連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 のびのびと育てたいけど、自由すぎるのも…親として知っておきたい「しつけの基本」

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
のびのびと育てたいけど、自由すぎるのも…
親として知っておきたい「しつけの基本」

妊娠・出産インフォ

お片付けをしない、食事の時に歩き回るなど、わが子が目に余る振る舞いをした時、「こんなにしつけているのに聞いてくれない。何が悪いんだろう」とため息をついているママ・パパはいませんか?  「こうして欲しい」とママ・パパが思うことをわが子に教えるためにどのようにすればいいのでしょうか。そもそも、“しつけ”とはどうあるべきなのでしょう?慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋たかお先生に伺いました。

 

何をしつけるかは、時代の感覚や親の価値観を反映します

泣く子どもの話を聞くお母さん

担当編集I(以下、I):今回のテーマは「しつけ」です。親としてはなるべく子どもをのびのびと育てたいと思いつつも、のびのびさせた結果、自由すぎて大変…という話もよく耳にします。どういう風にしつけるべきか、とか、しつけという考え方自体が古いのか、とか考えれば考えるほど、わからなくなることもあります。

高橋先生:最初にはっきりさせておきたいのは、子どもがしてはいけないことをした時にたしなめるのは「しつけ」ではなくて「叱り」ですよね。叱る時には、見つけたその場ですぐに間違いを指摘するのが鉄則です。後で振り返っても、子どもにとっては何が悪かったのか分かりません。でもしつけは違うんです。しつけは短い時間の単位で考えるものではなく、子育てのポリシー、教育方針に基づいて行うべきことです。親として、こういう大人になってほしい、「大人になった時、こんな行動や考え方が身についているといいな」と願うことから始まると思うんです。

I:わが子にどんな大人になって欲しいのかということを、まず親が自覚しなくてはいけないんですね。

高橋先生:しつけには「何を(=WHAT)」しつけるかという点と、「どのように(=HOW)」しつけるかという点があります。どのようにしつけるかについては、のちほど詳しくお話ししたいのですが、まずは何をしつけるのかについて僕の考えを述べていきますね。

I:よろしくお願いします。どんなことをしつけるべきかは、親として大いに迷うところなんですよね。

高橋先生:何をしつけるかは時代とともに大きく変化していきます。例えば、家族団らんの食事にテレビは欠かせない、というご家庭が多いのでは?

テレビを見ながら食事をする家族

高橋先生:僕らが育った時代には、テレビを見ながらご飯を食べることは悪いことだった。でも今はそうとも言い切れないでしょう? 最近はスマホをのぞきながら食べると「やめなさい」と言われるのかな。そんな風に時代によってしつけの具体的な内容は変わるんですね。文化の違いもしつけに影響しますね。日本文化と西洋文化は違うから、しつけるべき内容も異なっていいのではないでしょう。

I:なるほど。時代や文化が違うと価値観が変わるし、それに伴ってしつける内容も当然変わってくるだろう、ということですね。

高橋先生:ええ。そう考えると、何をしつけるかはそれぞれの家庭で決めることになりませんか。お父さん、お母さんの考え方と子どもとの関係性の中で生まれる「こんな人に育って欲しい」という親の願いがしつけのアウトカムなんです。

I:アウトカム?

高橋先生:アウトカムというのは、効果とか結果という意味があります。わかりやすいように、教育を例に挙げてご説明しましょう。教育とは過程が大事で、興味を持って学ぶこととか、先生や友だちとの楽しい学校生活に意義があるとよく言われますよね。でも本来、教育は一番厳しいアウトカムの世界なんです。

I:厳しいアウトカムの世界…つまり結果第一主義ということですか?

高橋先生:いえいえ、そういうわけではありません。ここで言うアウトカムとは「目標」みたいなものでしょうか。明確に目標(アウトカム)を設定して、それに向けてさまざまな介入をしていく、その過程が教育だという意味です。例えば慶應義塾の基本精神に「独立自尊」という言葉があります。慶應義塾の教育のアウトカムは、自他の尊厳を守り、何事も自分の判断・責任のもとに行う人間を育てることなんだと思うんです。そういう意味においては、慶應義塾における教育のアウトカムは「独立自尊」ということになります。私も医学部の授業や臨床自習ではリーダーシップを身に着けた医師になってほしい、という「アウトカム」を明示します。僕なりの理解では、リーダーシップとは独立自尊の精神そのものなのです。アウトカムを決めるのはあくまでも教育者であり学校。そう考えると、学校を選ぶ際には、偏差値の高い、低いではなく、その学校の教育のアウトカムが何か、ということを重視してもいいかもしれません。

I:基本精神でもあり、言い換えると「教育方針」ってことになるのでしょうか。そうすると、しつけも親の教育方針ということになりますね。

高橋先生:そう思いますね。特に幼児期のしつけは、教育方針と似ているところがあります。まず親がこんな子に育ってほしいというアウトカムを設定して、それに沿っていろんなことを学ばせていくわけです。

子どものころの「しつけ」は、大人になって役立つこともあります

食事中の家族

I:ここで気になるのは、しつけのアウトカムをどう設定したらいいかということです。もちろんそれを決めるのが親の責任だとは思うのですが…間違っていたらどうしようかと思い悩むのも親(苦笑)。

高橋先生:ははは、そんなに大袈裟に考える必要はありません。アウトカムの設定は「大目標」くらいに大きく捉えていればいいですよ。たとえば、わが子がどんな大人になって欲しいかを1個だけあげるとすれば、どんなことかを考えてみてください。多分「優しい人になってほしい」とか「幸せな人生を送ってほしい」とかでしょう。どんな親も「正座できる人」なんて、ピンポイントなアウトカムを設定しないですよね。

I:たしかに。それくらい大雑把なものでいいということなんですね。

高橋先生:そうです。アウトカムは親と子どもの関係性の中で自然と決まることであって、わが子が大人になった時にその姿を見て「あ、うちはこんな風にしつけていたんだ」と親自身が気付くこともある。なので、そんなに構えずに、こういう子に育ってほしいな、と心に思い浮かぶものをゆるく設定するくらいでいいと思いますよ。

I:わかりました。ただ、親が設定したアウトカムから子どもがどんどん離れていくこともあるのではないかと思うんですが、そんな時はしつけの方針を変えたほうがいいんでしょうか?

高橋先生:しつけでいちばん大切なのは、子どもの立場に立って考えるってことじゃないですか?最終的に親の目が届かなくなっても、しつけられたことを拠り所に考えられる、行動できるようにならなければ、しつけの意味がないでしょう。そのためには、子どもが納得して「しつけを受け入れる」ことが不可欠です。

I:そうですね。しつけは子どものためのものですから、納得して受け入れることができなければ、うまくいくわけはないですね。

高橋先生:はい。でも親だからこそ、子どもの個性に配慮したアウトカムを見つけることができる。そこは自信を持っていただいていいと思いますよ。

I:おっしゃる通りですね。

高橋先生:余談ですが、うちの母の僕に対するアウトカムは「思いやりのある人」だったんですよね。小さい頃から事あるごとに「自分のことだけ考えないで、人の立場になってものを考えなさい」と教えられてきた気がします。成人してからも言われ続けましたよ(苦笑)。

I:そうなんですか?

高橋先生:40歳をすぎて教授になっても(親からすれば)変わらない僕を見て、母はなんとかしなければと思ったんでしょう。「私はもういつ死ぬかわからないから、これだけは伝えておきたい」と手紙をくれたんです。「あなたは賢くて物事を先に先に読むから口がきついと受け取られる。あなたの言っていることは正しいけれど、言われる側があなたに歯向かえない人間だと、恨みをかうこともあるだろう。あなたは、本当は優しい子なのに、そういう誤解をされて他人様(ひとさま)から恨まれることは私には死ぬほどつらい。だから筋が通っている中にも物腰が柔らかい人になりなさい」――そのように切々と綴られていましたね。

I:お母さまのお気持ちが伝わってくる文面ですね。

高橋先生:そうですね。文字通り遺言のような手紙でしたが、母はその後も20年以上生きたんですよ(笑)。でもね、母はそうやって、僕のためのアウトカムを文書で残したかったんだと思います。それは僕にとって、とても沁みるものでした。小さい頃は母の言うことがよく分からなかったんですよね。しつけっていうのは一生続くもので、小さい頃にしつけとして親から繰り返し言われたことは、後々、大人になってから効いてくることもあるんじゃないかと思いますよ。

I:確かに大人になってから、小さい頃に親に言われた言葉の意味がわかってくることがあります。

高橋先生:子どもの頃にしつけがものになる人はあまりいないかも知れない。でも30歳、40歳、50歳と年を重ねて、だんだん世の中のことがわかってきた時に、しつけられたことが役に立つんですよ。個人的な経験から、そう感じています。

 

※           ※           ※

大学教授になった高橋先生に「思いやり」を説くお母さまの話は、凛とした親としての姿勢を感じる素敵なエピソードですね。続く記事では、先生にグローバルな視点から、“しつけの方法”を教えていただきます。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る