【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】「わが子を十分に愛せているだろうか」と悩んでいるママ・パパへ

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
「わが子を十分に愛せているだろうか」と
悩んでいるママ・パパへ

妊娠・出産インフォ

親にとってわが子は何ものにも代えがたい大切な存在。もし「わが子を愛せない」と感じている人がいるとしたら…。子どもはもちろん、親自身も辛いでしょう。もしそんな親子が身近にいたら、周りの人がしてあげられることはあるのでしょうか。

慶應義塾大学医学部小児科主任教授で小児科医の高橋孝雄先生に、「わが子を愛せているだろうか」と苦しむママ・パパへのアドバイスをいただきました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

「子どもに関心を持てない」は親にとっても辛いこと

担当編集I(以下、I):世の中には「自分の子どもを愛せない」と自覚されている方が一定数いると聞きます。そして愛せないことがなんらかの虐待行為につながることもあるのではないかなと思うわけです。

先生のところにはそんな悩みを抱えたママ・パパが相談に来られることもあると思いますが、そうした方々にどのようなお話をされているのでしょうか。また、苦しまれているママ・パパを救えること、第三者にできることなどあれば伺いたいと思っています。

高橋先生:非常に乱暴な言い方になりますが、本当に「わが子がかわいいと思えない」のなら、それは“病(やまい)”です。いわゆる育児放棄の状態に陥っている方によく話を聞くと、「愛さなくてはいけないことをわかっているし、邪魔なわけでもない。でもかわいいという実感がない」と言うことが多いんです。それをある種の“病”に苦しんでいる状態と解釈するのなら、「なんで子どもを愛せないの?」「親として無責任じゃないの!」と責めるわけにはいきません。そう感じてしまうこと自体を責めても意味がないし、当人を苦しめるだけです。

「子どもに関心を持てない」は親にとっても辛いこと

I:そこは重要ですね。ほとんどのママ・パパにとって、わが子はいとおしく大切な存在ですが、世の中にはそう思えない人もいる。そういう親子関係に違和感を感じ苦しんでいることはとても不幸なことです。“病”であるということを周囲も理解する必要がありそうです。

高橋先生:お母さんの場合、自分が産んだ子をかわいいと思えないというのは普通では考えられない状況です。お父さんだって自分の子どもなんだから、本来愛せるに決まっているんです。湧き出て来るような子どもを愛する気持ち、本能とも言える感情が欠如しているわけです。そういう場合には、子どもを保護するばかりでなく、親にも救いの手を差しのべなければいけません。

I:本来、愛せるはずの子どもを愛せない。原因はさまざまあるのでしょうが、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか? 

高橋先生:おっしゃるように原因はいろいろです。中でも、お母さん、お父さん自身の育った環境に深刻な問題があった場合には、自分が親になった時に子どもにどう接していいのかすら分からないケースも多いです。自身が育児放棄や虐待の被害者として育ったお母さん、お父さんは、自分がされたように子どもを育ててしまうという悲しい現実もあるんです。

例えば、摂食障害や重いうつ状態のお子さんの場合、その家族を3世代さかのぼってみると、不適切な養育、異常な育児環境が引き継がれてきたことが分かることも稀ではありません。世代間連鎖というわけです。

親子の間の愛着形成は通常であれば自然に起こるごく当たり前のことですが、一方で、そこに支障をきたすことも珍しくなく、その理由・背景はさまざまです。

高橋先生:他にも、仕事に没頭するあまり子どもの存在が疎ましく思われるとか、極度な貧困家庭で生きていくことすら辛いなど色々です。親子の間の愛着形成は通常であれば自然に起こるごく当たり前のことですが、一方で、そこに支障をきたすことも珍しくなく、その理由・背景はさまざまです。

I:虐待事件の報道などを見る限りでも、世代間連鎖は多いように感じていましたが、負の連鎖を断ち切ることは難しいのですかね。

高橋先生:医師として時に不思議に思うことがあって、ネグレクトや虐待など同じように辛い環境で育った男女が出会い、惹かれ合い、子どもをもうけるというケースがあるんです。そのような場合、自分たちの犯している育児放棄や虐待を当たり前だと感じているケースも少なくありません。

少なくとも私が医師として見てきた重大な虐待ケースでは、加害者とも言える親が、実は幼児期に被害者でもあったということが多かった。その負の連鎖を断ち切るためには、やはり愛情が持てないことを“病”と認識して、親を含めて治療にあたることだと思います。

「愛情が足りていないかも」という悩みは、愛情があればこそ

「愛情が足りていないかも」という悩みは、愛情があればこそ

I:まったく子どもが愛せないわけではなく、十分に愛せているのか自信がない、みたいな人だったらどうでしょうか? そこに葛藤がある方のパターンです。

高橋先生:葛藤がある、十分に愛せていないのではと悩んでおられるのであれば、愛があるということの証だと思います。本当に愛情のない人は、そこに迷いはない。子育てについても「自分はちゃんとしている」と思っていますからね。もっとできるはずなのに、できていない。あるいは、もっとかわいがれるはずなのにと悩んでいるなら、それは先程お話しした“病”とは別物だと思います。

I:その自覚があること自体が、ある意味で「正常」である証だということですね。

高橋先生:一方、気をつけた方がいいのは背景に先ほどお話しした愛着形成の問題、つまりアタッチメント障害がある場合です。そうなる原因として比較的多いのは、そもそも望まない妊娠だったという場合です。妊娠中から拒否感があっては、赤ちゃんと愛着形成することは難しいはずです。産むという選択をいやいやながらしたことに葛藤もあるでしょうから。

I:とても残念なことですけれど、そういう形で出産される方もいらっしゃると。

高橋先生:現実にはそうです。一方、愛着形成を阻むものとして、生まれて間もないころに「何か」があった、ということもあるようです。治療する時は、そこを深堀りすることもあります。その結果、治療の目的で、生まれたころの状況を思い返して頂くために、親子とも“赤ちゃん返り”させたりすることもあるんです。

I:親子とも赤ちゃん返り…って、どういう治療ですか?

高橋先生:乳児期早期に親も子も安心して互いに寄り添う感覚が育たないと、その後の愛着形成が難しくなることがあります。小さなころから親の愛情を感じることなく孤独感に苦しみながら、しかし一見“立派に“育ってきた子が摂食障害になることは珍しいことではありません。そのような場合、親子の愛着形成を最初からやり直す必要があります。親子ともに「あの頃」に戻ってもらうんです。

I:あの頃に戻る?

高橋先生:はい。実際に、お母さんに中学生の娘を抱っこし、哺乳瓶でミルクを飲ませていただくこともあります。赤ちゃんの頃に自然に行われるはずの本能的な仕事を積み残してきた…それを補うためにやってもらうんです。

愛着形成の”クリティカルピリオド“(=親子間で互いに愛着が形成されるために特に重要な期間)に、親子ともども相手が大切、居心地がいい、という感覚を見失ってしまった。こういうケースは意外と多いものです。いずれにせよ、「子どもを愛していると実感できない」と本当に悩んでいるなら、一度病院に行かれたら解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

産後うつには寄り添う姿勢が大切です

産後うつには寄り添う姿勢が大切です

高橋先生:もうひとつ、産後うつになり「子どもに愛情を感じない」と悩むお母さんも少なくありません。

I:産後うつについては過去記事でも取り上げていますが、最近はコロナ禍の閉塞感や不自由さなどから産後うつになるママが増えてきているという報告(※)もあり、気になっています。

高橋先生:子育てしながら仕事を続けること自体が否定されることはほとんどなくなったと思います。一方、出産・子育てのためとは言え職場に迷惑をかけるのは…という遠慮もあるし、「子どもをちゃんと育てなくては」というプレッシャーを感じている方も多いでしょう。そこにコロナ禍が起きてしまって、孤立した育児、不自由な日常、緊張感で満たされた生活によってさらにストレスが蓄積し、産後うつが増えてしまったということはあるでしょうね。

I:コロナ禍で孤立しがちなお母さんが「子育ては難しい」、「できそうもない」と思ってしまうことも多くなったんでしょうね。

高橋先生:産後うつでは、子どもをかわいいと思えない自分を責めてしまう。「私は母親失格だ」とか「虐待してしまうのではないか」と自分で自分を追い詰めてしまいます。赤ちゃんが生まれたことをきっかけに、子どもを愛することの困難さに気付いてしまった。子育ては辛いもの、と心に刷り込まれてしまうのが苦しみの本態のようにも感じます。

産後うつという言葉が広く知られるようになり、ご自身も周りの人もその状態を早めに認識できるようになってきたために“増えた”ということもあるでしょうね。

高橋先生:命はいくつもの奇跡が重なって生まれるもの。子どもは生まれてきてくれただけでいいんです。最近の社会は、子育てを思い切り謳歌できない状況になってしまっているのではと心配ですね。

I:産後うつからの回復にはパパをはじめとする周りの人たちの理解が欠かせないといわれていますね。具体的にはママの産後うつにどう向き合ったらいいのでしょうか?

高橋先生:以前の記事「子どもに否定的な言葉を使うのはNG?」でポジティブな言葉とネガティブな言葉は相手の状況によって意味合いが逆転するというお話をしたんですが、産後うつの場合も同じです。

周りの人が励ましのつもりで「自分の赤ちゃんなんだから、かわいいものよね」とか「できる範囲でいいからがんばってお世話しなきゃね」と声をかけると、お母さんはますます辛くなってしまいます。

I:そうですね。つらい思いをしている人に「がんばれ」と言ってしまうのは、かえって相手を追い詰めてしまうこともあるというお話でしたね。

高橋先生:まずはお母さんの気持ちに寄り添ってあげることです。産後うつで思うように赤ちゃんのお世話ができないお母さんに必要なのは「辛いよね」、「できないなら無理しなくていいよ」という声かけです。その悩みをそのまま受け止めてあげることで、お母さんは少しずつ前向きになれることもあるようです。

お父さんはなかなか気付かないこともあるようですが、パートナーの産後の様子を見て少しでも気になることがあったら、まずは寄り添い、気持ちを聞いてあげることから始めてみてはどうでしょうか。

I:先生のお話を伺って、「わが子を愛せない」と感じることと、「わが子を十分に愛しているだろうか」と悩むことは、似ているようで全く違うことだと気づきました。ほとんどのママ・パパにとって子どもは宝物だけれど、時には我慢できなくなることもあるものです。そんな自分を反省しながら、子どもと一緒に成長していければいいのかなと思います。本日もいいお話をありがとうございました。

 

〈参考資料〉
※令和3年版厚生労働省白書(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/000810636.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る