特集「子育てママ・パパのwithコロナ対策」 在宅勤務で仕事量も8割減?ワーママたちが語る「わが家のリモートワーク事情」

特集「子育てママ・パパのwithコロナ対策」
在宅勤務で仕事量も8割減?
ワーママたちが語る「わが家のリモートワーク事情」

妊娠・出産インフォ

世界中でウィズコロナ、アフターコロナでのライフスタイルやワークスタイルが注目されています。日本でも多くの企業・組織が在宅勤務を推奨し、リモートワークがかなり一般的になりました。そんな“時代”となった今、子育て世帯はどのような働き方、育て方をしているのでしょうか。

そこで、今回はそんなワーキングママの在宅勤務の実態について迫りたいと思います。お話を伺ったのは、前回記事 に引き続き、「チーム育児」を提唱しているワーキングペアレンツのためのコミュニティ「両立チーム育児ラボ」 のメンバーの方々です。みなさん東京在住で、4月〜5月は保育園が休園という状況でした。そんな中で、ママ・パパは子育てと在宅勤務をどう両立させていたのでしょうか――。

 

【参加メンバー(順不同)】

子育てママ・パパのwithコロナ対策 参加メンバー

Jさん

6歳(小1)と2歳の子どものママ/会社経営。子どもたちを保育園に預け、オフィスに通勤していたが、緊急事態宣言に伴って自らの会社でも全面的にテレワークを導入。夫も在宅勤務中。

Hさん

4歳と2歳の子どものママ/会社員。朝9時から夕方6時まで職場で勤務していたが、4月2日から完全在宅勤務に。夫も在宅勤務となった。

Iさん

7歳(小2)、5歳、2歳の3人の子どものママ/会社員。職場ではコロナ前から、働き方改革と生産性向上のために一部リモートワークが導入されていた。3月の最終週から完全な在宅ワークに。夫は公務員で自粛期間中も出勤。

Tさん

2歳1か月の子どものママ/会社員。昨年4月に育休から復帰し、時短勤務をしていた。リモートワーク不可の業種のため分散出勤制となり、週1日の自宅待機日に加えて子育て世代のための特別休暇の活用で、1営業日おきの出社。現在、夫は完全在宅勤務。

Fさん

4歳と1歳の子どものママ/会社員。現在育休中。4月に復帰の予定だったが、リモートワークが難しい職場であることから、6月まで育休を延期した。夫も在宅勤務。

T(司会進行)

出産準備サイト編集部員。1歳の子どものママ/会社員 昨年7月に育休から復帰。会社の裁量労働制度を利用して、朝は定時より30分早く出社し、夕方は4時までという形の時短と、有給休暇の取得による週4日勤務という働き方をしていた。4月からは完全リモートワークとなっていた。夫も在宅勤務を経験。

 

在宅勤務&保育園休園の中、仕事と子育ての両立を頑張った2か月間

仕事と子育ての両立

T:外出自粛の中で、日本では多くの企業でリモートワークが本格的に始まりました。みなさんのご家庭では働き方にどんな変化がありましたか?

Jさん:保育園を休園にするという区からの通達があった4月7日から、私の会社では全業務をリモートで行うことにしました。クライアントさんもほとんど在宅勤務になったので、予定していた打ち合わせをリモート会議に切り替えるなどして、比較的スムーズに対応できていると思います。リモートだから、やりにくかったということもなく、それはひとつ大きな発見でもありました。また夫も在宅勤務となったので、ほとんどの時間を家族みんなですごすようになりました。

Hさん:私の場合、4月1日付けで異動があり、これまでと全く違う部署に配属になったばかりだったのに、翌日から完全リモートワークになりました。新しい職場には行けずじまいのまま慣れない業務に取り組むことになった上、その1週間後には保育園も休園に…。夫もリモートワークで家にいたので、ふたりで仕事をしながら子どもたちの世話をしています。

Iさん:もともとリモートワークの比率が高かった私の職場では、3月の最終週から完全在宅勤務になりました。クライアント訪問はなくなり、オフィスへの出勤もゼロ。ただ、うちは夫が公務員で、自粛期間も週5日出勤していたので、私ひとりで仕事をしながら、7歳、5歳、2歳の3人の子どもを見なければならなかったのはやっぱり大変でした。

Tさん:私の職場は業務の特性上、在宅勤務がありません。代わりに70~80%の分散出勤となり社員全員に週に1日程度“自宅待機日”が回ってきます。加えて私の場合は、子どもの休園・休校のための「特別休暇」を使っておりましたので、1日おきに自宅にいるような状態です。なお夫は週5の在宅勤務になっていて、4月~5月と保育園も登園自粛が続いていたので、私が出社している間は、夫は仕事になっていなかったと思います。

夫の在宅勤務

Fさん:私は4月中に育休から復帰する予定でしたが、この状況になって6月まで延長することにしました。会社にはもともとテレワークという働き方はなかったので、今回急遽一部の社員に導入したのですが、研究職の私の部署は該当するかが微妙なところで…。上司から「育休を延ばした方がいい」とすすめられ、それに従っています。夫は緊急事態宣言後にリモートワークを始めました。

T:突然始まった保育園の登園自粛要請には驚きましたが、当時(4月上旬)は感染する方が増加していたので、親としても不安が大きくて、「子どもを守るためには在宅の仕事と子育てを同時進行で頑張るしかない」と思いましたよね。

Jさん:子どもふたりの面倒を見ながらの在宅ワークは大変です。オフィスで集中して働いている時に比べると、仕事量は8割減…。夫も仕事をしなければならないので、最初のうちはどちらの仕事を優先するかで揉めたりもしました。そこで、大きなカレンダーに「この時間は大事なリモート会議がある」とか「この時間はどうしても仕事をしたい」とか、お互いの予定を書き入れてスケジュールを調整することにしました。完全に平等ではなくても、仕事の情報を共有しておくことで、子育てと仕事を協力してやっていけたのではと思います。それでもメールや資料づくりなどの事務作業のための時間はどうしても足りなくて、睡眠を削って仕事をすることもしばしばでした。うちの子どもたちは朝6時には起きるので、そういう時は本当につらかったですね。

Hさん:うちもJさんと同じで、夫とリモート会議のスケジュールを共有しながら、交代で子どもを見て仕事をしていました。私の会社は朝5時からリモートワークを始められましたし、夫は6時50分始業ということになっていましたから、ふたりとも一番早い時間から仕事を始められるように早起きして頑張りました。うちの子は放っておいたら8時半ぐらいまで起きませんから、集中して仕事に取り組める朝の数時間は本当に貴重でした。

在宅での早朝ワーク

T:早朝ワークですか。それはいいですね。Hさんが5時で、ご主人は6時50分始業…これは、それ以降の時間帯でなければ仕事をしてはいけないという会社のルールがあるわけですよね?

Hさん:そうそう。それより前に仕事をすると深夜残業の時間帯になってしまうんですよね。要はモバイルパソコンを使うと、どの時間に仕事をしているかが会社にわかってしまう。もともと社員の働きすぎをセーブするためのシステムなのですが、今回のようなケースではちょっと不便な気もしました。

Iさん:私は5月に転職したのですが、3月末から後任との引き継ぎも難しくなってしまったので、当初は有給消化期間にする予定だった4月を、後任の引き継ぎ業務に使いました。もともと、子どもの発熱で休まなければいけない時などにリモートで打ち合わせをすることもあったし、オンラインで仕事をしている時に横で子どもが騒いだりしても、「ごめん、ちょっと子どもにおやつあげて来ていい?」とか気軽に言える会社だったこともあり、やりづらさはなかったです。でも完全在宅勤務だと、どうしても子育ての合間に仕事をするみたいな感じになってしまうので、仕事はなかなかこなせませんね。

完全在宅勤務だと、子育ての合間に仕事をするみたいな感じ

Tさん:うちの夫の会社はオンライン化が進んでいなかったので、4月中は在宅でできる仕事はそんなに多くなかったんですよね。でも連休明けからリモート会議が入るようになってからは大変です。私が1日おきに出勤しなければいけないので、そんな日は、夫は子どもの世話をしながら仕事をしないといけない。どうしても外せない会議のときは、子どもに好きなテレビ番組を見せるなりして、どうにかしのいでいたようです。

Jさん:Tさんがいない日は、ご主人も大変だったでしょうね。わが家は私も夫も午前中10時ごろまではあまり仕事を入れないようにして、子どもたちがからだを動かして遊べるように家族みんなで外に出るようにしていました。公園が空いている朝の1時間に縄跳びや自転車でママ・パパとからだを動かせば、子どもたちは一応満たされるようでした。その後はタブレットを持たせたり、映画を見せたりして、親たちは仕事に集中するのが日課でした。

Hさん:年齢や性格もあると思うんですけれど、4歳の子は、「ママがお仕事しているなら、私もする」と言っておもちゃのパソコンを広げたりとか、ひらがなの練習をしたりとか、何でも親の真似をしたがるんです。そこで私は「これからしばらくはお互い集中してお仕事を頑張ろうね」と声をかけるようにしました。下の子もいるのでずっと静かなわけではありませんでしたが、上の子だけでも30分ぐらいは我慢してくれるので、ずいぶん助かりました。

子どもの成長を普段以上に実感できた、という幸せも

子どもの成長を普段以上に実感できた、という幸せも

Tさん:保育園が休園になって、家でずっと子どもの世話をするのは確かに大変でしたが、夫の在宅勤務が始まったら、平日でも3度の食事を家族一緒に食べられるようになったのは嬉しいことでした。日々成長する子どもの様子を夫と喜び合える時間も増えて、家族の絆が強まったという思いもあります。

Fさん:うちも同じで、夫は職場まで片道2時間ぐらいかかるので、朝は早く出るし、帰りも遅いんです。そのためにこれまで平日にご飯を一緒に食べることは不可能でした。だから在宅勤務の間は3食一緒に食べるのがすごく新鮮で楽しかった。私は今、育休中ですが、振り返ってみると、働いている時はいつも時間に追われてバタバタしていたし、下の子が生まれた後はふたりの子どもの世話に夢中で、慌ただしくすごしていたような気がしています。4歳の上の子は保育園の休園で一緒にいる時間が長くなってから、ひらがなに興味を持って読んだり、書いたりできるようになりました。夫か私のどちらかが集中して遊んであげる時間をとることで、子どもたちが今、何に興味があるのか分かったり、日々の成長を目の当たりにできました。これからはもう少し余裕を持って暮らしたいなと考えたりしました。

Jさん:4月に緊急事態宣言が出た時に、「コロナ危機は長期化するだろうから、この生活が半年近く続くなら、子どもたちのために働き方を根本的に変えなくてはいけないかも」と漠然と考えたのですが、実際に経験してみて多くの事に気づきました。これまでは頑張って働くことに価値があると考えてしまいがちでしたから、無理していると分かっていても仕事先にまめに足を運ぶのは当たり前だったんですね。今回完全リモートにしてみたら、正直あんまり仕事が減ったわけでもなくて。これはちょっと想定外で、その気になれば働き方は変えられるのでは思ったりしています

その気になれば働き方は変えられるのでは

T:Jさんのように今回の経験で働き方を変えてみようと考えたママ・パパは増えているかもしれません。新しい働き方が社会になじんでいくと、仕事にしても子育てにしても選択肢が増えていくので、ママ・パパにとってはよいことだと思います。

Jさん:そう。例えば今日ですけど、このリモート取材は朝9時半からはじまるというので、9時に洗濯を始めて、それでもまだあと5分あると思って、ゴミを捨ててからパソコンの前に座ったんです。今までは出社する時は全部放置して出ていくものでしたから、夕方仕事から帰った私をゴミと朝の食器が待っているという現実がありました。リモートワークでそれがなくなって、家事のストレスからも解放れていますね。

Tさん:これまでは会社員なら週5日働くとかが社会通念としてあったけれど、コロナ禍の中でそれが微妙に崩れたような気がしています。アフターコロナの社会は、働き方や会社の制度も変わっていくのではないでしょうか。うまく行けば、働くママ・パパだけではなくて、家族の介護をしなくてはいけないとか、他の事情がある人にとっても働きやすい世の中になっていくのではないかと期待しています。

もう週5出勤の世界には戻れない?

もう週5出勤の世界には戻れない?

T:皆さん今回の経験でリモートワークの長所、短所を実感したようですね。リモートワークが難しい業種もあるし、中には未だに在宅ワークの効率を疑問視する会社もあったと言う話も聞きますが、この機会に始めた多くの企業で積極的に進めていこうという動きがあるようです。これからはコロナの感染予防をしながら、家族それぞれができるだけ普通の暮らしを取り戻すことになると思いますが、皆さんにとって、どんな働き方が理想になってくるのでしょうか?

Iさん:この話の流れに反するかもしれませんが、私は今まで通り、子どもを保育園に預けて、週5日出勤で働きたいですね。子どもが小さいうちは時短にして、18時には必ず迎えに行って、18時から21時はガッツリ子どもとの時間にするというのが、私にとっては多分一番ストレスなく働く方法だと思うんです。子どもと一緒にすごすのは楽しいし、できるだけ一緒にいたいけれど、子どもが目の前にいて遊んでほしいという時に、仕事を優先して我慢させるのはつらい。子どもが風邪で寝込んだりした時には、リモートで働けるとありがたいかなと思いますけれど、やはり基本は在宅よりも、会社で仕事をする方が効率もいいし、ストレスもないなと実感しています。

Hさん:私は週5出勤の世界には戻れないと思いつつも、一方で週5の在宅勤務も無理かなと思っています。やはり仕事をしながらだと、子どものことを100%見てあげることはできないということは、今回の経験でよく分かりましたしね。在宅勤務は週2~3日ぐらいがいいかな。それくらいだと、朝早く仕事を始めたり、保育園のお迎えギリギリまで仕事をしたりできるので、仕事の効率が上がるのではないかと考えています。夫も同様に、コロナ後も週2日ぐらいはリモートにしたいと言っています。

T:在宅勤務でも保育園に預けられるようになるとか、そのあたりのルールが整備されないと、週5で完全在宅勤務に切り替えるのは難しいですよね。一方で今後、さらにデジタルや通信の技術が進歩すれば、もっとストレスなくリモートワークができるようになるのは確実です。そうなったときに、子育てまわりのサービスや制度がさらに充実していれば、もっとワーキングママが活躍できるのではないかと思いますね。本日はみなさん、ありがとうございました!

 

※         ※         ※

コロナ禍により、半ば強制的にリモートワーク化が進みました。この2か月、3か月、保育園の休園、親族とも接触できない時期が続いたため、子育て世帯にとって負担はかなり大きいものでしたが、コロナ後の世界まで見通すと、リモートワーク化の流れは大きな追い風であることは間違いありません。もっと無理なく働けて、子育てもできる社会が実現するように――ミキハウス出産準備サイトは、そんなステキな未来が来ることを心から願っています。

妊娠・出産インフォ トップに戻る