赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(21) おむつはずし

赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(21)
おむつはずし

妊娠・出産インフォ

おむつを卒業して、トイレでおしっこやうんちができるようになったら“赤ちゃん時代”にお別れです。これからはしっかりした足取りで自由に歩いたり、遊んだりできるようになって、どんどん成長していきます。そんな姿をママ、パパは誇らしいけれど、ちょっぴりさみしいような気持ちで見守ることになるのでしょう。

今回は、おむつはずしの「タイミングの見きわめ方」「具体的なやり方」など、赤ちゃんもママもストレスなく、おむつとサヨナラするための方法をご紹介します!

 

トイレトレーニングは子どものペースで、あせらずに

おむつをはずすためには、赤ちゃんが尿意や便意を感じて出る前にママ、パパに伝え、トイレに座るまで我慢できるようにならなくてはなりません。今までおむつですませることに何の抵抗もなかった赤ちゃんにとって、これはなかなか難しいことといえるでしょう。

おむつがはずれる時期は個人差が大きく、1歳半でいらなくなる子がいるかと思えば、3歳になってようやくパンツに移行する子もいます。

大人でも慎重な人もいれば、大胆な人もいますよね。おむつはずしのタイミングもそれと同じで、個性に合わせて行うこと。どうやって成長していくかは子どもそれぞれで違うと認識すれば、ほかの子との時期の違いを気にする必要はなくなるでしょう。

赤ちゃん自身が“気持ち悪さ”を感じることも大事なポイントです。おむつを替えて“気持ちいい”状態になる前に、うんちやおしっこをした状態のままでいることは、気持ちの悪いことだと声をかけるなどして、気づかせてあげましょう。

また、言葉を理解できるようになり、羞恥心も芽生えはじめた子どもにとって、排せつはデリケートな問題。早くおむつをはずしてあげたいと親が一生懸命になればなるほど、トイレに行くことに臆病になってしまう子どももいます。

おむつはずしは体の機能の発達、体調、性格、また導入へのプロセスなどいろいろな要素がかみ合ったときにうまくいくと考えたほうがよいもの。赤ちゃんの心と体の準備が整ってきたのち、「うまくいけばラッキーくらい」の気軽な気持ちではじめるといいですね。お洗濯やお掃除が大変だし、時間もかかるかもしれませんが、ママ、パパはおおらかな気持ちで子どものトイレトレーニングをサポート。そして、応援してあげましょう。

 

補助便座とおまる、どっちを使う?

トイレトレーニングといえば、補助便座かおまるを使うのが一般的です。今は補助便座を使う家庭のほうが多いと思いますが、それぞれのよいところを見ていきましょう。

01

◇補助便座のよいところ

  • 後始末に手間がかからず、衛生的
  • はじめからトイレに慣れることができる

◇おまるのよいところ

  • 自分で座れる
  • 足がつくので姿勢が安定する
  • どこにでも置ける

 

補助便座を使うときに足台を置くと早く慣れる子もいます。おまるは排泄物の漏れを心配する声があります。下にシートを敷くなど対策を施しましょう。

最近はまたがって遊ぶ、おもちゃの馬の形をしたものやイス型のもの、おまるにも補助便座にも踏み台にもなる3wayタイプのものなど、いろいろあります。子どもが使いやすそうなものを選んであげたいですね。

 

導入の目安は「おしっこ」や「トイレ」の意味がわかること

基本的に補助便座でもおまるでもトレーニングの進め方は同じです。あんよができるようになり、以下のようなことができるようになったらトイレトレーニングをはじめてみてもいいでしょう。

  • 簡単な単語をしゃべることができ、「おしっこ」や「トイレ」の意味が理解できる
  • 朝起きたときにおむつが濡れていない
  • おしっこが出るとき、「うっ」とか「あっ」など声を出したり、手で押さえたりするなど、気にするそぶりがある
  • 自分で洋服やおむつを脱ぎ着することができる

2歳前後にはじまるイヤイヤ期と重なったら、トイレトレーニングは難しくなることもあるかもしれません。反対に手を振ってバイバイすることを覚え、バイバイするのが大好きな時期には、トイレにおしっこやうんちをして「バイバイ」と流すのを楽しむようにすれば、うまくいくこともあります。

また、簡単なコミュニケーションができるようになる1歳前から、おむつ替えの時に「○○ちゃんもあんよが上手になったら、ママやパパみたいにトイレでおしっこしようね」と話しかけ、大きくなったらおしっこはトイレでするものと教えておくと、トレーニングに入りやすくなります。

 

“朝起きたらトイレへ” ここからはじめましょう!

トイレトレーニングでいちばん大切なことは、失敗しても叱らないこと。1週間続けてもうまくいかなかったらしばらくお休みし、体調や気分を見て再チャレンジしましょう。

上手にできるようになったと思ったとたん失敗し、またやり直しと、何度も繰り返す子がほとんどです。「完了!」といえるまで半年かかるケースも珍しくありません。長期戦に備えて、床にシートを敷いてお漏らししてもさっと拭けるようにしておく、夜はおむつを使うなどママ、パパのイライラをなくす対策も必要です。

02

トレーニングは、朝起きたらすぐにトイレに連れていくことからはじめます。「出る?」と尋ねるのではなく、「やってごらん」とトイレに座らせましょう。

食前、食後、外出前、帰宅後などママ、パパがトイレに行くときに「一緒に行こうね」と声をかけトイレに座らせるのもよい方法。

日中はトレーニングパンツをはかせます。そろそろ時間かなと思ったら、トイレに誘います。タイミングよくおしっこやうんちが出たら、「すごいね」「上手だね」「気持ちいいね」と思いっきりほめてあげましょう。

先輩ママにはこんなやり方をしてみた人も。

「携帯やキーホルダーを欲しがり、何でも大人のまねをしたがったので、ママ、パパがおしっこをする様子を見せて、『大きくなったら、みんなこんなふうにするんだよ』と教えました。案の定『わたしもやる!』と興味津々。2歳半でおむつを卒業しました」(30代ママ)

03

「ママ友が自分の子のおもらしを見つけて『あら!大変』と大きな声を出したら、すごくおびえた顔をしたそうです。そんなつもりはなくても、ママが大声で驚くだけで、子どもを傷つけることもあるんですね。そのことを聞いてから、私は『大丈夫だよ。ママがきれいにしてあげようね』『次はトイレでできるといいね』とやさしく声をかけるようにしました。そのほうが自分も根気よくトイレトレーニングを見守れた気がします」(40代ママ)

「うちの子は狭いトイレが怖いようで、おまるではすぐにできたのに、トイレに座って用を足すのを嫌がりました。なんとかしようと、お気に入りのアンパンマンのシールを貼ったり、ぬいぐるみを置いたりしてトイレを楽しく演出してみたら、喜んでトイレに行くようになりました」(30代ママ)

トレーニングは失敗して当たり前。パンツにおしっこをしたら濡れて気持ちが悪いことを実感し、おしっこが出そうなときの感じを経験として積み重ねることで、おしっこが出る前にママ、パパに伝えてトイレに行かなくてはならないことを覚えます。気持ち悪さを実感させるために、布製のトレーニングパンツを使うのもひとつの方法です。

04

出かけるときは、トレーニングパンツの上におむつをはかせてあげましょう。服を濡らさずにすむのでママも安心。念のため、いつもより余分にお着替えを持ち歩くようにしましょう。先輩ママの中には「お出かけのときは、無理せずにおむつをはかせました」(40代ママ)という方もいました。

また、夜のおむつはずしは小学校入学前くらいまでかかる子もいますので、ママとパパは心に余裕をもって、じっくりつき合ってあげましょう。

「子どもが安心できるまでは、防水シートをベッドに敷いていました」(30代ママ)という方もいました。

おむつはずしを終えた先輩ママの体験談を聞いてみました。

「公園で一緒に遊んでいる同じ年の子が成功したというので、1歳半ではじめました。でもいつまでたってもぜんぜんうまくいかず、結局はずれたのは3歳になったころ。ある日突然『トイレ!』と教えてくれるようになり、以来一度も失敗していません。時期が来るってこういうことだったのかと思います」(30代ママ)

「そのうちはずれるだろうと、言い聞かせもトレーニングも一切しませんでした。2歳半になったころ、母に預けたら一日ではずれて帰ってきました。母が諭したら、納得したようだったとか。その気になることが大切なのかもしれません」(20代ママ)

「2歳の夏に一度トライしたけれど、うまく教えることができずに漏らしてばかり。3歳になってから再チャレンジしました。なかなか出る前に意思表示ができなかったけれど、とにかく叱らないと自分に言い聞かせて、気長にトイレトレーニングした結果、3か月でほぼ完了しました。その間はお洗濯が大変でした」(30代ママ)

「寝る前に、歯みがきとトイレに行くことをセットにして習慣づけたことがよかったようです」(40代ママ)

「3歳前にはずしたいとトレーニングをはじめました。遊びに夢中だとトイレに誘っても『出ない』の一言。そのくせすぐにその場でジャー。イライラしてつい大声で叱って自己嫌悪に陥る私。3か月ぐらい頑張りましたが、こんな毎日はもう嫌だとトレーニングパンツをあきらめて紙おむつに戻したとたん『おしっこ!』と言えるようになり、あっさりおむつがはずれました。親のイライラが伝わってしまい、子どもを委縮させていたのかもしれません」(20代ママ)

おむつはずしは子どものはずしたいと思う気持ちが大切なようです。ママ、パパは子どもがそんなふうに思えるきっかけを与えてあげられるといいですね。

「絵本」「かっこいいパンツ」でやる気を引き出すのもおすすめ

「トイレでおしっこしたい」と思えるように、小物やちょっとしたごほうびを用意してトレーニングした先輩ママ、パパたちもいます。

「大きなぬいぐるみを赤ちゃんに見立ててトイレに座らせ、子どもと一緒にトイレごっこをしていました。上手にできたことにして『いい子、いい子』したり、失敗したことにして『今度は頑張ろうね』と話しかけたり。子どもは自分もやらなくちゃと思えたのか、3か月ぐらいでしっかり教えてくれるようになりました」(30代ママ)

05

「ママがトイレトレーニングに悩んでいたときに、本屋さんでおしっことうんちが登場する絵本を見つけました。買って帰って息子に読んでやると大うけでした。トイレに間に合わなくてしょんぼりすることがよくあったのですが、絵本に登場する陽気なキャラクターに励まされたのか、いつの間にか失敗しなくなり、おむつを卒業できました」(40代パパ)

「何回か失敗した後で、トイレに行くときの楽しみがあるといいかもと考え、この時期だけは奮発してキャラクター付きのトイレットペーパーにしました。きちんとうんちが出たときだけ使う約束を守って自分からトイレに行くようになり、おむつはずしは見事完了しました」(20代ママ)

「お兄ちゃんパンツをはきたい!という息子の一言でトレーニングをはじめました。保育園のお兄ちゃんたちが戦隊モノのパンツをはいている姿に憧れたようです。モチベーションが高かったせいか、1週間ぐらいで布パンツになりました。子どものやる気ってすごいと思いました」(40代ママ)

トイレでおしっこができたらカレンダーにシールを貼ってあげるようにしたら、シールを貼りたくておしっこを教えてくれるようになったという声もありました。その時期に子どもが興味を持ったものをトレーニングに取り入れると効果があるようです。

ゆったりとした気持ちで見守ってあげましょう

06

2歳ぐらいでたいていの子は言葉でコミュニケーションがとれるし、できることも増えています。そんな成長を実感しているからこそ、排せつを教えることができないわが子にイライラしてしまうママ、パパが多いようです。

そのため、つい子どもを叱ってしまいがちで、意識してやっているわけではない子どもは自分でもどうしていいかわからなくて傷つくこともあります。排せつに恐怖心をもってしまうと、ますますおむつはずしに時間がかかるので、ママ、パパはとにかく気長につき合う気持ちを忘れずに取り組みましょう。

おむつをしてよちよち歩いていた姿、お漏らしをしたと泣いたときの顔、はじめてトイレでできたときの得意げな表情。ママ、パパにとってはどれもかけがえのない思い出になります。根気よくわが子の成長を見守ってあげられるといいですね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る