乳歯にも虫歯ができる? 小児歯科医が教える赤ちゃんのお口のお手入れ方法 〜赤ちゃんの口腔環境(前編)〜

乳歯にも虫歯ができる?
小児歯科医が教える赤ちゃんのお口のお手入れ方法
〜赤ちゃんの口腔環境(前編)〜

妊娠・出産インフォ

丈夫で健康な歯を持つことの大切さは大人なら誰でも知っています。ママ・パパが小さなころから正しいケアを習慣にしてあげることができれば、わが子が大人になってから歯のトラブルで悩むことが少なくなるかも知れません。

今回、お話を伺ったのは日本大学歯学部小児歯科の石山未紗先生。石山先生は2歳のお子さんを育てながら、歯科医師としても活躍なさっています。先生の現役ママとしての実感のこもったコメントやアドバイスから、赤ちゃんの歯について学んでいきましょう。

 

噛むことは、口周りの筋肉や骨の発達を促します

1

妊娠7週目ぐらいの胎児期からできはじめる乳歯。生後半年ぐらいはまだ歯茎の中にあって見えませんが、離乳食が始まった頃、小さな白い歯が少しずつ出てきます。赤ちゃんが離乳食に慣れてモグモグとお口を動かすようになったら、揃い始めた前歯で柔らかい物を噛んでつぶすこともできるようになるでしょう。

石山先生によると「乳歯の生え方は個人差が大きいのですが、まず下の前歯が2本、その後に上に2本生えてくる子が多いようです。だいたい1歳で上下4本、3歳までには20本の乳歯が生えそろうことになります」とのこと。

03

離乳食が始まる前の赤ちゃんの口の中は容積が小さく、あごも舌も未発達です。“噛む”という行為を繰り返すうちに、口周りの骨や筋肉などが鍛えられ、成長とともに口腔内の容積も大きくなって口や舌を自由に動かせるようになります。食べたり、話したりする能力はこうして培われていくのです。

歯や口は体に栄養を取り入れ、言葉でコミュニケーションするための器官ですから、その発達は赤ちゃんの心身の成長にも大きく関わりそうです。それでは虫歯になる赤ちゃんとならない赤ちゃんの違いはどこで生まれてくるのでしょうか。次の章では、赤ちゃんの虫歯の原因を学んでいきます。

赤ちゃんの歯が虫歯になる原因

4

大人に比べてエナメル質が弱く、柔らかくて虫歯になりやすいのが赤ちゃんの歯の特徴だそう。生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因となる菌は持っていませんが、お世話をするママ・パパから感染することもあると言われています

05

そのためママ・パパは「赤ちゃんとスプーンやコップなどを分けること」「口移しをしないこと」を指導されますが、石山先生は「赤ちゃんに虫歯菌を移さないように心がけることは必要ですが、神経質になりすぎないように」とおっしゃいます。

「絶対に虫歯菌を移してはいけないと、口を近づけることさえしないママもいるようですが、そのためにスキンシップが減ってしまっては赤ちゃんがかわいそう。外出する機会が増えれば、どこで菌をもらうかは正直わかりません。例えばお外で食事をすれば、調理中に食べ物に菌が混入することだってあります。だからって家から一歩も出ないという訳にもいかないですよね。なので、そこまで神経質になる必要はないと思います。結局、ママ・パパだけが頑張っても無菌を保つのは難しいんです」(石山先生)

赤ちゃんが生まれるまでにママ・パパが歯の治療をすませて、毎日丁寧にケアしていれば、虫歯菌を移す心配も減るそうです。

一方、先生の気がかりは、最近卒乳を急がないママが増えたこと。

「母乳をなかなかやめられないとか、飲ませながら寝かせるのが習慣になっている場合は、歯に母乳が付着しているような状態が続くわけですから、乳歯が弱くなってしまいます。それに加えて離乳食についていた菌で虫歯になってしまうこともあるんです」(石山先生)

母乳が原因の虫歯は、歯の裏側にできることが多いとか。普段は見えない場所なので、1歳半の歯科検診などで見つかってびっくりするママもいるそうです。歯がしっかり生えた以降も母乳を与えている場合は、そんな部分も気をつけて仕上げみがきをしてあげたいものですね。

「ごくまれに1歳半ぐらいのお子さんでも、虫歯がひどくなって神経まで菌に侵されていることもあります」と石山先生。そういう時は大人と同じように麻酔をして神経を取る治療を行う必要があるとか。

「ただ、乳歯の神経を取っても永久歯に影響することは少ないです。勘違いをされている方もいらっしゃいますが、乳歯と永久歯は別物ですからね。でも乳歯の神経の根の炎症が大きすぎたりすると、永久歯の色や形が変わってしまうこともありますので、そのうち抜ける乳歯だからと放置しないで治療をしていただきたいと思います」(石山先生)

また、赤ちゃんでも歯茎が腫れる「歯肉炎」になってしまうこともあります。赤ちゃんが歯肉炎になるなんて、ちょっと驚きですが……。

「普通にありますよ。大人の歯茎の腫れは、歯槽膿漏の疑いがありますが、子どもの歯肉炎は単なる歯茎の炎症です。ですから、ちゃんと磨いて汚れが取れればすぐに治るのでご安心ください」(石山先生)

きちんと磨く習慣はママ・パパのお手本から

6

赤ちゃんの歯のお手入れは、授乳の後にガーゼで歯茎を拭くことから始めるといいとされています。しかし、石山先生はご自身の子育てのなかで「それは理想だけれど、現実的は難しい」と感じたそうです。

「特に母乳の場合は、赤ちゃんが欲しがるタイミングでちょこちょこあげたりしますから、その度に歯茎を拭くのは大変です。1歳ぐらいになって上と下の前歯が4本ずつ生えたら、歯ブラシを使って歯とお口をきれいにする練習を始めたいですね」(石山先生)

07

この時期の赤ちゃんの歯ブラシは、握りの部分がリング状のものやおしゃぶり型など赤ちゃんに持たせても喉をつかない安全なデザインを選んであげましょう。しばらく自分で歯ブラシを持って遊んだら、赤ちゃんの頭をママ・パパの膝の上にのせて「寝かせみがき」で仕上げます。「寝かせみがき」のためにママ・パパが使う柄の長い仕上げみがき専用の歯ブラシも用意しましょう。

08

歯みがきが好きになるような歯ブラシを用意すれば、習慣化もしやすいですよ

なにより大切なことは歯みがきを「習慣にする」こと。ママ・パパの膝の上で口を開け、歯ブラシをちょっと歯に当てることから始めるぐらいでいいようですよ。

「最初は日中、機嫌のいい時に遊びの中で『寝かせみがき』を楽しめるような雰囲気を作りましょう。1日3回食後にみがくのが理想ですが、ママ・パパにとっても毎日のことですから無理をせず、朝と夜1日2回を目標にしてください。夜寝ている間は、(殺菌効果のある)唾液の分泌が減って菌が増えやすくなり、虫歯ができやすい環境になります。そのため夜の歯みがきで菌の増殖を抑えて、朝に寝ている間に増えた菌を洗い流せれば……つまり朝夜の2回の歯みがきで、かなり虫歯予防になると思いますよ」(石山先生)

なお「寝かせみがき」をするにあたって注意事項は以下のとおりです。

09

離乳食が進んで甘いおやつも食べるようになる1歳半ぐらいからは奥歯も生えそろいます。そうなってくると歯ブラシの他に、弓型のフロスなどを利用するのがいいと石山先生は言います。

010

「歯と歯の間にすきまがないお子さんもいますが、そういう場合はフロスで汚れを掻きだしてあげましょう。これも習慣付けられるといいと思います。最初はママかパパがやってあげて慣らしておいてください。そのうち自分でも使えるようになりますよ」(石山先生)

また唾液の量を増やすためによく噛んで食べること、歯を強くして抗菌や抗酵素作用のあるフッ素を多く含むワカメや魚介類などを食べるのも虫歯予防に効果があるそうです。

「毎日の歯みがきを習慣づけさせるために、ママ・パパが歯みがきをしているところを見せてあげて欲しい」と石山先生。

外出先などでどうしても歯みがきができない時の対策として、石山先生は「食事を食べ物やジュースで終わらせないで最後にお水を飲ませてあげましょう。歯みがきほどではありませんがお口の汚れを落せます」と教えてくださいます。

万が一虫歯が疑われるときには、できるだけ早めに歯科を受診することが歯を守るために大切です。大人になっても丈夫な歯で食事や会話を楽しめるように小さい頃からの歯のケアを習慣にしたいですね。

続く後編では、ママ・パパが気になる赤ちゃんの歯並びについて石山先生に教えていただきましょう。

 

prof

【プロフィール】
石山未紗(いしやま みさ)
日本大学歯学部付属歯科病院小児歯科 歯科医師/日本小児歯科学会専門医。出産後、しばらく育休を取得し、現場に復帰。現役ママとして子育てを頑張りつつ、歯科医師としても活躍中。大学病院での業務は診療のほか、教育・研究と多岐にわたる。

妊娠・出産インフォ トップに戻る