【専門家監修】 子どものコミュニケーション能力と「言葉力」の育み方(後編)

【専門家監修】
子どものコミュニケーション能力と
「言葉力」の育み方(後編)

妊娠・出産インフォ

ねんねの赤ちゃんの顔を覗き込んで、「早くしゃべらないかな」、「最初の一言はなんだろう」と語り合うママとパパ。2年後、3年後にわが子とどんなやり取りをするのでしょう。

慶應義塾大学で赤ちゃんラボを主宰する皆川泰代教授に「コミュニケーションのための言葉力」をテーマにお伺いしました。

0930_01

<プロフィール>
皆川 泰代(みながわ・やすよ)
慶應義塾大学文学部教授 国際基督教大学卒 東京大学大学院医学系研究科、脳神経医学専攻 認知・言語医学講座終了 博士(医学)。慶應義塾大学赤ちゃんラボを主宰し、ことば、社会性、感覚・知覚、運動などの発達についての研究を行っている。1児の母。

 

社会情動的スキルがあってこそ、コミュニケーション能力が発揮されます。

社会情動的スキルがあってこそ、コミュニケーション能力が発揮されます。

――前編では「言葉の発達とママ・パパの役割」というテーマでお話を伺いました。今回は「コミュニケーションのための言葉力」の育み方について教えていただきたいと思います。

皆川先生:前回の続きにもなってしまいますけれども、まずお話したいのは、子どもの誰かに何かを伝えたい、コミュニケーションしたいという気持ちを高めることの大切さです。私たちが生後6か月の赤ちゃんを対象に行った研究でも、笑顔や声でお母さん・お父さんに働きかけた時に、すぐに反応してもらえる子は言葉の発達が良好になっています。

これは2歳、3歳でも同じです。2歳ぐらいの子どもだと何を言っているか、意図を汲み取れない言動も多いでしょうが、親が笑ったり、「そうだね」とうなずいたり、「アリさん、いるね」と理解や興味を示してくれると子どもは嬉しくなって、言葉のやりとりをしたいという意欲がどんどん高まっていきます。

――人に何かを伝えたいと思う意欲が、コミュニケーション力には必要ということですね。ここでちょっと話はそれますが、大人になると話が上手な人とそうではない人との差って、結構ありますよね。しゃべりのプロである芸人さんなんて、なんであんなに言葉が出てくるのか、語彙のセンスとタイミング(間)もすごい。究極のコミュニケーション能力を持ってるなぁと思うのですが、あれは先天的なものなのでしょうか?

皆川先生:先天的な能力も大きいかもしれませんね。でも、その素地の部分に加えていろいろな経験をするうちに、よりうまく話すコツを身につけていくのだろうと思います。つまり「しゃべり」のうまさは、もって生まれた能力、環境要因、いずれも関係してくるのだと思います。

――芸人さん的な「しゃべり力」も一つの能力として、論理的に言葉を話せるのもすごい能力だと思うんですが、たとえば親が日頃から子どもに対して論理的に話すようにしてみたり、子どもが言うことに対して「どうしてなの?」「そう考える理由は?」などと問いかけて、よりロジカルな考え方や伝え方ができるように導くと、話し上手になったりするものでしょうか?

皆川先生:私が教えている心理学に「言語が思考を決める」という1つの考え方がありますが、わかりやすく論理的に話す習慣がつけば、思考も整理され話し上手になれるのかもしれません。とはいえ、「話し上手」をどう定義するかの話にもなりますが、立て板に水のようなスピーチをする能力と、人とうまくコミュニケーションできる力は違うとは思いますよ。

――たしかに(笑)。

皆川先生:「コミュニケーションのための言葉力」には、相手の立場に立って、思いやる気持ち=社会情動的スキル(非認知能力)が不可欠でしょう。言い換えると社会情動的スキルがあってこそのコミュニケーション力ということになりますね。

指差しや視線での意思の疎通があれば、発話が遅くても大丈夫!

指差しや視線での意思の疎通があれば、発話が遅くても大丈夫!

――ところで、言語能力はどういう段階を踏んで、いつごろまで伸びるものでしょうか?

皆川先生:思春期ぐらいには脳がだいぶ完成してくるので、それまでには言葉の能力もほとんど完成していると思われます。もちろん私たちは大人になっても語彙が増え、仕事や生活に必要な言語能力を身につけていきますし、その後の発達もありますけれど、高校生ぐらいが言語の成長の大きな節目と考えていいでしょう。

――前編のお話では言語の習得には聞く力も非常に重要になってくるということでした。聞く力に差が生まれるとしたら、どういう原因が考えられるのでしょうか?また何歳くらいまで言葉が出なければ、心配するべきですか?

皆川先生:私のラボの研究参加者に「子どもの聞く力に問題があるのではないか」と相談される親御さんがいます。そのような中には性格や環境が影響している場合もありますが、自閉スペクトラム症などの発達障がいであれば、人や人の話に興味を持たない、その結果話を聞かない傾向がみられることもあります。

皆川先生:環境要因の極端な例には、親のネグレクト(育児放棄)もあります。親が話しかけてあげなければ、子どもは言葉を習得できませんからね。でも性格や発達の速度は子どもによって違います。お子さんによっては4、5歳になって急におしゃべりを始めることもありますから、周囲の大人が愛情をもって接していて、指差しとか視線のやり取りなどでコミュニケーションが取れていれば、発話が遅くてもそれほど気になさる必要はないと思いますよ。

――言葉が出なくても意思の疎通があるとママ・パパが実感できていれば、それほど心配はしなくてもいいんですか?

皆川先生:コミュニケーションが取れているのに声を出さないというお子さんに対しては、発声の訓練が必要な場合があります。喉や喉頭は使わないと衰えてしまいますから、少しでも声を出したら、「今○○って言ったね、上手だね」とほめて、お母さん・お父さんが笑顔で同じ言葉を返したら、声を出すことは楽しいと感じてくれるかもしれません。

――話しかけても理解しているのかわからないという場合はどうでしょう?

皆川先生:理解しているのかどうかわからないし、発話もないのであれば、まずは自治体の保健所に相談していただくのが良いと思います。心理士やスピーチセラピストなど、言葉の問題の専門家を紹介してもらうこともできると思います。親が自宅でできる療育方法をペアレントトレーニングで学ぶ方法もあります。

「読み聞かせ」は親子のやりとりを楽しみながら

「読み聞かせ」は親子のやりとりを楽しみながら

――最後に言葉の習得に役立てたいと、多くのママ・パパが取り組んでいる「読み聞かせ」について、先生からのアドバイスをお願いします。

皆川先生:読み聞かせはとてもいい習慣だと思います。言葉の発達に役に立つのはもちろん、親子が一冊の本を読みながら共感し合うのは、子どもにとっても、お母さん・お父さんにとってもかけがえのない時間なのではないでしょうか。

――親が一方的に本を読んで聞かせるというより、その時間を親子一緒にその時間を楽しめるといいですよね。でも、本読みが嫌いなお子さんもいますよね、その場合どのようにすればいいですか。

皆川先生:おっしゃる通り、親子一緒に楽しめるのが一番ですが、大きくなってくると本読みが嫌いで逃げ出すお子さんもいますよね。楽しかった、おもしろかったという体験をいかに増やすかが大事ですが、どうしても読んでくれない場合は、心理学で“強化する”というんですが、たとえば本を読むと“ごほうび”がもらえるという経験を繰り返すと、本を読むきっかけ作りには良いかもしれません。

例えば、一緒に図書館に行って本を借りてきて、「これを一緒に読んだら、おやつにしようね」とか、「読み終わったらカレンダーにシールを貼ろうね」と、子どもがワクワクするような楽しいおまけをつけてあげてみてください。このやり方は小さな子ほど効きますよ。もちろん本読み自体も楽しくなるような工夫が大事です。

――それなら本を読むことが楽しくなって、成長してからも読書好きになりそうですね。

皆川先生:私自身、子どもの頃は母に図書館に連れて行ってもらうのがすごく楽しかったんです。そこが入り口になって、その後本が好きになった気がします。

――最近はタブレットなどでも絵本を見ることができるようになりました。先生はタブレットの絵本をどう見ておられますか?

皆川先生:デジタルツールを育児にどう取り入れていくかというのは、最近の大きなテーマで、卒論で研究する学生も増えてきました。彼女らの文献調査から見えてくるのは、子どもが夢中になってタブレットに触っているうちに、ひとりでその世界に没入しがちな問題です。本の中身より画面やボタンに気を取られるようです。

皆川先生:他者とのコミュニケーション、特にお母さん・お父さんと触れ合う機会がタブレットやスマホの登場で奪われている世の中の傾向はちょっと気になっています。絵本の楽しみはお母さん・お父さんと同じ絵を眺めて「この子はどうするかな?」、「次はどうなるかな?」とやり取りするところにありますよね。もちろん毎日の大変な子育ての中でそのような時間を作るのは難しいのですが。

私も今、言葉の発達に役立つ絵本を作っているのですが、読み手のお母さん・お父さんが子どもに伝えたいことを強調したり、アレンジして読んであげて欲しいなと思っています。もっともタブレットでもそういう読み方をしていただけるといいですけれどね。

――絵本のように親子一緒に読むのであれば、タブレットでも構わないということですよね。

皆川先生:はい。絵本であろうがタブレットであろうが、そこに親子の良好なコミュニケーションが介在していればまったく問題ないと思います。ただ、タブレットの場合は往々にして子どもに与えているだけのケースも多いのではないかと。場合によってはそのような使い方も必要だと思いますので、要は目的に応じた使い方ではないでしょうか。余裕があるときにはぜひ親子の絵本読みでコミュニケーション能力も伸ばしてみるといいですね。

――おっしゃる通りですね。わが子には心が響きあう言葉のコミュニケーションができる人に育ってほしいと心から思いました。本日はいいお話をありがとうございます!

妊娠・出産インフォ トップに戻る