【専門医監修】 妊婦さんが注意すべき夏の感染症は「新しい生活様式」で予防できます

【専門医監修】
妊婦さんが注意すべき夏の感染症は
「新しい生活様式」で予防できます

妊娠・出産インフォ

梅雨が開けて、いよいよ夏! いつもなら開放的な気分になって、海や山に出かけたくなる季節ですが、新型コロナ感染症が拡大傾向にある今夏は里帰りさえためらっているプレママ、プレパパもいることでしょう。また、おなかの赤ちゃんのためにも薬の服用を避けたいプレママにとっては軽い夏風邪さえ、心配の種になってしまいそうです。

今回は夏のプレママが気をつけたい新型コロナ以外の夏特有の感染症を取りあげます。症状や予防策について慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に詳しく教えていただきましょう。

 

妊婦が気をつけるべき「夏の3大感染症」とは

妊婦が気をつけるべき「夏の3大感染症」とは

――新型コロナウイルスの感染者数が再び増加傾向にあり、引き続きそれぞれが対策を取り続ける必要があります。さて本日のテーマはコロナではなく、それ以外の、この時期特有の感染症についてです。まずお伺いしたいのですが、プレママが気をつけるべき夏の感染症には、どのようなものがあるのでしょうか?

吉村先生:大きく3つあります。ひとつは「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」ですね。ヒトパルボウイルスの感染症で“りんご病”とも呼ばれています。後で詳しく説明しますが、胎児に影響を及ぼすことがあるので、妊婦さんは最も注意すべき夏の感染症と言えるでしょう。次に、“プール熱”と呼ばれる「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」。これはアデノウイルスを原因とするものです。3つ目は「手足口病」。これはエンテロウイルスの感染症です。いずれの感染症も子どもの間で広がることが多いので、特に上の子が保育園や幼稚園に通っている妊婦さんは十分用心していただきたいです。

――「伝染性紅斑(りんご病)」、「咽頭結膜熱(プール熱)」、「手足口病」ですか。確かに、夏になると子どもたちの感染症としてよく話題になる病気です。

吉村先生:りんご病は、頬に紅い発疹ができて感染に気づくことが多いのですが、大人がかかると関節痛、頭痛を訴えることがあります。プール熱は、喉が腫れて目の結膜にも炎症が起こる病気で、発熱を伴うことが多いものです。一般的に“はやり目”と呼ばれる流行性角結膜炎もこのアデノウイルスによって起こるもので、妊婦さんにも比較的多く見られる疾患です。手足口病はその名の通り、口の中や手足などに小さな水ぶくれのような発疹が出ます。ほとんどの場合数日で治る軽い病気なのですが、ごくまれに髄膜炎などの合併症を起こすことがありますから、高熱が続く場合は注意が必要です。手足口病の原因となるエンテロウイルスは、喉の痛みや腹痛を伴う夏風邪の原因にもなるものです。

りんご病はプレママが最も注意すべき感染症

――さきほど「りんご病はプレママが最も注意すべき感染症」とおっしゃっていましたが、これについて詳しくお聞かせください。

吉村先生:妊婦さんがりんご病に感染すると、胎児に貧血の症状があらわれることがあります。胎児貧血は胸部や腹部に水がたまる胎児水腫のような重大な病気を引き起こし、流産の危険にも繋がることがあるので、妊婦さんのヒトパルボウイルス感染症は要注意です。ところがりんご病が子どもたちの間ではやると、看病するうちにかかってしまうお母さんも少なくなくて、これまでウイルスに感染したことのない妊婦さんの約1%が感染するというデータもあります(※1)。特に妊娠初期の感染は胎児への影響が大きいと言われていますから、気をつけていただきたいですね。

三密を避け、こまめな手洗いとマスクの着用をすれば、多くの感染症は予防できます

三密を避け、こまめな手洗いとマスクの着用をすれば、多くの感染症は予防できます

――新型コロナウイルスの流行で、改めて人類にとってウイルス感染症は脅威だということを認識させられました。

吉村先生:そうですね。自分の力で増殖する細菌と違い、ウイルスは他の生き物の細胞の中にもぐりこんで(=感染して)自分の遺伝子を増殖させていくことで生き残ります。しかも無数の種類のウイルスが自然界のどこにでもあるので、残念ながらどんなに医学が進歩してもウイルス感染症がなくなるということはないだろうと言われています。

――なくならないからこそ、ワクチン開発が必要になってきますよね。その社会で7割から8割の人がワクチンを打ち、抗体を持つようになれば、ウイルスを運ぶ人が少なくなり、感染の機会を減らすことができる…いわゆる集団免疫で対抗するしかないと。

吉村先生:はい。ですからワクチンがある感染症については、自分を守るためでもありますが、この社会に暮らすみんなのために接種していただきたいと思います。それにより社会からその感染症を“排除”していくわけです。ところがワクチン開発というのは一朝一夕に進むものではありません。なかなか抗体ができないウイルスがあったり、抗体ができても短時間で力が消滅してしまったりと抗体の性質は様々で、それを見極めるだけでも相当な時間がかかります。ですから新型コロナウイルスにしても、海外では9月には量産体制が整うとか、国内でも大阪で治験がスタートしたなど、さまざまな報道がありますが、実際に多くの人に接種されるようになるには、かなり時間を要するだろうなと見ています。そして治療薬も同じ。既存の他の病気のための薬が使われていますが、新型コロナウイルス感染症そのものを治療する薬は未だみつかっていません。まぁ、これはインフルエンザ以外の、ほとんどのウイルス感染症に言えることですが、感染症そのものを治療する薬は新型コロナウイルスに限らずありません。

――ということは、先程挙げていただいた「夏の3大ウイルス感染症」にかかってしまっても、治療薬はないと?

吉村先生:そうです。ワクチンも治療薬もありません。ですから自然にからだが回復していくのを待つしかありません。高熱が出たら、体力の消耗を避けるために解熱剤で熱を下げるなどの対処療法が取られることはありますが、基本的には栄養を十分に摂って、よく眠り、安静を保つということになります。

――そうなるととにかく感染しないように注意しなければならないわけですね。予防はどのように行えばいいのでしょうか?

吉村先生:新型コロナウイルス感染予防と同じです。「夏の3大感染症」を引き起こすヒトパルボウイルス、アデノウイルス、エンテロウイルスはすべて飛沫と接触によって感染が広がっていくものですからね。はしかや結核のように感染力が強くて空気感染するウイルスもありますが、ほとんどのウイルスは飛沫感染と接触感染です。飛沫感染、接触感染の予防にはソーシャルディスタンスを保って三密を防ぎ、こまめに手洗いをして、外に出るならマスクを付けるといった手段が予防には非常に有効であるということは間違いありません。

――つまり「新しい生活様式」に従えば、例年、夏には気をつけなければいけなかったメジャーな感染症も予防できるということですね。

吉村先生:そう思います。今年の春先は例年猛威を振るうインフルエンザの発症数が少なかったのですが、それはみなさんが手洗いとマスク着用を心がけたからだろうと推測されます。おそらくこの夏も、夏風邪にかかる人も減るのではないでしょうか。

――皮肉にも新型コロナウイルスが、その他の感染症予防の大切さを教えてくれているのかもしれませんね。

吉村先生:前向きに考えれば、そうですね。ただこれから暑くなりますから、妊婦さんは感染症予防だけでなく、熱中症対策も心がけていただきたいです。先日の「プレママの夏、withコロナの夏 熱中症対策、ポイントは『マスクの使い方』」でもお話した通り、人のいないところではマスクを外す、こまめに水分補給をするなども忘れないで実践してくださいね。今のところ、新型コロナウイルスが妊婦さんや赤ちゃんに深刻な影響を与えたという症例は報告されていませんから、妊婦さんは赤ちゃんと会う日を楽しみに、元気に夏をすごしていただきたいと思います。

※          ※          ※

米国のジョンズ・ホプキンス大学のまとめ(※2)によると、7月15日の時点で、世界で約1335万人が新型コロナウイルスに感染しています。日本では2万人台とは言え、経済活動が徐々に再開された7月に入ってからの感染者数は増加していて、第2波への危機感は高まっています。

家の外に一歩でも出る時は「新しい生活様式」を意識して、プレママは夏のウイルス感染症も予防して下さい。2019年6月4日の配信記事「『どうしてワクチンが必要なの?』専門医が語る予防接種の基礎知識」で生後2か月から始まる子どものための予防接種の意義やスケジュールにも目を通しておくと、安心して赤ちゃんを迎えることができそうですよ。

 

<参考資料>
※1 日本産科婦人科学会発行の「産婦人科診療ガイドライン産科編2020」
※2 COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (2020年7月15日/ジョンズ・ホプキンズ大学)
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る