【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】好奇心が強い子は学ぶことに積極的なのでしょうか?

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
好奇心が強い子は
学ぶことに積極的なのでしょうか?

妊娠・出産インフォ

見慣れないものに興味を持ち、じっと見つめたり、手を伸ばして触ったり。子どもは好奇心でいっぱいです。そんなわが子の姿を見ていると、好奇心を学ぶ力に変換して知識を身につければ、将来役立つのではとママ・パパは考えてしまいますね。

慶應義塾大学医学部小児科主任教授で小児科医の高橋孝雄先生に、子どもの好奇心と学ぶ力の育て方について伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

子どもならだれでも旺盛な好奇心を持っています

担当編集I(以下、I):子どもが3~4歳になってくると、なにをするにしても好奇心いっぱいで何でも納得がいくまでやりたがる子と、そこまで執着することがない子と、個人差があるように思います。親としては、わが子は旺盛な好奇心を持ち、(その後の)学びに積極的になってくれるといいなぁと思うものですが、どんな環境だとそんな子どもが育つのかなと。親ができる環境整備みたいなものってあるのでしょうか?

高橋先生:そんなものはないですね。そもそも好奇心はすべての子どもが持っているものです。赤ちゃんの頃は目に入るものすべてがはじめての経験です。何を見ても面白くてしょうがない。身の回りのものや親のしぐさを興味津々で眺めているんでしょうね。言葉を覚えることができるのも、好奇心いっぱいで大人の言うことに耳を傾けているからでしょう。

子どもならだれでも旺盛な好奇心を持っています

I:なるほど。子どもは生まれながらに好奇心を持っているんですね。ただ、個人差がありますよね?

高橋先生:それはそうですが、育てられるものでもないでしょう。そして好奇心が旺盛ならいいというわけでもないと思いませんか? 好奇心をどう定義するかにもよりますが、発達障害(神経発達症)のひとつのADHD(注意欠如・多動症)の子は、言ってみれば“同時多発的好奇心”に支配されているので日常生活に支障をきたすわけです。自閉症の子だって、水がキラキラ光るのに興味をひかれ、ずっと見ていたりするものです。

ですから発達の観点からは、好奇心は旺盛なほどいい、集中力はあればあるほどいい、というわけではありません。まぁ、好奇心は多くの子どもたちにとって“ちょうどいい塩梅”になるようにできているのではないかと思います。

I:過ぎたるは及ばざるが如し、ですか。

高橋先生:小さな頃は好奇心に突き動かされてあと先を考えずに行動して危険な目にあうこともありますが、それはそれでいいのでは。好奇心は子どもの行動の原動力で、それがあるから失敗も含めて経験を積んで成長していく。

高橋先生:ただ「危ない」「意味がなさそう」と、親が先回りしてむやみに好奇心の芽を摘むようなことがあってはならないと思います。もちろんそれも程度問題で、本当に危険な場合には止めないといけないですよね(笑)。

とにかく多少のリスクを許容することは大切です。そして好奇心のままにいろいろやらせてみてください。失敗したっていい。親から見て無駄や無意味と思えることでも、その子にとっては有益で意味深いものかもしれません。

危険な思いや失敗を含めて、さまざまな経験を重ねることで、世の中の約束事など“大切なこと”を学んでいく。その中で、むき出しだった好奇心を徐々にいい方向へとコントロールできるようになるのだと思います。

学ぶ力は好奇心の好循環が生み出すもの

学ぶ力は好奇心の好循環が生み出すもの

I:いい塩梅の好奇心が望ましいとして、仮にそのレベルを「これなに?」、「どうして?」と何にでも興味持つ子どもに置いたとします。それくらい、いろんなことに「なぜ」を感じるような子って、学ぶことに対しても積極的になるのかな、と思ったりするのですが。

高橋先生:それは好奇心の強弱ではなく、口に出して大人に質問するか、しないかの差にすぎないのでは。好奇心って、内なるものですよね。「あれ?」と思う気持ちが好奇心です。「なぜ?」と大人に質問をしないからといって好奇心が弱いということにはならないのでは。

子どもは興味のわくものを見つけると、もっと知ろうとします。うちに秘めて考える子もいるし、質問する子もいる。そして、積極的に質問してくる子は学びにも積極的であるという印象を受けるかも知れない。しかしそもそも、好奇心の強い子どもが学びの力も強いかと言うと、そうとも言い切れないのでは。おそらく “対象物”をただただ面白い、不思議と感じているだけかもしれません。それが子どもの成長にとって、とても大切なんですが、学ぶ力と結びつける必要はないのでは。

I:つまり、好奇心が強いからと言って、すなわち学びに積極的ということにはならないと?

高橋先生:そう思います。親が期待する「学び」ってなんでしょう。好ましいと思っていることに子どもが好奇心を抱いてくれると、親は勝手に「学んでる!」と喜んだりしていませんか?もっというと、好奇心の対象が「勉強」に向かってくれればいいな、と思ったりしていませんか?それは余計なお世話というものです。

もちろん好奇心の結果として多くのことを知り、身につけた知識がまた好奇心を刺激するという“いい循環”が生まれ、それが結果的に学びにつながることはあるでしょう。けれど、それだって親がお膳立てするようなものではないと思います。子どもの純粋な好奇心を学ぶ力につなげていきたいなら、好奇心を発揮する場面を減らさないように、放っておいたほうがいいでしょうね。

大切なのはママ・パパが“見守る”姿勢

大切なのはママ・パパが“見守る”姿勢

高橋先生:たくさんの経験を積み重ねることが学びにつながるというのは、これまでも折にふれてお話してきました。学びの力を育てたいなら、親は子どもがいろいろな経験ができる環境を用意してあげるだけでいいんです。その中で、子どもが好奇心を抱いて取り組みたいことを見つけたら、いい循環が生まれて将来役に立つ力になっていくこともあるでしょう。でも興味が持てないものは学びたいとも思いませんよね。親があまり熱心にお膳立てすると、かえって子どもの興味を削いでしまいかねません。

I:経験ができる環境を用意するのはいいけれども、力を入れてお膳立てするのはよくない……親の教育に対するコミットも「いい塩梅」が必要なんですね(苦笑)。

高橋先生:好奇心は人間が生まれついて持っているものですが、学びには目的意識が必要です。目的意識って、中学生ぐらいでやっと自覚するものでしょう。小さい子はそんな事を考えてはいません。例えば知育玩具と呼ばれるおもちゃで遊ぶ時に、「これをできるようにして、空間認知能力を高めたい」なんて、遊ぶ目的を意識している子どもなんていませんよ。

I:確かに(笑)。要は子どもの自然な好奇心を摘み取ってしまわないことが大切なんですよね。

高橋先生:ええ。子どもでも大人でも好奇心はすべての行動の原動力になります。特に乳幼児期には、好奇心を満たすことは、子どもにとってご飯を食べるのと同じぐらい大切なこと。それを感じ取って、子どもの好奇心を大切に見守ってください。

I:いろいろな事に興味を持つわが子を見ていると、先回りして知識を教えたくなってしまうんですが、まずは辛抱強く子どもの気持ちに寄り添うことなんですね。今日もいいお話をありがとうございました。

妊娠・出産インフォ トップに戻る