赤ちゃんのはじめての「初秋の着こなし」「秋のお出かけ」

赤ちゃんのはじめての
「初秋の着こなし」「秋のお出かけ」

妊娠・出産インフォ

01

秋はすごしやすく、お出かけが楽しくなる季節。ママ自身もそうですが、赤ちゃんにも快適でおしゃれなお洋服を着せてあげたいものですね。秋をはじめて迎える赤ちゃんには、どんなことに気をつけて、どんな服を準備すればいいのでしょうか? 

ミキハウス 新宿小田急店の子育てキャリアアドバイザー(KCA)・田頭心(たがしら・こころ)さんに、初秋の着こなしについて教えてもらいました。ご自身も小学4年生になる女の子のママです。

 

0~3か月(6、7、8、9月生まれ)の赤ちゃんには
お出かけのときもツーウェイオールで

02

秋口の生まれてはじめてのお出かけには、フライス素材の肌着に、脚の部分がスカート型になっている「ツーウェイオール」を着せてあげるといいですね。おむつ替えがまだ頻繁なころですから、裾の部分をスッとあげておむつ替えできると、外出先でも便利です。少し動きが活発になってきたら、脚の部分についているスナップを留めて、使っていただけます。

肌着、ツーウェイオールを着て、胴着で温度調節すればいいですね。

 

4~6か月(3、4、5月生まれ)の赤ちゃんは重ね着風カバーオールでおしゃれに!

首がすわったら、肌着は頭からかぶせるタイプの「ボディシャツ」に変えるころです。動きも活発になるので、お洋服も「カバーオール」になります。脚の部分が完全に分かれていて、上下はつながっていて、長袖、長ズボンタイプのものです。
これは、トップスとボトムでコーディネートしたかのように見えますが、実はつながっている“重ね着風”のタイプ。お客さまにも人気で、そろそろ赤ちゃんのファッションを楽しみたいわと思う方にぴったりです。ママも赤ちゃんに着せるものによって、気持ちがワクワクしたりしますよね。

03

たとえば、女の子なら花柄のブラウスに、フリルとリボンのついたピンクのズボンを合わせたような、こんなカバーオールはいかがですか。ピンクが女の子らしくて人気ですが、よく見ると、ブラウスとズボンのスナップの色が、それぞれの色になっていて、本当に重ね着のようですよね。細かいところまでおしゃれなんです。

男の子なら、ボーダーシャツにカーディガンを着ているような、こんなタイプがおすすめ。ツーウェイオールの赤ちゃんらしいお洋服に飽きてしまって……というママが購入されることも多いですね。

秋でも少し暑いときなら、半袖の「ショートオール」に、カーディガンやレッグウォーマーで温度調節するのもいいと思います。カーディガンなどの羽織り物は、だいたい生後6か月くらいの赤ちゃんから使っていただけます。サイズは70cmか80cmのものを選んで、最初は少し大きくても袖口を折り返して使ってもらえれば、その後も長く着られます。

04

素材は綿がよいと思います。赤ちゃんはたくさん汗をかきますし、やっぱり肌触りのよいのがいちばん。たとえば、このグレーの綿カーディガンは、スナップの色が一つずつ違っていて、カラフルでかわいいです。

 

7~9か月(12、1、2月生まれ)の赤ちゃんは抱っこがまだ多いので、お腹がつながってるお洋服がオススメ。

05

ハイハイやつかまり立ちなど、動きが活発になってくるころですが、まだ抱っこが多いので、セパレートタイプのお洋服よりも、お腹がつながっているタイプがおすすめです。

でも、ベビーカーでのおでかけの時などは、ちょっぴりお姉ちゃんやお兄ちゃんぽくおしゃれさせてあげてはいかがでしょうか。セパレートタイプのお洋服に、ロングブーティをはかせてあげると、とってもかわいらしくて、おしゃれですよ。

 

10か月~1歳(9、10、11月生まれ)の赤ちゃんは、歩きはじめは動きやすく温度調節のしやすいものを

赤ちゃんがたっちができるようになると、上下が分かれているお洋服のほうがお世話がしやすいですね。お着替えも上からかぶせてあげたほうが楽です。体の動きはさらに活発になりますしトップスだけ汚れたから着替えさせたいという場面も出てくると思います。
また、歩きはじめるようになったら、動きやすいものを選んで、着せたり脱いだりさせることで温度調節をするといいですね。肌寒い日も出てくると思いますが、動きまわる赤ちゃんは室内でも汗をかいて遊ぶこともあります。綿などの薄手のものでも重ね着をすれば空気の層がたまるので寒くないし、暑くなったら脱がせてあげればいいからです。

06

このころになると、お子さまと一緒におしゃれを楽しみたい・・・と思うママも増えてきます。マザーバッグとお子さまのシャツでリンクコーデをする方も多いですよ。チェック柄を選んでいただければ、女の子でも男の子でも楽しんでいただけます。

07

秋のはじめに買ってそのまま冬まで着せられるアイテムもあります。それはポンチョ、ケープ、マントといった羽織り物です。ポンチョやケープは60~90cm、マントは70~90cmというそれぞれワンサイズの展開なのですが、最初はひざかけ代わりにも使っていただけるんです。早く用意してもらえると、2歳ごろまで毎年使え、お子さんの成長を感じられるアイテムになります。お洋服だとサイズが変わってしまうのは避けられませんが、こういうものだと赤ちゃんにかけたり、羽織らせたり、いろいろなシーンが考えられるので重宝すると思います。

 

身近な場所でも赤ちゃんと二人なら楽しいお出かけに

今は9歳になる私の娘は夏生まれだったので、はじめてのお出かけはちょうど秋の始まりのころでした。1か月健診のときや、二人っきりで電車に乗ったときは緊張しました。「泣いてまわりに迷惑をかけるんじゃないかしら」と心配でドキドキしていましたが、いざ行ってみると、「ふだんはあんなに泣いているのに……」と思うほど静かだったことを覚えています。

08

これからはじめてのお出かけをする方にアドバイスするなら、“時間に余裕をもって気持ちの余裕にもつなげましょう”ということでしょうか。出かける直前におもらしをしてしまうなど、想定していないことが起こってしまうんですよね。また、赤ちゃんの体調はもちろん、ママ自身もちょっと調子が悪いなと思うときは、外出を避けたほうがいいと思います。そうは言っていられないときもあると思いますが、無理はなるべくしないように。

赤ちゃんが少し大きくなってくると、遠くに出かけたいなと思うこともあるでしょうが、私がおすすめしたいのは身近な場所へのお出かけです。たとえば、いつも行く公園も秋になると葉が色づいたり、児童館などでもその季節にちなんだ催しが行われていたりします。そんな場所で、自分の子どもより上のお子さんが遊んでいるのを観察したり、その子やその子のお母さんに話しかけてみたりするのも楽しいですよ。新しい発見があるんですよね。

うちの娘は、秋にちょうど歩きはじめたので、よちよちしながら公園の落ち葉を踏んで、その音を喜んだり、葉っぱを触って遊んでいたりしていました。まわりのことすべてがいい刺激になっていたのだと思います。

今の時代は情報があふれすぎているので、自分の目で確かめたり、経験したりすることも大事かなと思います。赤ちゃんとお出かけをすると迷惑をかけるのでは?と思うかもしれませんが、実際に外に出てみると、まわりの方が気にかけてくれたり、声をかけてくれたりして、自分の思っていたことが取り越し苦労だったことがわかります。それに、迷惑はかけちゃうかもしれないけど、少しくらいならいいんじゃないかなとも思います。

娘が2歳になるまでは大変でしたが、気づいたら9歳になっていた感じ。今では男の子みたいな女の子ですが(笑)、赤ちゃんでいる時間は本当に短いです。楽しいお出かけをして、いろいろな思い出を親子でつくってくださいね。

 

63_prof

【プロフィール】
田頭 心(たがしら・こころ)
子育てキャリアアドバイザー/ミキハウス 新宿小田急店勤務

別業種の仕事から転職し、2013年にミキハウスで働きはじめる。夫と9歳の長女との3人暮らし。子育てキャリアアドバイザー(KCA)として、現在、正社員としてフルタイムで勤務中。

妊娠・出産インフォ トップに戻る