪は生後3か月ぐらいから1歳ぐらいまでに、徐々に生え変わり、早ければ2~3歳で子どもの髪になっていきます。

まだ小さな赤ちゃんでも、髪が伸びて寝癖がつきやすかったり、耳回りやうなじが暑そうだと、すっきり整えてあげたいなと思うことがあるでしょう。美容院など慣れない場所では泣いてしまうなら、ママ・パパがおうちで手早くカットしてあげられるといいですね。

阿部さんにまず「赤ちゃんのヘアカット」に必要な道具を教えていただきましょう。

赤ちゃんのヘアカットに必要なもの
1.スキバサミ

1.スキバサミ
長い髪を同じ長さに揃えておかっぱ頭にしたいなら、どこの家庭にもある先の丸い紙切りハサミでもOKですが、「赤ちゃんの髪をショートカットのように整えたい時には、スキバサミがむいています」と阿部さん。「スキバサミならカットしたラインが目立ちにくいので、慣れない人でも毛先に向かって自然に毛量を少なくすることができます」(阿部さん)

スキバサミはドラッグストア、ホームセンター、生活雑貨店、100円ショップなどでも販売されています。使い方はのちほど詳しく紹介しますが、赤ちゃんのヘアカットの“マストアイテム”と言えそうです。

2.ケープ(orゴミ袋で代用も)
切った髪がからだや服につかないように被せるケープは必ず用意しましょう。繰り返し使うならケープを買ってもいいけれど、家庭用のゴミ袋(30~45リットルタイプ)でも代用できます。

0317_picture3_cape

「家庭用のゴミ袋を逆さにして、頭を通す切れ目を入れるとケープの代わりに使えます。カットの後、丸めて捨てるだけなので手間いらずですよ」(阿部さん)

ゴミ袋の穴が大きすぎたら、赤ちゃんが苦しくならないように気をつけながらガムテープで止めるといいでしょう。

3.フェイスタオル

3.フェイスタオル
ゴミ袋をケープに使うなら、首回りの隙間から髪の毛が落ちないようにタオルを巻いてあげましょう。

4.大きめのレジャーシート(ブルーシートなど)

4.大きめのレジャーシート(ブルーシートなど)
髪が床に落ちるとカットの後の掃除が大変です。そこで用意するのがポリエステルやビニール素材などの、大きめのレジャーシート。

「美容院でスタッフが床掃除をしているのを見かけると思いますが、切った髪はかなり広範囲に落ちます。新聞紙でもいいけれど1枚では足りません。何枚も重ねて広げると間に髪が落ちるし、踏んで破いてしまうこともあります。その点レジャーシートは丈夫だし、切った髪はハンディモップ簡単に拭けるので、あと始末が簡単です」(阿部さん)

5.掃除機、ハンディモップ、コロコロ

5.掃除機、ハンディモップ、コロコロ
カットの後、レジャーシートをたたんでから床をさっと掃除できるように、掃除機やハンディモップ、粘着テープのコロコロなど掃除道具もスタンバイしておきましょう。

美容師さんと言えば、櫛(くし)も上手に使うイメージがありますが、「ママ・パパが赤ちゃんの髪をカットする時にはいりません」と阿部さん。両手がふさがってしまうとハサミをうまく使えないし、つまんで切ることで長さに自然な差が出てまとまりやすくなるそうです。

じっとしていられない子は誰かに抱っこしてもらって

じっとしていられない子は誰かに抱っこしてもらって

赤ちゃんの髪を切る時に一番難しいのは、カットしている間、どうやって赤ちゃんにおとなしくしてもらうかです。阿部さんはまだ椅子にじっと座っていられない1歳半の甥の髪をカットする時はママに抱っこをお願いしているそう。

「スキバサミを握っている私がいくらあやしても限界があるんです。短時間で終わらせるにはママか、パパが抱っこしているとうまくいきますよ」(阿部さん)

そこで抱っこするママ・パパの服にも気をつけてほしいと阿部さん。

「以前ママがトレーナーを着ていたら、切った髪が生地に刺さって洗っても取れずに大変でした。抱っこするママ・パパは、はたけばすぐに髪が落ちるつるつるした薄い素材の服を着たほうがいいでしょう。靴下も脱いでくださいね」(阿部さん)

準備が整ったら、いよいよスキバサミで赤ちゃんの髪をカットしていきます。

“耳回りと襟足をすっきり”を目指しましょう

“耳回りと襟足をすっきり”を目指しましょう

「一度もカットしていない赤ちゃんの髪は全体的にだいたい同じ長さに伸びているので、耳回りと襟足の部分で髪が重なってもたつきがち」と阿部さん。

まず耳回りのラインよりも下を少しずつスキバサミでカットしてあげましょう。

部分別:赤ちゃんのヘアカットの方法

●耳の回り もみあげのカット

●耳の回り もみあげのカット

「もみあげの部分を小さな束にして指でつまんで、少しずつカットします。持ち上げた髪の中ほどから一度チョンと切ったら、1cmぐらいずつハサミをずらして3~5回切るときれいにすくことができます。ザクっと一度に切りすぎないように力を加減しながらカットしてください」(阿部さん)

●後頭部と襟足のカット

もみあげの後は後頭部です。耳回りより下を目安に、つまんだ髪を切っていきます。襟足もつまめるならつまんで持ち上げて切るといいのですが、そのままスキバサミを横に当ててザクザクとカットしてしまっても大丈夫。

「段差ができてしまったら、そのあたりをつまんで切ってぼかしましょう」(阿部さん)

スキバサミは、ずらさずに数回開閉すると同じ長さに切れるので、襟足を揃える時にも使えます。ただし、前髪などをパッツンと直線的なラインにしたいなら、スキバサミより普通のハサミがむいているそうです。

●頭頂部のカット

頭頂部の髪が伸びてきたら、頭皮に対して90度になるように小さな束にしてつまみ上げ、根元から5cmぐらいのところから毛先に向かってスキバサミをずらしながら数回カットします。これを全体に同じぐらいの長さになるまで繰り返します。「髪の密度を毛先に向かって減らしていくイメージで」と阿部さん。

0317_picture6_model

(左)前髪すっきりでかわいさアップ(生後6か月) (右)耳回りや襟足のラインはこんな感じで(1歳半)
カットモデルは阿部さんの甥のかいせい君

美容師さんたちは仕上がりがよりきれいになるように、スキバサミを斜めに使うそうですが、初心者のママ・パパは、少しずつカットしていくことを心がけたほうがよさそうです。

ねんねの間の“ちょこちょこカット”もおススメです。

最後にママ・パパのおうちカットだからこそできる“お風呂でカット”と“お昼寝している間にカット”の二つの方法を紹介していただきましょう。

まずは“お風呂でカット”。

お風呂でカット

カットの後、大変なのは落ちた髪の始末です。そこで赤ちゃんも抱っこするママ・パパもはだかになるお風呂の時にカットすると、切った髪をお湯で流すことができるし、服も汚れないのであと始末が簡単とのこと。

「流した髪でパイプが詰まったりしないように排水溝のネットをきちんとつけてくださいね」(阿部さん)

家族で楽しくお風呂に入りながらのヘアカットも楽しそうです。仕上がりにこだわりすぎてのぼせたりしないように、さっとすませるようにしたいですね。

また“赤ちゃんがお昼寝している間にカット”もおススメです。

赤ちゃんがお昼寝している間にカット

「頭の下にバスタオルなどを置いて、気になるところをカットします。目を開けている時は嫌がってうまくいかない前髪もそっとスキバサミを当ててみましょう。ただし見えている部分しか切れないので、何日かに分けて少しずつカットするのがいいでしょう」(阿部さん)

身近にいるママ・パパならではのヘアカット。無理せず少しずつ進めていくことができそうですね。万が一失敗しても髪はまた伸びてくるし、赤ちゃんの髪は柔らかくてまとまりやすいので神経質になる必要はなさそうです。

日差しがだんだん強くなり、汗ばむ日も多くなるこれからの季節、赤ちゃんの髪をさっぱりと整えてあげれば、シャンプーも楽になりそうです。家族のスキンシップを兼ねて、ママとパパが協力して「赤ちゃんのヘアカット」にチャレンジしてみませんか?

妊娠・出産インフォ トップに戻る