やすのり先生のなんでも相談室  “妊娠”の素朴なギモン(女性編)にお答えします!

やすのり先生のなんでも相談室 
“妊娠”の素朴なギモン(女性編)にお答えします!

妊娠・出産インフォ

はじめての妊娠は、誰にとっても不安なもの。わからないことばかりなのに、産婦人科に定期検査に行ったときには、十分に質問できないこともあるでしょう。

そこで、長年産婦人科医として多くの妊婦を指導し、約5000例のお産に立ち会ってきた、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師に、妊娠にまつわる疑問をいろいろとお聞きしました! 今回は女性編です。

 

Q.つわりがひどくて痩せてしまいました。もともとやせ気味なのにさらに体重が減ってしまい、心配です。どうすればいいでしょうか?

つわりというのは、妊娠2か月から3か月にかけて起こるもので、難しい言い方をすると「妊娠悪阻(にんしんおそ)」です。食べたものを吐いたり、食べられなくなったり、生唾が出たりといった症状があります。これは誰にでも大なり小なり起こるもの。一人目の子のときにつわりがひどくても、二人目のときには軽いということもあります。

妊娠というのは非常に不思議な現象で、お母さんにとって半分は自分のものだけれど、半分は他人、お父さんからきたものです。つまり、お母さんにとって赤ちゃんは異物でもあるわけで、この免疫拒絶の表れとしてつわりという症状が起こると考えられています。しかし、そう推測されているだけで、つわりが何によって起こるかはいまだもって解明されていません。

つわりで食べられないときは、無理して食べることはありません。ただ、水分とビタミンを補うことを忘れずに。とくに、ビタミンB1を補わないと、脳炎の一種であるウェルニッケ脳症になることがあるので、注意が必要です。

入院をするような重いつわりを経験する人は、妊婦さん10人のうちで1人くらい。つわりは通常は3か月ぐらいで終わりますが、それ以上長く続く場合やひどい時には、医師にすぐに相談するとよいでしょう

 

Q.妊娠4か月です。体を動かすのが大好きなので、趣味はテニスとフットサルですが、夫がとても心配してやるのをやめています。再開してはいけませんか?

jyosei_03

運動は基本的にやっていいと思います。けれど、テニスやフットサルというのはどうでしょうか? 瞬発力を要求されるようなもの、転んだり、倒れたりする可能性のあるものはやめておいたほうがいいでしょう。軽いジョギング、ゴルフくらいならよいと思います。

それは、不測の事態を考えてのこと。赤ちゃんのためというよりは、お母さんのため。実は、たとえお母さんが転んで骨を折っても、おなかの赤ちゃんはたいてい大丈夫です。赤ちゃんは羊水という非常にクッションのいいところにいますから、守られているんです。運動の内容を選んで、予測がつかないような事態を避けるのは、お母さん自身の体を守るためなのです。

ヨガや水泳もいいと思います。ただ、これらを始める前には病院に行って、胎盤の位置が正しいか、流産・早産の兆候がないかなど、確認してからのほうがいいですね。

Q.出産後は忙しくなるので、妊娠中に旅行に行きたいと思っています。どの時期なら安全でしょうか。また飛行機に乗って海外に行くのはよくないでしょうか?

旅行は基本的に大丈夫です。ただ、妊娠3か月くらいまでは何が起こるかわからないので、避けたほうがいいと思います。8か月くらいまでは大丈夫です。これは「してはいけない」ではありません。

20週を過ぎると、胎盤の位置が確定し、胎盤が完全に出来上がってきます。そして、赤ちゃんの胎動を感じるようになります。すると、お母さんはおなかの中にちゃんと命があることを意識できます。この意識が大事だからです。お母さんも赤ちゃんの存在を実感するので、無茶なことをしなくなるでしょ?

遠方で結婚式があったり、お葬式があったりして、妊娠3か月前に出かけなくてはいけないこともあると思います。僕もよく相談されますが、こういう場合は行っていいですよと答えます。けれど、海外旅行はどうかと聞かれたら「おすすめしません」と言います。なぜなら、何か起こったときに対応できないかもしれないから。たとえば、飛行機でアメリカに行く途中にトラブルが起きたら、10時間は何もできないわけです。

妊娠中に夫婦だけの旅行や新婚旅行のやり直しを考える方もいらっしゃるようですが、もしそれが海外であるなら、子どもができてからでもいいのでは?と僕はアドバイスします。

あと、ドライブはくれぐれも気をつけてください。危険が起きたときに、本能的に妊婦さんは足を踏ん張ります。すると、それが子宮に伝わって、子宮の収縮が起こることが考えられます。助手席には乗らず後ろのシートに座り、シートベルトを必ずしましょう。

 

Q.妊娠3か月ですが、赤ちゃんに携帯電話や電子レンジの電磁波の影響はあるのでしょうか?

jyosei_02

これについては、今のところ、医学的なエビデンス(根拠)はないとされています。赤ちゃんに影響のあるものでいちばん悪いのは、タバコです。これは強く言っておかないといけません。

タバコは女性のほうが依存傾向は強くて、妊娠中もやめられない人がいるんです。自分がタバコをやめられなくて病気になるのは勝手だと思いますが、赤ちゃんは何の罪もないですからね。赤ちゃんに害が及ぶようなことはやめるべきですね。

Q.義理の母から腹帯をもらいました。正直、めんどうなのでつけたくないのですが、ダメですか?

妊娠5か月の戌の日におなかに巻くものですね。昔はさらしで今はベルトのようなものが多いです。以前は外的な圧力から守るためといわれていましたが、さっきも言ったとおり、その点では本当はそれほど意味がありません。犬は多産なのにお産が軽いことにあやかってという慣習的な意味で残っているんですよね。

私の妻は外科医ですが、妊娠中にさらしの腹帯をまいていて、下からおなかをぐっと上げる感じがいいと言っていました。姿勢もよくなって、仕事のときに役立ったようです。

僕がフレッシュマンの頃は、主治医が妊婦さんの腹帯に「寿」という字を書いていたんですよ。安産祈願のお守りみたいな形で。今ではそんな依頼をされることもなくなりました。

 

Q.臨月に入りました。産科医に「1日2時間歩きましょう!」と言われました。そんなに歩かなくてはいけないのでしょうか? なんだかおっくうです。

2時間は多いかもしれないけど、これはいいことだと思います。僕は朝夕30分散歩してくださいと臨月の妊婦さんに言います。だいたい、これで8000歩くらいになると思います。

これは規則正しい生活をすること、産道をゆっくりと開き、赤ちゃんをおなかの下の方に下げるということにつながります。臨月になったらおっくうがらずに、ぜひ歩きましょう。

 

Q.一般的な「経腟分娩」のほかに「無痛分娩」「水中出産」などいろいろな分娩方法があることを知りました。それぞれのメリット、デメリットを教えていただけますか? 

jyosei_04

無痛分娩には2つの方法があります。腰からの麻酔を入れて完全に痛みを取るものと、点滴で薬剤を体内に入れて痛みを和らげる「和痛分娩」です。

腰からの硬膜外麻酔は完全に痛みをとるので、これを通常「無痛分娩」と呼びます。だいたい5、6センチぐらい子宮口が開いてきたら、麻酔をします。痛みは感じないのですが、陣痛は起こります。陣痛は子宮の収縮ですからね。でも、妊婦さんはわからないので、医師がおなかを見たり、触ったりして陣痛が起こったときにいきんでもらうようにします。

しかし無痛分娩は、いきみと陣痛が同調しないことが多いです。だからうまくお産ができずに、途中で止まってしまったり、帝王切開になる確率が高くなります。

昔は、たくさんの麻酔薬を使っていたので、赤ちゃんの産声が聞けず、次の日もほとんど寝ているような状態でしたが、今はそんなことはありません。ただ、人によっては麻酔の後に頭痛がしたり、血圧が変化したり、麻酔でよく起こる副作用が起こることはあります。

和痛分娩の場合は、妊婦さんが痛いときにボタンを押すと、点滴の薬剤が出るような装置を使います。これで痛みが和らぐわけです。自分で何回もボタンを押して、まだまだ痛いともっと押す。そうすると薬が入り、痛みが和らぎます。そして、子宮口がある程度開いてきたら、経腟分娩のように、普通にいきんで出産となります。

陣痛の痛みにも意味があるので、経腟分娩、無痛分娩のどちらがいいかということは言えませんが、欧米の人は無痛分娩が多数派。痛みに弱い人が多いので完全な無痛分娩が多いんですね。

痛みを避けたいという思いから、痛みを和らげる「ラマーズ法」が出てきました。さらにそこから派生したものが「水中出産」。これは究極の立会分娩でもあります。

赤ちゃんは羊水の中にいるので、生まれてすぐに水中に出ても問題はありません。ただ、羊水は無菌ですが、水中出産するプールの水はどうでしょう。感染のリスクは少なくないと言えます。また出血を制御できないのも問題です。通常、助産師はプールには入らず、妊婦さんと旦那さんが二人で赤く染まった水の中と状況になります。加えて、会陰保護などの処置もありません。

水中出産はリラックスして陣痛を和らげるにはよい方法だといわれていますが、感染、出血、会陰部の傷には気をつけなくてはならないのです。

Q:無痛分娩を検討していますが、「お腹を痛めないと愛情がわかない」などという話を聞いて、迷い始めています。

その心配はありませんね。僕は無痛分娩を推奨する立場ではありませんが、痛みに弱い人もいるので、無痛分娩を選択するのもいいのではないでしょうか。ただ、先ほども言いましたが、人為的な操作が増えることは否めません。帝王切開になる可能性があること。また、出産日を決めて予約して入院することになるので、子宮収縮剤によって痛みをつけることが多いことを理解しておいてください。

 

――ありがとうございました! 次回はプレパパからの妊娠に関するギモンにお答えいただきます。

妊娠・出産インフォ トップに戻る