“withコロナ”の子育て コロナ禍の育児リアル調査

“withコロナ”の子育て 
コロナ禍の育児リアル調査

妊娠・出産インフォ

年明けから始まったオミクロン株による新型コロナウイルス感染症の第6波。急激な感染拡大で休園になる保育園や幼稚園も見られるようになりました。今まで以上に子どもたちの健康が気になるママ・パパ、赤ちゃんの誕生を楽しみにしているプレママ・プレパパの生活はどうなっているのでしょうか。

ミキハウスは今年1月6日~23日、ミキハウスベビークラブ会員さまを対象として「”withコロナ”の子育て コロナ禍の育児リアル調査」を実施しました。丸2年が経過したコロナ禍での子育ての世代の暮らしや意識を、アンケート結果から紹介していきましょう。

0210_graph1

調査対象は1月6日現在、妊娠中の方が288名、1歳未満の赤ちゃんがいるママ・パパが16,982名でした。回答を寄せてくださった1,365名のうち、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が発出された2020年4月7日以降にパートナーと出会ったという人も4.4%いて、コロナ禍の中で結婚、妊娠、出産、子育てを経験している世代ということがわかります。

 

定着した“おうち時間”が「よかった」は61.2%

定着した“おうち時間”が「よかった」は61.2%

コロナ禍になって丸2年。今ではマスクや手洗いなど感染症予防への気配りが当たり前になり、私たちの暮らし方も大きく変わっています。そこでまず子育て世代の生活をコロナ以前と比べてもらいました。


【設問1】
2020年から続くコロナ禍。生活様式に変化はございましたか?

【設問1】 2020年から続くコロナ禍。生活様式に変化はございましたか?

最も多かった回答は「衛生意識の向上」(90.6%)ですが、「お友だちと遊ぶ機会が減った」(79.3%)、「旅行をしなくなった」(78.6%)、「外遊びが減った」(61.0%)「外食をしなくなった」(56.1%)など、外出や人と会う機会は目に見えて減っているようです。


【設問2】
この1年で、パートナーや家族との関係性に変化はございましたか?

2021年は新型コロナ第3波の中で始まり、感染拡大〜ピーク〜ピークアウトを繰り返しつつ、1年が経過。マスク、手洗い、3密回避といった新しい行動様式にも慣れ、ワクチン接種も進み、コロナに対する「社会不安」も、当初のそれとは変わってきたことが感じられる1年でした。

アンケートでも、この1年のパートナーや家族との関係の変化についてたずねたところ、「概ねよくなった」は14.7%で、「悪くなった」の回答も6.4%あったものの、「特には変わらない」(78.8%)が圧倒的多数です。

「概ねよくなった」と答えた方に「よくなったこと」について自由記述式で書いてもらったところ、以下のようなコメントが寄せられました。

「外出があまりできなくなり一緒にいる時間が増えたのでコミュニケーションをとる時間が増えたのと、パパが積極的に家事をするようになりました」(26歳、ママ)

「緊急事態宣言中は飲み会がほとんどなくなり、毎週金曜日は夫婦でおいしいものを食べて話す時間ができました」(29歳、ママ)

「子どもが生まれてから、子育て仲間とホームパーティやファミリーゲームなどを工夫して、コロナ禍でも協力し合って楽しめるようになりました」(32歳、ママ)

「妊娠中からいろいろと気遣ってもらえて、私自身の夫に対する気持ちも変わりました」(37歳、ママ)

気分転換もままならない生活が続くと、コロナ以前は受け流していた“ささいな事”でも悩んでしまうということもありそうです。


【設問3】
この1年、家族といる時間は増えましたか?

【設問3】 この1年、家族といる時間は増えましたか?

それではどれくらいの人が、家族と一緒にいる時間が昨年よりも増えてきたと感じているのでしょうか。

0210_graph3

「かなり増えた」(38.2%)と「どちらかというと増えた」(30.9%)を合わせると、69.1%が「増えた」という結果です。反対に「減った」は2.7%。コロナ禍が始まった1年目より2年目の昨年が増えたという回答は、“おうち時間”の定着を示しているようです。


【設問4】
「家族との時間が増えたこと」は、あなたにとってよかったですか? それともストレスを感じましたか?

上の問で「かなり増えた」「どちらかと言えば増えた」と答えた人に、それをどう感じているかについて聞いてみました。

【設問4】 「家族との時間が増えたこと」は、あなたにとってよかったですか? それともストレスを感じましたか?

「よかった」の61.2%に対して、「よくなかった(以前よりストレスを感じるようになった)」が5.5%ですから、家族との時間を楽しんでいるママ・パパはかなり多いようです。


【設問5】
家族とすごす時間が増えたことで、どんなよいことがありましたか?

【設問5】 家族とすごす時間が増えたことで、どんなよいことがありましたか?

家族とすごす時間はママ・パパにどんなよいことをもたらしてくれたのでしょう。複数回答可として選択してもらいました。

0210_graph5

一番多くのママ・パパが答えているのは、「子どもの成長をじっくり見守ることができた」(73.9%)こと。次いで「以前よりも、パートナーや家族と会話するようになった」(53.5%)、「家族をより大切に思うようになった」(52.1%)など家族に関することが上位を占めました。

パートナーとの関係については、「お互いに家事分担の意識が高まった」(35.5%)、「子育てや家族の未来(将来設計)について語り合うことができた」(34.4%)の回答が多くなっています。

ママとパパが助け合い、気持ちをひとつにしてコロナ禍を乗り越えようとする姿が見えてきますね。

ママとパパが仲良く世話すると、赤ちゃんはごきげん!

ママとパパが仲良く世話すると、赤ちゃんはごきげん!

コロナ禍で以前のような人付き合いや旅行が難しくなった反面、充実してきたように見える家族の時間。ママ・パパの子育てに関する価値観や考え方にどう影響しているのでしょうか。


【設問6】
コロナ禍で子育てに関する価値観や考え方に変化はありましたか?

「コロナ禍で子育てに関する価値観や考え方に変化はありましたか」と聞いたところ、「かなりあった」(20.6%)、「どちらかというとあった」(17.0%)を合計すると37.6%のママ・パパが「あった」と答えています。「なかった」は27.4%、「どちらともいえない」が35.0%です。

そこでどんな変化があったか聞いてみました。まずは「価値観や考え方が変化してよくなったこと」への回答から紹介します。

「夫婦2人で世話をすると、赤ちゃんの機嫌がいいことが多いようです」(34歳、ママ)

「思っていた以上にわが子は愛おしいと感じました」(38歳、パパ)

「子どもを持つ幸せを実感。コロナ禍で祖父母にも活力を与えてくれる気がします」(43歳、ママ)

「家にいることが多い分、じっくり向きあっていると思います」(45歳、ママ)

一方、「価値観や考え方が変化して悪くなったこと」という意見にはこんなものがありました。

「自分の時間が減ったし、神経質になりました」(27歳、ママ)

「友達と会うことがなかなかできないので、情報収集ができず、子育てについて考えすぎてしまうことが増えました」(28歳、ママ)

「友達と遊んだり、児童館に出かけることが減り、ママと子どもだけで遊ぶことが増えました。家にいると家事や下の子の世話に追われ、イライラをつい上の子にぶつけてしまうことが多かったです」(31歳、ママ)

「コロナ禍による価値観や考え方の変化」によって、今までの生活では気づけなかった幸せを見つけた家族が多い一方、周りとの関りが減ったことで子育てに関する悩みが増えたママも存在すると読み取れる結果とも言えます。

もし今、育児に悩んでいるママ・パパがいたら、育児相談などを利用してみてはどうでしょう。公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンが運営するサイト「あなたのミカタ」からお住まいの自治体の相談窓口を探すこともできます。LINEなどSNSでの相談もOK。気軽にコンタクトできそうですよ。


【設問7】
コロナ禍の中、子育てに関する価値観や考え方をめぐり家族と話し合うことはありましたか?

次の質問は、子育てに関する価値観や考え方をめぐり家族と話し合いを持ったかについてです。

0210_graph6

「何度も話し合った」(54.5%)は半数を超え、「1回ぐらい話し合った」(22.2%)と合わせると話し合った家族は76.7%にものぼります。どんなことについて話し合ったのか、自由記述式で答えてもらいました。

「ウイルスと共存していくことを前提に、幼少期に外でからだを動かして免疫力を高め、心身の成長をうながすことの大切さについて話し合いました」(40歳、ママ)

「子ども向けの講座は、感染リスクも考えて対策がしっかりしているところを選ぶようにしました」(40歳、ママ)

「育て方や育休取得について話し合いました。男性育休がまだ全然受け入れられていないことを身にしみて感じました」(27歳、ママ)

この他にも将来通わせる保育園・幼稚園・小学校の事、習い事、保険、生活リズムの作り方など、コロナ禍でなくてもママ・パパが気になるわが子の育て方についても、多くの家庭で話し合いが行われているようです。今はずっと先のことと思えても、子どもの成長は早いもの。一緒に長い時間をすごせる今をいい機会と捉えて、きちんと話し合っておけるといいですね。

赤ちゃんの笑顔と成長がママ・パパのモチベーション

赤ちゃんの笑顔と成長がママ・パパのモチベーション


【設問8】
今現在の子どもの育て方に関する悩みや不安について。あてはまるものを教えてください。

コロナ禍でなくても、子育てに悩みや不安はつきものです。複数回答可で今の子育ての悩みを聞いたところ、1位は「子どもの食事」の52.8%、2位は「子どもの生活リズム」で51.6%になりました。アンケートの対象となった0歳の赤ちゃんがいるママ・パパにとっては、この時期、離乳食と生活リズムが大きな関心事なのですね。


【設問9】
コロナ禍の子どもの育て方に関する悩みや不安について。あてはまるものを答えてください。

それではコロナ禍ならではの育て方についての悩みや不安にはどんなものがあるのでしょうか。

最も多かった回答は「家族以外の人(友だちを含む)とのコミュニケーション」の64.1%でした。以下、「子どもの健康状態」(48.5%)、「新生児期や乳児期の除菌」(47.1%)、「外遊びができない」(33.4%)、「病院に行きにくい」(32.3%)と続きます。「両親に子守を頼めない」(11.1%)も赤ちゃんがいる家庭にとっては切実な悩みと言えそうですね。


【設問10】
コロナ禍の中、妊娠や子育てに関して悩んだときや不安の解決法を教えてください。

複数回答可で選択してもらったところ、「パートナーに相談」(84.0%)が1位で、2位が「親に相談(義理の親も含む)」(70.5%)、4位に「知人に相談」(50.0%)、6位に「産婦人科医・助産師・看護師などに相談」(29.5%)となりました。悩みや不安は“誰かに相談”が多数派のようです。

ちなみに「インターネットの情報サイト、アプリを利用する」(55.8%)は3位で、5位に「SNS(フェイスブック、ツイッターなど)を利用する」(40.3%)がありました。ネットはすぐに多様な回答を得られる便利さがあるけれど、やはり直接相談する人がいるということが安心感につながるのかもしれませんね。


【設問11】
何かと不安の多い状況ですが、子育てをしていてうれしかったこと、よかったとおもったことを教えてください。

最後に子育てに関してうれしかったこと、よかったことを自由記述式で聞いてみました。

赤ちゃんとの暮らしを楽しみ、成長を喜ぶママ・パパの声を紹介しましょう。

「子どもの成長。特に笑顔と寝顔がたまりません」(28歳、パパ)

「私の顔を見ただけで笑ってくれる存在がいること」(29歳、ママ)

「子どもの成長を日々見られること。1日ですぐ変わっていきます。子どもって!」(38歳、ママ)

「自分の子どもをたくさんの人がかわいがってくれること。自分の親との関係性がよくなったと感じること」(41歳、ママ)

「あやしてもあやさなくても、笑顔のとき。すごくかわいいです」(45歳、パパ)

アンケート結果から見えてきたのは、未だ終わりの見えない感染症との戦いの中でも、妊娠・出産を選択し、“おうち時間”を楽しみながら育児にいそしむママ・パパのたくましさ、力強さと家族の団結力の大切さです。頑張るママ・パパに勇気をくれるのは、無邪気な赤ちゃんの笑顔のようですね。

未来ある子どもたちのために社会が団結して1日も早く感染症を克服し、安心して暮らせる毎日を取り戻したいものですね。

 

【回答者プロフィール】
調査にご協力いただいたママ・パパのプロフィールは、以下の通りです。

0210_graph7
0210_graph8

妊娠・出産インフォ トップに戻る