指しゃぶり、爪噛み…… 歯並びが悪くなる要因は「くせ」にあった? 〜赤ちゃんの口腔環境(後編)〜

指しゃぶり、爪噛み……
歯並びが悪くなる要因は「くせ」にあった?
〜赤ちゃんの口腔環境(後編)〜

妊娠・出産インフォ

近年、自治体による乳幼児期の歯科指導などが功を奏し、子どもの虫歯は減少傾向に。一方、赤ちゃんの歯並びや噛み合わせが気になるママ・パパは少なくないようです。前後編でお届けしている「赤ちゃんの口腔環境」。前編は虫歯にならないための口腔ケアのお話が中心でしたが、後編では「歯並び」について取り上げます。

赤ちゃんが大きくなってから歯並びや噛み合わせ、あごの形などで悩むことがないよう、原因や対策、治療法を日本大学歯学部小児歯科の石山未紗先生に教えていただきましょう。

 

小さいあごはトラブルが起きやすい?!

1

最近は大人も子どもも歯の矯正が特別なことではなくなりました。どうしてそういった治療が必要な人が増えたのでしょうか。

石山先生はこう指摘します。

「最近の子どもたちは、生まれつきあごが小さくて、ほっそりした面立ちの子が多いですよね。食卓から硬い食べ物が減っていることも関係しているのではないかと思いますが……。あごが小さいと食べ物が口の中に残りやすいし、大人の歯に生え変わった時に歯並びが悪くなる傾向があります」(石山先生)

石山先生によると「歯並びが悪いと、舌やあご、頬などの口腔の機能が正常に働かなくなる場合がある」とのこと。食べ物を噛んだり、飲み込んだりすることが難しくなるばかりでなく、発音や呼吸にも影響することがあるというのです。

子どもにありがちなくせが長く続くと要注意です

指しゃぶりや舌突出、爪噛みなど子どもによく見られる「くせ」。こうした行為も歯並びや噛み合わせが悪くなってしまう原因になっているそうです。ここでは石山先生に代表的なくせを取り上げていただき、どんな心配があるのかを説明していただきましょう。

02

【指しゃぶり】

「指しゃぶりを続けていると、上あごと上の前歯が前に引っ張られ、下の前歯が内側に押されるために上の歯と下の歯の噛み合わせが悪くなって、口をきちんと閉じることが難しくなります。また指を吸い続けることであごの側面に力が加わるので、普通はU字型に並ぶ歯が、V字型になってしまうことも。ちなみに、おしゃぶりを長く使い続けても同じようなことが起きる可能性があります」(石山先生)

03

【舌突出】

「舌突出癖のある子は、いつも上下の歯の間に舌を入れているので上下の歯の間にすき間ができてくる可能性があります」(石山先生)

04

【口呼吸】

「口呼吸があると、くちびるや頬の筋肉が発達しにくいので上の前歯が出てしまうことがあります」(石山先生)

05

【爪噛み】

「硬い爪を噛んでいるうちに前歯の歯と歯の間にすき間ができたり、歯がねじれてくることもあります。前歯だけで爪を噛むくせがあると、受け口(反対咬合)になることもあります」(石山先生)

【舌のくせ】

「虫歯になった乳歯を抜いたりしてすき間ができると、そのすき間に舌を入れるくせがついてしまうことがあります。そうした舌のくせは、発音や口周りの筋肉の発達にも影響してしまう恐れがあるんです」(石山先生)

舌は口を閉じた状態だと上あごに当たっているのが正しい位置だそうです。筋肉の発達が十分でない場合も舌で下の歯を押すような形になり、受け口(反対咬合)になってしまうことがあるとか。

他にも歯並びに影響する子どものくせとしては、くちびるを咬もうとする「咬唇癖」や「歯ぎしり」などもあげられるそうです。

「あごの形状には遺伝的な要因が働くことも多いのですが、くせが長く続くと、歯並びや舌、口周りの筋肉、骨などの発達にも影響して形が変わってしまうことがあります。赤ちゃんの頃ならそれほど心配は要りませんが、奥歯が生えて噛み合わせがしっかりできあがるのが2歳半ぐらいですから、3歳をすぎてもくせが止まらないようであれば歯科医師に相談していただきたいと思います」(石山先生)

くせを直すだけで、歯並びや噛み合わせの悩みが解消することも

6

指しゃぶりや爪噛みなど、なかなか治らないくせには、精神的な要因があると石山先生は言います。

「例えば断乳は赤ちゃんにとっては大きな変化。そのときのストレスから、指しゃぶりを止められなくなってしまう子がいたとしても不思議ではありません」(石山先生)

またママ・パパとすごす時間が楽しい時期に保育園や幼稚園に行くようになると、新しい環境へのストレスから爪噛みを始める子もいるそうです。何とかやめさせても、ちょっとしたことがきっかけになって、また始まってしまうことも。

「くせを直すにはまずは子どもの心が安定することが一番ではないかと思います。3歳ぐらいになれば、言葉の意味をよく理解するようになるし、少しずつ言い聞かせると直ってくる子どもさんもいます」(石山先生)

「やめなさい!」と言うだけでは、くせを直すのは難しいということ。それよりもくせが出なくなるように仕向けてあげるのも必要なようです。

「砂場遊びや粘土など手を使った遊びを多くするのも効果があります。その間は指や爪をお口に入れなくなるし、くせを忘れるほど夢中になって遊ぶ時間があると、少しずつ頻度が減っていくことも多いんです」(石山先生)

成長期の子どもたちはくせが直るだけで、歯並びや噛み合わせも自然と治ることが少なくないそうです。

「早めにくせを直さなければいけない、どうも自然に治りそうもないな、という場合は矯正器具を使うこともありますが、普通はそういった治療は3歳すぎのお子さんが対象です」(石山先生)

わが子の日頃の様子から、歯並びや噛み合わせに影響しそうなくせを早めに見つけて直せるのは、ママ・パパなのかも知れませんね。きれいに揃った丈夫な歯は一生の宝物。小さなうちから歯のケアや歯並びについて気をつけてあげたいですね。

07

乳歯が生えてくる前のお子さんには、呼応した「歯がためのグッズ」を用意しておくといいでしょう

 

prof

【プロフィール】
石山未紗(いしやま みさ)
日本大学歯学部付属歯科病院小児歯科 歯科医師/日本小児歯科学会専門医。出産後、しばらく育休を取得し、現場に復帰。現役ママとして子育てを頑張りつつ、歯科医師としても活躍中。大学病院での業務は診療のほか、教育・研究と多岐にわたる。

妊娠・出産インフォ トップに戻る