ミキハウス「子育ての悩み調査」から見えた ママ・パパの子育ての現実

ミキハウス「子育ての悩み調査」から見えた
ママ・パパの子育ての現実

妊娠・出産インフォ

結婚した時はママとパパだけだった家庭に赤ちゃんが誕生し、親子3人の暮らしが始まると、そこはいっそう喜びやのぬくもりに満ちた場所になっていくことでしょう。

でも赤ちゃんの成長に伴い、また二人目、三人目と子どもが増えるたびに、それまでとは違う悩みも生まれてきます。核家族化が進み、祖父母世代の手助けも難しい現実の中で、増え続けるワーキングマザー。そんな厳しい社会環境で子育てをするママとパパはどんなことに悩み、どう対処しているのでしょうか。

そこでミキハウスでは、全国のママ・パパを対象に子育ての悩みに関するアンケート調査を実施。今回は、「家庭」、「配偶者との関係」、「仕事との両立」、「育て方」と4つの面から子育ての悩みを尋ねました。

そこで浮かび上がってきたのは、いろいろな悩みを抱えながらも、子どもの笑顔や家族のぬくもりに元気をもらって、子育てを前向きに頑張るママ・パパの姿です。この調査結果を見て、「自分たちも頑張ろう!」と子育ての楽しさ、素晴らしさを再認識してもらえると幸いです。

調査期間 2018年2月14日~20日
調査対象 「ミキハウスベビークラブ」会員のうち、お子さんのいる方、現在妊娠中の方
調査エリア 全国
調査方法 会員向けインターネット調査
有効回答数 4968名

 

家庭内の悩みはお金、家事、配偶者との関係

家庭内での悩みで最も多いのは、『お金』で44.8%。将来の子どもの教育費を心配する声ばかりでなく、「産休中や育休中にお給料が減る」(31歳女性/妊娠中 産休中)ことも気になるようです。『お金』についての悩みは、実際に子育てをしている人が41.8%なのに対して、妊娠中の人は57.8%と一層高くなっています。「どれくらいかかるのか不安」(29歳女性/妊娠中 専業主婦)という意見に代表されるように、子育てが始まっていない人はより不安や心配を抱えるのかもしれません。

2番目は『家事』(38.3%)で、配偶者との家事の分担がうまくいかないことに不安を持つ声が多いようです。

一方、祖父母世代との関係に悩みを持つママ・パパは21.3%にとどまり、関係は比較的良好のようですが、「子育てに関しての意見の相違がある」(30歳ママ/子ども2人、産休・育休中)など世代間の価値観の違いを感じているママ・パパもいます。

そんな中、『子育てに関して家庭内での悩みはない』と回答しているママ・パパも16.8%います。家族が協力し合って子育てをされていることが伝わってきます。

(グラフ1)

graph1

《配偶者との関係について》

上記の表にあるように、『配偶者との関係』に悩んでいるママ・パパは28%に上ります。具体的にどのようなことに悩んでいるのでしょう。

複数回答可として配偶者との関係についての悩みを尋ねたところ、『配偶者が親になった自覚がない』と感じているママ・パパが39.6%、『子育てに非協力的』が25.5%です。このアンケートの回答者の99%は女性ですから、ほとんどがパパに対する不満と言えるでしょう。

「いつまでも自分中心の生活で子どものペースに合わせることができない」(23歳ママ/子ども1人 就業中)というような回答も目立ちました。赤ちゃんが生まれてすぐに生活を変えるのは難しいかも知れませんが、パパとしての自覚を持って行動してもらえるといいですね。

3位には、『子育て方法で意見が合わない』(19.1%)があがっています。子育てについてのママとパパの役割や子育ての方針を出産前にきちんと話し合っておくことも、お互いの不満をなくすために必要でしょう。

また出産後にセックスについての悩みを持つママ・パパもいます。『セックスを求められるのが嫌』(18.3%)、『セックスレス』(17.7%)に陥ってしまったという声です。

「こっちは子どもが寝たあとが唯一のゆっくりできる時間なのに、その時間を旦那にとられるのがいや」(34歳ママ/子ども1人 専業主婦)、「する気にもなれないし、誘われもしない」(26歳ママ/子ども1人 産休・育休中)などの回答が並んでいます。赤ちゃんの誕生によって母親としての役割が大きくなっていくママと、ママの変化に戸惑うパパ。2人の間で気持ちがすれ違ってしまうことも、少なからずあるようですね。

(グラフ2)

graph2

《ワンオペ育児でがんばるママ・パパ》

パパまたはママはいつも仕事が忙しく家にいない、もしくは育児に無関心という理由で、育児も家事もママまたはパパが一人でこなさなければいけない状況を、ワンオペ育児と呼びます。

3 ph

ワンオペ育児をしていると感じたことがありますかという問いに、『はい』と答えたママ・パパは全体の41.8%。実に10人のうち4人以上がワンオペ育児をしています。「12時間以上1人で子育てをするし、夜中の授乳なども私がするしかないので、どうしたらいいか悩んでいます」(36歳ママ/子ども1人 専業主婦)など、ワンオペ育児は、ママやパパにとって体力的、精神的に大きな負担になっているようです。ママまたはパパひとりが育児をしてえる状態は、わが子が成長していく様子を見逃してしまうことにもなりかねないので、お互いがバランスよく、育児に関わっていけるといいですね。

ワンオペ育児にならないための解決法として「夫に頼みたいことを明確にToDoとして伝える」(41歳ママ/子ども2人 産休・育休中)、「『パパ大好きなんだね』、『パパの作ったご飯おいしいね』など意識して言うようにした」(37歳ママ/子ども2人 産休・育休中)など、パパとのコミュニケーションを工夫している先輩ママの声もありました。

(グラフ3)

graph3

 

仕事と育児の両立には、職場環境も大きく関わっています

アンケートに答えてくださった会員の中で、『出産前と同じ職場で同じ仕事をしている(する予定)』のは、49.0%で、『出産前と同じ職場で違う仕事をしている(する予定/3.8%)』、『出産前と別の職場で仕事をしている(する予定/7.6%)』を合わせると、60.4%の方が仕事を続けているか、続ける予定です。一方、『妊娠・出産を機に退職し、専業主婦(主夫)になった(なる予定/21.4%)』、『妊娠がわかる前から専業主婦(主夫/16.9%)』というママ・パパは38.3%でした。

《仕事と育児の両立》

仕事を続けている、もしくは続ける予定のママ・パパに、仕事上での悩みを尋ねると、『子どもとの時間をもっととりたい(とれなさそう)』が28.9%で1位です。「0歳から保育園なので本当は家でもっとみたい」(38歳ママ/子ども2人 産休・育休中)、「お金のために働かないといけないが、本当は子どもとすごしたい」(30歳ママ/子ども1人 産休・育休中)というママは多いようです。

ところが、僅差の28.2%で2位になったのは、『子育てに関して仕事上での悩みや不安はない』。働き方や職場環境によっては、育児との両立は難しくない職場があるという事も伺えます。

3位には、『職場復帰が不安』(23.2%)、4位は『会社での肩身が狭い』(16.7%)、5位に『(もっと働きたいが)時短勤務のため収入が減ってしまう』(12.6%)と続き、子育てと仕事の両立に悩みながらも精一杯頑張るママ・パパの現実が浮かび上がってきます。

(グラフ4)

graph4

《妊娠や育児に対するハラスメントについて》

セクハラ、パワハラなどいろいろなハラスメントが話題になる昨今ですが、妊娠や育児に対するハラスメントはあるのでしょうか。職場でハラスメントを受けたと感じたことがあるかというと問いに『はい』と答えたのは、14.3%。『いいえ』は75.7%です。

職場でのハラスメントはそれほど多くないようですが、それでも「『異動したばかりで、妊娠して…』と上司に言われた」(39歳ママ/子ども2人 産休・育休中)、「『子どもがいるからいいね』と何かにつけて言われる」(30歳ママ/子ども1人 産休・育休中)と周囲の心ない言葉に傷つく現実もあるようです。

男性の育休取得も増えつつある時代。職場でもお互いに子育ての大変さを理解し合い、いたわり合える社会環境の実現を望みたいところですね。

(グラフ5)

graph5

子どもの生活リズムをどう整えるか、多くのママ・パパが悩んでいます

子どもの育て方についての悩みは多様です。1位の『子どもの生活リズム』については、実に61.5%のママ・パパが困っています。帰宅が遅く、夜型になりがちなパパ(ママ)の生活の影響を受けるケースもあるでしょうし、成長に伴って赤ちゃんのお昼寝や就寝の時間が変わっていくことも一因かも知れません。続いては、『子どもの食事』(50.7%)、『叱り方』(42.2%)、『抱っこしないといけないケースが多い』(41.1%)、『夜泣き』(31.9%)の順で並んでいます。

赤ちゃんの頃は『子どもの生活リズム』に悩んでいても、保育園や幼稚園に行き始めると自然と規則正しい生活になることも多いし、『抱っこ』や『夜泣き』はいつまでも続くわけではありません。ママ・パパが赤ちゃんの成長過程だから仕方のないことと受け止めることができると、楽になることもありそうです。

(グラフ6)

graph6

 

保活にまつわる悩みは切実です

『保活している』ママ・パパは9.9%です。『今は保活していないが、今後する予定がある』の45.8%と合わせると、半数以上の55.7%が保活をしているか、予定があるということになります。現在第1子を妊娠中のママ・パパでも、6%が『保活をしている』と回答をしており、都市部での保活の難しさとママ・パパの切実な思いが伺えます。

『今はしていないが、保活したことがある(保育園には行っていない)』と回答した人も4.9%います。

(グラフ7)

graph7

《「保育園に入れるのか」が一番不安なこと》

保活に関しての悩みや不安を尋ねたところ、『保育園に入れるのか不安』が35.8%で一番多いのですが、ほぼ同率(34.4%)で『保活に関して悩みはない』が並んでいます。これは、保活の難しさは地域によって大きく違うことが原因と考えられます。

『保育園に入れるのか不安』の回答の中には、「生後4か月で認可保育園に全て落ちました」(32歳ママ/子ども1人 産休・育休中)、「キャンセル待ちの状態。育休を延期する可能性が高い」(28歳ママ/子ども1人 産休・育休中)という声が多く聞かれます。

4位の『保育園に入れなかった場合のこと』(14.5%)と回答した人の中には、「0歳で入れないと、1歳ではもっと厳しいと聞くので、仕事に復帰できるか不安」(29歳ママ/子ども1人 産休・育休中)、「仕事に戻れないと生活が成り立たない」(23歳ママ/子ども1人 産休・育休中)と訴えるママ・パパもいます。

5位は『お金』です。0歳児と1歳児では保育料が高く不安という声もあります。経済面での不安は保活においても大きいようです。

(グラフ8)

graph8

 

子育ての悩みを吹き飛ばす赤ちゃんの笑顔

「家庭」、「仕事」、「子どもの育て方」、「保活、保育園」以外の悩みを記述式で伺ったところ、こんな悩みが寄せられました。

「24時間の限られた中で自分がどこまで体力的にやっていけるか不安。仕事はやめたくない」(29歳女性/妊娠中 就業中)、「2人目が欲しいが、会社を休むほどつわりがひどかったので、子育てと両立できるか不安」(34歳ママ/子ども1人 産休・育休中)、「習い事について。どの時期に何を、どの程度習わせればいいのか、それは本人の意思で始めるのか、親の意向か。そしてやめる時はどうなのか」(40歳ママ/子どもがいる 産休・育休中)、「いつも一緒にいるママ友の子どもが暴力的でそのママ友もあまり叱らなくて悩む」(29歳ママ/子ども2人 産休・育休中)など。いろんな悩みを抱えながら、ママ・パパは子育てを頑張っています。

それでは、悩みや不安をどのように解消しているのでしょうか。この問いに対する回答では、『配偶者に相談する』が78.5%で1位でした。「ストレスがたまって、不満、不安が爆発した時に、たくさん話を聞いてくれた後、楽に考えようと言われて心が落ち着いた」(28歳女性/妊娠中 専業主婦)、「2人で頑張ろうと言ってくれた。2人でという言葉に1人で頑張りすぎなくていいんだと安心した」(30歳女性/妊娠中 専業主婦)などの声からは、ママとパパがお互いを大切に思う気持ちが伝わってきます。

配偶者以外の相談相手としては、親(義理の親も含む)が74.1%で2位。またインターネットの情報サイト、アプリで悩みや不安を解消しているママ・パパも62.8%となりました。

最後に、子育てをしていてうれしかったことやよかったことについて尋ねたところ、赤ちゃんを心から慈しみ、成長を喜ぶママ・パパの声がたくさん寄せられました。中でも感動的だったのは、「息子から“ママに会いたかったから生まれてきたんだよ。ママ大好き”と言われた」という40歳のママのエピソードです。

わが子のためなら自己犠牲もいとわない。どんなことでも乗り越えていけるとママ・パパは考えているでしょう。そんなママ・パパの思いに対して、子どもたちは絶対的な信頼と愛情で応えてくれます。

子育て中は、何かと悩んで心配してしまうママとパパ。でもそれは、わが子に対する深い愛情の証です。一人で抱えこまず、上手に周りを巻き込みながら子育てをしていけると悩みも少しは軽減されるかもしれません。
わが子をぎゅっと抱きしめる時、笑顔で見つめ合う時、しぐさや言葉に成長を実感する時。子育てには喜びと癒しがいっぱい。悩みはあっても、子育ての時間を心から楽しみたいものですね。

 

【回答者プロフィール】
調査にご協力いただいたママ・パパを、年齢、性別、お子さまの人数・年齢で分けると以下のようになります。
(n=4968)

<年齢>
19歳以下    0.34%
20歳~24歳   4.3%
25歳~29歳   27.7%
30歳~34歳   41.0%
35歳~39歳  20.3%
40歳~44歳   5.9%
45歳~49歳   0.32%
50歳以上    0.02%

<性別>
女性  99.0%
男性   1.0%

<お子さまの人数> 
0人(妊娠中)  19.6%
1人       58.5%
2人       17.7%
3人        3.6%
4人        0.5%
5人以上      0.1%

<お子さまの年齢(複数いる場合は末子年齢・妊娠中のお子さまは除く>
1歳未満      86.4%
2歳未満       3.9%
3歳未満 5.2%
4歳未満 2.0%
5歳未満 0.9%
6歳未満   0.5%
6-9歳   0.8%
10歳以上 0.4%

妊娠・出産インフォ トップに戻る