遊んでいるとき、ねんねのとき…  “はじめての夏”の着こなし、どうすればいい?

遊んでいるとき、ねんねのとき… 
“はじめての夏”の着こなし、どうすればいい?

妊娠・出産インフォ

夏をはじめて経験する赤ちゃんに「何を着せればいいのだろう?」と思っているママ、パパも多いはずです。外はとっても暑いのに屋内は冷房が効いていて…と、体温調節機能が未熟な赤ちゃんには厳しい季節とも言えそうです。

小さな赤ちゃんが元気に夏を乗り切るための対策はしっかりしてあげたいもの。ここでは赤ちゃんの成長に合った服の選び方――素材から着こなしまで――さらに、日焼けやあせもなど夏のトラブルを防ぐためのベビー用品などについて取り上げていきたいと思います。

今回、お話を伺ったのは、ミキハウス新宿高島屋店のKCA(子育てキャリアアドバイザー)熊谷幸子さんです。

 

【ねんね期/1~3か月】お部屋で寝ているだけでも汗対策は必要です

初夏になっても梅雨時は気温が上がらない日もあるし、暑い日には冷房が効いたお部屋ですごす赤ちゃんは多いでしょう。「室温を28℃に設定した部屋なら大人より1枚多く着せてあげてくださいね」と熊谷さんは教えてくださいます。

「ノースリーブの短肌着にコンビ肌着を合わせて、その上にベビー服を着せてあげましょう。短肌着は汗取り、コンビ肌着は体温調節のためです」(熊谷さん)

01

涼しいお部屋で一日の大半を眠っていても、新陳代謝が活発な赤ちゃんはたくさんの汗をかきますから、汗取りの肌着は欠かせないということです。

「この時期のベビー服は袖丈、着丈が短めのプレオールを選ぶと、新生児期にはからだをすっぽり覆ってくれるし、生後3か月ぐらいになる頃には7分丈として使えるので、からだの動きを妨げない上に涼しくすごせますよ」(熊谷さん)

02

エアコンで室温を調整していても、日差しの強さや部屋のどこに寝かせているかでも体感温度は変わります。大人がTシャツ1枚で汗ばむぐらいなら、赤ちゃんは肌着を2枚重ねたぐらいでも十分かも知れません。

「気をつけてあげたいのは、ずっとあお向けに寝ている赤ちゃんの背中の汗です。汗取りガーゼを背中に入れておけば、お着替えの回数も減ってとっても便利ですよ」(熊谷さん)

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。夏のお洋服もやさしい綿素材のものがおすすめです。

「夏はあせもなど皮膚のトラブルも起こりがちです。薄手で通気性にすぐれた天竺やメッシュ素材ならさらっとしたやさしい肌触りで、吸汗性が高いので安心です。ガーゼ素材の肌着も、汗が気になる季節におすすめしています」(熊谷さん)

冷房が効きすぎたかもと感じる場合は、胴着が便利です。手足が動かしやすく肩とお腹をカバーできる胴着は、紐でサイズ調整ができるので、成長の早いねんね期の赤ちゃんでもゆったりと着せてあげられます。

03

最近は1か月検診より前に、産後のママと赤ちゃんの成長を診てくれる産院や自治体も増えてきています。そういうこともあり、新生児期の赤ちゃんの外出は一昔前に比べると増えているようです。

「小さい赤ちゃんを外出させるときにガーセのマルチケットが1枚あるとすごく便利なんです。包んだり、敷いたり、掛けたりといろいろ使えて役に立ちますよ」(熊谷さん)

04

ベビーキャリーやベビーカーを使うようになったら、UVケア機能の付いたガーゼのキャリーケープをかけて紫外線が直接当たらないようにしてあげるとよいかもしれませんね。

【寝返り期/4~6か月】 おうちの中なら肌着1枚ですごすことも

赤ちゃんは生後3か月ぐらいで体重が生まれた時の約2倍になり、首が座ると縦抱きもできるようになります。表情も豊かになって、ますますかわいくなる時期ですね。

「寝がえりを始める頃の赤ちゃんにはロンパース肌着のようなおなかがつながったタイプがいいでしょう。前ボタンのないかぶりの肌着にするとお着替えが簡単になります」(熊谷さん)

05

素材は伸縮性にすぐれたフライスや天竺素材が動きやすくて快適です。

「暑い日に家の中にいる時は半袖の肌着一枚でも大丈夫。ちょっと冷えすぎることがあるなら、体温調節のためのベストを用意しておきたいですね」(熊谷さん)

06

お出かけの時に半袖のショートオールを着るなら、肌着はノースリーブかキャミソールタイプにするとも腕まわりがもたつかず、スッキリ着られます。冷房の効いた場所に行くことも考えて、ポンチョやカーディガン、キャリーケープなど、サッとかけてあげられるものを忘れずに。また、「薄手のレッグウォーマーも赤ちゃんの脚を冷えから守ってくれますよ」と熊谷さん。

07_20

手足を自由に動かせるようになると、寝ている間にも足をバタバタさせてタオルケットを蹴とばしてしまうこともあります。寝冷えが心配なら、肩やお腹を冷やさないタオルスリーパーを使えばママも安眠できそうです。

08

【おすわり・ハイハイ期/7~9か月】 小物で上手に体温調節を

おすわりができるようになり、ずりばいやハイハイが始まると、少しもじっとしていてくれない赤ちゃん。お着替えとおむつ替えにてこずるママ、パパも少なくないでしょう。

「ますます動きが激しくなってくる赤ちゃんには、おなかをカバーしてくれるノースリーブ肌着を。通気性がよくて熱がこもりにくい綿100%のメッシュ素材は夏にぴったりです。お洋服をTシャツとボトムスなどのセパレートタイプにしてあげると、お着替えが楽になりますよ」(熊谷さん)

09

熊谷さんがおすすめする真夏のお出かけのコーディネートは、ボディシャツの上にブルマとトレンカの組み合わせ。

「体の小さな赤ちゃんは周りの温度に影響されやすいので、冷房の効いた場所ならブルマとトレンカで足元を冷やさない工夫をしてあげることも必要です。脚をカバーするトレンカを履かせれば、ハイハイの時のおひざも守られるので一石二鳥だと思いますよ」(熊谷さん)

10

屋外では直射日光を防ぎ、室内では冷房への対策として使えるポンチョやパーカーなど上着も必需品ですね。

【たっち期/10~12か月】 脱ぎ着しやすい服でこまめにお着替え

興味があるものを見つけると足を踏ん張って何とか突き進もうとする赤ちゃんの姿に、わずか1年でこれほど成長するものかとママとパパは喜びと驚きでいっぱいでしょう。

「そろそろお家ですごすよりも、お出かけの機会が多くなってくる頃ですから、“子ども服”が似合うようになってきます。この時期は肌着にトップスとボトムスの組み合わせが定番ですね。お外で遊ぶ機会もますます増えてきますから、汗っかきの赤ちゃんのためにお着替えはたくさん用意してあげましょう。脱ぎ着のしやすさもポイントに服を選んでいただきたいと思います」(熊谷さん)

たっちができるようになったら、プレシューズを履かせてあげましょう。プレシューズを履いて室内や柔らかい地面の上などを歩く練習をしておくと、ヨチヨチ歩きができるようになった時に、スムーズに靴を履いてくれるケースも多いようです。

11

歩くことは移動の手段として大切なだけでなく運動の基礎にもなることですから、足に合った靴を選んであげたいもの。はじめての靴選びは未発達の赤ちゃんの足をやさしくサポートするプレシューズから始めてみてはどうでしょう。

お庭やベランダでプール遊びも

暑くなってきたら水遊びもしてみたいですよね。おなかのつながったデザインなら安心です。

12_20

日陰のない海辺ですごすなら、紫外線から肌を守るラッシュガードも着せてあげたいですね。ちょっぴり生意気なかわいさ満載のデザインは、家族ですごすひとときを一層特別なものにしてくれそうです。

129_13

熊谷さんのもうひとつのおすすめは、甚平オールです。夏祭りだけでなく、毎日のお風呂上りや夏のウエアとしても使える甚平オールはやわらかなガーゼ素材。「涼しげな和風のテイストも素敵ですよ」(熊谷さん)

14

日焼けや虫刺されなど、夏ならではのトラブルへの対策も!

帽子は夏の赤ちゃんのお出かけに欠かせないアイテム。

「まずはつばの小さい帽子で慣れることから始めたいですね。自分での足で動けるようになると目線が地面に近い赤ちゃんはうつむいて遊ぶことが多いので、直射日光がお顔に当たらないようにつばが大きめで首の後ろをガードする日よけ付きがいいでしょう」(熊谷さん)

15_20

夏の紫外線は強いのでUVクリームも使って赤ちゃんの肌を日焼けから守りましょう。こまめに水分補給するために、マザーバッグの中にはマグも忘れずに。

16

 

さて、いかがでしたでしょうか。赤ちゃんが生まれてはじめての夏を迎える方もいらっしゃると思いますが、熊谷さんは夏の子育て体験をこう振り返ります。

「私が気を使ったのは、肌の弱い子どものあせもと虫刺され。特に上の子はよだれが多くて服や肌着まで濡れてしまい、いつもスタイをたくさん用意して頻繁に変えていました。よだれでかぶれた部分はあせもも悪化してしまうので、清潔に保つように心がけていましたね。下の子は虫刺されを掻きむしって化膿するのが悩みでした…。いろいろ試してみましたが、こまめに虫よけスプレーをかけてあげるのが一番効果的だったように思います。あのときは毎日必死でしたけど、今こうやって振り返ると、なんだか懐かしいなぁって思っちゃうんですよね。みなさんも、毎日の子育ては大変なこともたくさんあると思いますけど、是非前向きに赤ちゃんとの生活を楽しんでいただきたいと思います!」(熊谷さん)

赤ちゃんが元気に夏をすごすためには、暑さだけでなく、冷房や紫外線、虫刺されなどへの対策も必要になってきます。でも、あれもしなければ、これもしなければと、どうか自分を追い込まないでください。お悩みがあれば、全国のミキハウスの店舗で、子育て経験者のKCA(子育てキャリアアドバイザー)がみなさんの子育ての相談にお答えしています。赤ちゃんと一緒に、ぜひ気軽にお越しくださいね。

 

129_prof

【プロフィール】
熊谷 幸子
ミキハウス新宿高島屋店勤務。6歳と3歳のお子さんを育てながら、KCA(子育てキャリアアドバイザー)の資格を生かして活躍中。自身の妊娠、出産、子育ての経験をふまえ、お客さまの不安や疑問が少しでも解消されるようにお手伝いをすることを心かげている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る