プロが語る、本当に喜ばれる「出産祝い」の選び方

プロが語る、
本当に喜ばれる「出産祝い」の選び方

妊娠・出産インフォ

家族や友人、職場の同僚に赤ちゃんが生まれるときに贈る出産祝い。みなさんはどんなふうに選んでいますか? ミキハウスベビークラブの会員さまに行ったアンケート調査によると、出産祝いを選ぶ時の“3大お悩み”は「他人と重ならない」、「すでに持っているかどうか」、「好みに合うかどうか」でした。何が喜ばれるのか、何を贈るべきかと悩む人は多いようです。

そこで、同調査の結果をプロのアドバイザーに解説していただきながら、出産祝いの選び方を考えていきたいと思います。お話を伺うのは、20年以上子ども服の販売に携わっているミキハウスKCA(子育てキャリアアドバイサー)の黒田直子さんです。

(調査概要)

ミキハウスベビークラブ出産祝い調査概要

 

定番はやはりベビーウエア! スリーパーやバスポンチョなども人気

出産祝いを選ぶとき、一番大切にしているポイントを教えてください。

ギフトを受け取る側の気持ちを重視する「喜ばれそうなもの」(40.8%)を選ぶ人と、育児に必要な「実用的なもの」(31.7%)がいいと考える人が多数派ですが、「自分がもらってうれしいもの」(11.9%)、「相手が希望しているもの」(10.3%)と答える人も少なくありません。贈り物選びには、贈る側と贈られる相手との関係性も影響するのかもしれませんね。

ここで黒田さんに、出産祝いとして贈られることの多いベビーウエアと人気上昇中の育児用グッズについて、それぞれのアイテムの特徴を教えていただきましょう。

 

ベビーウエア

出産祝いの代表格、ベビーウエア

ベビーウエアは出産祝いの代表格。黒田さんによると「贈る相手がご両親やご兄弟(姉妹)や近い親戚の方の場合、ねんねの時期に活躍する肌着やベビーウエア、寝具などの出産準備用品を選ばれることが多いです。曾祖父母がひ孫さんのご誕生を祝って、お宮参りなどの時に着せるセレモニードレスを贈られることもよくあります」とのこと。

贈る相手が友人、知人ではその傾向は変わってきます。

「お友だちに贈るウエアは、よちよち歩きを始める頃にも使える高いものが好まれるようです。この時期のウエアはいろいろなアイテムが揃っていますから、選ぶ楽しさがあるのも人気の理由でしょう」(黒田さん)

Tシャツやトレーナー、オーバーオールなどが長年変わらない売れ筋とか。夏はサラサラとした肌触りの良い天竺、冬は裏毛パイルなど、季節によって素材が変わりますから、赤ちゃんがどの季節に着ることになるのかを考えて選びましょう。

ベビーウエアを出産祝いで用意する場合は、赤ちゃんがどの季節に着るのかを考えて選びましょう。

サイズフリーで新生児から3歳ぐらいまで使えるスリーパーや、2歳くらいまで使えるポンチョ類は、「こんなモノが欲しい」というママ・パパの声から生まれた育児用品です。進化する便利グッズは、最近のギフトのトレンドになっています。

スリーパー/バスポンチョ/ポンチョ・マント

最近の出産祝いのトレンドとなっているスリーパー/バスポンチョ/ポンチョ・マント

スリーパーは、手足を動かし始めた赤ちゃんがお布団を蹴飛ばして寝冷えしないようにすっぽり着せるもので、寝冷え対策に必須のアイテムと言えるでしょう。上に寝かせてホックを止めるだけの手軽さも魅力。夏用に柔らかいガーゼ、冬用にはあたたかいコットンブランケットや羽毛素材のものがあります。ねんね期の赤ちゃんなら、お風呂上がりにママ・パパが体を拭くあいだはスリーパーに入っていれば湯冷めの心配もありません。

お風呂上がりに使うバスポンチョは赤ちゃんの体を簡単にくるめる形になっていますから、新米ママでもお風呂上がりのお世話が楽にできます。一緒にお風呂にはいれるようになっても大活躍。どなたにも喜んでいただけるギフトです。

また、お出かけ用のポンチョやマントは、ねんねの時期はおくるみとして使え、おすわりができるようになったら肩にかけてあげるだけで簡単に体温調節ができるケープ状のはおりものです。暑い季節は紫外線を90%以上カットする通気性が良いパイル素材で、冬用には軽くて保温性の高いマイクロファーなどのマントで、赤ちゃんを外気から守ることができます。

また働く女性の増加で、同僚や後輩への出産祝いの需要も増えているそう。産休が始まる時に渡すことになるため、マタニティケアクリームや授乳クッション、授乳ケープなどママのためのグッズが選ばれることも多くなっています。

出産祝いとして授乳クッション、授乳ケープなどが選ばれることも。

ギフト選びはネットとお店で。自分がもらってうれしかったからという声も

それでは出産祝いを選ぶ際の情報は、どこで得ているのでしょう。これについてアンケートで尋ねてみました。

出産祝いを選ぶときは何で調べますか?

複数回答で答えてもらったうち、一番多かったのは、「リアル店舗に行く」(5,394名)でしたが、「Googleなどで検索」(3,389名)や「ブランドやメーカーのサイト」(2,742名)、「インスタグラム」(2,660名)、「出産育児系の情報サイト」(2,240名)、「アマゾン・楽天などの総合オンラインショップ」(1,748名)などネット上で情報を得ている人は、延べ12,779名。ネットから得る情報をもとに出産祝いを探す人が圧倒的に多いことが分かります。

店舗で長年お客さまの相談にのっている黒田さんもそれを実感しているそうです。

「今はネットで下見をして来られるお客さまが非常に多いです。お店で実際に商品を触って素材感とか品質を確かめて、納得して買われるという感じですね」(黒田さん)

ネットでデザインや価格をしっかりとチェックしてから、お店で実物を確認すれば、後悔しない賢いギフト選びができそうです。

店舗でのカウンセリングもギフト選びに役立ちます。

「出産祝いを選ぶ時には、はじめての赤ちゃんか、上の子どもさんがいるのかといったことも考慮したいものです。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる場合でも、生まれた季節が違うとお下がりが全然使えない場合もありますから、迷うようならお店で相談してみることをおすすめします」(黒田さん)

コロナ禍の現在、欲しい品物をすぐに見つけられるように、ギフト商品は価格帯別にわかりやすく展示するなど、ディスプレイにも工夫をこらしてあるそうですから、店舗を覗いてみてもよさそうです。

ネットや店舗以外のギフト選びとしては、「まわりに相談する」(29.1%)があります。黒田さんが紹介してくれたスリーパーやポンチョなどの「便利グッズ」は、先輩ママ・パパのSNSを通じた口コミで人気になり、広がっていった商品とか。

それでは自分の経験をギフト選びに反映したママ・パパはどれくらいいるのでしょうか。「自分が出産祝いにもらってうれしかったものを、誰かに贈ったことはありますか?」と尋ねてみました。

自分が出産祝いにもらってうれしかったものを、誰かに贈ったことはありますか?

「ある」と答えた41.0%の方にその理由をうかがったところ、「自分がもらった時すごくうれしかったし、かわいくて、こんなモノがあるんだと感動したから。また使い勝手がよかったから」、「はじめての出産の際、先輩ママからいただいたものが思いもよらない便利なものだったので」という声が目立ちます。

これについて黒田さんは「自分が使ってその良さを実感したものを贈るのは、同じ子育て世代でなくてはできないこと」と言います。

「ない」の理由としては、「いつも決めている贈り物があるから」、「基本的には希望を聞いて贈るようにしているため」という答えでした。こちらもこだわりや相手への心づかいがあるからこそのギフト選びとも言えそうです。

プロがおすすめする「贈る相手に合わせた出産祝い」5選

プロがおすすめする「贈る相手に合わせた出産祝い」5選

最後に、黒田さんにおすすめの出産祝いあげていただきました。最近のママ・パパの感性や好みを軸に、それぞれにぴったりの素敵なギフトをご紹介しましょう

 

SNSに日常をアップするママ・パパへ ――「映えるウエア」

SNSに日常をアップするママ・パパへ おすすめの出産祝いは「映えるウエア」

最近はインスタグラムなどSNSで赤ちゃんの可愛らしい姿をアップして、家族や知人に情報をシェアする方が増えています。そんなママ・パパへのお祝いは、「映え」を意識した可愛らしいウエアがオススメ。

「贈って喜んでもらえて、SNSにアップしてまた喜んでもらえる。喜びが倍増するギフトです。ハーフバースディなど赤ちゃんのセレモニー的な行事を大切にする最近の風潮も後押しして、大人気商品になっています」(黒田さん)

 

本物にこだわるママ・パパへ ――「極上の素材を使った肌着やバスローブ」

本物にこだわるママ・パパへ おすすめの出産祝いは「極上の素材を使った肌着やバスローブ」

赤ちゃんが身につけるものこそ、肌ざわりや素材感にこだわりたいママ・パパは少なくないでしょう。でも自分で買い揃えるのは大変です。それならギフトでいただければきっとうれしいはず。

「軽く柔らかなマシュマロガーゼのハンカチ、しっとりと上品な光沢の海島綿の肌着、今治産の上質なスーピマコットンを使ったバスローブなど、極上の素材を使ったベビーウエアや小物は特別な贈り物になりますよ」(黒田さん)

 

思い出を大事にするママ・パパへ ――「ファーストシューズ」

思い出を大事にするママ・パパへ おすすめの出産祝いは「ファーストシューズ」

成長の記念にもなるファーストシューズ。はじめての靴は、足の成長を考慮して素材も縫製もこだわったものを履かせてあげたいもの。

「ママ・パパに人気のブランドのベビーシューズなら、ギフトとしても間違いはありません」と黒田さんは太鼓判を押します。足のサイズには個人差がありますから、靴を贈る時は、今は少し大きいかなと思うぐらいのサイズ選んでくださいね。

 

知育に興味のあるママ・パパへ ――「おもちゃ・絵本」

知育に興味のあるママ・パパへおすすめの出産祝いは「おもちゃ・絵本」

赤ちゃんの心と体の成長を促し、知育に役立つおもちゃ・絵本も素敵なギフトになります。「自分が赤ちゃんの時にいただいたおもちゃや絵本を今でも部屋に飾っているというママ・パパもいるのではないでしょうか。ずっと愛着を持ってもらえれば、贈る側としてもうれしい限りですね」(黒田さん)

 

健康に気を使うママ・パパへ ――「赤ちゃんのスキンケア用品」

健康に気を使うママ・パパへ おすすめの出産祝いは「赤ちゃんのスキンケア用品」

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はバリア機能が整っていないので、保湿は不可欠です。新生児期からのスキンケアのためのベビーソープやベビーミルクローションなどは、ずっと使えるおしゃれで実用的なギフトです。

赤ちゃんへの祝福とママ・パパの子育てへのエールを込めた出産祝い。アンケート結果とこの記事で取り上げた王道ギフトや人気の育児グッズ、黒田さんおすすめの品々も参考に選んでくださいね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る