先輩パパに聞く、うまくいく「イクメン」のコツ!

先輩パパに聞く、
うまくいく「イクメン」のコツ!

妊娠・出産インフォ

育児に積極的に関わっていく男性を「イクメン」と呼びますが、あなたのまわりにイクメンは多いでしょうか? パパ、プレパパの中には関わっていきたいという気持ちはあっても、「どうやったらいいのかわからない」「仕事が忙しくて時間がとれそうにない」という人もいるかもしれません。また、「うちのダンナは無理」とあきらめている女性もいるのでは? “元祖イクメン”と“現役イクメン”のお二人にお話をお聞きし、誰でもうまくいくイクメンになるためのちょっとしたコツを教えていただきました。

yoshimura

吉村泰典さん/慶應義塾大学医学部教授

【元祖イクメン代表】
吉村泰典さん
1949年生まれ。産婦人科医、慶應義塾大学医学部教授。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。第2次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。長女が1歳のときからイクメンに。医師の妻とは32年間別居婚。

_RKA6077_profile

伊集院弘和さん/ミキハウス社長室広報部

【現役イクメン代表】
伊集院弘和さん
1976年生まれ。ミキハウス社長室広報部勤務。2000年、ミキハウスに入社。入社2年目に広報部に異動し、主にミキハウスが支援するスポーツ選手たちのマネジメント業務と全ミキハウスブランドのプレスを担当している。同社の男性社員として初めて育児休暇を取得。妻、5歳の長女、3歳の長男との4人暮らし。趣味はテニス、サーフィン。

_RKA6058_

吉村:僕は「元祖イクメン」と今では言っているけれど、当時はそうせざるをえなくて育児をするようになったんです。妻とは学生結婚で、職業は二人とも同じ医師。子どもが生まれてから1歳になるまでは僕の両親が面倒をみていましたが、それから3人での生活になって、僕の育児が始まりました。

最初はミルクをつくるのも大変だったし、湯冷ましをどうやって飲ませるかもひと苦労。熱が出ると保育園には行かせられないので、入院させていましたね。見てくれる人が近くにいなかったから仕方なく。

伊集院:今まさに「イクメン中」ですが、保育園へ毎朝二人の子どもを送っています。妻も正社員だったので、出産を機にやめてしまうのはもったいないと思い、協力して育児をすることに。子育ては当然二人とも初めてなので、まずはやってみようかと。1年の産休、育休の後、妻が職場に復帰する最初の2週間に育休を僕が取って、そこからです。家事も一緒にやるようになりました。
子どもが病気のとき、僕たちは交代で休みますね。あとは、午前中は妻が会社に出て、僕は午後から出るとか。病気したときがいちばん大変ですね。

吉村:僕の時代はね、育児休暇をとる時代じゃなかった。だから、仕事と育児をどうやったら完璧に両立できるかを考えていました。今思えば、子どもには十分なことができていなかったかもしれないね。子どもを育てるということよりも、炊事、洗濯、掃除が最優先なんです。これがメインのテーマで、これをやらないと子育ても始まらない。

妻が仕事をやめるという選択もなかったわけじゃないと思いますよ。けれど、彼女の能力は仕事で発揮されると思ったんです。仕事を続けることがいちばん社会貢献につながると。彼女が家にいてくれれば楽だなと思ったことも正直ありましたが、彼女の特性を考えたら、僕らはこのやり方がいちばんよかった。

夜の飲み会をランチ会に変更…イクメンのコミュニケーション術

SAMSUNG

伊集院:先生と僕とでは状況が違いますね。広報の仕事をしているので、つき合いで飲みに行ったりすることも多かったのですが、子どもができてからは夜の飲み会に参加するのをやめたんです。それからは“飲みニュケーション”ではなく、ランチミーティングという形にして、取引先の人や職場の人とコミュニケーションをとるようにしています。夜遅くまでだらだら飲むこともなく、そこで出た提案などを午後にすぐ実行できるので、時間的にも金銭的にも仕事にとてもプラスになりました。

吉村:そう思うこと自体がえらいね。今の時代でも難しいと思うよ。なかなかできない。

伊集院:休日はなるべく二人の子どもを連れ出して遊びに出かけるようにしています。妻に一人の時間をつくってあげようと思って。

吉村:伊集院さんは新しいイクメンだね、理想ですよ。今僕がイクメンだったら、こういうふうにしたいですね。僕は女性から独立しようとばかり思っていましたから。育児は男が自立するためにはいいもの。男はふだん女性をあてにしていて頼っているけれど、育児をすると主体的に自立できるんです。

子どもと遊ぶ時間は自分の時間 イクメンのストレス発散法とは?

131210_1

伊集院:僕は子どもたちをただ習い事に通わせて先生に任せるのではなく、自分ができることは自分の手で教えるというのがモットーです。水泳教室には入れず、僕がよくプールに連れていくのですが、その時間が大事。預けてしまえば楽ですが、パパと水泳を始めたとか、パパと泳げるようになったとか、そういうことがいい思い出になるのかなと。まずは一緒に楽しむことが一番で、技術とかは後でいいんじゃないかと思うんです。

吉村:さすがですね。

伊集院:子どもと遊ぶときのコツは、自分も子どもになること。公園に行けば池に入ってずぶ濡れになるし、どろんこ遊びもするし、率先して子どもの遊びを一緒になって楽しんでやります。義務感があったり、自分の時間を犠牲にして子供と一緒にいなくちゃいけないと思ったら、ただしんどいだけだと思うんですよ。そんな時間は無駄なので、気持ちを切り替えて童心に帰って遊んで、逆にストレス解消の時間にしようと思いました。

もちろん、一人の時間もつくるようにしています。サーフィンが趣味ですが、休日は朝の4時に家を出てサーフィンをやって、昼には帰ってくる。帰った後、子どもたちと遊びに出かける。体力的にはハードなんですけど、気分的な休養があればいいかなと今は思っています。

あと自分の趣味に子どもを連れていってしまうということもあります。僕が真剣に遊んでいる姿を見せて、「パパ、楽しそう」と言葉じゃない何かを感じてほしいなと。最近は友人たちも子持ちなので気兼ねすることもありません。以前、テニスの試合中に息子が真剣な顔をして熱心に観戦しているなと思っていたら、うんちをもらしてまして・・・。「ちょっとごめん」と言って試合を中断して、おしりを洗ってました(笑)。みんなお互い様なので、そういう時もまわりは理解してくれますね。

吉村:なるほどね。僕にモットーはなかったね。そういう余裕がなかったです。僕は“走り続けた”という感じですね。

伊集院:先生は精神的に強いですよね。

吉村:いや、僕は君がうらやましい。現代はそうじゃなくちゃいけないよ。

伊集院:でもまだまだ妻の負担は大きく、妻から見たら僕はまだそれのお手伝いという感じかもしれません。どこまでやったらイクメンみたいな定義はなくて、ゴールはないと思います。男はここまでやったらゴールという目標があったほうが頑張れるんですけどね(笑)。

自分に何ができるか?を夫婦で考えることが育児の第一歩

吉村:キュリー夫人というノーベル物理学賞と化学賞をとった人がいるでしょ。彼女は研究をやりながら、子育てもきちんとやったそうです。ある時、「どうして子育ても立派にされたんですか?」と聞かれて、彼女はこう答えたそうです。「研究は立派な社会貢献。そして社会に出ていく子どもを育てるのも、立派な貢献です」。いい言葉ですよね。子育てなんて…と思っていると、これは大きな間違い。子どもを育てることは国家の根幹を揺るがす大切な問題だということなんです。子育てがうまくいかない国は絶対ダメ。だから、子育ては大事だと思います。

伊集院:今聞いて、違う責任感を感じました。

吉村:子どもを男が育てると「イクメン」ということ自体が本当はおかしくてね。そもそも、子どもは二人で育てていくんだから、何らかの役割分担をするでもいいし、それぞれの家庭でそれぞれのやり方を考えればいい。二人で育てていくという意識を持つことは基本ですから。忙しい父親でも、何もできないということは絶対ないと思いますよ。

伊集院:育児って大変だ、苦しいというイメージしかないという人も多いかもしれませんが、そんなことないんですよね。育児での経験を仕事に生かせる場面もありますし。

お母さんにも言いたいのですが、父親に子どもを一度まかせてみてほしい。専業主婦のお母さんに聞いたことがあるのですが、「ダンナに1日子どもを預けるのは怖くてできない、出かけられない」と言うんですね。でも勇気をもって預けて、父親と子どもを二人きりにしてほしい。男はやってみたら大変さがわかるし、意外とできた!と思うこともあるはず。やる前は「めんどうくさい」と思っていたことが、そうではなかったことに気づくと思います。

――お二人のお話、いかがでしたか? 時代は違っても、お二人が奥さまのやりたいこと、キャリア、特性を考えてイクメンになったこと、またお子さんのことを第一に思い、大切に育て、家族の絆をはぐくんでいったことがよくわかったのではないでしょうか。

これから子どもをもち、育てる予定の“プレイクメン”の男性に、吉村先生と伊集院さんの子育てに関して感想を聞いてみました。

30代男性・既婚
「どの時代でも、自分の置かれた環境の中で、全力で子育てと向き合う姿勢が『イクメン』と呼ばれているんだなと感じました。お二人と同じようなことは、今、自分の置かれている仕事の環境やワークスタイルを考えてみると、正直、難しいかも知れないとも思います。でも、『10%でも20%でも奥さんと一緒にどんなふうに子育てと向き合うか考えることが大切』という言葉があるように、仕事も含めたライフスタイルの中で自分らしいバランスを考えていきたいです」。

30代男性・既婚
「お二人の子育てに向かわれる気持ちには、とても感銘を受けました。『子育て』というと自分を犠牲にして、家族に貢献する、というイメージを持っていたのですが、そうではなく、自分自身が楽しみながら、子育てに貢献する方法を考えることで、無理なく、続けていけるようにする。その工夫がとても大切なんだと思いました」

父親が育児をすることは決して難しいことではありません。どんな家庭を築きたいか、どんなふうに子どもと関わっていきたいかなど、夫婦で話し合いながら、子育ての時間を楽しむ。これがいちばん大切なことなのかもしれません。

妊娠・出産インフォ トップに戻る