【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】ジェンダーレスとは個性を大切にすること

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
ジェンダーレスとは個性を大切にすること

妊娠・出産インフォ

ジェンダー平等が叫ばれる昨今。SDGs(持続可能な開発目標)にも「ジェンダー平等を実現しよう」と掲げられ、ジェンダーレスな時代と言われるようになりました。子育てをしながら、無意識のうちに「男の子はこうあるべき」「女の子こうあるべき」というイメージや役割分担をわが子に押し付けたりしてないか、なんてことも気になったりする今日このごろ。

今回のテーマは「ジェンダーレス時代の子育てのあり方」。毎度おなじみ、慶應義塾大学医学部小児科主任教授の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

男らしさ、女らしさは一人ひとり違います

担当編集I(以下、I):最近、ジェンダーレスという言葉をよく耳にするようになりました。ジェンダーレスは、“男はこうあるべき”、“女はこういうもの”という固定観念から抜けだして真の男女平等を実現しようという概念、とされています。

でも子どもを育てていると、女の子はごっこ遊びが好きで、男の子は電車に興味を持つというように、性別による傾向を強く感じることがあります。

高橋先生:性別による心や体の違い、つまり性差は当然ありますよ。男性と女性ははっきりと異なる特性を持っていますからね。でも、性差の“差”は差別の差ではありません。拙著『子どものチカラを信じましょう』にも書いたのですが、赤ちゃんは多くの場合、遺伝子のシナリオに従ってからだが作られ、脳が発達します。つまり、男の子らしさ、女の子らしさは胎児の時にある程度決まっています。

ただしそれは赤ちゃんによって幅もあるし、例外もあります。受精卵になった時点では、性染色体がXY(男性)であろうと、XX(女性)であろうと、基本的な構造は同じです。Y染色体を持つ胎児ではSRYという遺伝子の働きがONになって子宮や膣が作られないようにストップがかかり、また、代わりに作られる精巣から出る男性ホルモンのシャワーを浴びて男性になるための心の準備も始まります。その後いくつものステップを通過して、男性になっていくんですね。

I:人間の基本形は女性、というお話でしたね。

高橋先生:ところが、男の子、女の子になる過程で、予定外の事態が起きることがあるんです。XY染色体を持った胎児でも男性ホルモンが十分に分泌されなかったとか、反対にXX染色体を持っているのに男性ホルモンが出すぎたとか。結果として、生まれた時に女の子か男の子かの判断が難しい場合があります。そういう場合は、慌てて性別を決めずに、染色体のチェックや性腺(卵巣や精巣)があるかどうか、性ホルモンの分泌具合などを調べ、さらに、将来妊娠できるか、あるいは外性器の手術をするとしたらどちらにするのが近道かなど、いろいろな要素を考えあわせて、最終的には両親に性別を決めてもらうことになります。将来、自分らしく生きていけるように、生まれてきた赤ちゃんの性別を正しく見極めるのは、すごく重大な医学的判断なのです。

I:想定外の変化…つまり遺伝子のシナリオが何かのはずみで変わってしまうことがあると?

高橋先生:そういうことです。そのような極端な場合はさておき、男性的か女性的かといったことに影響する因子は沢山あって、複雑な仕組みが働いているんです。裏を返せば、男女の差は想像するよりずっと微妙なものであるとも言えます。

I:でも生物学的には、染色体がXXなら女性で、XYとなれば男性なんですよね? 

高橋先生:いや、胎児期の性ホルモンの働きによっては、染色体がXYでも女性として生きる方が自然なこともあるし、XXでも男性として生きていくこともありえます。男性のからだを持って生まれたけれど女性として生きたいと願い、逆に見かけは女性なのにそれを息苦しいと感じる人も現実にいるわけですから。

ジェンダーレスの第一歩は、お互いの違いを認め合うこと

ジェンダーレスの第一歩は、お互いの違いを認め合うこと

高橋先生:そうは言っても生物学的には、やはり男性と女性は異なる点が多いのはご存知の通りです。それは、能力差があるということではなくて、個性、特性が異なっている、ということです。この違いは生物として非常に重要なものであるため、遺伝子のシナリオによってある程度確保されています。言い換えると、育て方で女の子っぽくなる、男の子っぽくなるという話ではないんですね。

I:ほとんどの場合、遺伝子のシナリオに従って、心もからだも女の子は女の子に、男の子は男の子になっていくということですね。

高橋先生:そう、妊娠中の子宮内環境やお母さんの行動が影響することもまずありません。

I:でも最近は、中性的な子がすごく多くなっていますよね。あれは時代がそうさせているのだとは思いますが、一方で生物学的な観点から、性別がわかりにくい子が生まれる割合が増えているということはないのですか?

高橋先生:それはないですね。精子の数が減っているとか、ダイオキシンの影響かとかそういう議論はありますけど、人類の長い長い歴史の中のわずかな期間で、急に男性が女性化、女性が男性化みたいなことはないでしょう。もっとも江戸時代の男性に比べると現代の男性は女性っぽくなった、と言われるとそんな気もします。この令和の時代にお侍さんみたいな男たちがいたら大変ですよね(笑)。ご指摘のように、中性的な男女が増えているのは、社会や文化の変化だと捉えたほうが自然です。社会の意識が高まって多様な生き方を認められるようになり、性格や生き方の違いを乗り越えてお互いを尊重し合う風潮が生まれた結果、自分らしさを素直に表現ができる人が増えてきたということじゃないですか。

I:ちなみに、生物学的に明確な男性が、文化的背景から真ん中に寄っていくことというのは、驚くべきことではないんですか?

高橋先生:何をもって「明確な男性」かによりますけれど、要するに見た目が男性でも、非常に女性的な考え方、振る舞いの人はいますよね。もしかしたら、見た目が明確な男性の人が女性的な考えを持つことがかつては憚られたけど、今ではそうでもなくなり、将来的にはなんの躊躇いもなく女性的な考えを主張できるようになるかもしれない。そして、そういう未来はとても望ましいと思います。自分自身がどちらの性だと認識しているかを“ジェンダーアイデンティティ”と呼ぶのですが、それを素直に受け入れることは人が幸せに生きる上ですごく大切だからです。

男らしく、女らしく。ではなく〈君らしく〉が大切

男らしく、女らしく。ではなく〈君らしく〉が大切

高橋先生:そもそもジェンダーレスという言葉は、性差を否定するものではなく、みかけの性別による決めつけや差別をなくすという意味で使われているものですよね。一方で、健全なジェンダー観を持っていないと差別的な言動に結びつく可能性もある。本人には差別の意識がなくてもね。とにかく非常にデリケートな話題です。我々親の世代はジェンダー観について教えられた記憶もないし、まじめに議論したこともありません。それを子どもに教えること自体に無理があると思いませんか。子どもたち自身が、この時代にリアルに生きていくなかで学んでいくべきことだろうと思います。

I:それはその通りですよね。ただ、差別につながりそうな考えを持っていたら、注意はしたいと思うんです。たとえば、わが家の6歳の娘は「男の子がスカートを履くなんておかしいよね」と言うようになったんです。娘の気持ちはわかるのですが、親としては差別的な考えの種を詰んでおいたほういいかなと思い、やんわりと「スカートを履きたい男の子だっているんじゃないかな」と言ってはみたんですけど…。

高橋先生:女の子が、男子がスカートを履くのはおかしい、と感じるのは自然なことだと思います。子どもは正直で時に残酷ですから、仮にスカートを履いている男の子にそういうことを言ったとしても不思議はないと思います。背が小さい子には「チビ」って言うし、太っている子には「デブ」って言う。でも、そんなことを続けると、やっぱりどこかで痛い目にあうわけです。それで、差別的なことを言ったら相手を傷付けるし、いずれ自分に返ってくることを学ぶ。スカートを履く男の子に「気持ち悪い!」となじった後に、その子がとても優しくていい子だと知ったら、自分の言葉を悔いることにもなる。そこで感情が揺れて、いろいろ学ぶわけです。

I:つまり、わが家のケースも、未然に「差別的だから、やめなさい」と諭す必要はないと。

高橋先生:僕はそう思いますよ。ただ僕も「そんなことを言われた相手の気持ちを想像してごらん」くらいの問いかけはするかもしれません。ジェンダー教育は大切ですが、かと言って、男の子が男らしくすること、女の子が女らしくすることを推奨することも、否定することも必要ないのでは。大人ができることは「君は君らしく」と声を掛けることくらいじゃないでしょうか。いろんな考え方、言動を認め合って、それぞれの子に「自分らしさを大切にして生きなさい」と教えてあげるのがいいのかなと僕は思います。

「君は君」、「人は人」。人にはそれぞれの立場があって、その人なりの思いもあるということを理解できるようになれば、世の中に真のジェンダーレスが広がっていくんじゃないかと思いますね。

I:ジェンダーレスと聞くと、性別や性差をないものにすることとイメージしてしまいがちなのですが、本来は一人ひとりが自分らしく幸せに生きられる社会になれば、そういう言葉はいらないのかもしれませんね。それなら私たち親世代も心がけることができそうです。まずはわが子に「自分らしく」と語りかけることから始めたいと思います。今日も素敵なお話をありがとうございました。

妊娠・出産インフォ トップに戻る