シリーズ「真夏の子育て」第3部 知っていますか? 夏のウイルス感染症

シリーズ「真夏の子育て」第3部
知っていますか? 夏のウイルス感染症

妊娠・出産インフォ

ウイルス感染症と聞くと、冬に流行するインフルエンザを思い出すママ・パパもいるかも知れません。でも夏にもウイルスが原因で起きる感染症があります。

夏のウイルス感染症の代表的なものは、咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症)、ヘルパンギーナ、手足口病です。これらの病気は一般的には、“夏風邪”と言われていますが、ウイルスによる感染症には抗生物質が効かず、インフルエンザのような治療薬もまだありません。「そんな病気が赤ちゃんにうつると大変」とママ・パパは心配になってしまいますね。
そこで東京都港区の愛育クリニック(旧愛育病院)の小児科部長・渋谷紀子医師にお話を伺いました。

 

“夏風邪”について知っておきたい「4つの基礎知識」

6-natsu

今回取り上げる咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症)、ヘルパンギーナ、手足口病の3つの代表的な“夏風邪”はどれもウイルス性の感染症(※)です。まずは“夏風邪”について知っておきたい基礎的な知識を渋谷先生のお話をもとにまとめました。

 

【1.感染経路】

アデノウイルス感染症、ヘルパンギーナ、手足口病の感染経路はどれもだいたい同じで、感染した人のつばなどに含まれた病原体を吸い込んで感染する飛沫感染や、感染している人に触れたり、病原体がついたドアノブ、手すり、遊具などを触ることで感染する接触感染によって、人から人へ移ると言われています。また、ウイルスは便中にも排泄されるので、これに触れた手を介して感染することもあるようです。

【2.予防策】

“夏風邪”のウイルスにはアルコール消毒は効果がありませんから、手洗いをしっかりすることを心がけましょう。また、ハンカチやタオルの共有は避けましょう。

【3.治療】

ウイルス性の感染症は治療薬がないので、赤ちゃんがかかった場合は、安静にして、水分と栄養を補給しながら、体が回復するのを待ちます。

【4.解熱剤】

解熱剤は“必要に応じて使うもの”です。その理由は、「解熱剤で病気が早く治るのではなく、病気が治ることで熱は自然と下がる」ということ。また、解熱剤を使うと、解熱効果が切れて熱があがる時に不快感を訴える子もいるそうです。ただ、熱のためにぐっすり眠れない、水分が取れないなどのときは、一時的に解熱剤を使うメリットもあります。「40度の熱でもぐったりしていなければ必要のない場合もあるし、38度でも使った方がいいケースもあります。解熱剤は数字にとらわれないで、赤ちゃんの様子に合わせて使いましょう」と渋谷先生。解熱剤の使用は、医師の指導に従った方がいいようですね。

“プール熱”(咽頭結膜熱)はプールが原因で感染することはほとんどない?

7-natsu

それではそれぞれの感染症を個別に解説していきます。

以前は、プール熱と呼ばれていた咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症)は、アデノウイルスという病原体に感染することで発症します。アデノウイルスは感染力が強く、感染し発症すると、のどが腫れて高熱が出る、結膜炎を起こすなどの症状があります。

「胃腸炎の症状がみられることもありますが、熱が高いのが特徴で、39~40度ぐらいの高熱が4~5日ほども続きます。なお“プール熱”とも呼ばれることもありますが、最近のプールは水質管理がしっかりしているので、プールの水が原因で感染することはほとんどないと思います。やはり、飛沫感染や接触感染が多いとお考えください」(渋谷先生)

アデノウイルスで結膜炎になると、タオルについた目やにから感染することもあるそうです。家族に感染者が出たら、別々のタオルを用意しましょう。

「アデノウイルスに感染したら、とにかく熱が下がるのを待つしかありません」と渋谷先生。熱が高いと体力を消耗するし、食欲もなくなって心配ですが、水分補給を心がけ、少しずつでも栄養を摂って安静を心がけましょう。辛そうなときは解熱剤も上手に利用したいものです。

アデノウイルスに感染したかどうかは、病院で検査してもらえばすぐにわかります。熱の原因がはっきりすれば、ママ・パパは少し安心できるでしょう。ただし「回復までに時間がかかるのもアデノウイルスの特徴」(渋谷先生)ということですから、気長に看病するつもりでいた方が良さそうです。

 

のどの奥のぷつぷつはヘルパンギーナのしるし

ヘルパンギーナに感染した赤ちゃんの口の中をのぞくと、のどの奥にぷつぷつとした水疱のようなものが見えます。症状としては、高熱がでて、強いのどの痛みを伴います。

「特効薬はないもののいずれ治る病気です。気をつけるべきは脱水状態になること。赤ちゃんの場合は体が小さいので、必要な水分量を維持するためにはこまめに水分をとらなくてはなりません。水分補給はしっかりとしていただきたいです。もっとも、のどが痛いと赤ちゃんは、食事どころか、おっぱいやミルクさえ嫌がるかも知れませんね。そんな時には、鎮痛解熱剤を使って、のどの痛みが治まっている間に栄養や水分を与えるといいでしょう。離乳食が始まっている場合は、少しずつのみ込めるような、のどごしのいい食べ物も工夫して与えてください」(渋谷先生)

ヘルパンギーナも飛沫感染でうつります。また赤ちゃんの便の中にも病原体が潜んでいますので、おむつ替えの後の手洗いはしっかりとしたいですね。

 

手と足と口の中に発疹ができる手足口病

毎年、多くの子どもたちが感染する手足口病。この10年間でも、2000年、2003年、2011年、2013年と大流行がありました。原因となるウイルスの種類はヘルパンギーナに似ていますが、口の中の粘膜部分と手足の末端部分に水ぶくれのような発疹ができるのが特徴です。

「手足口病の病原体には、いろいろな種類があります。近年増えているコクサッキーウイルスA6型によるものは発疹がひどくて、治った後に爪がはがれることもあるほど強い症状がでます。ママ・パパなどにうつると、赤ちゃんよりも高い熱が出たり、発疹がひどくなることもあるようですから、感染しないように気をつけていただきたいです」(渋谷先生)

他の夏風邪と比べると、高熱はそれほど続きませんが、ヘルパンギーナと同じように、口腔内の発疹が痛むと、赤ちゃんが飲み物や食べ物を嫌がることもありますから、やはり食べさせ方、飲ませ方に工夫が必要です。

夜、赤ちゃんが熱っぽいと思ったときに、どうすればいいの?

赤ちゃんは病院が閉まった夜に熱を出すこともあります。夜間の救急診療を受けるべきか、明日の朝まで様子を見ても大丈夫なのか、ママ・パパは迷ってしまいますね。そんな時、何を基準に判断すればいいのでしょうか。

夏のウイルス性の感染症の場合は、特効薬がないので、救急診療を受けてもすぐに良くなるわけではありません。なので、基本的に水分が取れていて意識がはっきりしている、眠れるという場合は救急診療を受けるのではなく、朝まで様子を見てもいいでしょう。新米ママさん・パパさんは緊急性が高いか、そうでないかの判断が難しいかもしれませんが、分かりやすいのは赤ちゃんの顔色。熱が高くて頬が赤いなら、それほど心配する必要もないでしょう。逆に顔色が青白くなっているようなら、急いで救急診療を受けた方がいいかも知れません」(渋谷先生)

また夜間や休日に、「赤ちゃんが熱っぽい」、「具合が悪そう」など心配な時は、電話相談窓口が都道府県別に設置されていますから、利用してみてはどうでしょう。県ごとに受付時間が違うので、下記のURLをクリックして、実施状況を確認してから電話してください。

【夜間の救急ダイヤル】
子ども医療電話相談(#8000)
https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

夏は暑くて、何をするにも大変! だけど、花火大会や盆踊りに旅行や帰省など、楽しいイベントも盛りだくさんです。まだまだ続く暑い夏を、赤ちゃんもママ・パパも元気で楽しめるように、くれぐれも健康に気をつけて毎日をすごしましょう!

 

〈参考資料〉
※「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」(日本小児科学会 2017年)
https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/yobo_kansensho_20170528.pdf

 

dr.shibuya

【プロフィール】
渋谷紀子(しぶや・のりこ)

総合母子保健センター 愛育クリニック 
小児科部長 母子保健科部長
医学博士

東京大学医学部卒業。東大病院小児科、愛育病院小児科などに勤務したのち、カナダのトロント小児病院に研究留学。帰国後は東大病院、山王病院、NTT東日本関東病院などを経て現職。自らも4人の娘を育てた先輩ママ。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。

妊娠・出産インフォ トップに戻る