合言葉は「お母さんに自由な時間を!」  「丸の内イクメン部」に学ぶ、ママと子どもがハッピーになる方法

合言葉は「お母さんに自由な時間を!」  
「丸の内イクメン部」に学ぶ、
ママと子どもがハッピーになる方法

妊娠・出産インフォ

2014年5月、日本を代表するオフィス街・丸の内に「丸の内イクメン部」が誕生しました。その名のとおり、丸の内を中心に働くお父さんたちによるイクメン活動を推進する“部活”です。発足から一周年を迎えた今年、果たしてイクメン部のパパたちは、一体どのようなイクメンになったのでしょうか!? ママたちも気になる「丸の内イクメン部」の活動を取材しました。

 

丸の内で忙しく働くビジネスマンこそ「イクメンになりたい」 と思っていた!?

丸の内に本社を置く、明治安田生命保険相互会社・企画部の呼びかけによって昨年発足した「丸の内イクメン部」。オフィス街のイメージの“丸の内”と“イクメン”という言葉がひとつに組み合わさったこの試みは、発足当初から多くの注目を集めました。

企画部主席スタッフであり、発起人のひとりでもある村上治也さんに「丸の内イクメン部」スタートのきっかけを聞いてみると、「実は、群馬県の前橋市で始まった部活動の“前橋◯◯部”に着想を得てのことなんです」との答えが。

前橋◯◯部は、前橋朝活部、前橋拉麺部、前橋ランチ部など前橋を活動拠点とする部活動。年齢も職業も関係なく、◯◯部のテーマに興味がある人々が集まり活動を行っていますが、小さな集まりやイベントを通して地域での交流が生まれ、人と人とが結びつき、ローカルコミュニケーションの活性化に効果が期待できると注目を集めています。そんな前橋◯◯部に着想を得て、村上さんが「丸の内にイクメン部があってもいいのでは?」と考え、まずは社内に声をかけてみたところ、予想をはるかに超える大勢の手があがったのが昨年5月。

02

「丸の内イクメン部」発起人のひとりの村上治也さん。女の子と男の子の2児のパパ

ちなみに、村上さんが言うところの“イクメン”は、女性誌に登場するような家事も育児も完璧で、料理もプロ並みの腕を持つスーパーマンのようなイクメンではなく、お母さんのように要領よくはこなせないけれど、育児や家事を楽しんでやろうという気持ちで取り組む、「いつかイクメンになりたいな、なれればいいな」という願望を持っているパパのことを指すのだとか。もちろん村上さんも少しでもイクメンに近づければ……と願うパパのひとりです。

「イクメン部を掲げていると、まるで僕らが仕事も家事もパーフェクトにこなせるスーパーお父さんみたいに思われる方もいらっしゃるみたいで……。そんなイメージを持たれると困ります(笑)。“イクメンに興味がある”というお父さんたちの集まりという感じです」と、村上さん。

実はイクメン部の発足には、前橋◯◯部だけでなく、村上さん自身のある体験も影響しているのだとか。

「4年ほど前から、毎年“母の日”には、会社の同期数人でそれぞれの子どもたちを連れて公園に集まり、1日子どもたちの面倒を見ることを続けていました。子どもたちを遊ばせている間、ママにはショッピングを楽しんでもらおうという趣旨で。お父さんにとっても、ひとりで子どもの面倒を見るより、何人かで集まれば子どもは子ども同士で遊んでくれるし楽ですよね。そんな軽い気持ちでやっていたところ、自分たちのママはもちろんのこと、他のお母さんたちからも想像以上に好評で。『うちのパパも参加させたい』という声も多く、こんなちょっとしたことでママたちが喜ぶことに驚きました。それなら周りのお父さんたちにも教えてあげたいし、これはきっとニーズがあるはずだと」(村上さん)

実際、社内で「イクメン部」発足のアナウンスをしてみると、すぐに50人を超える入部希望者が。小さな子どもがいる人はもちろん、これから子どもが生まれてパパになる人や、なかにはすでに思春期を迎えるお子さんがいてコミュニケーションに困っているという管理職の方も。社内で「イクメン部」を立ち上げてから、社外へ声をかけてみると丸の内界隈の約30社から100人ほどが集まりました。

003

昨年8月に実施した「丸の内イクメン部」結成パーティーのチラシ

04

昨年8月に行った「丸の内イクメン部」結成パーティーは、参加企業の協力により趣向の凝った演出でおおいに盛り上がりました。音楽関係会社によるオペラ風にアレンジした乾杯にはじまり、オムツメーカーによるオムツ講座の開催や、丸の内界隈を彩るアパレルメーカーのカリスマバイヤーを招いての最新イクメンファッションショーなどが実施され、“イクメン”という共通の目標を持つ参加者同士、すぐに打ち解けたと言います。

「イクメン部」の活動を誰よりも楽しみにしているのは子どもたち!

05

その後も「お父さんと子どもの料理教室」や、イクメン部の主旨に賛同した東京家政大学のキャンパスで行われた子どもと楽しめるレクリエーション大会「丸の内イクメン部フェスティバル」、ホワイトデー企画の「お母さんへのスイーツ作り」など、父と子で参加できるイベントを開催。先日の“母の日”には、「高尾山ハイキング」が開催され、子どもたちは高尾山の頂上でお母さんへの手紙を書きました。

「子どもとふたりで初めて外出した」というお父さんもいれば、おばあちゃんも一緒に参加して楽しんでいる家族がいたりと、それぞれがイベントをきっかけに新たなコミュニケーションを体験している様子。また、料理イベントへの参加をきっかけに、家で料理をするようになったお父さんに感動したお母さんが、会社までお礼を述べに来られたこともあったそうです。

そんなイクメン部の活動を1年間続けてきて、たくさんの“気づき”があったと村上さんは話します。

「お父さんたちが、子どもと遊ぶのはこんなに楽しいことなんだと気づくこと、それ以上に、子どもたちがお父さんと一緒に遊ぶことがすごく楽しいと思ってくれていること。そして、これは私たちもまったく意図していなかったのですが、料理教室で食卓にお箸やお茶碗を並べるといったことを子どもたちが覚え、自然に家でもやってくれるようになりました。お父さんが家事や料理を覚えることと同じように、子どもがお手伝いを覚えることもお母さんを助けるという意味では同じ。イクメン部の活動を通して、子どもは子どもなりに学びがあるということに気づきました」(村上さん)

父と子のコミュニケーションを目的とした活動が、期せずして子どもたちにとっては“学びの場”となっていた模様。

「イクメン部のイベントを誰よりも楽しみにしているのは子どもたち。当日は朝起きたときから『今日はイクメン部のイベントだよね!』と大はしゃぎです」(村上さん)

○○イクメン部が全国に発足すれば 女性の社会進出、女性の活躍につながる

このようなユニークな部活動が生まれた背景には、会社の風土も関係しているかもしれません。保険会社である明治安田生命保険相互会社は、約4万1000人のうち3万6000人が女性。女性が働きやすい職場であることは会社全体の大きなテーマで、そのため、育休制度も浸透しています。2013年度は、対象となる女性の100%、男性でも約24%が育休を取得。また「MYウェンズデー」という時短日があり、週に一度は早く仕事を終えてプライベートや家族と過ごす時間、または社内の人々とのコミュニケーションのためにあてようという制度も導入しています。

「会社の垣根を超えて人々が集える機会をつくりたいという狙いもあってはじめたイクメン部ですが、社内の風通しがよくなったのはもちろん、いろいろな企業の方との連携を体験し、社外の知り合いが増えたことで、仕事の面でもさまざまな方々に相談できるという環境が構築できました」(村上さん)

“お母さんに自由な時間を”というコンセプトでスタートしたイクメン部の活動は、子どもたちの成長の場になり、お父さん同士の仕事の広がり、つながりを増やすなど、企業間のイノベーションを促進する仕組みになるとの評価も。

「会社でなくても、たとえば子どもが通っている幼稚園や保育園にもお父さんたちのコミュニティがあると思うので、そういうところで横のつながりを深めていくといいのではないかと思います。社会のいろいろなところでこのような活動が広がりをみせていくことが、女性の社会進出、女性の活躍にもつながっていく気がします」(村上さん)

明治安田生命保険相互会社では、この「丸の内イクメン部」の活躍に触発され、「新潟イクメン部」も立ち上がりました。そのような形で少しずつ全国のパパたちにイクメン部のような活動が広がっていけば嬉しいと村上さんをはじめとした企画部の方々は考えています。

07

左から、主席スタッフ 井上啓さん、主席スタッフ 北村乾一郎さん、主席スタッフ 村上治也さん、主席スタッフ
嶋田和洋さん(明治安田生命保険相互会社 企画部)

今後の活動としては、まずは“父の日”に焦点を当てたイベントを6月に開催。その後、8月くらいに子どもの夏休みの宿題が一緒にできるようなイベントをやりたいと計画中。丸の内界隈で働くパパに限らず、興味を持った方は、一度気軽に参加してはいかがでしょうか? そして、自分の職場がある地域で“イクメン部”を発足するパパが増えれば、世の中のママはもっともっとハッピーになれることでしょう!

「丸の内イクメン部」へのお問い合わせはこちらへ my.kikaku@meijiyasuda.co.jp

 

【イクメンとは?】
子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または将来そんな人生を送ろうとしている男性のこと。
(厚生労働省 イクメンプロジェクトHPより)

妊娠・出産インフォ トップに戻る