育休取れても取らないのはナゼ? 「父親育児」の現状を専門家にお聞きしました

育休取れても取らないのはナゼ?
「父親育児」の現状を専門家にお聞きしました

妊娠・出産インフォ

平成28年に総務省が行った調査(※1)によると、男性が育児・家事を行う時間は1日あたり1時間23分で、女性の約7時間30分と比べると依然として大きな開きがあります。令和3年の労働力調査(※2)では、25~44歳の女性の8割近くが就業しています。働く母親は急増しているというのに、父親の育児・家事の時間が増えないのはどうしてなのでしょう。

NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに男性育児の現状と課題について伺いました。

 

イクメンブームから10年超 日本の男性育児の現在地はどう?

イクメンブームから10年超 日本の男性育児の現在地はどう?

担当編集I(以下、I):2022年4月から改正育児・介護休業法(※3)が施行され、育児休業が取りやすい職場環境が整備されることが期待されており、10月には男性の育児休業取得を促進するための「産後パパ育休(出生児育児休業)」や育児休業の分割取得制度が導入される予定です。男性の育児参加への期待感が高まっている状況ではありますが、まずは現状についてお聞きしたいと思います。

「ユーキャン新語・流行語大賞」で“イクメン”がトップテンに選ばれたのは2010年。それから10年超が経過したわけですが、イクメンブーム以前から、男性育児の啓蒙活動や職場環境の整備に携わっている安藤さんは、この10年〜15年の状況をどう見られてますでしょうか?

安藤さん:ファザーリング・ジャパン(以下FJ)が「笑っている父親になろう」をキーワードにNPOとして活動開始したのが2006年のこと。あの頃は、男性は外で仕事をして、女性が家庭を守るというのが“常識”であり、男性は子育てに参加しない、もっと平たく言うと男性は子育ての戦力として見なされていないことが、半ば当然のように受け止められている時代でした。

安藤さん:その頃に比べると、社会の状況はかなり変わったとは思います。国の子育て制度も拡充し、おっしゃるようにイクメンブームもあり、その言葉すら古くなりつつあるほど、男性が子育てをするということへの「理解」は進んでいると思います。とはいえ、さまざまな調査で指摘されているように、日本はまだまだ欧米に比べて男性が育児・家事をする時間が少ないのが実態です。

I:前向きに見れば「変わってはきているが道半ば」といったところでしょうか。

安藤さん:そうですね。企業でも男性育児を推奨している会社の社員と、そうではない会社の社員とでは相当の格差があると思われます。また地域間格差もあるでしょう。東京や大阪など大都市では女性が出産後も働き続ける職場環境が徐々に整ってきていますが、地方都市では、出産を機に仕事を辞めて子育てに専念し、子どもが大きくなったらパートで働くという女性がまだ圧倒的に多い。このあたりは都市部から先行して「変わっていく」のではないかなと思います。

I:男性の育児参加を促すためにすべきこととはなんでしょうか。

安藤さん:間違いなく「働き方」を変えることにあると思います。2017年に「働き方改革」が始まってから、長時間労働の見直しが進んでいるし、2020年からはコロナ禍でテレワークになって、在宅時間が長くなった父親も多い。ただし男性が育児・家事をする時間が増えたのかと思ったら、ほとんど変わっていません。それどころか、女性は家事時間が増えたという民間の調査結果もあるほどです。

I:なるほど。ここは注視すべきところかもしれませんが、育児取得率だけを見ると数字はすごく上がっています。具体的に言うと2006年男性の育休取得率は0.6%だったのですが、2020年には12.65%と20倍以上。にもかかわらず男性が育児・家事をする時間が増えていないとしたら、これはなにを意味しているのでしょう?

安藤さん:非常に残念ですが、育休を取ってもほとんど家事や育児はしていないということになるのでしょうね。「とるだけ育休」という言葉も一部流行ったりもしましたが、これは〈うちの夫は育休を取った…けれど、何もしてくれない〉という実態を可視化した現象で、それにより母親から父親への不信感を増長させることにもなった。もっとも育休取った男性のすべてが「取るだけ」になっているわけではなく、僕の実感では8割の男性は「取って何をするか」を理解し、しっかりやっていると思います。

安藤さん:男性が子育てをするということへの「理解」は進んでいる、と先ほど申しましたが、意識レベルでは前進しているけれども、実態はまだまだ伴っておらず、子育てや家事における男女間の不平等は解消できていないんですね。

I:世界経済フォーラムが毎年公表する「ジェンダーギャップ指数」によると、日本の「ジェンダーギャップ」指数の順位は156カ国中120位(2021年)です。これはなかなかの結果です。こうした状況を変えていくには、さまざまな人たちの意識を変えていく必要があるのかもしれませんね。

楽しみながら父親を「する」

楽しみながら父親を「する」

I:日本の子育て支援制度、特に育児休業制度は世界でもトップレベルに充実していると言われています。事実、ユニセフ(国連児童基金)が2021年に発表した報告書「先進国の子育て支援の現状」の中で、「育児休業制度」ランキングではトップに評価されていますね。

安藤さん:子育て家庭に対する給付金の額など、日本の育休制度は先進国でも最高水準なんですよ。また時短勤務や企業内保育所などの子育て支援・両立支援制度を持っている企業は多い。女性もかつては育休が取りづらく出産で会社を辞める人が多かったのですが、今では大企業のほとんどで100%取得になっています。そういう意味では女性活躍はある程度進んでいると言えるでしょう。

でも、男性はそうなってない。「会社を休んで子育てをしてくださいね」という制度が男性にもあるのにそれが活用されていないんですね。本人が取りたくても男性が育休を取りづらいムードがまだ職場にある。制度より風土。そこに課題があると思っています。

安藤さん:そうなっている理由は先ほども言いましたが、男性自身の意識が変わっていないし、職場でも男性の育休を歓迎する雰囲気はまだないということ。本人も育休なんか取ると、「同僚に迷惑をかける」、「収入が下がる」、「評価が下がってキャリアに傷がつく」などと考えてしまい、結局は取らない人がほとんど…というのが現状で、制度を十分に活用できていないんですね。「子育てなんかで会社を休んでいいんだろうか」という思い込みが、男性にも職場にもまだまだあるということです。

I:その一方で社会の変化に伴って、さまざまな意識や価値観も急速にアップデートされているように感じています。少し楽観的な見方かもしれませんが、日本の子育て環境も男性の育児参加も、どんどん改善されていくのではないかと思ってはいるのですが。

安藤さん:そう思いますよ。すでに変化は始まっていて、この15年、「現場」を見てきてすごく実感しています。“イクメン”だって、ただのブームに終わらず、育児を楽しむタレントやアスリートの男性を見るにつけ、「かっこいいなあ」と感じる男性が増え、父親自身の意識改革に貢献したし、リーマンショックや 3.11 の影響で働き方や家族に対する考えも随分変わりました。コロナ禍だって、決して悪いことばかりではなく、家族のあり方や仕事との向き合い方などを省みるいい機会になったとも言えます。

安藤さん:僕は「イクメンの不可逆性」と呼んでいるけれど、父親の育児は当たり前になってこの先も推進されていくだろうし、もう昭和の時代に戻ることはないでしょう。目に見える変化が訪れていないことに対する苛立ちもわかりますが、現在、男性育休が当たり前になった国々もかつてはそうではなかったし、それこそ時間をかけて男女の役割分業意識も制度も変えて今があるわけです。日本も時間はかかると思いますが、最近の若い父親たちの言動を見ていると、間違いなく良い未来に向かっていると信じています。

I:若い人と話すと、意識も全然違いますしね。

安藤さん:そうなんですよ。僕は大学でも教えているので、男子学生に「もし子どもが生まれたら、家事をやる?」と聞くと、ほぼ100%が「やる」と言います。「これからの時代は男性のライフデザインとして、『いっとき主夫になる』という選択肢があると思うんだけど、やってもいいと思う人は?」の問いには、約1/3の男子学生が手を挙げます。かつての若者とは、感覚がかなり変わってきていることを実感しますね。

安藤さん:カップルが手を取り合って「協働」でやろう、という感覚が浸透しているように感じています。よく、家事分担の割合を5:5にするのが平等だろうという議論がありますが、本当にふたりが自分事として育児・家事をしていれば、そういう平等論ってあまり意味がないと思います。つまり、その時にできる方が家事をするというやり方です。家事分担5:5は、どうしても「義務感」が伴ってしまいますからね。頑張って50%はしなきゃいけない、みたいな数値目標を設定してしまうと、会社のノルマみたいになってしまい、家事も子育ても楽しくならないと思います。

I:たしかに。もちろん家事も子育ても、義務としてどちらかがらやらなければいけない側面はあるわけですが、意識として全てを義務に捉えてしまうとお互いに窮屈になってしまう。

安藤さん:育児・家事は日々の営みですからね。そこに家族がいるんだから父親にもホームワークはあるわけです。だって、多くの働く母親は仕事と育児家事どっちもやっているわけで。仮に今、「自分は家事育児やっていない、やれていないな。母親に負担かけているな」と思う男性は、そこでスイッチ入れて毎日少しでもいいからやることが大切です。

I:少しでもいいからやれることを。

安藤さん:そう。朝20分早く起きて、できる家事や子育てをやればいいんじゃないでしょうか。そのときに「やらなければいけない」という意識ではなく、育児・家事は楽しむものである、というポジティブな姿勢で取り組んでほしい。義務だと思っている限り続きません。自分もかつてそうでしたからよく分かります。僕たちは「子どもたちが笑顔でいるために、父親として何ができるのかを考えようよ」と呼びかけていますが、子育て中の男性には、ぜひ父親であることを楽しんでほしいと思います。

I:子どもが笑顔でいるために父親としてできることってなんでしょうか?

安藤さん:主体的に楽しむことだと思います。僕は絵本の読み聞かせでスイッチが入りました。どんな本を選んだらいいんだろうとか悩まずに、フィーリングが合う作家さんの描いた絵本を読めばいいと思うんです。

父親が笑って絵本読んだりして子育てを楽しんでいれば、子どもも笑顔になるだろうし、そんな父親って子どもから見ても頼れるカッコいい大人ではないでしょうか。子どもが生まれたら男性はみんな名目上「父親になる」けれど、本来は楽しみながら「父親をする」ことが家族にとっても自分にとっても大事なことだと、僕たちは考えています。

育休は休暇ではなく、父親になる修行期間です

育休は休暇ではなく、父親になる修行期間です

I:男性の育児参加を改善していくには当事者やそれを取り巻く人々の意識の変化もさることながら、労働、雇用、賃金格差まで、いろんな社会課題をも解決していく必要があるように思います。子育て支援部分だけを制度設計しても全体に歪んでいると進みづらいいというか…。

安藤さん:突き詰めると、子育てしづらい社会には構造的な問題があるという話にもなってきますよね。全部一度に解決するのは到底無理な話ですから、自分ができる事から取り組むしかないんですよ。

ですから、「自分は全然できていないな」と感じている父親は、是非母親と同じ目線・同じ方向を向いて「生活」してほしいと思います。その時間を少しずつ長くしていけば、自然と家庭の一員としての連帯感や共感が生まれると思います。

I:そうですね。母親の気持ちに寄り添いながら、おむつを替えたり、ミルクをあげたり、泣いているときに抱っこする。ゴミ捨てやお風呂そうじ、洗濯といった間接育児をすることでもいいですよね。そうやって母親とふたりで赤ちゃんを見守ること、これが子育ての一歩ですね。

安藤さん:最後に育休についてお話しさせてください。僕は常日頃から「育休はスタートアップ」と言っています。育休は父親になるスタート地点。ここをちゃんとやることが、父親としてのその後の成長を決定づけると思っています。母親が出産で全治3か月の重傷を負っている時に、父親がどれだけ自分事としてコミットできるか、やってみて「こんな大変なこと一人じゃ無理だ。母親は偉大だったんだ」と腹落ちすることがスタートアップで、そこで育児・家事が身に付けば、その後はワークライフバランスなんて当たり前になって、仕事も育児も上手くいく、笑っている父親になるはずです。

I:それくらい育休は、その後長く続く子育てにとっても重要だということですね。

安藤さん:そもそも“育児休業”という呼び名から変えるべきと僕はずっと国に言っているんです。産後の母親は休まなくてはいけないから、ご飯を食べることとトイレと授乳以外やらせてはいけない。家事全般や授乳以外の赤ちゃんのお世話はほとんど父親の役割ですから、てんわやんわになるはずです。決して「休み」ではないんです。育休を長期で取った父親は必ずこう言います。「仕事している方がぜんぜん楽だ」って。

I:それは大切な指摘であり、みんながちゃんと認識しておかないといけない事実ですね。

安藤さん:育児を知らない上司が「いいな。お前は育休取れて」って言ったとしても気にしなくていい。育休は「休業」じゃなくて「修行」ですから。でも、それは辛い修行ではない。そこには必ず幸せが待っています。専業主婦全盛時代のほとんどの男性上司は仕事だけして育児やって来なかったから、それを知らないだけです。

そう、わが子の存在は親を幸せにしてくれます。それは親になってはじめて知ることでもありました。育児は母親だけがやることではもちろんないし、母親の特権でもない。父親にも子育てにジョインし、子どもと一緒に人生を歩む権利があります。これからの父親たちには母親と手を取り合って、子どもともちゃんとかかわり合って、人生を楽しく送ってもらいたいなと思っています。

 

※          ※          ※

「子どもは産んでくれた人が好きなのではなく、毎日世話をしてくれる人に懐くんです」と安藤さんは言います。また、父親とかかわり合う時間の長い子どもには、自己肯定感やコミュニケーション力が育つという研究結果もあるそうです。

子育て支援制度が拡充する今、父親がわが子ときちんと向きあう機会を作ることは以前ほど難しくはなさそうです。家族との時間をもっと楽しむために、育児や家事に主体的に取り組んでみませんか?

 

ando_profile

<プロフィール>
安藤 哲也(あんどう・てつや)
東京都出身。1962年生まれ。明治大学卒。出版界やIT企業で働いていたが、仕事中心に陥りがちな自らの生き方をリセットするべく、2006年にNPO法人ファザーリング・ジャパンを創設。企業や自治体の父親の子育て支援・自立支援事業に係りながら、講演会や子育てセミナーなどを行っている。3人の子どもの父親。

<参考資料>
※1 平成28年度社会生活基本調査(総務省)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000769737.pdf
※2 令和3年労働力調査(総務省)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/index.pdf
※3 育児・介護休業法の改正について~男性育児休業取得促進等~(厚生労働省/2022年)
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000851662.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る