【専門医監修】男性の妊活で大切なことってなんでしょうか?

【専門医監修】男性の妊活で大切なことってなんでしょうか?

妊娠・出産インフォ

2022年4月1日から不妊治療の保険適用が開始され、人工授精などの一般不妊治療や体外受精、顕微授精の生殖補助医療が3割負担で受けられるようになりました(※1)。妊娠を希望するプレママ・プレパパにとっては朗報ですね。

不妊治療が身近になって、男性の妊活の形も変わっているようです。慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に妊活を考えるプレパパが知っておくべきことを伺いました。

 

治療で精子の数を劇的に増やすのは難しいことも

治療で精子の数を劇的に増やすのは難しいことも

担当編集I(以下、I):今回のテーマは「男性の妊活」です。ひと昔前までは「不妊は女性の問題」と考えられていましたが、近年では男性側に起因する不妊症の存在も知られつつありますね。

吉村先生:おっしゃるとおり、不妊の原因は半数近くが男性側にもあると言われています。不妊とはカップルが避妊せずに1年程度性交しても妊娠しない状態をいいます。“男性不妊”の原因の多くは精子を十分に作ることができない「造精機能障害」で、全体の8割強を占めます。その他、性行為ができない「性機能障害」が1割強、その他に精子が出てこない「精路通過障害」なども原因としてあります。

I:男性不妊の予防法や治療法はどのようなものがなされているのでしょうか?

吉村先生:軽めの運動、バランスのとれた食事と睡眠、深酒しない、禁煙…等々、要は生活習慣を正すことで予防できると言われています。たしかにそれは大切なことではあるのですが、それにより精子が劇的に多くなることはありません。

吉村先生:また投薬で精子の数を増やすという治療法もありますが、効果が認められるのは限定的な症例です。男性不妊、特に「造精機能障害」を治療により抜本的に改善することは、残念ながら難しいと言ってもいいでしょう。

I:つまりは精子の質や量に問題がある男性は、治療法があまりないということですか? 

吉村先生:そうですね。ただ、体外受精や顕微授精などの生殖医療が発達した近年では、男性不妊を生殖医療で乗り越えるケースが増えています。妊活をはじめてすぐに検査をして「造精機能障害」や「性機能障害」が明らかになったら、生殖医療に切り替えることをお勧めいたしますし、実際にそのような選択をする方も増えているようです。

I:男性不妊が原因の場合、タイミング療法などで自然妊娠に望みを託すより、体外受精や顕微授精での妊娠を目指すのがお勧めということですね。

吉村先生:はい。ちなみに2022年4月1日から始まった不妊治療の保険適用で、女性の開始時の年齢や回数に制限はあるものの、体外受精や顕微授精が3割負担で出来るようになりました。体外受精や顕微授精の経済的なハードルが下がったのは、妊娠を望むカップルにとっては喜ばしいことではないでしょうか。

妊活における男性の「役割」とは?

吉村先生:以前から違和感があったのですが、男性妊活の話をするとき精巣機能の問題点を指摘して、それを改善する方法、治療方法を説明することが一般的でした。つまり「男性妊活とは精子の質と量を向上することである」という一元的な話が本筋からずれているように思っていたんです。もちろん精巣機能が低下しないように精巣を温めないなど、男性が当事者として自覚することは大切なことですよ。そうなのですけど、現状を知る医師として、今伝えるべきことはそこなのだろうかという疑問もあったんです。

I:妊娠を望んでいる世の中の男性にもっと知ってもらいたいことがあると?

吉村先生:はい。妊活を考える男性は、まずは女性のからだの仕組み、妊娠のメカニズムをちゃんと理解し、妊活の「リアル」を認識することから始めなければならないと考えています。それが男性妊活の第一歩だと思います。

I:女性のからだや妊娠のメカニズムを理解することからはじまる男性妊活。たしかに、今までの男性妊活の文脈にはない考え方ですね。

吉村先生:本来あるべき男性妊活は、男性が女性のからだの仕組みを理解して、妊娠しようとする女性に全面的に協力すること。語弊を恐れずに言うと、妊娠・出産に関して男性ができることは、精子を提供するぐらいしかありません。もし精子の質が悪かったとしても、体外受精や顕微授精などで「望み」をつなぐことができます。

吉村先生:でも女性はそうではないんです。妊娠が可能なのは排卵日とその前後2日の5日間しかありません。精子は子宮の中で2~3日は生きているけれど、卵子の寿命は12時間程度と短い。その限られた“妊娠しやすい時期”を知らずに、性交しても妊娠できませんから、妊活にはなりません。

I:妊活における男性の「役割」を、男性自身がわかっていないといけない、というお話ですよね。それはそのとおりかと思いますが…あえてお聞きしますが、男性の立場からすると、この時期がいいと分かっていても、心もからだもついていかず性交がままならない、という場合もあると思うんです。ご存知のように、男性も結構ナイーブな生き物でして。

吉村先生:おっしゃりたいことはよくわかります。でも赤ちゃんを望むなら、妊娠可能な非常に限られた時期にタイミングを合わせなくてはならないのは厳然たる事実です。そこは気持ちがついていかないとか、気持ちが乗らないとか、仕事でそれどころじゃないとかは言い訳にもならないということも、男性が自覚しなければならないとも思うのです。

吉村先生:残念ながら赤ちゃんはコウノトリが運んで来てくれるわけではないんです。医師として、現実の話をしています。だからこそ現実と向き合うために、女性のからだの仕組みを知り、どうすれば妊娠できるのか、そのために男性として取るべき行動はなんなのかを考えることが、妊活の第一歩目だと思うのです。

I:妊娠を望む男性として取るべき行動とは、仕事も早く終えて家に帰る、同僚らとの飲みニケーションも控える、健康管理もしっかりする、ということですよね。どれも当たり前のことなのかもしれませんが、そうなると男性だけではなく、職場の人たちの理解も必要になってきます。妊活の意思を示せば、サポートしてもらえるルールや体制が必要というか。

吉村先生:妊活はカップルだけの問題ではなく社会として、どうサポートしていくかは大事な観点だと思いますね。2022年の1月から国家公務員には不妊治療のための通院に使える「出産サポート休暇」(※2)ができました。不妊治療をしているなら年間5日、それが生殖医療だとプラス5日で10日間の休暇が取れるという制度です。しかも時間単位で取ることが出来ます。

これでどれくらい変わるかはわかりませんが、日本でも少しずつ“風向き”が変わりつつあるのは間違いありません。仕事が忙しすぎて妊活もままならない、なんてまったく健全な社会ではありません。カップルが望んだタイミングで、妊活ができる世の中の仕組みになっている必要はあると思いますよ。

プレママの産後の不安を払拭することも男性の妊活です

プレママの産後の不安を払拭することも男性の妊活です

吉村先生:僕が考える男性妊活にはもうひとつ大切なポイントあります。それは当事者として育児に取り組む意識を持ち、それをパートナーにも「約束」することです。

2人の働き方、キャリアの形成、育休や休暇の活用法、子どもの世話・家事をどう分担できるかなどは妊娠前に話し合っておくべきこと。夫婦が力を合わせて、仕事と育児を両立する方法を考えておければ、子育てへの不安は少なくなるでしょう。それはプレママが安心して妊娠するためにとても大切なことだと思います。

I :プレパパが事前に「パパとしての自覚」を示すことは、もはや男性妊活とも言えるということですね。

吉村先生:そういうことですね。妊活に前向きになれないプレママの気持ちに向き合い、寄り添えるか。ご存知のように、少子化はコロナ禍になって一層加速しました。社会的不安が大きくなった状況では、子どもを産み育てるのは難しいと考えるのも無理もないでしょう。

吉村先生:我が国の男性の育児参加率は欧米諸国に比べて極めて低い。家事や育児をどう分担するかはコロナ禍でなくても考えなくてはいけないことで、子どもは2人で育てるという概念が当たり前になることが必要なんです。

I :妊活をはじめるときに子育てのことも話しあうべき――これも今までの男性妊活論にはなかったお話ですね。

吉村先生:不妊症の検査がどうだ、精子を増やすにはこんな治療がある、みたいな議論も否定はしません。それはそれで必要なこともある。でも、その前の段階として、女性のからだを知り、夫婦の生き方、家族のあり方を考えること、それこそが男性にとっての妊活だと思います。子どもができたらどのようにして育てるのか、育児や家事をいかに分担するのか、実際にできるのか、育休はどれくらい取るのか等々、じっくり話し合ってようやくスタートラインに立てるんじゃないかと思うんです。

I:男性不妊の傾向と対策についての医学的なお話をお聞きしよう…そんなイメージでお話を聞くつもりでしたが、まったく違った考えを教えていただきました。男性妊活を考え直す上で、大切な視点をいただけだと思います。今日もいいお話をありがとうございました!

 

※          ※          ※

“妊活”という言葉に、プレッシャーや困惑を感じるプレパパもいるでしょう。でも“妊活”はこの先の人生をパートナーとともにどう歩いていくかを考えるいい機会にもなるはずです。お互いへの思いやりを忘れずに、温かい家庭を築いてくださいね。

dr_yoshimura

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

〈参考資料〉
※1 不妊治療に関する取組(厚生労働省/令和4年2月)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/funin-01.html

※2  国家公務員に「出生サポート休暇」を新設(人事院/令和3年12月)
https://apj.aidem.co.jp/current/detail/3693.html

妊娠・出産インフォ トップに戻る