育児の悩みを本音で語る 子育てパパ座談会(前編)

育児の悩みを本音で語る 
子育てパパ座談会(前編)

妊娠・出産インフォ

今年4月からパパの育休取得推進を企業に求める法律が施行されるなど、パパの子育てを後押しする仕組みが整いつつある日本。それでも男性の育児・家事への取り組みは十分ではないと言われていて、メディアやSNSでパパの育児に対するママの不満が共感を集めることも少なくないようです。

原因は日本の企業風土や根強い男女の役割分担意識にあると言われていますが、当事者のパパたちは何を思い、子育てにどう取り組んでいるのでしょうか。今回は3歳までの子どもがいるパパ4人にリモートで集まっていただき、座談会を開催。よりよい明日の子育て環境のために、パパたちの子育ての現状と悩みを本音で語っていただきました。

繝輔z繝ュ繝輔ぅ繝シ繝ォ

 

パパは子育てのどんなところに悩んでいる?

パパは子育てのどんなところに悩んでいる?

編集担当I(以下編集I):本日は子育てをがんばっているパパ4人にお集まりいただきました。みなさん、育児へのかかわり方はそれぞれだと思いますが、今回は育児の悩みにフォーカスして、リアルな声を聞かせていただければと考えています。おります。みなさんがどういう悩みを持っていて子育てに向き合っているのかを可視化することで、少しでも日本の子育て環境をよくできたらな、と考えています。

初めに伺いたいのはママとの育児分担の割合です。平成21年度に内閣府が実施した調査でも、夫婦の家事・育児の分担の割合が発表されています。その意識調査にならい、パパ視点での自己申告で、家事・育児の総量を10とした場合、夫婦での分担割合についてお答えいただけますか。合わせて、どうしてそのような割合となったのか教えてください。

Aさん:うちの場合は、僕が3割で残りの7割が妻としました。娘が生まれる前はおっぱい以外の世話は全部僕がやろうと張り切っていて、実際に今より間違いなく子育てをしていました。昼間僕がリモートワークをしている間だけ子どもの世話をしてもらい、夕方仕事が終わった僕が子どもを見ながら、掃除、洗濯、皿洗いなど家事全般をやっていましたね。妻がゆっくり眠れるように寝室も分けて、僕が子どもを寝かしつけ、夜中に泣いたらミルクをあげるという毎日でした。体力的には相当きつかったです。

編集I:文字通り寝る間も惜しんでの子育てですね。それがどういう経緯でパパ3:ママ7の割合に?

Aさん:妻も産後しばらくしてから徐々に体力が回復してきて家事を分担してくれるようになって、まず分担割合が5:5になりました。そこでキープできればよかったんですけど、僕がとにかく料理が苦手で、料理を妻に任せるようになり、全体的に妻の負担が多くなってしまいました。

娘が1歳9か月になった今、自分ではできるだけ分担しているつもりですが、作業として可視化できない部分を妻がやってくれています。たとえば保育園のノートの書き方を見ても、妻は常に自分事として娘の成長を細かく見守っていて、僕にはそういうことはできていない。そんな妻と比べると僕は3割もできておらず、2割程度かもしれないと思うこともあります。

Bさん:ウチは5:5ですね。結婚した時から現在まで、家事はほとんど僕がやっていますが、総合的に見たら5:5。子育てに対する意識という面では僕もAさんと同じで、細かやな気づき、子どもへの眼差しなど、時間や作業量では計れない部分では、妻には全くかなわない。それだけなら0:10かもしれないぐらいです。

妻は妊娠・出産をひとりで引き受けてくれたし、子どもに母乳をあげてくれた。保育士なので、職業柄子育てに関する知識もすごく豊富で、学ぶことが多い。今は保育園の送り迎えは妻で、家での育児・家事は僕がメインなので、物理的に育児・家事をこなしているという意味では5:5ぐらいなのかなと思います。

編集I:5:5って、子育て世代のパパたちが目指すべき理想だとは思いつつ、ご指摘のように物理的な育児と精神的な育児は違うものですし、それらを細かく捉え直すと、そもそもの分担割合が変わってきそうですね。Cさんはいかがですか?

Cさん:僕は姉が2人いる家庭で育ち、母から「これからの時代は女性も外で働くのが当たり前になるから、あなたもちゃんと家事ができるようになりなさい」と子どもの頃から言われていました。おかげでゴミ捨てとか、食後の片づけ、洗濯などだいたいの家事はやっているのですが、Aさんと同じで料理は苦手ですね。

Cさん:ですから、割合でいうと僕が3割で妻が7割といったところでしょうか。ただ僕も妻も医師として働いているので、家庭の都合で仕事を調整するのが難しいんですね。そのため両方の母たちのどちらかに息子の世話を頼むこともあり、実質の子育て状況は妻6:僕3:母たちで1ぐらいかも。

Dさん:うちも僕が3割、妻が7割ですね。結婚当初は共働きなんだから家事は全部5:5でやっていこうと話していたんですが、現実はそうもいかず。営業職の僕は朝早く仕事に出て夜7時、8時にならないと帰れなくて。子どもが生まれて、妻が育休で家にいるようになったら、どうしても育児や家事の負担が妻に掛かっていてしまって7:3ぐらいになっていましたね。

そういえば、最近職場復帰した妻に自分の時間を作ってあげたかったので、5月の連休は僕と息子だけで実家に帰ってきました。うちの両親は僕がおむつを替えて食事をさせるのを見て驚いていましたけど、僕はもっと子育てをしたくて、せめて6:4ぐらいでやれるようになりたいです。

育休を取得したのは4名中1名のみ。パパたちの現実とは?

育休を取得したのは4名中1名のみ。パパたちの現実とは?

編集I:ここにご参加のみなさんは家事を含めて5:5から3:7といったところですが、内閣府の過去の調査では「夫1割、妻9割」が31.6%、「夫2割、妻8割」が24.0%、さらに「夫0割、妻10割」が9.6%という結果があります(※1)。そこからするとみなさんはかなり子育てにコミットしているパパと言えるかと思います。

ところで、今年10月からは「産後パパ育休」といって、パートナーの出産後8週間までに最長4週間の育休が取れる法律が施行されるのですが、みなさんはお子さんの誕生に合わせて育休を取られていますよね?

一同:シーーーーーン………(←静かになるみなさん)。

編集I:えっ、まさかの! こんなに子育てに積極的なパパたちが育休取ってない!?

Dさん:あ、僕は一応5日間だけ取りました(←控え目な様子で)。取得について会社側とは何の揉め事もなかったのですが、僕の仕事をどう割り振るかという問題があり、取得にあたりかなり気を使いましたね。制度としては取れるんだけど、いざ取ろうと思ったら思いのほか、調整が必要だったんです。

Aさん:育休取れたんですね、いいなぁ。僕も必ず育休を取るつもりで、早々に職場の了解をもらっていたんですよ。管理職の僕が取ると職場のみんなも取りやすくなるなという考えもあったし。でも直前になって得意先から指名の仕事が入り、ピンチヒッターを立てられるような内容でもなく、育休を取りやめたんです。突然のドタキャンで妻はすごくショックを受けていました。

編集I:なるほど…。

Aさん:正直、その時の出来事はかなり“遺恨”を残しています。子どもが1歳半をすぎ、第2子が欲しいと思うけれど、「今度は本当に育休取れるの?また突然仕事ってことになるのは嫌だよ」なんて言われたりして。

pixta_73200355_M

編集I:各企業に育休制度はあるけれど、職場の理解がない、取れる雰囲気でもない、という理由で実際に育休を取っていないパパというのは多いと言われていますよね。子育てに前向きになっていて「休みたい」と思っている人でも取れていないというのは、制度を運用する側(=会社)や職場の上司が無理にでも取らせるようにしない限り、なかなか解決しない問題なのかもしれません。

続いては子育ての悩みを伺っていきたいと思います。これまでの育児で大変だったこと、今大変だと思っている事をお話しいただけますか?

Aさん:やはり体力面では大変な思いをすることが多いです。子育てはとにかく体力勝負。娘が生れてからの1年間、夜は僕が見ていたんですが、すぐに目を覚まして泣く子で、僕の睡眠も最長2時間という状態でした。これまでの人生でそんな経験をしたことがなかったので、毎日疲れていましたね。あまりにも大変だったので、当時の記憶はないぐらいです。

Aさん:最近もまた夜泣きが始まって睡眠時間が削られ、もうろうとしながら仕事をしている日もあります。その上職業柄、ずっと座って作業をしているので腰を痛めがちだったんですが、子育てをしていると更に腰に負担がかかる。38歳の時に生まれた子どもだし、ずっと運動してこなかったツケが回ってきたとも言えますけど(苦笑)。

編集I:Bさんはどうですか? お子さんは2歳9か月ですよね。手を焼くこともあるんじゃないですか?

Bさん:近頃生意気になってきて、僕の言うことを聞かなくなりましたね(笑)。生まれる前は、うるさく注意するのは妻の役目で、僕は時々どうしても必要な時にガツンとやろうと夫婦で話し合っていたんですが、赤ちゃんの頃から日常的にガミガミ言ってるのは自分で、最後に雷を落すのは妻、という役割分担になってしまいました。その結果、僕はナメられるようになっています。

編集I:それはBさんがお子さんと常日頃から関わり合ってるからですよね。小さなことでも気になって小言を言ってしまい、あまりに言うもんだから効かなくなっているパターン。Cさんは子育ての大変さを、どのあたりで感じていますか?

Cさん:医師のたとえになって恐縮ですが、子育てというのは24時間毎日当直しているような感覚がありますね。患者さんの容態が悪くなったりすると対応しなくてはいけないように、子育ても子どもがいつ熱を出すか、夜泣きするか分からない。そもそもよくわからない理由でグズったりする。とても不確定要素が多いじゃないですか。

当直なら病院の他のスタッフにやってもらえる部分があるけれど、自分の子どもの世話は自分たちでやるしかない。だから「子育てより仕事の方が楽だね」とよく妻と話しています。

産後クライシスで妻から辛辣な言葉を投げかけられたことも…

編集I:子育てについてのママと見解が相違することとかってどれくらいあります?

Aさん:違う人同士なので、もちろん見解の相違はそれなりにありますよ。リスクに対する感覚は結構違っていて、たとえば僕が家事をしながら子どもを遊ばせていると、「なんでそこで目を離しているの」って言われることがあって。まったく見てないわけではなく、危ないことをしていないかちゃんと気をつけているつもりだけれど、妻からするとそれでは「足りない」と。でも、家事をしているわけだからずっと凝視するわけにもいかないじゃないですか。

もちろん妻がすごく真剣に子どもを気にかけているのは分かるけれど、僕には僕の接し方があるわけで、それが足りないと言われると、少しだけイラっとすることも(笑)。

Bさん:その話で思い出すのは、いわゆる「ガルガル期」のときの妻のエピソードです。まぁ、息子が0歳の頃って妻はとことん疲れていたと思うんです。慣れない育児にオタオタしている僕に我慢できなくなって、突然怒ることがありました。

編集I:「ガルガル期」は産後の女性がホルモンバランスの乱れなどで情緒が不安定になる時期ですね。この時期、周囲に対してつい攻撃的な態度を取ってしまうママもいるようです。

Bさん:ウチの場合、コロナ禍の里帰り出産だったので産後はしばらく離れて暮らしたから、より「わたしの子なんだからね!」という意識が強かったんだと思うんです。もちろん産んだのは妻なんだけれど、ことあるごとに辛辣な言葉を投げられて「いや、俺の子でもあるんだけど…」って辛い気持ちになったのを覚えています。

Bさん:ただ、今の時期は仕方がないことと、すべて我慢して受け止めるようにしました。実際、本当にある時期をすぎたら妻のイライラもなくなってきて。子育ても(出産直後より)楽になってきたし、1歳ぐらいになると朝までぐっすり眠ってくれるようになって、妻の睡眠時間も伸びたことで少しずつ解決したといいう感じですね。

Aさん:産後クライシスについては、すべてのプレパパが知っておくべき知識だと思いますね。僕の場合は妻の妊娠を上司に報告した時、産後クライシスに関する本を強く勧められて読んでおいたんですが、あの本は本当に役に立ちました。妻のからだで何が起きているか、どうして人が変わったようになってしまうのかを学んでおけば、産後の妻に対するスタンスの取り方が分かります。そこで間違った対応をすると、何十年も夫婦仲に影響することもあるんじゃないですかね。

Bさん:僕も同感です。やっぱり知識は持っているに越したことはない。

編集I:出産前後の女性の体のこと、心のことを理解しておくことは大事ですよね。一方でそれをわかってパパがいくら一生懸命やっても、どうしてもカバーできないこともあるような気がしますね。Cさん、そのあたりはどうですか?

Cさん:子育てに関しては、父親には越えられない壁のようなものを感じることはありますよ。僕自身も従来の子育てのあり方、お父さんが外で仕事をして、お母さんが子育てや家のことをする、という価値観を変えていかなければいけなと思いつつ、動物的な観点でいうと子どもは母親を求めるもの。

息子が「ママ、ママ」と言っているところに僕が近づいて何かしても無力なもので…。そういうときに、仕方なく眺めていると「もうちょっと何かやってよ」と言われてしまうんです。そういう時は「何もできないんだけどな」と思いつつ素直に「気が利かなくてすみません」と謝ります。

編集I:それはすごくよくわかります。一方で「もっと小さいころから子どもに接していたら、そんな風にはならない」、「今までやってないから、ママを求めるのよ」とか言われると、パパとしてはぐうの音も出ないですよね(苦笑)。Dさんの目下の悩みはなんですか?

Dさん:今の一番の悩みは、妻と互いに外の仕事をしながら子育て・家事をどう分担するかというところですね。実は5日前から息子が熱を出していて、それが今日も続いているんです。

検査でコロナではないと分かったので僕はすぐに仕事に復帰したけれど、妻はずっと休みを取って子どもの面倒を見ていたんです。実は僕と妻は同じ会社の部署違い。でも僕は営業部で、お客さまとのアポイントを優先しなければならないことが多いので、融通が利きやすい事務職の妻に無理して休んでもらっているんです。

僕の部署の大変さもわかってくれてはいるので、理解はしてくれてはいるんですが「私ばかりが会社を休んで家のことをするのは無理だよ」とはっきり言われています。そこは本当に悩んでいますね。

編集I:みなさんそれぞれの悩みを抱えてらっしゃいますね。それだけ真剣に子育てに向き合っているからこその悩みなのでしょう。さてパパ座談会【前編】はこのあたりで。続く【後編】は現役子育て世代のパパ代表として、どうすれば日本のパパ子育ては前進するのか、という大きなテーマについてお話できたらと思います! 引き続きよろしくお願いします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

今回、座談会に参加してくださったパパたちに、いつもの平日と休日のすごし方を聞きました。家事・育児と仕事、どちらもやっている時間帯もあるというパパもおり、そのあたりはリモートワーク時代ならではなのかもしれません。いずれにせよ、みなさんが子育てと仕事を精一杯頑張っている様子がうかがえますね。

【Aさんの一日】

graph_A

【Bさんの一日】

graph_B

【Cさんの一日】

graph_C

【Dさんの一日】

graph_D

妊娠・出産インフォ トップに戻る