僕らの世代でアップデートできる? 子育てパパ座談会(後編)

僕らの世代でアップデートできる? 
子育てパパ座談会(後編)

妊娠・出産インフォ

男性の子育ての現状を知ることで、日本の子育て環境が少しでもよくなるように――。そんな思いを込めて、ミキハウスでは3歳までの子どもがいるパパ4人に集まっていただき座談会を実施しました。本記事はそんなパパ座談会の後編。さて、どんなお話が聞けることやら。

繝輔z繝ュ繝輔ぅ繝シ繝ォ

 

「どうして私ばかりが……」という妻のホンネ

編集I:共働きのご家庭にとっては2人の仕事と育児・家事をどう両立させていくかは大きな問題です。コロナ禍でリモートワークが増えて、子育ての環境も変わってきてはいると思うのですが、先ほどからみなさんのお話をお聞きしても、ここの部分にはかなり悩まれているようですね。

Dさん:そうですね。うちは前編でお話したように、同じ会社で働いているけれども、部署の都合もあり妻が休んで、僕が仕事をする割合が多くなっていて、そのことに対する妻の不満が日増しに大きくなっているんですよ。

今は妻の母が近くに住んでいるのでサポートしてもらえるから、急場はしのげるのですが、全国に転勤がある仕事なので、サポートのない土地に行ったらどうしようと考えてしまいますね。

編集I:Dさんはこの4人の中で唯一、育休を取得された方でもあります。そんな会社でも子育てのために休みを取るのは難しいものですか?

Dさん:現実的にはそうですね。会社自体は子育てにめちゃくちゃ理解もあるし、すごくいい制度もあるんです。ただ休みはおろか、早めに帰ることも実際には難しい。でも、それって部署によるんですよ。僕のいる営業部はお客さま相手の仕事になるので、こちらの都合で休めないけど、他の部署ではそうでもなかったり。

編集I:なんだかんだと仕事が調整できない問題は本当によく聞きます。Cさんは夫婦ともに医師で、なかなか家庭都合で休みを取れないという悩みがあるとおっしゃってましたが…。

Cさん:そうですね、そこは本当に難しい問題と感じています。ちなみに昨夜ご飯を食べている時に、妻から「どうして私ばっかり休まなきゃいけないの?」という言葉が出てきたんですよ。僕自身、努力して子育てや家事のことをしているつもりではいたのですが、医者としてのキャリアを全うしたいと思っている妻としてはまったく満足いく状況ではなかったと。改めて、相当負担をかけていると思い知りました。

Aさん:こういうお話を聞くと、うちはすごく恵まれた環境で仕事をしているなと実感します。僕は会社のポジション的にも自分のルールで働き方を決められる。妻の方がむしろ融通が利かないことが多いなので、僕が調整して仕事を休んだり、時間を変更してもらったりしています。

あと少し反感を買いそうな物言いになっちゃうかもしれませんが…自分じゃなければいけない仕事以外は断るようにしているんです。自分の代わりでも成立する、いなくてもなんとかなるような仕事ってあるじゃないですか。職場でも明確にそういう意思表示をしているので、上司は引いてると思いますよ(苦笑)。

Aさん:こういうこと言うと、僕が仕事好きじゃないみたいに聞こえますけど、僕も妻もめちゃくちゃ仕事好きなんですよ。だから僕ら夫婦は子どもが生まれる前に「仕事」と「家庭」をどうするかという問題について相当話をしました。子育てのために仕事も諦めたくないし、かといって子育てもおろそかにしたくなかったので。その結果、「仕事が忙しいから(家のことできないのは)仕方がない」という言い訳は、お互いに基本通用しないことになったんです。

仕事をする場合は、どちらかが子どもを見ていることになるので、むしろ仕事をやらせてもらっているという感じ。徹夜しなきゃいけない時も、徹夜で仕事させてくれてありがとう、という気持ちでいます。

編集I:その境地はすごいなぁ…。ふと思い出したのですが、タレントのユージさんにインタビューした時に、似たようなことを仰ってましたね。「外で稼いできているからって偉そうには絶対にできない。むしろ自分は仕事をさせてもらっている。仕事をさせてくれてありがとう」と。気になる方はそのインタビューもご一読くださいね。

パパのがんばりで社会の意識を変えていく

編集I:ここまでみなさんのお悩みから日本のパパ育児の課題を見てきましたが、それらを踏まえてお聞きしたいのは、どうしたら日本のパパ育児はもっと前進するのか、という話です。Bさん、いかがでしょうか?

Bさん:男性の意識を変えることが前進につながるのでしょうが、それ以前の問題として男性が育児をすることへの「偏見」がなくなるといいなと思っています。妊娠・出産、さらに(母乳での)授乳はママしか出来ないし、僕らは絶対的にママには勝てない。その中で、できることをやらなければいけないことを考えると、もう家事を徹底的にがんばるしかありません。

でも食事を作っていると、傍から「料理男子だね」なんて言われちゃうじゃないですか。別に男が料理したって特別なことでもなんでもないと思うんだけど、そういう目で見られる。あと自治体や保育園に提出する書類なんかもすごく違和感がある表現が多い。たとえば「パパは育児に協力的ですか?」みたいな質問が普通にあったりするんですよ。自分の子どもに協力的もなにもないだろうと思うんですけど、なんか前提の認識がおかしくないですかってよく感じます

編集I:実態として男性で育児をしている人が少ないから、その目線にあわせた書き方になっているのかもしれません。今、みなさんのように子育てに積極的なパパも増えてきていると思うのですが、そういう方々からすれば子育てにおけるジェンダーバイアスは気になりますよね。

Cさん:男性が子育てをするようになる社会を望む一方で、個人的には妊娠・出産、子育てにより女性のキャリアが途絶えるようなことがあってはならないと強く思っています。多くの女性は出産や子育てのためにキャリアを諦めている実態は少なからずあります。

数年前に、医大入試で合格者数の女性割合を制限していた問題が発覚しました。あれは、女医さんは子育てで仕事を辞めてしまうから戦力にならないとみなされていたことが背景にあったと言われていますが、とんでもない話です。そういう不平等をなくすために必要なのは、優秀な女医さんが妊娠や出産で休んでもキャリアが継続できるようなサポート体制だろうと思いますよ。

編集I:医師に限らず、バリバリ働く女性が子どもを産み育てるという生き方を選択しづらいのは大問題ですよね。Aさんの奥さまもキャリア志向だと聞いていますが、そのあたりどのようなご意見でしょうか。

Aさん:妻の会社はすごく理解があるのですが、まだ手探りなところはあるように思います。先進的だし、組織として変わろうとしているけど、過渡期といったところでしょうか。

編集I:結局実践し得るのは意識を持った個人。つまり、まさに今の子育てをしている女性がトップランナーとして「実例」を積み上げようとしている段階ですよね。

Aさん:ですね。数年前と今では全然状況は変わっていると思います。実際僕も、仕事だけに生きがいを感じていた若い頃は、子どもが生まれたからと仕事をセーブする先輩や上司にすごく疑問を感じていたし、冷たかったんですよ。夜打ち合わせをしようとして「子どもの世話があるから、もう帰らなきゃ」って言われると、イラついてましたし。子育てが人生でこんなに大切なことだって分かっていなかったんですよね。

編集I:Aさん自身が変化したように、世の中も変わっていくといいですよね。男性の意識も変わり、職場の意識も変わり、社会の意識も変わっていく。そういう風にポジティブな連鎖が起きることを望みたいところです。

子育てパパ第一世代の僕らにできること

編集I:みなさん、子育てにしっかり向きあっていて、僕ももっとしっかりやらなければと改めて考えさせられました。最後になりますが、現役の子育てパパとして言っておきたいことがあったらお願いします。

Aさん:めちゃくちゃたくさんあります! 先ほどBさんの話でもありましたけど、子育てにおけるジェンダーバイアスは早々に改めた方がいいと思っています。メディア、特にテレビの場合、家事や子育ては女性がするものという前提の番組作りが横行しているように思います。もちろん現状がそうだから、そこにあわせているでしょうけど、マスメディアは「社会の公器」でもあるので率先して変化を受け入れてほしいなと個人的には思います。

Bさん:僕も本当にそう思います(強く頷きながら)。

編集I:メディアは世の中を変えていく力がありますからね。ちなみに最近、SNS等では育児・家事をしないパパへの不満がバズったりするじゃないですか。それをまたネットメディアが拾ってニュースになったりして。結果として“ダメパパ”というコンテンツが時折消費される状況になっていて、負の再生産をしているようにも思うんですよ。あれ、あんまりよくないことではないかなぁと思うのですが、そのあたりはいかがでしょうか?

Aさん:僕もギスギスしたコミュニケーションって好きじゃないので、その意見もわかります。ただ、Twitterとかのママの“愚痴アカウント”はすごく参考になるんですよねぇ。あれ見て、男のこと馬鹿にしやがってとはまったく思ってなくて、むしろメモしているほどです。「なるほど、こういう発想なんだ」「たしかにこういうことやってしまってるな」とか、すごく勉強になることが多いですから。

編集I:たしかに「そうじゃないんだよね」「(パパのこと)わかってないな」とか気分を損ねても意味ないですもんね…。その前向きな姿勢、いただきました!

Cさん:誰がいい、悪いではなく未来につながる議論であれば、どんどんやっていけばいいのではないかと思いますよね。子育てっておそらく正解なんてなくて、それぞれの家庭のやり方があるとは思うんです。そして今、まさに子育てに関して社会は大きく変わろうとしています。

今子育てをしている人、そしてこれからする人たちは「新しい子育て」をつくっていく人たちになると思うんです。ある意味で、前例がない中で、失敗も重ねながら模索していくことになる。その姿――パパはママを大切にして、一緒に子育てをする姿――を自分たちの子の世代に見せていくことで、社会をジリジリと変えていくことになるんじゃないかなとも思っています。

Bさん:僕は子育てパパが集まって、育児や家事について共感しあったり、情報交換ができる場所があるといいなって思っているんです。今日もみなさんに頷いて聞いてもらえるだけでうれしかった。そういう場が増えて、仲間ができるといいですね。

Dさん:これからパパになる男性に伝えたいことは、子どもの笑顔は親の力になるということ。育児には気力も体力も必要だし、上の世代との価値観の違いから仕事と育児の両立が難しい部分もある。また家庭内でも考え方の違いで妻とケンカになることも多いですよ。それでも、やっぱり子どもの笑顔や幸せは何事にも変え難いもの。どんなに大変でも、僕はこれからも子どもの幸せを第一に考えて子育てしようと思っています。

Aさん:僕も後輩のパパたちに「子育てはすごく楽しい!」と伝えたいですね。成長していく子どもと並走することがこんなに楽しいなんて僕は知らなかった。人生を何度やり直しても絶対にこのタイミングで子どもが欲しいです。

睡眠不足になったり、忍耐力が必要だったり、本当に辛いことも多いけれど、充実感はものすごく大きくて人生が180度変わったって言えるぐらいです。子育てはパパを最高に幸せにしてくれますよ!

編集I:今回、課題や悩みなどを中心にお聞きする座談会ではありましたが、我々が常日頃から発信したいのは子育てをポジティブに伝える情報。こういう課題があるから大変なんだ、ではなくて子育てを一緒にしている「仲間」と情報や状況を共有して、お互いに親として成長できたらと思っているんです。そしてみなさんが実感しているように、子育てはシンプルに「最高」です。これだけはちゃんとこれからも伝えていきたいと改めて思いました。本日はありがとうございました!

妊娠・出産インフォ トップに戻る