【妊活調査2021】
8453名の回答から見える「コロナ禍の妊活」

ミキハウス編集部

政府は今年6月に発表した報告書(※)の中で、新型コロナウイルス感染症の流行は将来への不安となり、日本の少子化をますます加速させたと述べています。そんな中で赤ちゃんを望み、妊活に取り組んだプレママ・プレパパはどんな経験をしたのでしょうか。

ミキハウスでは、今年4月に「ミキハウスベビークラブ」の会員を対象に「コロナ禍の妊活」についてのアンケート調査を行いました。回答を寄せてくださった8,453名の方の「コロナ禍の妊活」の実態を2017年に行った同様の調査結果とも比較しながら紹介していきましょう。

(調査概要)

妊活アンケート調査概要

今回の調査の回答者を年齢別に見ると、29歳以下の方が30.7%、30歳~39歳が63.3%、40歳以上が6%となっています。ちなみに2017年の調査でも、29歳以下30.4%、30歳~39歳62.6%、40歳以上は6.9%とほとんど同じような年齢構成でした。

(graph2)

妊活アンケート 回答者の年齢

次のページ 妊活を始める年齢は女性、男性ともに25~35歳が多数派です

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あなたへのおすすめ

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す