10人に1人といわれる「産後うつ」  その特徴と対策 Vol.2

10人に1人といわれる「産後うつ」 
その特徴と対策 Vol.2

妊娠・出産インフォ

誰がいつなってもおかしくない「産後うつ」。できれば経験せずにママライフを過ごしたいと願うのはみな同じです。対策として事前にできることは? 予防に効果的な方法は? バースコーディネーターとして活躍する大葉ナナコさんに、女性の視点から見た、産後うつについてうかがいました。

関連記事
産婦人科医から見た産後うつとは?

 

「産後うつになるかも」 産前から家族に伝えておく

幸せなお産や子育て、そして何よりもお産を安心して楽しいものとするために、妊娠前、妊娠中、産後に分けて出産や育児サポートのクラスを開講する大葉ナナコさんのもとには、多くのプレママと子育て中のお母さんたちが集まっています。大葉さんに「産後うつ」について聞いてみると、クラスに通うお母さんたちも関心は高く、特にここ数年は産後うつが怖いと考える人が増えているそうです。

そんな、たくさんのママたちの事例に精通した大葉さんが掲げる「産後うつ」の予防策は、ずばり「妊娠中からSOSサインのハードルを下げておく」こと。

utsu_2_01

「18年続けている私のマタニティクラスですと、『私、絶対に産後うつになるからヨロシクね!』と旦那さんに宣言している人で、産後うつになった方は、現在のところ0名です」と大葉さんは笑います。

産後うつが特別なことではなく、自分もなる可能性があることを最初から旦那さんに告げておきます。そうやって、まず旦那さんにとっての産後うつへのハードルを低くしておきます。出産という大仕事に加え、出産後は寝る暇もなく赤ちゃんの世話に追われる日々。どんなに健康な人でも、ある意味うつに近い状態になる可能性は十分あります。そんな時に、気構えることなく、「つらい」「疲れた」「大変だ」「あれをしてほしい」「これを手伝ってほしい」などといった自分の気持ちや要求を、旦那さんに言うことができるような環境作りをしておくのがポイントです。

「基本的に男性は出産後の暮らしの地図を持たない生き物です。地図を持たないパートナーに何かを求めたり、イライラしたりしてもそれは非建設的なだけ。まずは地図を渡してあげて、産後にどんなことが起こる可能性があるのか、情報を提示してあげないといけません」と、大葉さん。妊娠中のまだ体力的にも精神的にも余裕がある時に、旦那さんにやってもらえると嬉しいことや、手伝ってもらえたら助かることなどをどんどんリクエストして、産後の子育て環境を整える“パートナーシップ・マネジメント”が重要なんだそうです。

甘え下手こそパパにはっきり助けを求めよう!

「お皿洗いでもオムツ替えでも、旦那さんが何か協力してくれた時は直後にすぐに大袈裟レベルで褒めましょう。継続してやってもらうようにするためには、最初が肝心。良い行動をすれば良い反応など報酬がもらえる成功体験を持てれば、男性は同じことをリピートしてくれるので、サポートを受けたら思いきり褒める。これがフィードバック。直訳すれば“栄養を戻す”という意味です。そして、褒めつつも、さり気なく要求も付け足すのがコツ。『あとは○○があれば最高ね!』『今度は○○が加われば100点満点ね!』と、さらなるチャンスを伝える。これがチャンスフィードバックです」。

utsu_2_02

この“ポジティブフィードバック&チャンスフィードバック方式”が、大葉さんの提案するパートナーシップ・マネジメント。

「がんばり屋さんのママは甘え下手で、辛いとか、助けてとか、なかなか言えません。しかし、子育てはまわりのサポートがなくてはできないもの。“自分は甘え下手”と感じている人こそ、旦那さんに助けてほしいことを伝えておくことが絶対に必要です」

最近は、ぎりぎりまで働くプレママも増えていますが、仕事ができる人ほど、産後の赤ちゃんの世話にも仕事のやり方を持ち込んで、ストレスを溜めてしまう傾向にあるとも。

「仕事は予定調和ですが、産後は“予定不調和”が当たり前。産まれたばかりの赤ちゃんは、たったの3か月で倍の重さにも成長するのですから、昨日と今日ですべてが同じであるはずがありません。昨日の寝かしつけが、今日は通用しないことも。毎日が違って当然なのですから、日々赤ちゃんの観察日記をつけているような気持ちで接するのが一番です。仕事のように、そこにパターンを見つけ出そうとしたり、予定調和を期待したりすると、ものすごいストレスを溜めることになるので要注意」

言葉をもたない赤ちゃんに対する、ストレスマネジメントも重要なポイント。たとえば、さっきお乳をあげたばかりの赤ちゃんが泣くと、お母さんは「母乳が足りてないのかな?」と自分が悪いように感じてしまいがち。けれど、赤ちゃんの胃は産まれたときに、マカデミアナッツほどの大きさしかありません。赤ちゃんが頻繁に泣くのは、単に胃袋が小さすぎて一度にほんのちょっとしか飲めないから。お母さんは自分を責める必要など微塵もありません。

また、現在の育児事情は昭和の時代と大きく変わりました。そのため、自分の母親やお姑さんのアドバイスも、今の時代にそぐわないことが多々あります。それが現代ママのストレスの原因になることも。大葉さんは、こちらも妊娠中から上手にマネジメントをしておくことを提案しています。最近の育児事情は、最新の科学的証拠に基づくWHO(世界保健機関)や、ユニセフの情報がスタンダードであることをさり気なく会話の中で伝え、おばあちゃん世代の情報をアップデートしておくと有効だそうです。

旦那さんや家族が近くにいない場合の心強い味方 「産後ドゥーラ」「ファミリー・サポート・センター」

もし、旦那さんが単身赴任している家庭や、毎日仕事が忙しいパートナーからの協力が望めない場合、また家族や知人が近所にいないという場合はどうすればいいのでしょうか。

「そんなときは、上手にプロに頼ってみましょう。株式会社のプロのベビーシッターサービスのほかに、非営利組織で育成された産後支援のエキスパートが活躍しています。例えば、一般社団法人ドゥーラ協会は“産後ドゥーラ”を育成しています。ドゥーラとは、産前産後に女性に寄り添う人という意味で、語源はギリシャ語の“他の女性を支援する、経験豊かな女性”。産後の身体に優しい食事作りや、新生児のお世話を手伝ってくれる存在です。ぜひ、自分に合う産後ドゥーラとの出会いを探してみてください。妊娠中から出会えるのが理想的です」

■一般社団法人ドゥーラ協会
http://www.doulajapan.com/course/35doula/

「また、厚生労働省の事業として、全国の市区町村では行政運営でファミリー・サポート・センター事業が展開されています。子育て家庭の支援について研修を受けて、登録しているサポート会員は、育児経験者か保育士有資格者からなる一般市民。行政が仲介に立ち、何名かを紹介してくれるので、相性のいい方をファミリー会員が選ぶ仕組みです。ファミリー・サポート・センターごとに違いがありますが、サポート会員が産後家庭に訪問してくれて、新生児育児を手伝ってくれる制度がある地域もあります。リラックスさせてもらえる関係で、なおかつ事故予防意識においても信頼のおけるサポーターに出会えると安心。こちらも妊娠中から探しておきましょう」

■厚生労働省 ファミリー・サポート・センター事業
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ikuji-kaigo01/

子育てママには無条件で200点あげてほしい

utsu_2_03

子育てに日々全力で取り組んでいるママに対して、友人や知人などができることは何でしょうか? 大葉さんは「共感と共鳴を持ってお母さんに接してほしい。お母さんが何も言わなくても、表情を見てがんばっていることを察してあげてください。もう全面的に200点あげてほしい!」と答えてくれました。

「何か手伝えることはある?」「してほしいことはある?」「今必要なことは何?」とインタビューしてあげるような気持ちで、お母さんと接してあげるのがベストと大葉さん。赤ちゃんの世話に一生懸命で、ちょっとストレスを溜めているようなママには、「がんばってるね!」「遠くて何もできないけれど、気持ちを聞くお手伝いはするよ! 何でも言ってね」と、お母さんの本音の気持ちをサポートしながら話を聞いてあげると効果的。ナーバスになっているお母さんの感情の言語化を手伝ってあげると、物事が整理され、お母さんの中にも方向性が見えてくるのだそうです。

「人と人とが支え合って人という字を書くように、人間は一人では生きていけません。赤ちゃんは新しい命で、そのもっとも幼い人間を育て始めるのだから、もちろん一人では絶対に無理。子育てに周囲のサポートは必要不可欠です」(大葉さん)

最後に、大葉さんは、産後うつと「マタニティブルーズ」の違いについて話してくれました。大葉さんのクラスを受講するお母さんたちの中にも、この二つを混同している人が意外と多いそうですが、産後3日目くらいからはじまり、2週ほどすれば落ち着くものがマタニティブルーズ。わけもなく涙がこぼれたり、幸せなはずなのに不安に感じたりする心の状態で、ホルモンの急激な変化によって起こり、およそ8割のお母さんがなると言われています。

大葉さん自身も、5人目のお子さんの出産後にマタニティブルーズを経験したそう。“趣味はお産、特技は安産”と公言するほど、出産が大好きな大葉さんの身にもマタニティブルーズが起こるなんて、自分でも大きな驚きだったと言います。そのくらい、本当に誰にでも起こりえることなのだということがわかります。マタニティブルーズは早ければ2~3日、長めでも2週間くらいで自然と回復するといわれているので、過度に心配する必要はないそうですが、知っておくと安心ですよね。

妊娠中からお母さんにとって心地よい環境作りを心がけ、“SOS”のハードルを思いっきり低く設定しておくことが、産後うつの予防策。それでも症状が出てしまったときは、お父さんをはじめとした周りの家族が、お母さんの置かれた環境が子育てには不適切であることをくみ取りましょう。決してストレスを溜め込んでしまうお母さんが悪いのではなく、お母さんをとりまく環境に問題があると考えること。ママが「一旦休ませて!」という心の叫びをあげていることに気づくことが必要なのです。

 

ooba_prof

【プロフィール】
大葉ナナコ(おおば・ななこ)
東京都出身。1985年、女子美術大学短期大学部生活デザイン科卒業。1987年に自身が自然出産と母乳育児を経験し、出産準備教育や産後のライフデザインなどに関心をもつ。その後、同分野の情報コーディネイターをしながら、国内外で学び、2003年「バースセンス研究所」、2005年「誕生学協会」を設立。現在、各機関の代表を務める。2男3女の母。

妊娠・出産インフォ トップに戻る