プレママの夏、with コロナの夏 熱中症対策、ポイントは「マスクの使い方」

プレママの夏、with コロナの夏
熱中症対策、ポイントは「マスクの使い方」

妊娠・出産インフォ

いよいよ夏本番、暑さで疲れがちなプレママにとって、ちょっぴりつらい季節です。それに加えて今年は、新型コロナウイルス感染症も気になります。おなかの赤ちゃんとともに健やかな日々をすごしたいと願うプレママのために、慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に、感染症や熱中症の予防など、この夏妊婦さんが気をつけたいことについて詳しく教えていただきましょう。

 

マスクを“正しく”外して、熱中症を防ぎましょう

マスクを“正しく”外して、熱中症を防ぎましょう

――厚生労働省が5月に発表した新型コロナウイルスの感染予防のための「新しい生活様式」(※1)は、三密の回避やマスクの着用、手洗いを基本とする生活様式を国民一人ひとりが励行するように呼びかけています。今年の夏は、暑さ対策だけでなく、感染症予防も考えなくてはならないんですね。

吉村先生:そうです。この季節、外出時のマスク着用は暑苦しいなと思うけれど、避けられないことになってしまいました。妊娠していない人でもマスクをしていると、熱がこもりやすくて体温の調整がうまくいかなかったり、喉の乾きを感じにくくなって水分補給を忘れがちで熱中症になりやすいんです。今年の夏は、感染症予防のためにマスクを付けている時間が長くなってしまいがちですが、特に妊婦さんは代謝量が多くて体温が高くなっているために、熱中症のリスクが高いということを知っておいていただきたいと思います。

――感染症予防に欠かせないマスクとはいえ、プレママの熱中症の原因になってしまうと困りますね。

吉村先生:そうです。ですから、妊婦さんはできるだけマスクを外すように心がけていただきたいと思います。公園を散歩する時やまばらに人が歩いている歩道のような場所ではマスクは必要ありませんから、電車の中や駅など人混み(=三密、もしくはそれに準ずる状況)ではマスクを付けても、外に出たら外すという事をこまめに繰り返してもらいたいです。

電車の中や駅など人混み(=三密、もしくはそれに準ずる状況)ではマスクを付けても、外に出たら外すという事をこまめに繰り返してもらいたいです。

――なるほど。でもマスクの付け外しが返ってリスクになる、なんてことも聞きます。つまり一度使用したマスクの表面にはウイルスが付着している可能性がないわけではないと。外したマスクの“行き場”がわからないから、暑くても、人がいなくても付け続けているケースもあるのではないでしょうか。

吉村先生:そうですね。ですから、僕はクリアファイルをマスクの大きさに切ってホルダーを作り、外したらすぐにそれに挟んでおくようにしています。自作でも売っているものでも、どんなものでもいいのですが、“マスク入れ”は持っていた方がいいです。あとはマスク用の抗菌・抗ウイルス効果のあるスプレーも使いたいですね。私はいずれも常に携帯しています。

――先生は布マスク派ですか?

吉村先生:いや、使い捨てのマスクです。それでも一回で使い捨てなんかしませんよ。一日中ずっとつけているわけではないし、つけていない時もキレイに保管しているし、そして使い終わったら抗菌・抗ウイルススプレーも噴霧しているから、1枚を数日使い続けています。マスクホルダーと抗菌・抗ウイルススプレーを上手に使い衛生管理をすれば、マスクを付けたり外したりするのも難しくありません。

――先生が意外と庶民派なことに驚きました…。いずれにせよ、夏場は上手にマスクを付けたり外したりすべし、ということですね。

吉村先生:はい。マスクを外せる場所を選んで歩くとか、人と接することの少ない歩き方を考えるとか、今年の夏は三密を防ぐ工夫はどうしても必要になります。密閉した空間にならないように窓を開けることも推奨されていますから、適宜換気をしながら部屋を適温に保つよう工夫をしてもらいたいと思います。そういう意味では、エアコンの設定温度を例年より下げた方がいいかも知れませんね。他に熱中症予防の観点から水分摂取も大切ですね。厚生労働省の「熱中症予防 × コロナ感染症防止で『新しい生活様式』を健康に!」のリーフレット(※2)にもありますが、妊婦さんには特に、のどが渇いたと思う前にこまめに水分を補給することも心がけてもらいたいです。

バランスの取れた食事と充分な睡眠を

バランスの取れた食事と充分な睡眠を

吉村先生:自分のからだの中で新しい命が芽生え育っていくという “命の神秘”を日々実感している妊婦さんは、食べる物や環境に敏感になりがちです。でも妊娠は自然の営みのひとつですから、あまり神経質になる必要はありませんよ。水分と栄養と睡眠が十分であれば、それほど心配することはありません。

――暑い日が続くと食欲がなくなりがちなプレママも多いようですが、食事はきちんと食べなくてはいけないんですね。

吉村先生:妊娠中は、細胞の新陳代謝を促す葉酸や赤ちゃんの骨や歯になるカルシウム、血液となって赤ちゃんに栄養と酸素を届ける鉄分などの栄養が特に必要です。暑くて食欲がないからと、極端に食事の量を減らしたり、好きなものだけを食べていると、からだに必要な栄養素が不足してしまい、疲れやだるさなど不調があらわれることもあります。

――食べられないからとバランスの悪い食事をしていると、それがからだの不調につながって、悪循環を起こしてしまうということですか?

吉村先生:そうです。葉酸は妊娠中の必要量を食事から摂るのは難しい栄養素ですから、サプリを服用するとか、鉄分はタンパク質やビタミンCと一緒に摂ると吸収が良くなるとか、乳製品を多めに食べるようにするとか、ちょっと意識すればバランスの良い食事は難しくありません。産後の体型を気にして妊娠中からエネルギー源となる炭水化物の摂取を控える妊婦さんもいますが、赤ちゃんの成長を考えると出産時の体重は、妊娠前より10~12kgぐらい増加しているのが理想です。

――出生時体重が2500g以下の赤ちゃんは生活習慣病になる可能性があるというDOHaD(ドーハッド)仮説(※3)が最近の医学界では主流になっているそうですね。

吉村先生:栄養状態を改善するためには、かかりつけの産院など医療機関などで食事指導を受けるのも有効です。少しずつ何回かに分けて食べる方法などを教えてもらってもいいし、妊娠初期につわりがひどく、どうしても食べられなくて栄養不良になりそうなら、点滴で栄養補給をすることもあります。妊娠中からバランスの良い食事を摂ることは、生まれてくる赤ちゃんの健やかな成長のために必要です。暑い季節ですから、水分を摂ることも忘れずに。先ほどもお話しましたが、マスクをしていると喉の乾きを感じにくいので、外出時はこまめな水分摂取を心がけましょう。寝苦しいほど暑い夜はエアコンなどで室温調節をして、ぐっすり眠れる環境を作るのもいいでしょう。

この夏、妊婦さんが気をつけるべきこと

――他にこの夏、妊婦さんが気をつけるべきことはありますか?

吉村先生:先に公開した「専門医が語るwithコロナ時代の妊娠と出産」でも紹介した通り、妊婦さんが新型コロナ感染症にかかっても、他の人より重症化しやすいとか、おなかの赤ちゃんに悪影響があるとかいう報告は今のところありません。ただし一般的に妊婦さんが肺炎にかかると重症化する傾向があるというのも事実です。三密を避け、しっかりと手洗いをして、人混みではマスクを付けるといった「新しい生活様式」を実行していただきたいですね。

――要は暑さ対策をしながら、感染症予防も手を抜かないようにということですね。

吉村先生:今は唾液を用いたPCR検査や抗原検査なども承認され、医療体制も充実しています。厚生労働省の接触確認アプリ(COCOA)に登録(AndroidiOS)しておくのも、陽性者との濃厚接触をいち早く知り、対策を講じるために有効でしょう。職場や家庭で疑わしい症状のある人がいたり、ご自身の体調で気になる事があれば、かかりつけの産院に電話して相談してみることをおすすめします。

※          ※          ※

「新型コロナウイルス感染症」という言葉をはじめて聞いてから半年がすぎました。感染者の増加を心配しつつも、社会は元の姿を取り戻しつつあります。これからが本格的なwithコロナの時代の始まりです。暑い日の感染症対策は大変ですが、元気な赤ちゃんの誕生を楽しみに、この夏を乗り越えていきましょう。

 

※1〈「新しい行動様式」の実践例〉(厚生労働省/2020年5月)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
※2〈「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント〉(厚生労働省/2020年5月)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html
※3日本DOHaD学会声明文(日本DOHaD学会/平成30年12月)
http://square.umin.ac.jp/Jp-DOHaD/_src/302/93fa967bdohad8aw89ef2090ba96be20201820.pdf?v=1577008480369

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る