【専門医監修】
「妊活」~まず始めるべきこと~

「妊活」とは妊娠についてパートナーと話し合い、正しい知識を身につけて、妊娠を目指した生活を送ること。「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、妊活の始まりです。そこで本記事では、知っておきたい妊娠のメカニズムと妊活の進め方、不妊の定義と治療についてまとめました。

妊娠のメカニズムを知りましょう

妊娠のメカニズムを知りましょう

男性のからだで作られた精子と女性の卵子が結合して受精卵ができれば、妊娠の始まりです。

■卵子と精子

女性は生まれた時から卵巣内に約200万個の卵胞を持っていますが、卵子となって排卵日に卵巣から卵管へ出ていくのは1個だけ。月経周期を28日とした場合、女性のからだは下図のサイクルで妊娠に備えて目まぐるしく“変化”していきます。

月経周期を28日とした場合のサイクル

一方、男性の精巣では日々精子が作られており、“生産量”毎日1億2000万個と言われています。1回の射精で射出された2~4mlの精液中に含まれる精子の数は約1~4億個。しかし偏った生活習慣などで精子の数が減ったり、運動率が低下する傾向があるようです。

■妊娠の成立

腟内で射精されたたくさんの精子は、子宮内を通過して卵管へと進みます。そのうちの1個が卵管内で卵子と結合し、受精卵となります。

受精卵は細胞分裂を繰り返しながら5~6日かけて子宮に到達、厚くふわふわになって受精卵を待ち受けていた子宮内膜にもぐり込みます。これを「着床」といい、妊娠が成立したことを意味します。着床は受精卵ができておよそ12日後のことです。

その後、受精卵が順調に成長すれば、着床開始後10日前後で妊娠の反応が出ます。プレママのからだは月経や排卵を止め、子宮内膜はさらに厚みを増し、授乳に備えて乳房が大きくなるなど、胎児を育て出産に備えるための変化が起こってきます。

次のページ 妊活スタート! 話し合いの後はなにから始めたらいい?

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あなたへのおすすめ

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す