やすのり先生のなんでも相談室  “妊娠”の素朴なギモン(男性編)にお答えします!

やすのり先生のなんでも相談室 
“妊娠”の素朴なギモン(男性編)にお答えします!

妊娠・出産インフォ

はじめて出産する場合は、妊娠した本人でさえわからないことが多いのに、それをサポートする夫の皆さんは、戸惑いばかりの日々ではないでしょうか。

長年産婦人科医として、多くの妊婦を指導し、約5000例のお産に立ち会ってきた、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師に、パートナーである男性の立場から出た妊娠にまつわる疑問をぶつけてみました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

Q.妊娠から出産までの時間を“十月十日(とつきとおか)”と言いますが、妻の妊娠週数と出産予定日を聞いていると、なんだか違うような……。どのような計算をしているのでしょうか。

dansei_02

いろいろと調べてみたのですが、これは何の根拠もありません。どうして言われはじめたのか不思議なくらいです。

最終月経日を0日とし、妊娠期間は280日間として、出産予定日を計算します。実をいうとこれは、月経が28日周期の人を基準に決めているのですが、排卵が14日目に起こっていることになります。ですから、本当の妊娠期間は266日です。

十月十日の意味を“数え”だとすると、十月は9か月ですよね。だから、9か月10日となります。1か月を30日として、30日×9=270日。それに10日を足して、280日。こういう意味だという人もいます。

ただ、28日周期ですよね。そうやって十月を28日で考え、同じような計算をすると短い。十月を10か月分、つまり28日×10にすると、これはこれで長すぎる。よくわかりませんね。

ちょっと話がそれるかもしれませんが、おもしろいことを教えてあげましょう。さあ、問題です。28日周期の人だと、最終月経が1月10日の場合、赤ちゃんはいつ生まれるでしょうか?

ややこしい計算に思えるでしょうが、最終月経に9を足して、日にちに7を足せばいいんです。だから、この場合10月17日です。これはドイツの産婦人科医・ネーゲレが考案した概算法です。35日周期の人なら1週間長くなります。

Q.妊娠したら、妻が怒りっぽくなったような気がします。そういうことってよくあることですか? Q.妻が妊娠8か月です。ときどき、妻が一人で夜泣いていたり、ため息をついていたりする場面に遭遇します。「どうしたの?」と聞くと、「なんでもない」と言うのですが、心配で。こういうとき男は何をしたらいいのでしょうか?

怒りっぽくなったり、うつ状態になったり、感情の起伏が激しくなったりすることはよくあります。女性ホルモンの状態によって、精神的に不安定になるからです。

男性ができることは、そのあたりの事情をよく理解してあげること。妊婦さんをいたわり、産後もサポートすることが大事です。

妊娠8か月くらいになると、妊婦さんはけっこう不安になってくるものです。おなかが大きくなって、赤ちゃんが胎内にいることも当然わかるし、胎動が非常に気になったりします。妊婦さんが夜泣いていたり、ため息をついたりするのは、「ちゃんと私に子育てができるのかしら?」とか、そういう思いが強いんですね。この傾向にあるのは、まじめで仕事のできる人が多い気がします。

Q.妻が胎教のために、毎日お腹の中の子に話しかけています。「あなたもやって」と言われるのですが、恥ずかしいし、正直に言って「意味があるの?」と思ってしまいます。本当のところどうなのでしょうか?

dansei_03

妊娠中から子どもに話しかけるのは、非常にいいことだと思いますよ。音楽を聴かせるのもとてもいいです。赤ちゃんはおなかの中で音を聞きますから。

27、8週、要するに7か月ぐらいから音を聞くようになります。胎動が始まる20週くらいから聞けるはずですが、本当に音に反応できるというのは7か月ぐらいからだと思いますね。

ご主人も声かけはちゃんとやったほうがいいです。子どもに対する愛情は、そういう行為によって育まれます。これが出産後の子育てにもつながってきます。

Q.妊娠中の性生活で気をつけることは何でしょうか。お腹の子どもによくないような気がして、セックスレス気味ですが、大丈夫ということなら以前のようにしたいのですが。

性生活は普通にしていいと思います。ただ、お腹が大きくなってくるので、やはり女性が上になったほうが楽などということはあるでしょう。おなかを圧迫しないような体位がいいと思います。

ただ、3か月くらいまでと臨月に入ってからは控えたほうがいいかもしれません。理由は、3か月くらいまでは流産のリスクがあるため、臨月になると女性がつらいから、ということです。してはいけないということではありません。

また、早産の兆候があるときは控えたほうがいいでしょう。早産というのはほとんどの場合、感染症が原因。胎盤の感染ですから、射精することによって感染源となる異物が入ってくるといけませんから。

早産の兆候がなくても、たとえば前置胎盤があったら性生活は絶対にだめです。これは禁忌ですね。胎盤が下にあるわけだから、いつ出血してくるかわからないという状況になってしまいます。前置胎盤のときは、内診もあまりしないぐらいです。

Q.妻が立会い出産希望です。一応、その旨を病院にも伝えているのですが、本当は立ち会いたくなくて。怖いんです……。

やはり、妻がこれだけ大変な思いをして産んでいるということを夫として見ないといけないと思いますね。昔は立ち会うことは一般的ではありませんでしたが、今はほとんどの病院で立ち会えるのではないでしょうか。

僕は学生時代にはじめて分娩に立ち会いましたが、すごく感激しました。すばらしいと思って、産科医になりました。それが原点です。とてもじゃないけど、人のなせる業じゃないと思いました。

産科医を40年やってきて、5000例以上の分娩に立ち会ってきましたが、その感動は今も変わりません。分娩は妻が圧倒的に大変なものですが、夫も立ち会うことによって共同作業にしたほうがいいと思います。

Q.妻も僕も子どもが欲しくて、妊娠した当初はとてもうれしかったのですが、出産予定日が近づくにつれ、不安になっています。出産のときに男は何もしてあげることができないし……。自信がもてるように何かアドバイスをください。 Q.赤ちゃんが生まれてきたらいろいろと妻のサポートをしてあげたいと思っています。産後すぐに妻に何をしてあげたらいいでしょうか?

dansei_04

出産予定日が近づくと不安になるというのは、当たり前ですね。でも、「出産のときに男は何もしてあげられない」というのは違うと思います。

たとえば、分娩に立ち会って、妻の手を取って、水を飲ませてあげて、汗を拭いてやって……。やることはいくらでもあります。女性は出産することだけに集中していますから、夫がすべてのことを甲斐甲斐しくしてあげればいいのではないでしょうか。やることはたくさんあるから大丈夫です。

お産の後にやってあげられることは、家事。洗濯、食事のしたくなどです。赤ちゃんをお風呂にいれてあげることも必要でしょう。お母さんには母乳やミルクを与えることを主体にやってもらい、それ以外のことはご主人がやることが必要ではないでしょうか。

男性はやはり2週間、3週間、あるいは1か月くらいの育児休業をとるべきだと思います。1週間でもいいですが、産後の女性がいちばん不安定なのは、産んでからの1か月くらい。産後は急激に女性ホルモンが減るのでマタニティブルーズや産後うつにつながることもあります。妻を精神的にもサポートしてあげることが重要です。

Q.家族みんなで外出できるようになるのは、生後何日目くらいからでしょうか?

1週間くらいたてば大丈夫です。アメリカ人だったら、生まれて3日後にはパーティに連れていきます(笑)。

日本では1か月くらいは赤ちゃんを外に出さないようにする人が多いようですが、家にいなくてはいけないという医学的エビデンスはありません。赤ちゃんは生後1か月くらいまではお母さんからの抗体も持っているし、免疫物質が含まれる初乳も飲んでいますから心配いりません。1か月から先のほうが、免疫力は下がっていくのです。

生後3日目くらいだと体温調節ができないので、泣いたりすることもあると思いますが、1週間たったらまったく問題ありません。お母さんのほうも、お産後の会陰切開の傷が痛くて、最初のうちは動けないことも多いので、1週間たち退院できる頃なら、出かけていいと思います。

その代わり、人が赤ちゃんを汚い手で触ったりするのはだめです。手をきちんと洗って、うがいもしていただきたい。また、首が座るのは3か月頃ですから、きちんと首を抑えることも必要です。

はじめての子育てで外出するのも緊張するでしょうが、家族みんなでケアしながら、赤ちゃんもお母さん、お父さんもだんだん慣れていくといいと思います。

 

――先生の回答を読んで、これからパパになる男性だけでなく、ママも安心できたと思います! ありがとうございました。

妊娠・出産インフォ トップに戻る