【専門医監修】 withコロナの妊娠・出産  感染しても出産できる? 吉村泰典医師に聞きました

【専門医監修】
withコロナの妊娠・出産 
感染しても出産できる? 吉村泰典医師に聞きました

妊娠・出産インフォ

この1年、世界中で新型コロナウイルス(以下、コロナ)が猛威をふるいました。手洗いやマスク着用、さらに密を避けるなどの行動制限等、私たちの「日常」は一変し、ここに来て毎日のように医療機関の逼迫(ひっぱく)を伝えるニュースを耳にするようになっています。赤ちゃんを待ち望んでいるプレママ、プレパパにとっては、妊娠・出産に大きな不安を感じる状況と言えそうです。

しかし慶應大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生は「コロナ禍でも安心して赤ちゃんは産めます」といいます。そこで今回は、昨年6月に本サイトで公開した吉村先生のインタビュー記事「withコロナ時代の妊娠と出産」を最新版にリニューアル。コロナ禍の1年でわかったこと、本当に注意すべきこと、気をつけるべきこと、さらに妊娠・出産に係る医療機関の現状について改めてお聞きしました。

dr

監修:吉村泰典先生
よしむら・やすのり。1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

 

免疫力が落ちる妊娠中は感染に注意が必要です

免疫力が落ちる妊娠中は感染に注意が必要です

――さて、年明けに東京などいくつかの都府県で非常事態宣言が出されました。感染リスクが以前に増して高まっていると言えるかと思いますが、出産準備サイトとしては、やはり妊婦さんがコロナにかかった場合のリスクについて、まずはお聞きしたいと思います。

吉村先生:ええ。半年以上前のインタビューで「現時点ではコロナで妊婦さんが重症化しやすいとか、おなかの赤ちゃんに悪影響があるとか、あるいは流産や早産が増えたとか、死産が増えたとか、そういう報告はありません」とお答えしたかと思いますが、それは今も変わりません。

――つまり糖尿病や高血圧、肥満などの基礎疾患を持っていない妊婦さんなら、コロナに感染しても重症化のリスクは同年代の妊娠していない女性と変わらないというわけですね。感染の「しやすさ」についてはいかがでしょうか?

吉村先生:それは注意が必要です。体の中で大きな変化が起きている妊娠中は、免疫力が低下してしまいますから、感染しやすくなっているということが言えます。特に妊娠後期に呼吸系感染症にかかると、体に必要な酸素の供給に影響が出るなど危険を伴います。コロナは呼吸器系疾患を起こしやすい病気ですから、感染しないように気をつけなくてはいけません。

――とにかく感染しないように、ですね。今、外出自粛が呼びかけられていますが、こういう状況では、妊婦健診も控えたほうがいいのでしょうか?

吉村先生:いえ、そうは思いません。妊婦健診は妊婦さんとおなかの赤ちゃんの健康を守るために必要です。ちょっとした異変を早めに見つけて大事に至らないようにするためにも密を避けるなり、一般的に言われている感染対策を取りつつ受診をされたほうが良いかと思いますね。ただし健康状態や妊娠週数などによっては、受診の間隔をあけることができる場合がありますから、どうしても外出はしたくないという方はかかりつけの産科医とよく相談してください。なお妊婦健診はほとんど場合予約制で行われていますから、待ち時間が長すぎて大変ということはないと思います。

――仕事をがんばっている妊婦さんにとっては、通勤中や職場での感染が心配ですよね。

吉村先生:妊婦さんにはリモートワークを推奨したいです。基礎疾患のない妊婦さんは感染しても重症化することはありませんと言いましたが、普通の状態よりは感染しやすくなっていますからね。

妊婦さんにはリモートワークを推奨したい

吉村先生:通勤しなくてはならない仕事であれば、密を避けるなど職場環境を整えてもらうことも必要です。なお政府も雇用側に対して妊婦さんの健康を守るための「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(※)」の要請を令和4年1月31日までに延長しています。この措置では、通勤の制限や感染のおそれが低い業務への配置転換など、妊婦さんの感染予防に十分な配慮をすることが求められています。私も、産婦人科医として言わせていただくなら、会社側が妊婦さんに対して十分に配慮するのは、社会的責務だと考えています。

――社会全体で妊婦さんやおなかの赤ちゃんの健康と未来を守る姿勢を示すべき時ですね。プレママがコロナにかかると、おなかの赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

吉村先生:今のところ胎児の感染は非常にまれとされています。またウイルスが原因で赤ちゃんが先天性異常を起こすとか、早産、流産につながるという可能性は非常に低いと見られています。ただし、発見されてまだ1年しかたっていないウイルスですから、未知の部分もあり、調査研究は今も行われているところです。

――昨春の緊急事態宣言発出中は、里帰り出産も非常に難しかったと聞いています。今はどうなっているのでしょう。

吉村先生:日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会が5月26日に合同で発表した「妊婦の皆様へ」というインフォメーションの中で、里帰り出産はできるだけ控えてほしいと呼びかけていますね。ですが、それぞれに事情は違うし、一概にしてはいけないということではありません

――里帰り出産を希望する場合はどうしたらいいですか?

吉村先生:まずは妊娠中の経過や合併症の有無なども踏まえて、妊婦健診を受けているかかりつけ医に相談してみることをおすすめします。その上で、可能であれば帰省先の医療体制などを考慮して分娩施設を決め、早めに連絡しておいた方がいいでしょう。

産科医院では、安全な出産のための体制が整っています

産科医院では、安全な出産のための体制が整っています

――それでは出産について教えていただきたいと思います。コロナ以降、医療機関の感染症対策が厳しくなり、立ち会い分娩や産後の面会ができなくなっているそうですね。

吉村先生:病院は妊婦さんや赤ちゃんの健康を守る場所です。そこで妊婦さんの間に感染が広がってしまうのは絶対に避けなくてはいけませんから、妊婦さん以外の来院は極力控えていただきたいということです。PCR検査が受けやすくなった昨年夏ごろからは、検査を条件に立ち会い分娩を認めるクリニックも出てきましたが、それぞれの医療機関で対応が異なりますから、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

――PCR検査は出産前の妊婦さんも受けるんですよね。

吉村先生:そうですね。お産の時にはどうしてもいきんだり息が荒くなったりしますから、妊婦さんが感染していると唾液が飛んで周囲へうつしてしまうかもしれません。今はほとんどの産科でPCR検査ができるようになっていて、出産前には受けていただくことになると思います。

――その検査で仮に「陽性」と判定されたら、どうしたらいいのでしょう。

吉村先生:その場合は分娩予定の病院ではなく、別の病院に移ることになるかもしれません。感染している妊婦さんが経膣分娩するのが難しいというわけではありませんが、わが国ではほとんどの場合は帝王切開を選択されています。そのためのオペ室があり、産後の病室としてウイルスを外に出さないように気圧を調整した陰圧室がある病院に転院して、出産することになると思います。

――ニュースで「医療が逼迫している」と聞くのですが、出産の直前に感染がわかっても、行き場がなくなるということはないんですね?

吉村先生:確かに一般の方々は検査で陽性になってもなかなか入院できないという話も聞きますが、妊婦さんに関してはそういう心配はいりません。全国各地にある設備の整った医療機関で専門性の高いスタッフが対応する体制が整っていますから、安心して出産に臨んでいただけると思います。

――そうですか。お話を伺って安心しました。コロナ禍だからといって、妊娠・出産に障害があるとか、難しいと考える必要はないということですね。

吉村先生:医療機関への家族の出入りが制限されるなど、ご不自由をおかけすることもあるでしょうが、産科の医療体制については今までと変わらない安全を提供しています。コロナ禍でも無事に妊娠期をすごし、元気な赤ちゃんを迎えることができるように万全の体制が整っていますからね。

――生まれた赤ちゃんにはほとんど感染しないというお話でしたが、授乳はどうでしょう? 感染しているママが母乳を与えることはできますか?

吉村先生:母乳を通して新生児に感染するリスクは少ないと言われていますが、ウイルスが母乳中から検出されたという報告もあります。また授乳する際、接触や飛沫感染を防ぐことは難しいと思われますから、感染している間はおやめになったほうがいいと思います。検査で陰性になっても、医師のOKが出るまでは控えたほうがいい。どうしても母乳を与えたいと考えるなら、リスクの少ない授乳の仕方などを医師とよく相談してください。

子どもたちの明るい未来のために、今私たち大人ができること

子どもたちの明るい未来のために、今私たち大人ができること

吉村先生:繰り返し申しますが、産科医の立場から言わせていただくと、今の日本で出産を迎えることにことさら不安を抱く必要はありません。コロナ禍にあっても、日本では非常に安全に出産できます。しかしながら安全と安心は違う。事実コロナ感染が拡大して以降、産科への出産の予約数が減少しています。

――令和婚と呼ばれた昨年は、結婚して赤ちゃんを授かったママ・パパが多かったので、今年度の出生数は83万人ぐらいになると言われていましたが、気になるのは来年度ですよね…。

吉村先生:そのとおりです。現在今年の1月からの分娩予約は2割以上減っています。今年の出生数は確実に80万人を割り込むでしょう。なぜそうなるのか。やはり、それは経済や雇用など、将来に対する不安ですよね。いくら医者が「安全ですよ」と言ったところで、安心して妊娠や出産に前向きになるのは難しい。

――たしかに…。

吉村先生:将来への不安は、少子化を加速させてしまう一番の要因です。行政には子育て世代の将来に対する不安を払拭し、コロナ禍を乗り越えるための政策を打ち出してもらいたいと切に願っていますよ。

――こんな時だからこそ、赤ちゃんや子どもたちの未来に向かうエネルギーが社会を明るくしてくれるのではないかと思います。子どもたちの未来のために、今私たちができることはありますか?

吉村先生:「コロナを正しく恐れること」ですね。このウイルスは感染力が強いけれど、病原性(※)はそれほど強くありません。血管性の疾患があると重症化のリスクが高くなりますが、ほとんどは感染したとしても無症状か軽症です。故に、まったく恐れずに、感染対策が疎かになっている人もいるかもしれませんが、それは違う。恐れないのではなく、正しく恐れてください。コロナ禍だからといって子どもが産めないなんてことはないですし、子育てにしても制限があるなかで難しい部分もあるかと思いますが、決して育てられない状況ではありません。

――そう力強く仰っていただけると、少し安心できます。ちなみに先生の言う「正しく恐れる」とは、具体的にはどういう意味でしょうか。

吉村先生:散々言われていることですが、3密を避け、マスクを着けて、部屋はこまめに換気し、外から帰ったらすぐに手を洗うといった感染予防の基本を守ることです。また外出先でできるだけモノに触らない工夫も必要でしょう。タッチパネルとか手すりとか、無意識に触りがちな場所に気をつけたいですね。触った場合は手洗いやアルコール消毒を忘れずに。そうした基本動作をしっかりすることが「正しく恐れること」だと思いますね。

――逆に言うと、それ以上のことに神経を尖らせるのは…。

吉村先生:個人的には過剰だと思っています。それによって社会が殺伐としていることが気になります。このなんとも言えない殺伐とした空気が、子どもを産みたい、育てたいという妊婦さんやパートナーの気持ちを阻害しているような気がしてなりません。もう少し、心にゆとりをもって春を迎えたいものです。そう、春はいつかやってくるのです。

 

※         ※         ※
コロナ禍の中、産科の医師はプレママと赤ちゃんの健康を守るために一生懸命がんばってくださっていることを知って、妊娠・出産への不安が軽くなったプレママ、プレパパもいるのではないでしょうか。マスク着用や外食の規制でちょっと窮屈な日常でも、一人ひとりが自分にできる予防策を心がけて、一日も早く穏やかな日常を取り戻したいものですね。

 

〈参考資料〉
※新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(厚生労働省/2020年12月)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000628247.pdf

※病原性とは:ウイルスなどの病原体が、他の生物に感染して宿主に感染症を起こす性質・能力のこと

妊娠・出産インフォ トップに戻る