【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】幼少期に教えておくべき「もっとも大切なこと」とは

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
幼少期に教えておくべき「もっとも大切なこと」とは

妊娠・出産インフォ

人前でもじもじしたり、シャイだったり。家族の中では元気いっぱいなのに、ちょっと内弁慶なところがあるお子さんもいらっしゃいますよね。それも「性格だから」と気にしなくてもいい気がしつつ、やっぱり人前で堂々と振る舞える子になってほしいと思うのが親心。今回は「ちょっぴりシャイな子に度胸をつける方法があるのか」というお話と「幼少期に親が教えるべきこと」について、小児科医の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

人前でも「堂々と」できる子になるにはどうしたらいい?

人前でも「堂々と」できる子になるにはどうしたらいい?

担当編集I(以下、I): 最近6歳のわが子を見ていてつくづく思うんですが、1対1なら何の問題もなくコミュニケーションができる子が、たくさんの人の中に入るともじもじしてしまうんですよ。あれ、すごくもったいないなぁと思っていて。

高橋先生:人前だと緊張してしまいがちなお子さんに関する相談ですね。そもそも、その傾向、Iさん自身にもあるんじゃないんですか?

I:そうなんです。まぁ、それを考えるとしっかりと自分の血を受け継いでいるなとは思いつつ、なんとかならないものかなぁと(苦笑)。ちなみにあがり症の人は、子どもの頃からその傾向が表れるものなんでしょうか。 遺伝的要因で仕方ないものなのか、それとも環境に影響されるのか…日本人はシャイで、人前で話すのが苦手な人が多いとか言われているのも、日本人のDNAなのか日本社会の環境がそうさせているのか、とかいろいろ考えたりしています。

高橋先生:まぁ、どちらもあるでしょうね。子どもの頃からシャイで、ずっと人前で話すのが苦手な子もいる一方で、成長過程でガラッと変わっちゃう子もいますからね。なにが要因かはそれぞれでしょう。そうそう、僕なんか子どもの頃を思い出してみても、人前に出た記憶すらないですし、人前で話すのが嫌いでしたよ。

I:そうなんですか! でも、今は人前にたくさん出ておられますよね。

高橋先生:ですね(笑)。テレビにせよ、ラジオにせよ、講演にせよ、出てみたらそれほど嫌じゃなかったという感じでした。自分から出たいと思うほどじゃないけれど、オファーがあればお話はします、という程度ですけれどね。いずれにせよ「人前に出るの、そんなに嫌じゃなかった」ってわかったのは随分と歳を重ねてからです。

I:なるほど。で、この質問をした意図はですね、 たとえば幼い頃からピアノとかダンスとか人前で「なにか」をする習い事をして、場馴れしていれば大人になってからも人前で堂々と振舞えるようになるものなのかどうかをお聞きしたかったんです。

要は、人前で堂々とできるって、社会で生きる上での重要な「スキル」になるので、それを小さい頃から身に着けさせたいというお話なのですが、むしろそういう強制的なことをしてしまうと逆効果になるんじゃないかとも思ったりしていて悩んでおります。

高橋先生:結論から言うと、そういう親心は逆効果というより余計なお世話です(笑)。人前に立ちたくない子を無理に立たせてはいけないと思いますよ。親の希望通りに子どもの性格を矯正しようとするのは良くないし、そもそも無駄なことです。

でも、「堂々と」という言葉は面白いですね。それは具体的に何ができるといいなと思ってますか?

I:人前で恥ずかしがらずに、自分の考えを自分の言葉ではっきりと伝えることができるという意味ですかね。僕自身がその能力がもう少しあれば、もっと楽に生きられるのではないかなということがよくあってですね、子どもには同じような苦労はさせたくないなと。

高橋先生:なるほど。とはいえ、Iさんに限らず大人でそれができる人もそんなに多くないのでは。まず自分の考えをしっかりと持たないといけないわけで、大人でも話すべき内容を持ち合わせていなかったら、人前でちゃんと話すなんて難しい。いきなり振られたインタビューみたいなもので急に「話せ」って言われて言葉を探しても、なかなかよい答えは見つかりません。

I:いきなり振られたインタビュー、ですか。それは小さな子どもには無理かもしれませんね。

高橋先生:一方で本当に伝えたいものを心の中に持っていれば、何とか話そうとしますよ。それは、自分の“思い”とか“考え”を他の人にわかってもらいたい気持ちが現れた結果なんですね。

I:伝えたいことがあるから、堂々とできると。

高橋先生:その通りです。ダンスや演劇でももじもじしないで堂々とできるようになるのは、性格的な部分もあるでしょうけど、大きな要因としては「本番」までにしっかり練習をして上手になっていると自分で感じているからでしょう。そしてその成果を伝えたいから堂々とできる。

I:それは子どもも大人も同じですね。ちゃんと準備していれば緊張も(そんなに)しない。

高橋先生:それでも緊張しているようなら、僕は「周りの反応を気にすることはないよ」とアドバイスしますね。これだって特別ではなく、いたってベーシックなアドバイスになりますが。

いきなり大勢の前で自分の考えを話すことは、大人でも難しいことです。もし子どもの頃からそこの部分の“トレーニング”をさせるのであれば、複数の友だち相手にしっかり自分の考えを伝えられるようになることだと思いますね。1対1ではなく、4~5人集まった時に「僕はサッカーやりたいから、今日は帰るよ」と言えるようになるとかです。

友だち付き合いの中で自分の考えを相手に伝えて、受け入れられるという経験を積み重ねるうちに、自信を持って自分の意見を言えるようになる、つまり、堂々と話せる子に育っていくんじゃないでしょうか。

I:友だちに自分の考えをちゃんと伝えられることから始めるのは重要かもしれませんね。

高橋先生:そうそう。小学校には学級委員会とかありましたよね。そういう場って、何かを決めるというよりも、話し合って意見を出し合うという練習をしているんです。そこで上手く成功体験を積むことができれば、子どもは自分の意見を堂々と言えるようになるんじゃないですか。

小さいときに教えておくべき「もっとも大切なこと」とは

小さいときに教えておくべき「もっとも大切なこと」とは

I:それにしても子どもの成長は早いとつくづく感じています。ちょっと前まで何もかも親に頼っていた子が友だちと遊べるようになり、公園を駆け回っている。こうしていつの間にか巣立っていくのかと思うと、幼いうちに教えておくべきことがもっとあるのではないかと考えてしまうんです。

とはいえ時間にも限りがあるので、結局は「選択と集中」みたいなものが必要になる。そう考えると、幼少期という限られた時間の中で、親が子どもに教えるもっとも大切なことってなんでしょうかね。

高橋先生:また壮大な悩みを持ち出してきましたね(笑)。実に難しい問いですがあえて言えば「失敗を恐れないこと」を教えることはすごく大切だと思います。言い換えるならば、どんどんと失敗をさせること。もちろん失敗にもさまざまなレベルのものがあるのですが、僕が言っているのは「小さな失敗」です。

高橋先生:失敗をすれば悔しい思いもするし、泣くことだってあるでしょう。でも、子どもの頃に小さな失敗をたくさん積み重ねておくと、失敗する=ゲームオーバーではないことを体感的にわかるようになる。つまり、失敗してもその先があることを知るし、失敗した時に自分には仲間や家族など味方になってくれる人がいることを学ぶのです。そして失敗した時とか苦境に立った時にこそ仲間の大切さを実感する。それを小さなころから体験し、知っておくことはとても大切なことだと僕は思います。

I:失敗しても受け入れてくれる友だちがいる。それが自己肯定感をも育む――そういうことですかね。

高橋先生:そうです。子どもが失敗しないように親が先回りしてお膳立てをするのは、子どものためにならないと僕は常々言ってます。子どもは毎日小さな失敗を繰り返して、いろいろな事を学び、成長していくものなのです。自分で決めたことで失敗をするのは、いい失敗、必要な失敗ですよ。

I:いい失敗は買ってでもせよ、ですね。ちなみに“よくない失敗”もあるわけですよね?

高橋先生:まぁ、誰かにやらされて失敗するのは、いい経験とは言えないでしょうね。失敗の前に、本人に選択・決断をさせることが大切だと思います。

絶対にやってはいけない危険な行為や人に迷惑を掛けるようなことをしようとした場合は、当然大人が止めるべきですけど、仮に大人の目で見て失敗するとわかっても、そこは本人の判断に任せるべきではないかと。

高橋先生:たとえば「今日は寒いから、上着を着なさい」、「イヤだ」というやり取りの後、上着を着ないで外に出たら本当に寒かった、なんてよくあることですよね。子どもはそれで寒い思いをし、学ぶわけです。少しぐらい寒くても風邪を引くわけじゃないですしね。というか風邪くらい引いてもいいじゃないですか。もしくは隠し持った上着を優しく差し出して「寒いでしょ。実は上着を持ってきてんだけど、着る?」とフォローすればいい。

I:そこのフォローは大切ですよね。先ほど仰ったように、失敗したときでもフォローしてくれたり、守ってくれる家族や仲間がいることを実感することが子どもにとっても大切な経験になる。

高橋先生:そうなんです。自分で決めて失敗しても、周りは受け入れてくれる。大人も仕事をそうやって覚えていくでしょう。子どもの成長も同じことです。そんな大人たちの対応で、失敗を恐れない子どもになると思うんですね。逆に失敗の体験が少ない子は、失敗を恐れるようになるんじゃないでしょうか。

I:いままで「小さな失敗」を前提としてきましたけど「大きな失敗」はどう考えればいいでしょうか? たとえば中学受験は、最近は小学校低学年から準備するような流れになってきています。1年生や2年生の頃から塾に通い、親の期待を背中に受けつつ、必死になって勉強を続けて志望校に合格できなければ、それは「小さな失敗」ではないように思うんです。そういうレベルの失敗をしたとき、親はどう対応したらいいのでしょうか。

高橋先生:僕も半世紀近く前のことですけど中学受験をしましたから、本当は言える立場ではありません。ただ、中学受験については懐疑的です。小学校時代というのは人間性を培うのにすごく大事な時期。特に小学生高学年から中学生の数年間の子どもは、思春期を挟んで精神的にものすごく成熟していきます。

そんな時期の大半を受験のためだけに、すべてを犠牲にするようなことは避けたほうがいいと個人的には思っています。受験に合格したとしても、失うものも多いことには目を向けた方がいいし、ご指摘のように不合格になればそれは「大きな失敗」となります。

以前の記事でもご紹介しましたが、養老孟司先生と対談させていただいたとき、「子どもたちが今を楽しく生きることが何より大事」とおっしゃり、中学受験などで小学生の頃からお友だちと存分に遊べなかったり、家族との大切な時間を犠牲にしている実態について「幸せの先送り」と嘆いておられます。

I:「幸せの先送り」はなかなか強烈な言葉ですね。未就学児や小学生の頃にしか得られない「幸せ」を犠牲にして、どうなるかわからない将来のためにあまりに時間や労力を投資しすぎではないか、ということですよね…。

そのご指摘はごもっともだなと思いつつ、あえてお聞きします。受験の合否は大切ではありますが、もっと大切なことは勉強の過程。数年間に渡り、ひとつの目標に向かって努力した事実だと思うんです。つまり「努力は嘘をつかない」という性善説に立つなら、やっぱり頑張ったことで得られるものも相当あるのかなと。

高橋先生:それはそうでしょう。学力もつくし、努力する過程で得られる様々な体験も大切です。それに仮に受験に失敗しても、「報われない努力がある」ということを経験するので、それもポジティブに捉えることもできる。でも、そんなことは塾に通わなくてもそのうち経験するし、そもそも受験勉強で得られる学力はその後の人生で十分追いつける程度のものなんです。

高橋先生:もちろん僕も、受験勉強が無駄とは思っていません。ただ、時間の大切さはもっともっと考えて欲しいと思うんです。時計の針を戻すことは、どんなお金持ちでも、権力者であっても不可能。費やした時間はかえってきません。繰り返しになりますが、子どもが成長・発達する「極めて大切な時間」を、受験だけに費やすのはもったいないと僕は思っているだけです。

I:先生、めちゃくちゃ正論だと思います…。って、いつのまにか受験の話になってますね(苦笑)。最後の最後なんで強引にテーマに戻すと、幼少期に親が子どもに教えるべきことは「失敗を恐れないこと」だと。

高橋先生:そうそう。記憶にも残らないような日々の幸せやちょっとした失敗みたいなものをたくさん経験して人は成長していくんです。ですから、失敗を恐れず前向きなチャレンジができる子を育てるために親がすべきことは、子どもが実体験から多くの事を学べるように見守っていくことなんじゃないかと思いますよ。Iさんもお子さんが成長してきて、悩みの種類が変わってきているようですけど、すぎてしまえばどれも大したことではありません。あまり自身を追い込みすぎず、おおらかな気持ちで子育てをすることが親にとっても、子どもにとっても大切なことだと思いますよ。

I:そうですよね…。この連載をはじめて5年。上の子どもも6歳になったので、悩みや課題がどんどん変わっていくんですけど、先生がおっしゃるとおり初心を忘れずおおらかな気持ちで子どもと接し続けることが大切ですよね。今回もいろいろ学ばせていただきました。ありがとうございます!

※        ※        ※

シャイな子どもを“矯正”するのは余計なお世話で、なるようにしかならない。人前で緊張する性格でも、伝えたい何かを持っていることが「堂々と」できることの前提なのだから、まずは自分が伝えたいことを持つことが重要だという先生のお話。

また子どもにできるだけ「小さな失敗」を経験させれば、それがチャレンジ精神を育てたり、周りとの信頼関係を築いたり、自己肯定感を膨らますことになるというお話も興味深いものでした。

今回は2つのテーマでお話しいただきましたが、一貫していたのは子どもの主体性であり意志を大切にすべきということ。本人がどう思い、どう考え、どう行動しようとしているのか。本人の気持ちを尊重して、失敗を恐れず自らで決断、選択をさせることが重要だということを改めて感じました。

妊娠・出産インフォ トップに戻る