やすのり先生のキーワード解説(4) おしるし/破水/陣痛<後編>

やすのり先生のキーワード解説(4)
おしるし/破水/陣痛<後編>

妊娠・出産インフォ

「陣痛」の苦しみは想像を絶すると言われることもしばしばあります。子どもは欲しいけど、陣痛が怖い……という女性も中にはいるかもしれません。やすのり先生こと、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師に、そもそも陣痛はなぜ起こるのか、というところからこの現象について詳しくお聞きしました。

出産前に必ず訪れる子宮の収縮が「陣痛」

陣痛にはいくつかの種類があるのをご存知ですか? ふつうは分娩時、つまり出産直前にくる痛み、つまり「分娩陣痛」のことを指します。そのほか「妊娠陣痛」「前駆陣痛」「後産陣痛」「後陣痛」もあります。すべてに共通しているのは、子宮の収縮であるということ。痛みの有無や間隔は異なりますが、それらの子宮の収縮には意味があり、痛みがあることは正常なことです。

まずは、分娩陣痛についてご説明しましょう。

keyword_4_01

クリックで大きく表示されます

分娩が近づいてくると子宮口が大きく広がってきますが、子宮口が4~6cmになったときには陣痛の間隔は平均で3分になります。その後、子宮口が7~8cmのときは2分30秒、9~10cmのときには2分とどんどん痛みの間隔が狭くなってきます(図1)。

痛みの持続は子宮口が4~8cmのときは平均で70秒、9cm以上になると60秒に(図2)。つまり、痛さが1分続いて2分休み、また1分痛みが続いて……ということが繰り返されるのです。

分娩台へは、子宮口が10cmくらいになったら上がってもらいます。ここから分娩まではだいたい1時間はかかりますね。

keyword_4_02

昔は陣痛から分娩までに3日かかる人もいましたが、今は赤ちゃんの健康のことを考えて早めに帝王切開にする人が圧倒的に多いです。48時間も分娩陣痛を味わうという人は少ないのではないでしょうか。そんなに長いとお母さんは疲労してしまいますから。通常は24時間以内にお産してもらうべく医師の側は準備します。

陣痛というのはね、男では絶対に耐えられないです。男だったら死ぬと思います(笑)。

この痛みが特徴的なのは、不快なものではないということ。とても痛い60秒があるかと思ったら、次の瞬間にはスーッと引くのです。お母さんになる人は、このとき恍惚感のようなものを感じているのではと思います。

赤ちゃんは産道で旋回している?

赤ちゃんをお腹の中から外の世界に出すためには、陣痛だけではダメです。「いきむ」ということが必要になります。少し難しい言葉でいうと「娩出(べんしゅつ)力」。腹圧をかけなくてはならないのです。

腹圧は、腹筋があるかどうかはあまり関係がありません。いきんで、顔だけ真っ赤になる人がいますが、お腹の下のほうにいきまなくては、赤ちゃんは生まれてこないんですね。英語ではいきむことを“プッシュ”といいますが、赤ちゃんを下へ押し出すという感じです。

赤ちゃんは産道を通って生まれてきます。産道には骨産道と軟産道というものがあって、骨産道は骨盤の内側の骨の部分のことで、軟産道は子宮下部・子宮頸部・腟・外陰部の一部のことを指します。骨盤の形は生まれつきのものですが、お産が軽いかどうかに影響を及ぼします。また、軟産道は赤ちゃんが通りやすいように、うまく伸展させられることが理想ですが、産婦が高齢になると筋肉が硬くなり、伸展しづらくなります。これによって難産が増えることもあるのです。

keyword_4_03

人間は二足歩行になったことで、難産が起こるようになってしまいました。二足歩行するために骨盤が狭くなったことが原因です。

動物はみんな骨盤位、つまりお尻から生まれてきますよね。人間のように頭から生まれてくることはありません。これはなぜだかわかりますか? 人間の場合は頭がいちばん大きいからなのです。体のいちばん大きい部分を使って、お母さんの子宮をどんどん開いて出てきます。赤ちゃんは産道で体を旋回させて、誕生するのです。時にあごを引いたような状態に頭を下げたり、逆にあごを出して頭を上げたり。自然にそのような動きができるのが赤ちゃんなのです。おもしろいでしょ?

分娩陣痛以外の“陣痛”とは?

その他の陣痛についても説明しておきましょう。

妊娠陣痛は、妊娠の経過中に起こってくるもの。軽くて不規則な子宮収縮で、通常痛みは感じられません。

前駆陣痛は、分娩が起こる前に起こるので分娩陣痛と間違える方もいらっしゃいますが、不規則なのが特徴。あるときは5分、あるときは20分、30分と間隔がまちまち。痛みも弱いです。

後産陣痛は、分娩が終わり、胎盤を外に出させようとするときに、子宮の収縮が起こって表われるもの。長さにすると2~3分です。

後陣痛は、後産陣痛と似た名前ですが、胎盤が出たあとに起こるもの。痛みの強さや周期は不規則な場合が多いのですが、一般的に経産婦のほうが痛みの自覚が強いといわれています。

僕は30年以上産科医をやっていますが、分娩後の女性がいちばん美しいと思います。陣痛のときは顔がくしゃくしゃになっていますが、分娩が終わったあと自分の産んだ赤ちゃんを見たときの顔は、それはそれはすばらしい。

立会い出産で男性が付き添うのはいいことですよね。出産の苦しみをパートナーと分かち合うと同時に、美しい女性の表情を見られるのは幸せな体験だと思います。

* * *
陣痛は赤ちゃんがこの世に誕生する直前の“合図”なのですね。苦しいけれど、その痛みを忘れてしまえるのが母親の強さなのかも。きちんと理解して、できるだけ不安を取り除き、出産の日を迎えましょう。

 

合わせてこちらもおすすめ

やすのり先生のキーワード解説(3) おしるし/破水/陣痛<前編>

妊娠・出産インフォ トップに戻る