母乳は赤ちゃんのための“オーダーメイド食” 〜授乳の話〜(前編)

母乳は赤ちゃんのための“オーダーメイド食”
〜授乳の話〜(前編)

妊娠・出産インフォ

生まれてからおおよそ1年で体重は約3倍、身長は1.5倍ほどになる赤ちゃん。言葉を発したり、たっちができるようになるなど発達も目覚ましく、人間は生後1年間で最も成長すると言われています。

この時期の赤ちゃんの栄養源は母乳や粉ミルク。著しく成長を遂げる赤ちゃんのからだをつくる母乳と粉ミルクとは、いったいどのようなものなのでしょうか? 今回の特集記事では、赤ちゃんの健やかな成長のために知っておきたい母乳と粉ミルクについて、専門家にお話を伺っていきます。

まず登場していただくのは、東京女子医科大学新生児医学科教授の和田雅樹先生です。新生児医療の最前線で活躍する先生に授乳について教えていただきましょう。

 

母乳でも粉ミルクでも、しっかり与えれば赤ちゃんは問題なく育ちます

--最近は世界保健機関(WHO)などが中心になって世界中で母乳育児を推奨しています。どうして母乳は赤ちゃんに良いとされているのでしょうか?

和田先生:その前に大前提として申し上げておきたいことがあります。それは赤ちゃんが必要な栄養をきちんと摂ることができて健やかに成長するなら、母乳か粉ミルクかは大きな問題ではないということです。母乳をあげたいけど、思うように出ないママもいるでしょうし、外で働いている方であれば粉ミルクが中心になる場合もあるでしょう。前者の場合は、「どうして母乳が出ないんだろう」と自分を責めるママもいらっしゃるかもしれないけど、そんなことを思う必要はまったくありません。母乳と粉ミルク、どちらかがよい・悪いではなく、ママ・パパが育児に負担を感じない方法を選択すればいいと思います。

--おっしゃる通りですね。改めてお伺いいたしますが、医師の立場からみて、こと健康面からいうと母乳でも粉ミルクでもそれほどの違いはないと?

和田先生:厳密にはないわけではありませんが、神経質になるほどの違いはないと考えていただいてよいかと思います。たとえば昭和40~50年代の日本では、粉ミルクは栄養価が高いと奨励されていましたよね。では、その頃に生まれ、粉ミルクで育った人は、その後の成長や発達、または健康に支障をきたしたかというと、そうではありません。それに粉ミルクの品質は、年々より良いものになっているわけですから、今のママ・パパ世代が粉ミルクで育てることに、栄養面での不安を感じる必要はないと言っていいでしょう。

母乳の成分は、必要に応じて成分が変わっていきます

--そもそもの話ですが、母乳はどのような成分でできているのでしょうか?

和田先生:たんぱく質と脂肪、炭水化物、それらの働きを助けるためのビタミン類とヨウ素などの微量元素が含まれています。不思議なことに同じ哺乳類でも牛や馬など種が違うと、乳の成分の割合が違うんですよね。母乳は人間の赤ちゃんのために長い年月をかけて進化してきたものですから、人間の発育にいちばん適した成分になっているのは間違いないでしょう。

--なるほど。赤ちゃんの成長に最適の栄養ということですね。

和田先生:はい。母乳の素晴らしいところは、完全に“オーダーメイド”だということ。赤ちゃんの成長スピードにあわせて、成分も微妙に変わっていくんです。たとえば出産後1週間ぐらいまでの母乳は“初乳”と呼ばれ、たんぱく質や免疫力を補う成分が多く含まれているために黄色っぽい色でドロッとしています。初乳には、(この時期の母乳にしかない)抗体などの成分も含まれているので、産後1週間ぐらいは少しでもあげられるといいですね。もちろん出る出ないの個人差はありますから、可能な限りで結構です。

--成長にあわせて成分が変わるなんて、それも神秘的ですね。

和田先生:そうですよね。その後1週間から2週間経って、“移行乳”と言われるものになります。少しずつ色が薄く白っぽくなってくるのが特徴です。だいたい1か月ぐらいで分泌が安定して“成乳(成熟乳)”になり、脂肪が減って糖質が増えます。成乳はさらっとしていて甘味が増すのが特徴です。また母乳の特徴として、成乳でも一回の授乳の中で飲み始めと飲み終わりの時の成分が違うことも分かっています。おそらく徐々に飲みやすくなるように調整されているのではないかと考えられるんですよね。

--まさにオーダーメイドですね。すごいです。

和田先生:はい。ちなみに初乳の粘度の高さは、生まれたばかりの赤ちゃんでもむせずに飲めるという利点もあります。ただ逆に、乳腺がちゃんと開通していないママにとっては詰まりやすいものでもあります。そのために赤ちゃんにこまめに吸ってもらうことが重要です。その刺激でママのからだのホルモンバランスが変化して、子宮の回復が促されるという効果もあります。ママも赤ちゃんも慣れていないので大変だと思いますが、できるだけ頑張って与えてもらいたいですね。

--授乳は赤ちゃんとママの共同作業ということですね。ちなみに「母乳は欲しがるだけ与えていい」とよく聞きますが、飲みすぎて肥満になってしまうという心配はないんでしょうか。

和田先生:赤ちゃんは生後2か月ぐらいまでは満腹感を感じにくいと言われていますが、生後すぐは母乳の分泌量が多くないので、飲みすぎることは基本的にありません。粘度が高いために、たくさん飲む前に赤ちゃんが疲れてしまうのも一因でしょう。また、その後、飲みやすい移行乳になっても、飲みすぎをそこまで気にする必要はありません。赤ちゃん本人が満足するまで、飲ませてもらって大丈夫です。

母乳で不足しがちな栄養素はビタミンKとビタミンD

--母乳には赤ちゃんの成長に必要なものがすべて含まれていると考えていいのでしょうか。

和田先生:基本的にそう考えても差し支えないと思います。しかしながら、足りないものもある。その代表格が出血を予防するビタミンKです。大人なら腸内細菌が作ってくれるものですが、赤ちゃんには大腸菌が少なく、母乳中のビタミンKの濃度も非常に低いことが分かっています。ですから私たちは、母乳育児の赤ちゃんについては、生まれた直後と退院前、それに1か月検診の時にビタミンKを投与しています。

--“ケイツーシロップ”と言うお薬ですね?

和田先生:そうです。小児科学会では母乳育児なら、生後3か月までは週1回飲ませることをすすめています。ママが緑黄色野菜や納豆などビタミンKを多く含む食品を食べるようにすると、母乳を通じて赤ちゃんにも与えることができますよ。

--ママが食べたものが血液となり、母乳になるわけですから食生活にも気をつけたいですね。

和田先生:そのとおりです。あと最近問題になっているのはビタミンDの欠乏です。これは紫外線に当たることで作られるビタミンで、骨を丈夫にします。ところが女性たちが美白に関心を持つようになってから、母乳中のビタミンDが少なくなり、その結果赤ちゃんの骨の発育に問題が生じる可能性が指摘されています。こうした現状を補うために、粉ミルクはビタミンKとビタミンDが強化されている商品もあるようですね。このあたりの栄養がしっかり含まれているのは、粉ミルクの強みです。

--そういう意味では、粉ミルクとの併用も理にかなっていると言えるかもしれませんね。他に授乳中の栄養で気をつけたいものはありますか?

和田先生:基本は食事をバランスよくきちんと食べるということでしょう。赤ちゃんのお世話で大変な時期ですから、外食でもファーストフードでも、出来合いのおかずでもいいのですけれど、偏りすぎないようにいろいろな食材を食べていただきたいと思います。

--最近のママたちの中には、産後すぐにスリムな体型に戻したいと思って授乳中にダイエットする方もいると聞きます。

和田先生:ママの食事は母乳の成分に確実に影響しますから、食事や水分を制限する過度なダイエットは赤ちゃんのためにも避けた方がいいでしょう。ママのからだも子宮などが回復していく大切な時期です。授乳中は充分に栄養を摂っていただきたいですね。

授乳とスキンシップで赤ちゃんに“菌”をあげましょう

--母乳のメリットとして、スキンシップの効用も取り上げられていますが、先生はどうお考えですか?

和田先生:母乳をあげると母性が育まれやすいということはあるかも知れません。肌と肌を触れあうのは、赤ちゃんの精神的な安定につながるようですし、肌から直接刺激を受けることが赤ちゃんの成長を促すこともあるでしょう。でも、お母さんたちにご理解いただきたいのは、母乳でなくてもスキンシップは取れるということです。

--赤ちゃんはママ・パパとの触れあいの中で心も育っていくということですね。そして粉ミルクをあげていてもスキンシップは成立するんですね?

和田先生:もちろん粉ミルクでも大丈夫です。あと最近、医学界で注目されているのは「菌」の存在です。

--菌、ですか?

和田先生:はい。人間のからだは30兆から60兆の細胞で構成されているのですが、私たちの体の中にはそれよりも多くの数の菌がいることが分かっています。口腔内、腸管、肌などあらゆるところに非常にたくさんの種類の菌が共生し、それらは私たちの健康を守ってくれているんです。そして授乳や抱っこなどのスキンシップを通じて、赤ちゃんはママやパパから菌をもらうことができる。そうした無数の菌が、免疫のバランスを整えたり、アレルギー反応を抑制することに大きく役立つと言われています。

--授乳やスキンシップにより、体に有益な菌を与えることができるとは知りませんでした。

和田先生:はい。特に母乳育児の場合、ママのおっぱいには人間にとって有益な菌があり、それが赤ちゃんの口腔内、腸管に行き渡る。一方、ミルクの場合は摂取する菌が全く変わってきて、菌の種類によって抵抗力やアレルギーの発症に影響があるということが言われてきています。そういうことを考えると母乳育児の最大のメリットは、たくさんの菌を赤ちゃんに与えられることにあるのかもしれません。

--粉ミルクではどうでしょう。母乳でなくても、肌が触れあうことで菌をあげることができるのではないですか?

和田先生:もちろん、抱っこするだけでも菌を与えることができると思います。そういう面でもスキンシップは非常に大切です。ママでなくても、パパでもいいんです。たくさん抱っこして触れあって、有用な菌をあげてくださいね。

--母乳でも粉ミルクでも、肌と肌を合わせて授乳することでママ・パパは栄養だけではなく、体を守るための菌や精神的な安定を赤ちゃんに与えているんですね。そして、こうした毎日の繰り返しが親子の絆になっていくのかもしれません。

※        ※         ※

ママの血液から作られる母乳の栄養は赤ちゃんの成長に合わせて、濃度や成分を変えているという先生のお話には、生命の神秘を感じます。でも母乳が出ないからと悩む必要はないようです。特集記事の後編は、粉ミルクの開発に携わる研究者の方に、知っているようで知らない「粉ミルクの基礎知識」について伺います。

【プロフィール】
和田 雅樹(わだ まさき)
東京女子医科大学新生児医学科教授 医学博士。新生児指導医・専門医、日本小児栄養消化器肝臓学会認定医。新潟大学地域医療教育センター魚沼基幹病院教授を経て、現在は東京女子医科大学の母子総合医療センターで新生児疾患の治療と研究に当たっている。専門は新生児医療一般、新生児蘇生法、消化管機能評価など。

妊娠・出産インフォ トップに戻る