【小児科医監修】withコロナ期の子育て――今、本当に注意すべきこととは?

【小児科医監修】
withコロナ期の子育て
――今、本当に注意すべきこととは?

妊娠・出産インフォ

外出時にはマスクをして、ソーシャルディスタンスを保ち、家に帰ったら真っ先に手を洗い、友達との外遊びも制限される――かつてない“日常”を体験している子どもたちのことが気になるっているママ・パパも少なくないでしょう。そこで慶應大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生に、コロナ禍が子どもたちにもたらしている影響とママ・パパが気をつけなければいけないことについて伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

子どもというのは環境の変化にしなやかに適応するものです

担当編集I(以下、I): 2年なのか、それとも3年なのか。いわゆるwithコロナの期間がどれくらい続き、“新しい日常”という名の非日常がどこまで続くのかわかりませんが、こうした歪な環境が子どもたちの成長や発達に悪影響を及ぼすのではないかと心配しています。たとえば今3歳の子が5歳とか6歳になるまで、いろいろな制限の中で育っていくわけです。先生は、この生活が続くことの子どもへの影響をどう考えておれますか?

高橋先生:結論から言うと、それほど深い傷は残さないと思っています。個々のケースは別として、社会全体としては、この時期に育った子どもたちに数年後に特有の変化、悪影響が生じるとは考えていません。子どもって、もともと環境の変化に柔軟に適応する能力、つまりレジリエンス(復元力)が高いんです。大人が想像するよりも強く、厳しい環境にしなやかに適応して生きる力を持っているんですね。ですから、親御さんもそんなに心配する必要はないと思います。

I:こうした状況になって最初の数か月はそう思っていたんですけど、これがあと2年や3年も続くかと思うと、本当にそうなんだろうかと不安に感じるんですよね…。

高橋先生:その不安もわかります。昨日まで良かったことが、ある日を境に突然“してはいけないこと”になった。世の中のルールが突然変わるという今回のような経験は、なかなかあるものではありません。ただ、これをネガティブにとらえるばかりでなく、むしろポジティブにとらえてみてはいかがでしょうか。「ああ。こうやって社会が突然変わることもあるんだ」というのは、子どもにとっても大きな学びですね。そして繰り返しますが、子どもはそんな経験を経て、何かをつかんで成長できる「強さ」を持っています。あと数年もすれば、子どもにとってこの騒ぎは思い出話になっているはずですし、そうあってほしいものです。あの時は大変だったよなぁ、って互いに共感できる話題、“ネタ”になっている可能性もあると思います。

I:先生は、とっても前向きですね(笑)。

高橋先生:こういう時こそ大人が前向きにならなければいけないと思います。子どもと触れ合う時間が増えたという親御さんは多いかと思います。せっかく一緒にいられるのだから、この時間をいい思い出にするにはどうしたらいいかを考えていただきたいです。

・托シ撰シ撰シ假ス撰ス・1

高橋先生:お父さん、お母さんにはイライラしたり落ち込んだりしないで、こんな時こそ元気と勇気を出してもらいたいですね。子どもにそういう姿を見せる。そうすれば後々、いい思い出にすることも可能なんだと思います。たしかに新型コロナは非日常を日常にしてしまった。それが長く続いているのは大問題なんですけれど、突然に変化した日常であっても、気持ちの持ち方によっては悠々と乗り越えられるんだということを子どもたちに示してあげたいですね。

withコロナ期の子どもにとって、最大の脅威は実体験の減少と両親の不仲です

I:少し話は変わりますが、withコロナ期における生活の変化で、家にいる時間が長くなった結果、ゲームで遊ぶ時間が長くなったと言われています。そのことで、社会問題にもなっている「ゲーム依存」が深刻化するのではないか、との懸念もあるようです。

高橋先生:外出もままならない世の中ですから、家でゲームをする時間が長くなるのは仕方がないとは思います。問題は“コンテンツ”です。ボタンを押すと人が殴られて、倒れるとポイントがもらえるなんて、実社会ではありえないし、決してやってはいけないこと。そんなゲームは一切するなとまでは言いませんが、現実社会との区別がつかなくなるまで、ゲームの仮想空間に没頭するのは危険だと思います。

・托シ撰シ撰シ假ス撰ス・2

I:ゲームそのものが悪いというより、実体験も積まずに、ゲームという疑似体験ばかりをするのが大問題だということですよね。

高橋先生:ええ。五感で感じることのないデジタル世界に入り込む以上は、実体験とリンクする内容であることが大前提です。「そうだ、そうだった!」と実感し、共感できるような疑似体験であれば、あまり問題はないと思います。そもそも家から一歩外に出て、友だちと30分も遊んでいれば、ゲームの世界で起きることは現実にはありえない、ということぐらい子どもにも分かります。そこの区別ができるのであれば、多少ゲーム時間が長くなったところで、それほど心配する必要はないのでは。

I:そうなんですね。ただ、日常的に長時間ゲームをやることが当たり前になって、依存症のきっかけになることだけは注意したいですね。

高橋先生:だからこそ、コロナのことを意識しすぎて外遊びを制限しているとしたら、それは「解除」してあげてほしいと思います。友だちと外で遊ぶ中で得られる実体験は貴重です。風を感じたり、雨に濡れたり。現実世界での会話やもめごと、時にはケンカも、子どもが成長していく上では不可欠なこと。大人は会食をしたり、旅行に行ったり。それらは経済活動という名のもとで許されているし、条件付きとはいえむしろ推奨されている。もちろん、取り立てて非難されるようなことでもありません。しかし、子どもに対しては、まだまだ我慢を強いていることが多いのでは。そのくせ、子どもたちのゲーム依存について心配するのは矛盾していると感じます。子どもに対する有形無形の規制は、少しゆるめてもいいのではないかと個人的には思っています。

・托シ撰シ撰シ假ス撰ス・3

I:先生は社会全体として、コロナに対して神経質になりすぎていると思われますか?

高橋先生:少なくとも子どもに対してはそう感じています。仮に外遊び、友だち遊びまで我慢しなさいというのなら、それは慎重すぎませんか? 子どもにとっての遊びは、大人にとっての経済活動と同様に大変重要なものです。こういう状況だからこそ、なおさら子どもの育ち方について考えていただきたいですね。東日本大震災が起こった時に「(風評被害に惑わされずに)正しく恐れよう」と言われたものですが、僕はお父さん、お母さんにこの言葉を思い出してほしいと思っています。「今こそ、正しくコロナを恐れよう」と。

I:コロナを正しく恐れる、ですね。改めて、戒めたいと思います。

高橋先生︰ところで、withコロナ期における子どもたちにとっての最大の脅威は、親からの虐待です。これは新型コロナの感染拡大が始まってステイホームが叫ばれた頃から、広く注意喚起されていました。お父さん、お母さんがイライラしたり、落ち込んだりすると、家庭で一番弱い立場にある子どもにしわ寄せがくるものなんです。

I:実際に虐待は増えているんですね。

高橋先生: 環境の変化についていけず、一種のパニックになる大人も少なくありません。残念ながら、そんな状況ではあらゆる種類の虐待が増えるものなんです。虐待と言うと、暴力を振るうとか、食事を与えないとか、無視するなどの行為を想像しますが、それだけが虐待ではありません。withコロナ期の新しい生活形態で最も気をつけなくてはいけないのは、子どもの前での夫婦喧嘩ではないでしょうか。認識されていない場合も少なくないのですが、子どもにとって最大、最悪の虐待は、お父さんとお母さんが不仲であることです。

・托シ撰シ撰シ假ス撰ス・4

I︰夫婦喧嘩は虐待なのですね。

高橋先生:はい。お父さんとお母さんはそうとは気づかないけれど、夫婦喧嘩は子どもへの立派な虐待です。コロナ禍でストレスをためている人はたくさんいて、子育て世帯のお父さんやお母さんもイライラしている人が少なくないでしょう。無理もないことです。でも、そうした苛立ちから家庭内で諍いが起こり、それが日常化することで、知らず知らずのうちに子どもが“虐待”の被害者になっていることもあるのです。ここは本当に注意していただきたいところですね。

I:これは無意識にやっているケースもあるかもしれないので、今一度、意識していきたいですね…自戒を込めて。

高橋先生︰学校が休みでも、外で友達と遊べなくても、マスクなしでは外に出られなくても子どもの将来に大きな影響はないかもしれないけれど、温かかった家庭の雰囲気が台無しになるのは将来的にも大きな問題です。さきほど「まずは大人が前向きになろう」と言ったのは、まさにそういうことです。仕事がうまくいかない、将来が不安だ…等々、確かにさまざまな不安が襲ってくるかと思います。でも、新型コロナの影響であなたの生き方が否定されたわけでもなんでもない。そして子どもはどんな状況でも、ちゃんと育ってくれる。子どもの力を信じて、自身も前向きになることが今必要なことだと思います。

         ※          ※          ※

長期化する非日常――どこまで続くかわからないですが、子どもはそんな状況でも強く育つもの。先生のその言葉を信じて、ママもパパも前向きに明るく毎日をすごしていただきたいと思います。そのことが子どもにとってなにより大切なことなのですから。

妊娠・出産インフォ トップに戻る