若い人にこそ知ってほしい「早期出産」のススメ吉村泰典さんインタビュー(前編)

若い人にこそ知ってほしい「早期出産」のススメ
吉村泰典さんインタビュー(前編)

妊娠・出産インフォ

「妊活」という言葉が世の中で浸透し、妊娠、出産することに対して、積極的に取り組んでいこうとする動きがあります。産科医療の現場で多くの新しい命の誕生に立ち会ってきた、慶應義塾大学医学部教授の吉村泰典医師は、若いときから女性の体のこと、妊娠のこと、そして出産、育児に関して知ることが大事だと話します。「少子高齢化」の波、現代日本の妊娠事情についても、詳しく話をお聞きしました。

- 最近、「卵子老化」という言葉が広く知られるようになり、衝撃を受けた女性もたくさんいました。先生はこの現実を見て、どういう感想をお持ちですか?

20代、30代の女性に妊娠について尋ねると、「45~55歳でも妊娠できると思う」と答える人が30%以上いるんですね。実は、妊孕能(=にんようのう、生殖能力)のピークは23歳ごろだと言われています。閉経するまで妊娠できると思っている人がとても多いのですが、それは正しい理解ではないと言えます。50代でも子どもを産む人もいますが、たいていの場合、卵子提供を受けて妊娠し、出産しているんです。“卵子提供を受けて”という部分が抜けてしまって理解しているんですね。

ヨーロッパ諸国では、月経が始まると母親が娘を産婦人科に連れていき、月経の仕組みや妊娠についてのレクチャーを受けさせます。けれど、日本ではそういったことはなく、お赤飯を炊いてお祝いするだけ(笑)。EU諸国やアメリカやオーストラリアが加盟するOECD(経済協力開発機構)の国でも、妊娠に関する教育をしないのは日本だけと言っても過言ではありません。避妊経口薬の「ピル」や「HPV」(ヒトパピローマウィルス)ワクチンの問題も同じですが、教育がなされていない現実があります。

実はだんだん減りつづけている卵子

卵子老化には二つの意味があります。ひとつは、「卵子の数が減る」ということを指します。女性は胎児としてお母さんのお腹の中にいる5ヶ月のときがいちばん卵子を持っていて、数は700万個ほど。その後、お腹の中から出て生まれたときには、すでに100万個から200万個の間くらいになっています。さらにずっと減りつづけて、最終的に閉経時には1000個以下になります。

もうひとつは、「卵子の1個1個のクオリティが下がる」ということ。高齢になると受精しづらくなるなどの変化が現れ、妊娠したとしても、残念ながら妊娠合併症が増えてしまうんです。これは妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離などです。高齢出産では、妊娠糖尿病は5~8倍に、高血圧症候群は3~4倍に増えます。また、妊娠しても流産が増えてしまいます。圧倒的にリスクが高くなるんです。

現在、日本では出産する人のうち、約20%の人が高齢出産ですが、リスクを避ける意味でも、僕はもっと多くの女性が安心して妊娠適齢期に出産できるような環境を作らなくてはいけないと思います。けれど、それは早ければ早いほどいいということではありません。10代の妊娠は別の意味で危険を伴います。子宮が成熟していないので、胎児死亡や出血などの危険性があるんです。

ライフプランを見直し男女ともに意識の変化を

- 妊娠は早すぎても遅すぎてもいけない。現代の日本の現状を考えると、とりわけ“後回し”にすることは避けたほうがいいのですね…。

女性のみなさんには、ぜひ、ライフプランを見直してほしいと思います。適齢期で産むことは母体にも子どもにとっても望ましいことなんですね。日本は女性が責任のある仕事をしながら結婚し、子どもを産み、育てることが難しい国。僕のまわりのドクターも優秀な人はたいてい女性ですが(笑)、男性と同じように働くのは簡単なことではありませんよね。女性のからだや妊娠、出産に対する教育を男女ともに受け、正しい理解をする。そして、社会、企業、男性の意識を変えるべきときだと思います。

【プロフィール】

吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。産婦人科医、慶應義塾大学医学部教授。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。第2次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る