赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(8) 予防接種を受ける

赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(8) 
予防接種を受ける

妊娠・出産インフォ

生後2か月ぐらいになると、赤ちゃんはママ、パパの目をじっと見つめたり、にっこり笑ったり、「あー」「うー」と声を出すなど、表情が豊かになってかわいさがいっそう増してきます。ママ、パパも育児にちょっぴり余裕が生まれる頃です。

そんな時期に受けはじめるのが「予防接種」。「乳児期に受ける予防接種の種類」「接種スケジュールの立て方」「受けるときの注意」などをまとめました。

 

予防接種は感染症から赤ちゃんを守るため

予防接種は、ウィルスや細菌によって人から人へとうつる病気「感染症」を予防するための効果的な手段のひとつです。感染症には、軽い症状のものから、赤ちゃんがかかると深刻な合併症を引き起こすもの、時には命にかかわるほど重症化するものまでさまざまあります。

赤ちゃんは、へその緒を通じて、また母乳によってママから病気に対する抗体(免疫)をもらっています。でも、これらの抗体も生後3か月ごろから少なくなってしまいます。そのため、ワクチンによって病気から赤ちゃんを守る方法がとられるのです。

予防接種は、病原性(毒素)をなくしたり、抑えたりしたワクチンを赤ちゃんに接種して、体に負担をかけることなく抗体を作り、感染症にかかりにくくするものです。また、たとえかかっても軽い症状で治まります。

 

ワクチン、予防接種の種類はさまざま

接種方法によって、ワクチンは2種類に分けられます。

  • 経口ワクチン……口から飲ませるタイプ
  • 注射ワクチン……注射で接種するタイプ

 

含まれる病原体などの状態のよって、ワクチンは3種類に分けられます。

  • 不活化ワクチン……病原性を消失させたり、毒素を無毒化したりしたもの(例:ヒブ、小児型肺炎球菌、四種混合など)
  • 生ワクチン……病原性を弱めたウィルスや細菌を用いるタイプ。体の中でこれらが増えることにより免疫力をつけるので、自然感染に近い状態で免疫がつけられる(例:BCG、麻しん風しん混合など)
  • トキソイド……強い毒素を産生する細菌の毒素だけを取り出して無毒化し、ワクチンにしたもの(例:ジフテリア、破傷風など)

 

また、予防接種にはいくつかの種類や方法があります。

■定期接種と任意接種

定期接種は、国が接種を強く推奨していて、決められた月齢以内ならほとんどの自治体で、無料で受けることができるものです。任意接種とは希望して個別に受けるもので、費用は基本的に自己負担になります。

■個別接種と集団接種

個別接種は、小児科医院など医療機関で個別に受けるもの。予約が必要なケースが多いようですが、予約なしでも受けつけてくれるところも中にはあります。集団接種は、各自治体の保健センターなどで決められた日に同じくらいの月齢の子たちが集まって、一斉に受けるものです。「BCGは自治体の4か月健診のときに、集団接種で受けました」(30代ママ)という先輩ママの声もありました。

■単独接種と同時接種

日本では長年、1回に1種類のワクチンを接種する単独接種が行われてきましたが、最近では、一度に複数のワクチンを接種する同時接種も行われています。「私の育休中になるべく多く、忘れずに接種させておきたかったので、同時接種でスケジュールを立てました」(30代ママ)というケースも。

単独接種が当たり前だったママ、パパにとってはとまどうかもしれませんが、同時接種は諸外国では一般的に行われている医療行為。日本小児科学会では、とくに乳児期には重要なワクチン接種が複数回必要なことから、「同時接種をより一般的な医療行為として行なっていく必要がある」としています。同時接種でも、ワクチンの安全性や有効性について問題はなく、「子どもたちがワクチンで予防される疾患から早期に守られる」「保護者の経済的、時間的負担が軽減する」などと利点を挙げています。

 

“誕生日と同じ日”に受けるのもおすすめ

だいたい1か月健診が終わったころ、自治体から予防接種のお知らせが届きます。同封されている資料をよく読んで、早めに小児科でワクチン接種の予約をしましょう。たとえば、生後2か月を迎える日にはじめての予防接種を受ければ、その後の3か月目、4か月目の接種も誕生日と同じ日に受けられることに。これなら、忘れずにすみそうですね。

赤ちゃんが1歳までに受けておきたい予防接種は、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、ロタウィルスワクチン、四種混合ワクチン、BCGワクチンです。BCGワクチン以外は、それぞれに2~3回に分けての接種が必要なので、生後2か月から1歳になるまでに合計14回(ロタウィルスワクチンの種類によっては、15回)の予防接種を受けることになります。

国立感染症研究所とNPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」が公表している予防接種スケジュールを参考に、赤ちゃんの予防接種スケジュール例をまとめてみました。(クリックで大きく表示されます。)

yobo_2

■Hib(ヒブ)ワクチン/定期接種
Hibとはインフルエンザ菌b型のことですが、冬に流行するインフルエンザとはまったく別もの。口や鼻などから吸い込むことで感染し、肺炎、細菌性髄膜炎(ずいまくえん)などを引き起こします。細菌性髄膜炎は命にかかわる病気ですが、これにかかる子どもの半数が0歳児。その原因の6割がHib感染症です。Hibワクチンは生後2か月から6か月までに合計3回、1歳になったら4回目を接種します。

■小児の肺炎球菌ワクチン/定期接種
早期診断が難しく重症化しやすい細菌性髄膜炎のもう一つの原因は、肺炎球菌感染症です。小児の肺炎球菌ワクチンは生後2か月から6か月までに合計3回、1歳を過ぎたら4回目を接種します。

■B型肝炎ワクチン/任意接種
感染力が非常に強く、肝硬変や肝臓がんの原因となるB型肝炎ウィルスを予防します。生後すぐから4か月までの間に2回、6か月から1歳までの間に3回目を接種します。

■ロタウィルスワクチン/任意接種
ロタウィルスが原因となる嘔吐下痢症を予防します。生後2か月から4週間隔で2回接種するものと3回接種するものの2種類があり、どちらも生後3か月半過ぎまでに1回目を受けなければなりません。ロタウィルスワクチンは注射ではなく、飲むタイプの経口ワクチンです。

■四種混合(DPT-IPV)ワクチン/定期接種
乳幼児が感染しやすく、重症化しやすいジフテリア(Diphtheria)、百日咳(Pertussis)、破傷風(Tetanus)とポリオ(IPV=不活化ポリオ)を予防する混合ワクチンです。生後3か月から9か月までの間に3回接種し、3回目が終わってから半年から1年ぐらいの間に4回目を接種します。

■BCGワクチン/定期接種
結核を予防します。生後5か月から8か月までに1回接種します。スタンプ式の接種法です。

 

1歳から受けられる予防接種は……

1歳の誕生日を迎えたら、早めに麻しん、風しん(以下、MR)ワクチン、おたふくかぜ、水痘(すいとう/みずぼうそう)の予防接種を受けましょう。
  
■MRワクチン/定期接種
感染力が強い麻しんと風しんを予防します。通常は1歳になったら1回目を接種しますが、流行している時には生後6か月から任意接種で受けることもできます。2回目は小学校入学の前年です。
  
■おたふくかぜワクチン/任意接種
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は無菌性髄膜炎などの原因にもなります。1歳になったらすぐに接種したいワクチンの一つです。
  
■水痘ワクチン/定期接種(2014年から)
毎年20万人以上の子どもが感染しているみずぼうそう。成人してからかかると、帯状疱疹を引き起こす原因にもなります。1回目を接種して3か月経ったら、2回目を受けることができます。

 

“もしも”のケースも考えてスケジュールを立てる

yobo_03

予防接種をきっかけに小児科を探しはじめるというママ、パパは多いようです。ちょっと早めにかかりつけ医を見つけておいて、生後2か月になったらすぐに予防接種を受けられるようにしておくと安心かもしれませんね。定期接種だけでもたくさん種類のある、乳児期の予防接種。ワクチンの種類によって、接種間隔を一定期間あける必要のあるものもあります。任意接種のワクチンを受けるかどうかも含めて、お医者さんと相談してスケジュールを決めるとよいでしょう。

たとえ、スケジュール通りにいかなくても不安がらずに。もしものときについても、事前に先生とお話しておけば安心です。赤ちゃんの健康状態を見ながら、予防接種をすすめていきましょう。

前日までにしておきたいこと、終わってから気をつけたいこと

接種する前日、当日、その後に気をつけたいことをまとめました。ぜひ、参考にしてください。

【前日までにしておくこと】

・接種するワクチンはどんな病気を予防するのか、予防接種のお知らせなどに目を通しておきましょう。
・接種後に起こるかもしれない体の変化(副反応)についても知っておきましょう
・予診票(接種券)、小児科医院の診察券、母子健康手帳と着替え、オムツ、タオル、おもちゃなどを用意します。
・予診票の記入も忘れずに。体温と保護者のサインは接種当日にします。

【当日、予防接種に行く前に】

・赤ちゃんは機嫌がいいか、食欲があるか、うんちの状態はいいかなど、様子を確認して体温を測ります。風邪気味でも37.5度以上の熱がなければ接種できることもあります。小児科医に相談してみましょう。
・授乳や食事は30分前にはすませておきましょう。
・脱ぎ着しやすい服を着せましょう。

【予防接種の会場で】

・いつもと違う病院の雰囲気や他の子の泣き声に赤ちゃんも緊張しています。しっかり抱っこして安心させてあげましょう。
・注射が痛くて泣いてしまうのは仕方がありませんから、後から頑張った赤ちゃんを褒めてあげましょう。予防接種や注射はこれからも何度も受けなくてはならないもの。できるだけ苦手意識を植えつけないようにできるといいですね。

【予防接種を受けた後】

・副反応が起きることがあるかもしれません。とくに接種後30分は赤ちゃんの様子に注意し、もしも体に変化があるようなら、すぐに医師に連絡がとれるようにしておきましょう。
・接種後1時間過ぎて体調に変化がなければ、普段どおりの生活ができます。当日の入浴も大丈夫。ただし体を洗う時は接種部分をこすらないように気を付けて。

まだ小さい赤ちゃんの体に注射をするのは、痛々しくてかわいそうに思うかもしれません。けれど、これも赤ちゃんの健康を考えての予防手段です。忘れずに、きちんと予防接種を受けて、健やかな成長をサポートしましょう!

 

【関連リンク】
国立感染症研究所 予防接種スケジュール
http://www.nih.go.jp/niid/ja/component/content/article/320-infectious-diseases/vaccine/2525-v-schedule.html

NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会 予防接種スケジュール
http://www.know-vpd.jp/children/index.htm

妊娠・出産インフォ トップに戻る