【専門家監修】 乳幼児教育 本当に大切な「学び」とは〈後編〉

【専門家監修】
乳幼児教育 本当に大切な「学び」とは〈後編〉

妊娠・出産インフォ

乳幼児期に、読み書きや計算のスキル(≒認知能力)ではなく、共感力、好奇心、集中力、忍耐力などの感情や心の働きに関する「非認知能力」を伸ばすことこそが、その人の人生を充実させ、豊かにするという研究結果があるそうです。

「本当に大切な『学び』とは〈後編〉」は、乳幼児期に育つ能力をどう育てるかについて、お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科で「子ども学」を教える浜口順子教授にお聞きしました。

 

浜口 順子(はまぐち・じゅんこ)先生

<プロフィール>
浜口 順子(はまぐち・じゅんこ)
お茶の水女子大学家政学部児童学科卒 お茶の水女子大学大学院 家政学研究科修了 博士(人文科学)。研究キーワードは乳幼児期、保育、子ども観、倉橋惣三。雑誌「幼児の教育」(フルーベル館)編集主幹。お茶の水女子大学 基幹研究院(保育・児童学)教授。3児の母。

 

親子で遊ぶ、家で一緒にゴロゴロする。そんな時間も子どもの能力を育てます

親子で遊ぶ、家で一緒にゴロゴロする。そんな時間も子どもの能力を育てます

――前編では、「非認知能力」として注目されている共感力、好奇心、集中力、忍耐力などは、乳児期からのママ・パパとの触れ合いをベースに育つことを教えていただきました。そこで後編では、わが子の「非認知能力」を育てるためにママ・パパが心がけるべきことについて伺いたいと思います。

浜口先生:そうですね…。親御さんがそういうことを知りたいだろう、だからこそのご質問だとは思いますが、個人的にはわが子の「非認知能力」を育てるために心がけるべきことは何かと考えること自体、ちょっと違和感があります。

――と、おっしゃいますと?

浜口先生:感情や心の働きに関する「非認知能力」は日常生活の中でゆっくりと育っていくもので、大人が成果を期待して取り組むものではありません。そのため「どうしたら伸びるか」と結果を見越して子どもに接した時点で、塾や習い事に連れていくのと同じことになってしまうのではないかなと思うんです。

――それは確かにそうですね。

浜口先生:ですから「なにかをしてあげなきゃ」とか「親としてこういう態度で子どもに接したほうがいい」みたいな話ではないんですね。ただ一緒に買い物に行ったり、子どもが思い切り遊ぶ姿を見てほほえましく思ったり、一緒に部屋の中でゴロゴロしたり…そんな何気ない時間が親子の絆を育むんです。

「子どもと一緒にいるといやされるなあ」とか「子どもってよくわからないけど面白いよな」と親が心に余裕をもって子どもとすごすことが大切。はじめは肩に力を入れて「一緒に遊ぶことで非認知能力が育つんだ。頑張って遊ばなきゃ」というような気持ちだったとしても、いつの間にか親のほうがリラックスして子どもよりも夢中になって遊んでいたりするような、そういう自然な流れがあるといいと思います。

――特別なことなんて必要ないと。

浜口先生:そう思います。お母さん・お父さんと一緒のいい時間の中で、子どもは信頼感や共感力を身につけていくし、お母さん・お父さんはわが子がどんな子どもか、わかってきて、気持ちを汲み取ることができるようになっていきます。「できるかできないか」とか「普通か特殊か」という見方をしてしまうのは、他の子どもと比較する目線です。それは一人ひとりがその子らしさを持っていて、しかも今を健気に生きていることを見えにくくしています。

【専門家監修】 乳幼児教育 本当に大切な「学び」とは

――そもそも、乳幼児期に習得できる能力やスキルは、しばらくすれば誰でも身に付けられることが多いと言いますよね。それよりもママ・パパとすごす日常の中に、「学び」の機会がたくさん散りばめられていることを、もっと信じていいと。

浜口先生:はい。ただ、お母さん・お父さんは毎日忙しい方が多いですよね。でも時間が取れるときは一緒にすごして、子どもの様子を見ながら「今、この子はどんな気持ちなのかな」、「何をしたいのかな」と感じていただきたいです。そういうことの繰り返しが、子どもの中にも「大人のうれしい顔がみたい」、「ママ(パパ)、なんか元気なさそうだな、どうしたのかな、何かしてあげたいな」という気持ちをだんだん育てていきます。それが絆だし、共感力なんですね。

――そういう意味では、ママ・パパは子どもがやりたそうなことを見つけてあげることが大切になりますかね?

浜口先生:う〜ん、そこがまた難しいところですけど、あまり肩肘張らないでいただきたいと思うんです。十分すぎるお膳立てをすると、子どもはすぐ飽きてしまいますし。用意しすぎないというのは幼児教育の鉄則。「これが面白いよ」「きっと役に立つよ」と与えていては、子どもはそれなりには楽しんでも、夢中になって遊ぶというわけではないだろうと思います。

子どもが自分で興味のあることを見つけて「こうしたらどうなるかな」、「もっとやってみたい」と目を輝かせて何かに取り組むようになるには、たくさんの無駄に見える時間が必要なんです。本当の「非認知能力」を育てたいなら、子どもが何かを見つけるまで待ってあげなくていけません。

日本の保育現場では「見守る」がキーワードなんです。話しかけたり行動を起こしたりする前に、一歩下がって「見守る」。その時間をおいてみると、案外子どもが思いがけないことを言ったり、やり始めたりします。そんなとき「あー、待っててよかった」と思うことがよくあります。

今は見守らない大人が多すぎるかもしれない。でもそれは、放っておくのとは違うんです。放っているように見えても、なんとなく子どもの様子に気を留めている。そういうディスタンスをとっていないと、その子どもの「らしさ」のようなものは見えてこないし発揮されない。じれったくなっても、手を貸したいと思っても、一度待つんです。子どもが自分自身の力と向き合えるように。必要な時には子どもの方から助けを求めに来ます。

――待つ…ですね。待っていて本当に見つかるのか不安にもなりますが(苦笑)

浜口先生:暮らしの中にはいろいろな経験の機会があります。例えばお母さんが家族のために心を込めて料理を作る、お父さんが趣味の自転車を修理する。大人が何かに没頭している姿にひかれて、子どもは自分もやってみたくなるものです。

私の関わっているこども園でも、大工仕事でいろいろなものを魔法のように作り出す男性職員の周りにはいつも子どもが集まって、目を丸くして見つめています。大人が一生懸命に取り組む姿は格好よくて、憧れの的なんですね。そういう大人に接する経験が、子どもの「非認知能力」を自然に育てるのだろうと思いますよ。

スマホ画面越しでなく、直に成長を見守ってあげましょう

スマホ画面越しでなく、直に成長を見守ってあげましょう

――子どもの「非認知能力」が育ちにくい環境というのはありますか?

浜口先生:ベテランの幼稚園の先生に伺ったのですが、最近の子どもたちはやってもらう経験が少ないように見えることがあるそうです。昔は靴の紐がほどけたらお母さんが結んでくれるものだった。できないことがあるとお母さん・お父さんが助けてくれたんですね。でも今は小さなうちから「自分でやりなさい」と言われる。

片付けもそうです。親子一緒に片付けをした経験もないのに、「片付なさい」と叱られる。でもやったことがないのにできるわけありませんね。さきほどの「待つ」というお話と矛盾するようなのですが、最近は「自立、自立」と言われすぎているような気もします。「自分でできることは自分で」というのも程度問題です。まだ一人ではとてもできそうもない子どもを前にして、一人でやりきるのをじりじり待つ必要はないのです。

身の回りの支度や片付けなどの生活習慣、包丁を使ったり種を植えたりなど一定の技能を必要とするような行為は、始めはちゃんと大人がモデルを示してやる。もともと大人の能力にあこがれている子どもたちですから、そのうち、「自分でやりたい!」とかならず言い始めます。助けてもらう経験がないと「自立」には向かわない。矛盾しているようですが、ちゃんと依存する経験は大切。そこでちゃんと助けてもらうと人は自立したくなる。

――助けてもらう経験を経て、自立へと意識が向かうのですね。

浜口先生:何度もサポートしてもらっているうちにできるようになるのが、発達していくということなんです。有名な発達心理学者のレフ・ヴィゴツキーが唱えた「発達の最接近領域」という概念があって、簡単に言うと「自分ではできないけれど、誰かの協力があればできるかもしれない領域」という意味です。

でも、たとえば「絵本を読んで」というような要求に対してして「あなたはもう字を読めるでしょ」というのは、ちょっとおかしいと思います。絵本とは一緒に読むのが楽しいものです。文字は読めても読んでもらいたいことがよくあります。「できる、できない」では割り切れない世界。子どもがその時どういう気持ちで「読んで」と言っているのか、感じてほしいと思います。

子どもが今できることから次の段階に進むためには、お母さん・お父さんの支えがあって、子どもがこれなら大丈夫、自分でやれると思う時が来るのを待つことが大切なんですね。やってもらう喜びを知らない子は「非認知能力」も育ちにくいのではと言われています。

――やってもらう喜びを知らせることが大切なんですね。

「非認知能力」を育むにはやってもらう喜びを知らせることが大切。

浜口先生:はい、やってもらう喜びを知っていると、人に手を貸すことも自然にできるのだと思います。たとえば、幼稚園の保育室で先生が「〇〇ちゃん、お部屋が散らかっていて歩くの危ないから、そこのブロック片付けるの手伝ってくれる?」と近くにいる子どもに声をかけた場合に、「ぼくがやったんじゃないもん。自分のことは自分でやるんでしょ」と言って、ブロックで遊んでいた当の子どもを探しに行くというようなことが起こります。「自分のことは自分で」ばかり強調されると、こういう行動を生んでしまうのかなと思います。本当の自立とはなにか、考えてみる必要があります。

もうひとつ、「非認知能力」にも影響するのではないかと私が最近気になっていることがあります。それは公園で遊ぶ子どもに付き添っているほとんどのお母さん・お父さんの片手にスマホがあるということ。みなさん、わが子の姿を残しておきたいと思って、スマホで撮影していますよね。

――子どもの成長を撮って、SNSにあげて、友達や祖父母に見てもらう…コロナ禍の今、会えない親にも近況を報告したいという思いもあるんでしょうね。

浜口先生:それがまぁ10分ぐらいだったら、問題はないだろうと思いますよ。でもたまに公園にいる間中ずっと、わが子の姿を撮っているお父さん・お母さんもいるんですね。私も子どもを育てましたから、成長の記録を残したいという気持ちはわかります。でもずっとスマホを手放さず、場合によっては誰かと「通信」している。

こう言うと説教臭く聞こえるかもしれませんが、もっとゆっくり子どもの姿を直接見てあげて欲しいと思います。スマホを置いて、親子の時間を楽しんでもらいたいし、「撮影者―被写体」という関係以外の自然な関係で子どもを感じてほしいです。大人でも、デートの最中にもし相手が自分の撮影ばかりしていて、ずっとファインダー越しに会話をしていたら、変だと思うでしょう。この人は本当の私に興味があるのかしらって。子どもと大人の関係も同じです。

「非認知能力」が育っていれば、「認知能力」は身につきやすい

「非認知能力」が育っていれば、「認知能力」は身につきやすい

――「認知能力」はテストの点数や達成度で客観的評価が下せます。一方でそうした尺度で測れない「非認知能力」について、いかに育っているのかを知るのは難しいですよね?

浜口先生:そうでしょうね。近くにいる親にはかえってわかりにくい面があるかもしれません。親の目には、困った子、扱いにくい子に見えても、それがしっかりした自我のあらわれである場合も多いものです。逆に「手がかからない」「言うことをなんでもきく」ような、いわゆる「いい子」の方が実は心配な子だったりする場合もあります。

心配だったら、第三者に印象をきいてみたり、園の先生など専門家の意見をきいてみるといいでしょう。甘えてくる、自己表現をする、好きな遊びがある、気持ちが通じる、すぐあきらめない…などは大切でしょう。

――「非認知能力」は乳幼児期でないと育ちにくいものですか? 成長してからでは遅いのでしょうか?

浜口先生:環境が変わって、周りの人との関係性が変化すると人間は変わるものです。ですから「非認知能力」はいくつになってもそれなりに育つと思います。でも、「認知能力」が発揮される学童期以前に育むことが特に大切なんです。課題に取り組む意欲とか、持続力、忍耐力などを発揮して、「なぜ?」とか「どうしてこうなるの」と興味を持って深く学ぶ態度が育っていると、勉強は面白くなるし、身に付いていくでしょう。

――ある意味、今現在の構造ですと、小中高、そして大学と「認知能力」だけで競争を勝ち抜いていくことが可能です。しかし、一方で認知能力だけに注力した結果、社会に出てから困る人も少なくないと個人的には感じています。それどころか、学生時代は「認知能力」だけで測られていた尺度が、社会に出てからやたらと「非認知能力」を求められていることが多いなとも思います。仕事をする上でも、親になって子どもを育てる時にも、「非認知能力」は欠かせないものだと実感しています。

浜口先生:たしかにおっしゃるとおりかもしれません。それくらい、非認知能力は生きる上で大事な人間性の土台だと思います。子育てする上でも、なにか特別なことをするというより、とにかく子どもの気持ちや思い、言葉に耳を傾けてみてください。そして必要なお世話はするけれど、あとは子どもの成長を見守って、そっと支えてあげてください。

最後に一言。わが子を心配するあまり暗い表情でそばにいる大人ほど、子どもにとって有害なものはないと思っています。鏡でときどきどんな顔をしているかなと確かめてみるといいかもしれません。子どものせいで不機嫌になっている雰囲気は子どもを傷つけます。

たとえば、顔と顔を突き合わせて真正面からきつく叱られている子どもが、どうしたらいいかわからなくなったんでしょう、思わずニヤリとしてしまい、「なんで笑っているの!」と一層きつく怒られている光景を見ることがあります。あれは、「そんな怖い顔をしないで笑って」という子どもの祈りのようにも見えます。

子どもが自分の思い通りにならなくても、それが子どもだと思える楽天性思い通りになったらかえっておかしいかも、と思えるような客観性がある親は、子どもにとって救いになるでしょう。それは「非認知能力」の育ちと関係していると思います。

――わが子が自分らしさを発揮して充実した人生を送ることを願うなら、まずは親子の信頼関係から共感力を育て、思いやりとか好奇心、忍耐力といったその他の「非認知能力」も伸びるようにママ・パパは一歩引いて成長を支えることが大切なんですね。今回の先生のお話、私たち親にとっても大切な学びになったと思います。ありがとうございました!

妊娠・出産インフォ トップに戻る