【専門医監修】 保険適用前に知っておきたい 不妊治療の基礎知識〈part1:不妊について〉

【専門医監修】
保険適用前に知っておきたい 不妊治療の基礎知識
〈part1:不妊について〉

妊娠・出産インフォ

菅内閣は今年9月、急激に進む少子化への対策として2022年4月をめどに不妊治療の保険適用を開始する方針を打ち出しました。2015年には、5.5組に1組のプレママ・プレパパが不妊の検査や治療を受け、2018年に生まれた子どものうち約16.1人にひとりが不妊治療によるという(※1)現状を踏まえ、社会的なニーズの高まりに応える政策として注目を集めています。

そこでミキハウス出産準備サイトでは、3回にわたって不妊治療の問題を取り上げ、不妊と治療の実情、保険適用がもたらす影響などについて考えていきたいと思います。お話を伺うのは、2004年に始まった特定不妊治療助成金制度の導入と運用にも深く関わってきた、慶應義塾大学医学部名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生です。

第1回目の今回は「不妊治療の基礎知識〈part1:不妊について〉」と題し、不妊症の定義、不妊の原因などについて教えていただきましょう。

dr

監修:吉村泰典先生
よしむら・やすのり。1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

 

避妊しない性生活を1年以上続けても妊娠しないことを不妊症と呼びます

避妊しない性生活を1年以上続けても妊娠しないことを不妊症と呼びます

「人口減社会を考える」と題した2015年の厚生労働白書(※2)には、少子化の原因として女性のライフプランの変化による非婚化や、晩婚化に伴う平均出生数の減少に加えて、不妊に悩むプレママ・プレパパの増加も取り上げられています。

WHO(世界保健機構)は不妊症を「妊娠を希望する男女が避妊しない性交を12か月以上続けても妊娠しない場合の男性、または女性の生殖器系の疾患(※3)」と定義しています。

「健康なカップルの場合、避妊しないで月5~6回程度の平均的な性生活(日本の場合)を送っていれば、90%が1年以内に妊娠するというデータを基にして定められたものです。ただ最近、不妊症の割合は増加していて、日本では20%近くのカップルが不妊の悩みを抱えていると推定されています」(吉村先生)

妊娠が成立するためには、①排卵前の女性の子宮内膜が着床の準備を整え、②排卵が起き、③性交によって卵子と精子が受精卵になって、④子宮内に着床する――これらの過程が、すべて順調に進行することが必要です。見方を変えると、あらゆる要素がタイミングよく揃わなければ妊娠は難しいということです。

「何の問題もない女性と男性でもなかなか妊娠しないことがあって、不妊症の診断は困難なもの。男性か女性、どちらかに原因が見つかるものもありますが、約2割は原因がわからないんです」と先生。“不運な偶然”が重なって、なかなか妊娠しないというケースも少なくないそう。

男性、女性、それぞれに考えられる不妊の原因と疾患の治療

男性、女性、それぞれに考えられる不妊の原因と疾患の治療

不妊の状態には、一度も妊娠したことのない「原発性不妊」と、少なくとも一度は妊娠したことのある「続発性不妊」があります。また不妊の原因が男女どちらにあるかによって、「男性不妊」と「女性不妊」に分けられています。昔は女性の問題とされてきた不妊ですが、WHOのレポートでは、不妊のカップルのうち、男性不妊によるものは24%で、女性不妊が41%、両方に原因があるのは24%となっています。それぞれ代表的な不妊の原因について見ていきましょう。

 

【男性の不妊の原因】

上記の通り、男性側に原因があるケースも計48%(※4)と案外多いようです。男性側の主な疾患は、大きく3つに分けることができます。
————————————————————

■造精機能障害

男性不妊の原因の約80%を占める。精子を造る能力に問題があり、精液の中に精子がみられなかったり、数が少ない、もしくは運動率が低下するという症状。

■精路通過障害

精子の通り道のどこかが塞がれており、精巣で作り出された精子が射出精液にみられない状態。

■性機能障害

精液に異常は見られないのに、勃起ができず挿入できない、勃起はするが射精がうまくいかない、あるいは性欲が低下しているなどの理由で、精子が女性の生殖器管に到達できない状態。

————————————————————

他にも前立腺、精嚢などにできた炎症によって臓器が機能不全に陥っている副性器機能異常などが不妊の原因となっているケースもあります。

 

【女性の不妊の原因】

妊娠するためには、女性のすべての生殖器官が正常に働かなくてはなりません。子宮、卵管卵巣や腟ばかりでなく、女性ホルモンの分泌をうながす脳の視床下部(ししょうかぶ)、下垂体も大切な役目を果たしている器官です。主な女性不妊の原因としては、以下のようなものがあります。
————————————————————

■排卵障害

卵巣の中で卵胞が育ち、卵子となって子宮に飛び出すまでの間に、何らかの異常が起きて排卵がうまくいかない状態。無月経や不規則な月経、さらに基礎体温の測定で約2週間続くはずの高温期が短いといった症状が見られる。

■卵管の閉塞や癒着

卵管は精子や卵子、受精卵が移動する通り道。そこがつまったり、狭くなったりすると、それらの移動が難しくなり、受精が起こらなかったり、妊娠が成立しにくくなる。また感染症や子宮内膜症などで周囲と癒着(ゆちゃく)すると、卵巣から排出された卵子が卵管内に入りにくくなるので不妊につながる。

■子宮筋腫やポリープなど子宮疾患

受精卵が着床し、胎児が発育する子宮に筋腫やポリープがあると、着床がうまくできなくなる。

■子宮頸管の炎症、粘液分泌異常など

子宮の入り口にある子宮頸部を手術した後や炎症などがある場合、排卵期に見られる水様透明な頸管粘液が分泌されない。そのため精子が子宮内に到達しにくくなり、不妊症につながることも。また女性の体内で免疫異常によって精子の運動を止めてしまう抗体が作られ、不妊症となる場合もある。

————————————————————

このように男女ともに原因はさまざま。不妊につながるこれらの疾患を手術や薬で治療するのは可能ですが、「最近は原因の疾患を治療して妊娠へと導くというやり方は少なくなってきています」と吉村先生。

なぜなのでしょうか?

「晩婚化、晩産化で、不妊かもしれないと気づいた時にはすでに40歳前後というカップルも少なくない近年、疾患を治すことから始めていては、その間にも妊娠しにくくなってしまう可能性が高まります。そのため最近では、不妊“治療”であっても、原因を治す方法は取らず、いきなり体外受精など生殖医療に入ることが多くなっているのです」(吉村先生)

不妊治療を難しくしている要因は晩産化にもあります

不妊治療を難しくしている要因は晩産化にもあります

時代や社会が変わり、(特に)女性が妊娠を考え始める年齢が上がったことで不妊がより深刻化したことは否めません。吉村先生もこう指摘します。

「一般的に女性が妊娠に適している年齢は25~35歳と言われていて、妊娠する力は35歳前後から低下しはじめ、45歳前後になると月経はあっても排卵がない人もいます。そうなると自然妊娠は望めないのです」(吉村先生)

もっとも女性だけでなく、男性も加齢とともに精巣の機能が低下し、精子運動率や精子正常形態率は下がっていきます。

「現代の生殖医療は卵子の提供を受ければ、50代の女性の妊娠も可能にしています。しかし、人間の生殖年齢には停年があることも、厳然たる事実。体外受精を受けても40歳以上の妊娠率は10%以下というデータもあります。そうしたことは、より多くの方々に認識していただきたいです」(吉村先生)

日進月歩の進歩を遂げてきた不妊治療。排卵期に性交を行うタイミング法に始まって、男性の精液を採取して洗浄して子宮に注入する人工授精、卵子と精子を受精卵にして子宮に入れる体外受精、人工的に卵子に精子を注入する顕微授精と次々と高度な医療技術が確立されてきました。保険適用を機に、こうした不妊治療はもっと身近なものになりそうですが、治療を受ける前にどれくらいの結果が期待できるのかをあらかじめ知っておくことも必要かもしれません。

続く「不妊治療の基礎知識〈part2:治療の現在地〉」では、不妊治療とは実際にどんな事が行なわれるのか、妊娠の可能性、必要になる費用などについて、吉村先生のお話を基にまとめていきます。

 

※1不妊治療と仕事の両立サポートハンドブック(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/30l.pdf
※2 平成27年度版厚生労働白書―人口減少社会を考える(厚生労働省/平成27年度)
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/
※3 不妊(日本WHO協会/2020年9月)
https://japan-who.or.jp/factsheets/factsheets_type/infertility/
※4 女と男のディクショナリー HUMAN+ (日本産科婦人科学会編著)
http://www.jsog.or.jp/public/human_plus_dictionary/book_vol2.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る